FC2ブログ

20数年前にワタシに大きな影響を与えた一冊『システム自炊法』(丸元淑生/中公文庫)



ワタシは1浪して東京の大学に合格し、以来20年ほど東京生活をしていた。
三重から東京に上京する際、両親は鍋やら急須やらを荷物に持たせてくれたが、ハナから自炊をするつもりはなかった。
理由は・・・
・高校を卒業するまで料理をしたことがなかった。
・一人暮らしで料理をするのはかえってコスト高。
・近くにコンビニも牛丼屋もあって食べることに困ることはない。
そんなワケで、大学1年の頃は朝はトーストとコーヒーがせいぜい。朝食を抜いて大学に行き、とりあえず学食で昼食、夜には牛丼屋。

大学2年生になると、友人の紹介で大手町の社員食堂のアルバイトをするようになった。食堂で蕎麦を茹でて朝食とし、食堂の営業が終わったらパートのおばちゃんたちと一緒に残り物の定食で昼食(残り物が少ない時は追加で作ってくれた)。夕食はさらに残り物を弁当に詰めてもらい、3食タダの生活となった。

就職も東京の企業。就職を機にアパートも変わったが、食生活は大学1年と似たようなもの。朝食は前日にコンビニで購入した惣菜パンとコーヒー、あるいは会社の近くの立ち食い蕎麦屋で済ませ、昼も夜も外食。

ところが、その後2回引っ越した先が2LDKの立派なマンションで、キッチンにはガスコンロ3つと魚焼き用のグリルがついていた。
さすがに料理でもしてみようかという気分になった。



前置きが長くなったが、そんな時に出会ったのが『システム自炊法』(丸元淑生/中公文庫)

独身サラリーマンや単身赴任のサラリーマンに向けた自炊法を解説した一冊。

普通の料理本とは全く違うアプローチの本で、独身・単身赴任サラリーマンにとって栄養学的に必要な食材は何か? どのように1週間の料理を組み立てていくかを説いており、目からウロコが落ちた気がした。

同氏の提案は・・・
・まず穀類2:豆1をコア食材とする(必須アミノ酸のバランスが良い)。
・次に基本装備として、わかめ、ちりめんじゃこ、トキ鮭、たらこを欠かさない。
・さらに基本菜としてニシンの煮つけや昆布の煮しめ、その他野菜類を追加。
・味噌汁と果物
という構成。
栄養学的に自分の身体を守ることを大前提としている一方、それぞれが不味いと続かないので、どうすれば美味しくいただけるかについても解説している。
そのため、週に1回は市場に買出しに出掛けよだとか、味噌汁は鰹節を削って入れよとか、ハードルの高いことものたまっており、実践が難しいものもあった。



とはいえ、本書に感銘を受けてコンパクトな精米機を購入して玄米を三分づきにして炊いたり、無水鍋を購入して料理を作ったりした。

その後2回の転職をしてほぼ内勤になった時には、職場の近くに料理屋がなかったこともあり、弁当を持参するようになった。
弁当の主な内容は、玄米あるいは三分づき米に紫米のものが半分、出来合いのお惣菜(おからやゴボウのきんぴらなどの野菜系)が1/4、魚あるいは肉系のおかずが1/4という感じ。
肉あるいは魚を焼いているうちに弁当を詰め、最後に肉・魚を詰めれば完成なので、5分とか10分でお弁当は出来上がり。弁当作りはそんなに苦ではなかった。
たまにご飯を炊き忘れていた時は、ジャガイモを千切りにしてレンジでチンし、ご飯の代わりに詰めたことも何度かあったが(笑)、5分程度でできるので、緊急対策としてはなかなかのアイデアであったと思う(丸元氏の本には書かれていない)。



思い出話が長くなったが、この一冊を機に、丸元氏の著作をかたっぱしから読み漁るようになり、蔵書は11冊にもなった。 

 

 

 

 

 



スポンサーサイト




ただいま、古いHDDから新しいHDDにデータを移送中・・・


WD Elements 4TBをさらに2台追加購入し、過去の古くて大きなHDD(接続がeSATA、USB2.0、FireWire400のもの)を片付けるべく、現在古いMacBook Proと接続してコピー中。最新のMacBook ProはThunderbolt 3接続(USB-Cポート)なのでeSATAもFireWireも接続できないので。





手前が最新のMacBook Pro(15-inch, 2018)。
ポートは4つのUSB-Cとイヤホンジャックのみ。

奥がその前に使用していたMacBook Pro(15-inch, Mid 2012)。
Thunderboltポートx1、USB3.0ポートx2、FireWire800ポートなど。DVDドライブも。
コピー元がBUFFALO TeraStation HD-Q2.0TSU2/R5(USB2.0またはeSATA接続)。
コピー先がWD Elements 4TB(USB3.0接続)。








こちらはさらに古いMacBook Pro(2009年購入)。
FireWire800x1、FireWire400x1、USB2.0x2、Express Cartスロットx1、ディスプレポートなど。
BUFFALO TeraStation HD-Q2.0TSU2/R5 3台の上にPCを乗せ、
そのうちの1台からWD Elements 4TBへコピー。



一番速いeSATA接続のHDDは接続にトラブルがあり、USB2.0でしかコピーできず。なのでUSB3.0の8倍の時間をかけて1台120GBから1.5TBのデータを転送することになる。PCの画面を見たら、コピー終了まで「32時間」(涙)。

転送速度の理論値:
(USB1.1:12Mbps)
FireWire400:393Mbps
USB2.0:480Mbps
USB3.0:4,000Mbps
eSATA:6,000Mbps
(Thunderbolt:10,000Mbps)
(Thunderbolt 2:20,000Mbps)
Thunderbolt 3:40,000Mbps



過去のエントリー:

Windowsも動く! MacBookPro 15(2007-05-02)
MacBook Pro 15" 到着!・・・するも、船出は難航(2013-04-21)
MacBook Pro をリニューアル!  15-inch, 2018モデル、メインメモリ32GB!(2019-02-09)

ストレージが足りなくなったので買いました。TeraStation 2.0TB(2009-04-10)
2.5インチHDDも4TB時代! WD Elements 2台購入(2019-08-26)



テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ


もう何代目かわからなくなりました。アディダス『スーパースター』



普段スーツを着なくなってもう30年近くになろうかと思うが、ここしばらくの普段履きはアディダス『スーパースター』。ジャージにもチノパンにも会うので、1年中コレばかり履いている。

発売当初(ウン十年前)はバスケットボールシューズの最高峰だったと記憶する。アディダスの3本線はミッドフット(中足部)をしっかりホールドする補強材であったし、ゴム製トウキャップは当時としては画期的な耐久素材。『スーパーパフォーマンスソール』と名付けられたアウトソールはバスケの前後左右のあらゆる動きに対応する、という触れ込みだった。



さて、ワタシの『スーパースター』に関しては、前回購入したのが2017年5月なので、使用期間は2年ちょっと。
その前は2012年12月で使用期間は4年5ヶ月。ほんとに4年以上履いていたのか自分でも疑問だが、アッパーの小指部分が破れるまで履いていたので、確かにそうなのかも・・・。
さらにその前は2010年2月で使用期間は1年10ヶ月ほど。
まぁ、こう見てくると2年ごとの買い替えがちょうどいいというところか。

これまでの『スーパースター』歴のなかで、『SS II(スーパースター2)』とかのバリエーションもあった。本当はオリジナルの『スーパースター』(ワタシが中学生時代の仕様)を履きたい気持ちがあったが、そもそもオリジナルの『スーパースター』はもう手に入らないし、概ね同じであれば安い方が良いという判断も(笑)。
靴にこだわっているのか、こだわっていないのか・・・(笑)。





今回購入したものは2年前に購入したものとほぼ全く同じモデルで、品番:C77124、品名:SUPERSTAR FOUNDATION。原産国はインドネシア、素材は甲:天然皮革/合成皮革、底:ゴム底。ちなみにサイズは28.5cm。





前回購入モデルと全く同じモデルだと思っていたら、中敷き(インソール)の裏側が白から青に。また、前足部に糊がついていた。前のモデルは糊がついておらず、取り外しが便利と思いつつ、裸足で履いていて脱ぐと中敷が一緒に引っ張られて面倒だったのを改善したのか?



ところで、今回はアディダスに在籍する昔の会社の同僚から『FRIENDS & FAMILY SALE』の30% OFF のクーポンコードをもらい、本体6,728円+送料650円=7,278円。
前回の購入価格が11,880円(たぶんアマゾンマーケットプレイス)だったので、ずいぶん安く購入できた。元同僚に感謝。



『スーパースター』は足型が細く、ワタシの幅広の足には合わないのはわかっている。なので、新品時は裸足でなんとか入るキツさ。厚手のスポーツソックスを履いた上で『スーパースター』を履くにはしばらく慣らす必要がある。



過去のエントリー:
ただいま、ルームシューズです。『アディダス スーパースター2』(2010-02-07)
スニーカーも新調! 『アディダス スーパースター』(2012-12-06)
しつこく購入! アディダス『スーパースター』(2017-05-19)



キヤノン インクジェットプリンターTS9030修理顛末(ふざけるな、キヤノン!)


(以下の内容はキヤノン インクジェットプリンターTS9030修理顛末についてダラダラと書いているものですが、ワタシのキヤノンに対する不満を書きなぐっており、読んでいて気分を害されるかもしれません。その点を理解して読んでください)



普段プリンターを使用することがあまりなくなった。使うのはバドミントンの大きな大会の写真をまとめたアルバムを作るときと年賀状作成、あとは仕事の請求書のプリントぐらい。

7月下旬から8月初旬までの約2週間の東京出張から帰り、事後処理が終わったところでバドミントンジャパンオープンの写真をまとめ、いざアルバム用にプリント! と思ったら、いきなりプリント画像がおかしい。
「ノズルチェックパターン印刷」してみたところブラックインクが全く出ていなかったことが判明。なので次の対策として「クリーニング」「強力クリーニング」をしてみたが、改善せず。むしろ、シアンインクまで出なくなってしまった。

こうなったらどうしようもないので、一応、キヤノンに問い合わせてみたが、やはり修理が必要とのこと。
「らくらく修理便」というサービスを勧められたが、そのサービスは知っていたので説明を聞かずに電話を置いた。

ちなみにTS9030を購入したのが2016年11月なので保証期限切れ。まぁ仕方ない。

一応、同モデルが安く売られていないかと探してみたが、そういうものはなく、新品で5万円近いものか、中古品で17,800円〜など。それなら修理しようかと。
修理は一律14,040円+「らくらく修理便」費用3,240円の合計17,280円。
1万円ぐらいを期待していたので高額に感じたが、買い替えよりはマシかと思い、こちらを選択。

ちなみにプリンターが故障したのが8月15日、引き取りに来てもらったのが19日。キヤノンのウェブサイトによると修理期間は「お客さま宅からお引取り後、7~10日程度でご返却いたします。」とある。

で、修理品が戻ってきたのが22日。3日間なので、なかなか早い仕上がりだ。
ただ、修理品を受け取ったとか、これから発送しますなどの連絡は一切なし。
いきなり送りつけられてきて、正直なところ、不愉快。たまたま自宅にいて受け取れたからいいようなものの。

ちなみに、以前、パナソニックのコンパクトデジタルカメラを修理に出した時は、修理品の受け取り確認から修理完了の発送まで、事細かくメール連絡してもらい、非常に好感を持った。
この件はキヤノンの別の修理品が戻った時にアンケートで書いた記憶があるが、まるで参考にはされていないようだ。


それはさておき、修理返却されたプリンターを再セッティングして、いざプリント! と思ったら、いきなり異音。プリンタヘッドが何かにぶつかったのか、ガガガ・・・という音。
どうしたものかとトップカバーを開けて再起動したらとりあえず起動したのでカバーを閉めてプリントしたものの、エラー表示。
マニュアルの指示通りに電源を切って再度電源を入れたものの、プリントはできず。何度もトライしている間にはペーパーをロードするところまでいったケースはあるものの、途中でストップ。
プリンターの液晶画面にその都度4桁の数字でエラー表示が出るのだが、「5100」とか「6A80」、「6000」、「6004」、「1300」、「5012」・・・と順番に表示され、2時間ほど格闘したがギブアップ。

結局、再修理の電話をした。
担当者はワタシの説明を聞いて平謝り状態で宅配便の引き取りの手配をしてくれた。もちろん無償修理。
24日に引き取りに来てもらい、再修理品が届いたのは30日。相変わらず修理品の受領や発送についての連絡はなかった。
今度は正常に作動し、必要なプリントは綺麗にプリントできた。



それにしても、修理品を修理に出したら別の故障が起きたというのに、「修理完成伝票」の「処理内容」欄に「再度のお預りとなりお客様には大変ご迷惑をおかけしました。」の一文で片付けられて非常に不愉快。

最初の故障は機械の経年劣化か何かわからないが、機械はいずれ故障(自然故障)するものだと思っているので、致し方ないものと考える。
しかし、修理に出したものが別の不具合を抱えて戻ってきたとしたら、この怒りはどうぶつけていいのだろう。
プリントするために格闘した時間とその間に無駄遣いしたインクやペーパーは補償してもらえないのか?

再修理依頼の電話では、ホンネのところ、新品の代替品と交換するか、せめてインクやペーパーの補償を要求したかったが、ヘタにゴネると金品要求の脅迫とも取られかねないので差し控えていた。

自分が修理センターの責任者であれば、再修理に関して、責任者もしくは修理担当者の手書きの詫び状にペーパーとインクタンクのセットを同封するところだが、キヤノンにはそのような感覚はないようだ。

ユーザー目線とかけ離れた企業とは、今後距離を置きたくなる。



過去のエントリー:
プリンターを買い替え! 『キヤノン PIXUS TS9030』(2016-11-11 )
キヤノンプリンターTS9030のインク残量アラートに大疑問!(2016-12-27)



プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ