『女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド』(HASEO/玄光社MOOK)





『女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド』(HASEO/玄光社MOOK/2,000円+税)

玄光社のサイト:女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド

最近売れている名古屋のフォトグラファー・HASEO氏による一冊。
副題に「頭がい骨の形で撮り方は変わる!」とあり、それぞれのモデルの顔の形に応じてメイク、ライティング、ボージングを変えよ!というのが本書の主旨。今までにないアプローチの本だったので買ってみた。

HASEO氏は名古屋錦地区という繁華街で夜の仕事の女性を毎日何十人も撮ることを十数年続けてきたそうで、最初の2分で「良い写真」という結果を出さないと彼女たちに「ウデが悪い」と烙印を押されてしまう。そのようななかで上記のようなメソッドを身につけたとのことだ。

また、「「物撮り」において、対象の形が違えばライティングも変わりますよね?」とモデル撮影を物撮りと同じように捉えているところが面白い。
もちろんモデルも人間で生きているので、色々な動きの中で一瞬の表情やしぐさを切り取るというスタイルもあるだろう。だが、HASEO氏のアプローチ方法も学ぶべきことは多そうだ。

本書の構成は次の通り。
CHAPER 1 頭がい骨が見分けられるようになる
CHAPER 2 知っておきたいライティングとの関係
CHAPER 3 頭がい骨に基づいたベースを作る
CHAPER 4 アンバランスな部分をなくしていく
CHAPER 5 女性を可愛く美しく撮るためのケーススタディ

本書では、スッピンに近い状態ではとても美人とはいえないような(失礼!)モデルさんが劇的に美しい女性として作品になっており、そのビフォア&アフターはライザップのCM並かそれ以上で驚愕!(笑)。
正直なところ、ライティングやポージング以前にモデルの化粧(メイキャップ)による化け方が劇的(笑)。化けたあとのモデルなら多少どのように撮っても綺麗な写真になりそうな気がする(爆)。

ただ、HASEO氏の作品はモデルのメイキャップもかなり凝っているし、背景もかなり作り込んだ独特のものである。カメラマンとモデルさえいればポートレートは撮れるという考えでは、本書を読んだからといって、HASEO氏と同じような作品を撮るのは至難のワザだろう(笑)。メイクをする人、セット(背景)を作り込む人などチームを組まなければなし得ないと思う。
とはいえ、勉強にはなると思うので、興味のある方はドーゾ。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『CAPA』2017年05月号





『CAPA』2017年05月号(d-magazine)


別冊付録『撮影ジャンル別「極上レンズセレクション」』。d-magazineでも読むことができる。
紹介されているレンズは次の通り。
・土屋勝義 x シグマ135mm F1.8 DG HSM Art
・中野耕志 x ニコン AF-S ニッコール 70-200mm F2.8E FL ED VR
・清水哲朗 x オリンパス M.ズイコーデジタル ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・藤井智弘 x 富士フイルム XF 50mm F2R WR、XF 23mm F2R WR、XF 35mm F2R WR
ほかにも広角ズームレンズ13本、100〜135mm単焦点レンズ15本、35mm単焦点(相当)レンズ10本、超望遠ズームレンズ11本が紹介されている。



今月号の表紙武田玲奈さん。
顔を見れば名前が分かる程度で、ワタシ的には特別な思い入れはナシ(失礼!)。


巻頭特集「THE 標準レンズ」
現行24-70mm標準ズームレンズと50mm単焦点レンズをチェック。
標準ズームではキヤノンとソニーのF2.8が2強という結果で、自分の所有する キヤノン EF 24-70mm F2.8L II USM がそんなにいいのかとちょっとビックリ(笑)。
未発売のシグマ 24-70mm F2.8 DG OS HSM がテストに入っていなかったのはちょっと残念。
50mm単焦点レンズについてはレンズ構成についても解説。伝統的なダブルガウス、ゾナータイプからダブルガウス進化系、レトロフォーカスも加えて解説。
それにしても、標準レンズは伝統的コンパクト・低価格系から重厚長大・超高解像タイプまで、百花繚乱で面白いですなぁ。


特集2「奥深きセルフポートレートの世界」
森村泰昌のゴッホの真似した写真などは懐かしい。
セルフポートレートの撮り方を紹介しているが、今や女子高生などはスマホのセルフィーでいかに綺麗に撮るかを研究しており、本誌のレベルはイマイチ(笑)。女子高生たちに学ぶべし。


特集3「春〜初夏の彩り花風景」
パステル調で一般ウケする作例満載。そういう写真を撮りたい方はご参考に。


特別企画「今だから語れる歴代EOS誕生秘話」
EOS650、620を含め、その先駆けとなるT50、T80、T90から話は始まり、それぞれの時代のフィルムEOS、デジタルEOSが語られている。
ワタシが初めて触ったEOSはフィルムカメラのEOS 5QDで、昔いた会社の備品。視線入力は使わなかったが、それなりに使いやすいカメラだった。デジタルではD60、10D、1Ds、1D Mark II を購入。D60は今から考えるとしょぼいスペックだったが、A3に伸ばしても粒子が見えず、感動した記憶がある。



『CAPA』5月号はこんなところで。








『カメラマン』2017年05月号





『カメラマン』2017年05月号



別冊付録『花撮影ポケットガイド』
フルカラー24ページ。9つの撮影技法を紹介。花撮影がお好きな方はご参考に。



表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは現在人気急上昇中の吉岡里帆さん。
京都太秦出身で親が映画関係の仕事をしていたとのこと。
一般にはNHK『あさが来た』での出演が印象に強いようだが、ワタシが知ったのはTVドラマ『メディカルチーム レディ・ダヴィンチの診断』でのやや三枚目の役柄。
細身ながら出るところは出ている意外性も見逃せない(笑)。


「New Product Review」
一番大きく取り上げられているのがニコンD7500
ワタシはニコンユーザーではないのでスルーだが、D500の弟分という位置づけのモデル。月カメとしては珍しく12ページも割いて、高感度画質やAF性能について細かく実写レポートしている。
フリッカー低減機能が搭載されたこともユーザーによっては重要か。キヤノンではすでにエントリーモデルからハイエンドまで全ての一眼レフで搭載されているが、ニコンではD500、D5に次いで3機種目。本機能が搭載されるもっとも安い機種であるとも言える。

レンズではシグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary135mm F1.8 DG HSM Art
100-400mmは開放F値を少し暗くすることで重量1,160gのコンパクト化に成功。周辺画質がやや甘く、三脚座がないことなどが不満との評価。とはいえ、価格やサイズを考慮すると鉄道写真などで活躍しそうなレンズ。
135mmについては、描写は「極上」ではなく「極致」とこの上ない評価。ただしフルタイムMF時のAFキックバックに不満との評価。サイズ・重量も「極致」かもしれないが(笑)、このレンズを使用するユーザーは納得済みだろう。

パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH.
なかなかカッチョイイデザインのライカブランドレンズ(希望小売価格も税別15万8,000円とご立派!)。レンズ前にフィルターが装着できるところが大きなポイント。ワタシは7-14mm F4を所有しているので要らないが。

キヤノン EF-S 35mm F2.8 マクロ IS STM
マクロリングライト付きレンズの第2弾。コンパクトな標準マクロレンズで希望小売価格も税別5万5,000円とそこそこなのでAPS-Cユーザーでマクロ撮影をしたいのなら選択肢の一つとしていいかも。ただ、フルサイズ一眼レフを持っているワタシとしては、装着できないレンズには手が伸びない(まぁ、そもそもワタシにはあまり必要のないレンズだが)。



「最新&現行一眼 “頂上決戦”!」
Part 1 では“描写力番長”決定戦。
超高画質フルサイズ&中判デジタルでの画質比較。カメラは富士フイルム GFX 50SリコーPENTAX 645Zキヤノン EOS 5DsRソニーα7R IIニコンD810
解像性能をはじめ、肌色の再現性、高ISO感度、逆光のAE精度など6項目で比較しているが、ほとんどの項目で GFX 50Sの勝利。

Part 2 ではマイクロフォーサーズ ハイエンド機の進化を検証!
オリンパス OM-D E-M1 Mark IIパナソニック LUMIX GH5、さらに旧機種 OM-D E-M1GH4の合計4機種を実写比較。
6項目で比較しているが、項目によりE-M1 Mark II が勝ったりGH5という結果。ただ、人肌の色再現テストでは旧機種E-M1が1番という結果でちょっと笑えた。
また、高ISO感度比較はISO1600と6400でチェックしているが、1600では画素数の少ない「旧機種のほうがシャープで細部再現性に優れているようにも感じられる」とあり、センサーサイズの小さいマイクロフォーサーズの特徴が出てしまったようだ。



「意外に知らない○○(マルマル)の撮影法」
「8ジャンル12の秘技を伝授!」というコピーで紹介。
01. ミラーレス機でAF-Cの歩留まりを向上させる
02. スローシャッターで表現する幻想的な風景
03. 列車側面の光るポイントがわかれば、構図や色味といった作品のイメージはこっちのものだ!
04. レンズのAF⇔MFスイッチ活用法
05. 超スローシャッターでの流し撮りは、三脚を使うと成功率がアップ!
06. とっさの飴にポリ袋の簡易レインカバー
07. 動物園にて動物の野生を表現する
08. 自分のイメージする光条を描き出す!
09. メガネの反射とミックス光への対応
10. 証明写真(マイナンバーカード用)
11. 30秒以上のシャッター速度でしか得られない表現
12. フィルターワークとホワイトバランスからアプローチするモノクロ
撮影テクニックの小ネタ集であり、タイトルは別にして毎月あってもいいような企画ではなる。もちろん人によっては参考にならない部分も多かろうが、12のうち1つでも参考になればいいのでは?



「春彩総覧」
浅井美紀、河合麻紀、山田久美夫、吉住志穂の4氏が春をイメージさせる作品を紹介。



「どっちのレンズショー」。今月はタムロン 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD Model B023 とニコンライバルレンズ。
ワタシはキヤノンユーザーなのでスルーだが、コスパも含めてタムロン B023の勝利という結果に。



「ジャンル別フォト講座」
撮影技法というよりは河野英喜氏のポートレートのモデルの静麻波(しずか まなみ)サンが気になった(笑)。
下着メーカートリンプの第25代(2017年)イメージガールに選出された歯科衛生士・モデルの22歳。
本誌で撮影された写真はいずれもあっさりした顔だが、公式ブログの写真では現代美女的な明るい表情で違った感じ。どちらもワタシ好み(笑)。月カメのバックナンバーを見たら、2017年02月号でも同じコーナーで出ていた。そのときはスルーだったが(笑)。

静麻波サンの公式サイト:静麻波(プラチナムプロダクション)
静麻波サンのオフィシャルブログ:静麻波オフィシャルブログPowered by Ameba
静麻波サンのインスタグラム:manami_shizuka
モデルプレスの記事:ランジェリー姿が絶対的美しさ!歯科衛生士の新トリンプガール静麻波、スタイルキープ法を明かす



『カメラマン』5月号はこんなところで。


テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『CAPA』2017年04月号





『CAPA』2017年04月号。今月も dマガジン で購読。


表紙&裏表紙のモデルは都丸紗也華サン。
モンスターストライクのCMで一躍注目されましたなぁ(笑)。

モンスターストライクのCM:都丸紗也華 cm モンスト 女の子 赤ビキニ 曲 モンスターストライク


巻頭特集「NEW ミラーレス購入ガイド」
冒頭はオリンパス OM-D E-M1 Mark II と パナソニック LUMIX GH5 の連写性能比較。昨年はキヤノンとニコンのフラッグシップ機で似たような企画があったような気がするが、それがミラーレスに移ったということか。
実際のところ、E-M1 II では 18コマ/秒(静音L)、GH5では 30コマ/秒(6K PHOTO)が可能であり、一眼レフフラッグシップ機を上回っているのだから当然か。
ミラーの可動がない分、ミラーレス機は連写に有利なのは誰の目にも明らかだが、欠点とされたEVFの遅延/ブラックアウトも改善されてきたようで、今後の進化が楽しみだ。もちろん、キヤノン・ニコンも遅くとも東京オリンピック前にはとんでもないフラッグシップ機をミラーレス(あるいは似た機能)で発表するとワタシは見ている。
記事では上記2機種だけでなく、フルサイズミラーレス機からAPS-C機までをカバー。


特集2「3600万画素オーバー機 描写力徹底検証」
実写比較されているカメラは次の通り。
・ソニー α7R II
・リコー ペンタックス 645Z
・リコー ペンタックス K-1
・キヤノン EOS 5DsR
・ニコン D810
・富士フイルム GFX 50S
ハッセルブラッド X1D がテストされていないのが残念ではあるが・・・。
解像力、階調再現性、感度特性の3つでテストされているが、総合評価はGFX 50Sが★5つ。★4つ半が645Z、★4つが α7R II と 5DsR。D810は★3、K-1は★2つ半という結果に。まぁ、順当とも言えるが、K-1がちょっと残念。
どのようなセッティング・方法で撮影されたかが詳細ではないので何とも言えないが、超高画素機もミラーレスでないと画質に影響が出てくるだろう(AF精度・ミラーショックなど)。そう考えると、連写性能と共に今後はミラーレスが優位になりそうな気がする。



特集3「「春の里山」は構図&アングルが決め手!」
ワタシ的にはスルー(失礼!)。それなりに綺麗な作例が紹介されているが、小さく掲載されているのであまり感動ナシ。


「春の撮影シーズン到来! ゼッタイ手に入れたい撮影グッズ61」
三脚・一脚、ストロボ、プリンター、モニター、カメラバッグなどを紹介。ワタシ的に食指を動かされるアイテムはなかったけれど(笑)。



『CAPA』4月号はこんなところで。







テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『カメラマン』2017年04月号





『カメラマン』2017年04月号


表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは中条あやみサン。
雑誌『Seventeen』専属モデルで、映画『チア☆ダン』で広瀬すずと競演。また、NTTドコモdポイントやハーゲンダッツのCMにも出演。

Seventeen(セブンティーン):中条あやみのマイページ

Twitter:中条あやみ(Nakajo Ayami)(@FAKENAKAJO)さん



「発表! 読者が選ぶ2016年 カメラ・オブ・ザ・イヤー」
月カメ読者投票によるランキングで順位を決めるこの企画。今回で33回目というロングラン。正直なところ、読者投票というのは自分が使用していてイイという評価もあれば、憧れで1票入れる場合もあるだろうし、ワタシ的にはイマイチ順位の付け方に疑問を感じるのではあるが、それはそれとして。
1位はキヤノン EOS 5D Mark IV、2位はオリンパス OM-D E-M1 Mark II、3位はニコン D500(以下10位まで掲載)。
キヤノン、ニコンが上位にランクインされるのは当然だが、2位にE-M1 Mark II が割り込んだのには注目。いよいよマイクロフォーサーズ、あるいはミラーレスの躍進か?
また、2位、3位が23万円あまりの価格なのに対し、1位の5D4は44万円超! 幅広い5D3ユーザーの買い替え対象として票を集めたのか? だからこそ、投票基準があいまいで気になる。ま、アコガレの順位というのが妥当なところか。


「CP+2017 逸品別嬪 見いつけた!」
CP+2017のブースレポートだが、各メーカーの広報女性担当者をピックアップしたところがオリジナリティか。とはいえ、「美人広報さん」と表記されている写真のいくつかはさすがに誇大表示と言わざるを得ないものもあり、せめて「女性広報さん」とすればツッコミも入れられないだろうに(笑)。


「全公開!! 櫻に萌える春」
10名のカメラマンが桜の写真作品を紹介。ヨソの雑誌は前月に桜企画をしているので1カ月遅れではあるけれど(笑)、桜の季節はこれからなので、まぁいいか。
ワタシ自身、桜を本格的に撮りたいとは思わないので誌面を眺めるだけだが、ペットと桜のコラボ写真にはちょっと惹かれた。


「最新注目レンズ 競合チェック」
レンズメーカーvs純正、同メーカー新/旧、同メーカーF値違いなどで比較。これからレンズ購入をしたい向きには参考になると思う。比較されているのは・・・
・キヤノン EF 24-105mm F4L IS II USM vs シグマ 24-105mm F4 DG OS HSM
・ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f2.8E FL ED VR vs タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(A025)
・ニコン AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED vs トキナー AT-X 14-20mm F2 PRO DX
・ニコン AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G vs シグマ 85mm F1.4 DG HSM Art vs タムロン SP 85mm F/1.8 Di VC USD(F016)
・キヤノン EF 16-35mm F2.8L III USM vs キヤノン EF 16-35mm F2.8L II USM
・タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD(F017) vs 同 SP 90mm F/2.8 Di MACRO(272E)
・パナソニック LUMIX G VARIO 35-100mm F2.8 II POWER O.I.S. vs 同 35-100mm F4.0-5.6 ASPH MEGA O.I.S.
・ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH POWER O.I.S. vs パナソニック LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH POWER O.I.S.
・ソニー Planar T* FE50mm F1.4 ZA vs ソニー FE 50mm F1.8 vs ソニー FE 50mm F2.8 Macro
・フジフイルム XF 23mm F2.8 WR vs 同 XF 23mm F1.4 R
・オリンパス M.Zuiko Digital ED25mm F1.2 vs 同 M.Zuiko Digital 25mm F1.8
・オリンパス M.Zuiko Digital ED 12-100mm F4 IS PRO vs 同 M.Zuiko Digital ED 12-40mm F2.8 PRO
レンズ名を転記するだけで疲れた(笑)。それぞれの評価は誌面を参照してクダサイ。


「人気のカメラ、その進化を実証」
こちらは各メーカーのカメラの新旧製品を比較。
・パナソニック LUMIX GH4 → GH5
・オリンパス OM-D E-M1 → OM-D E-M1 Mark II
・キヤノン EOS 5D Mark III → EOS 5D Mark IV
・ニコン D7200 → D500
・富士フイルム X-Pro1 → X-Pro2
・ソニー α7R → α7R II
こちらも評価の詳細は誌面を参照。それにしても、以前はバージョンアップしても値段はさほど変わらないものが多かったけれど、ここのところバージョンアップで値段も大きくバージョンアップしているケースばかりで、要注意(笑)。性能アップしているのだから仕方ないけれど、旧モデルの2倍の価格とかになると、簡単には買い換えできませんなぁ。


「どっちのレンズショー」
今回はタムロン SP 70-300mm F/4.5-5.6 Di VC USD(Model A030)とキヤノンの同スペックレンズということで EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM と EF 70-300mm F4-5.6L IS USM。
総合トップはキヤノン IS II。次いでタムロン、キヤノンLという順。開発年が古いとはいえ、他と2倍以上の差があるキヤノンLが最下位というのは、同レンズのユーザーには屈辱かも。ワタシは持ってないからどうでもいいけど(笑)。



『カメラマン』4月号はこんなところで。







プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ