『アサヒカメラ』2017年07月号





『アサヒカメラ』2017年07月号


特別付録『MIRRORLESS STYLE Vol.5』
今回は山岸伸氏がオリンパス OM-D E-M1 Mark II、河野英喜氏がパナソニック LUMIX GH5 でポートレート作例。
ほかにスポーツでのGH5のAF性能レポートや、ミラーレスカメラで旅に行く!カメラ女子の本音など。




「人物撮影大全2017」
大御所から新進気鋭のフォトグラファーまでが人物写真の作品・作例を紹介。
元モデルで現フォトグラファーの片岡三果氏がモデル目線での撮られる側のキモチを紹介すれば、河野英喜氏と大貝篤史氏がモデルを撮る側の心得を指南。
その他諸々の内容で73ページの大特集となっている。


「「盗撮冤罪」から身を守れ」
「写真好きのための法律&マナー」シリーズの第4弾。なかなか興味深い記事。
弁護士、元刑事、写真家がそれぞれの見解・経験を語っている。街でスナップ写真を撮影するご仁はご参考に。
弁護士さんの見解のページでは、いろいろなケースをキッチリ分類していて分かりやすい。
1.被写体の承諾があるケース
2.被写体の承諾はないが、肖像権侵害・迷惑防止条例違反ではないケース
3.被写体の承諾はなく、肖像権を侵害しているケース(グレーゾーン)
4.被写体の承諾はなく、刑罰のある法律や条例に違反するケース(クロ)
1と2は問題がないし、4は問題外なので、問題となるのは3なのだが、実際にトラブルとなった場合の対処法も述べている。
ワタシ自身はスナップ写真は面白いと思うものの、自分の撮影行為が他人を不快にさせるようなことはしたくないので、極力1かせいぜい2で収まるような撮影を心がけている。
3のケースにおいてその写真が何かの誌面を飾って報酬を得るとか、コンテストで入賞したと仮定すると、被写体にも分け前を与えてしかるべきではないか? つまり、相手の肖像権を侵害していて自分だけ利益を得るのはずるくないか?ということだ。どうですかね?


「フォールアウト 汚染された地に生きる」
関根学氏の作品&解説。
福島原発の爆発により強制非難を余儀なくされた飯館村を撮影。7年経っても例祭に集まる村民を撮影し、「住民たちの祈りが続く限り、この地が完全に自然の手に渡ってしまうことは決してない。」と締めくくっているが、一方で道路に出没する狐や猪、雉、ノスリも撮影。
ワタシは作者の意図に反し、人間はこれらの動物から住処を奪ってきたのか、という思いを抱いてしまった。別に飯館村の人々を非難するつもりは全くなく、人類全体が他の動植物の住処を狭めているのだなぁと改めて思った次第。
最近はタケノコ狩りで熊に襲われたとか、猪が畑に出てきて作物を食い荒らすとかのニュースを目にするが、人間が彼らの住処を狭めているのだから当たり前。共存できる方法はないかと思うのだが、人間は強欲だからまずムリだろう。


「NEW PRODUCT FLASH」
興味深かったのがLAOWA社のマジックフォーマットコンバーター
キヤノンレンズ/ニコンレンズを富士フイルム GFX50Sに装着するためのアダプター。素通しのマウントコンバーターではなく、1.4倍のテレコンバーターなのだが、GFX50Sのイメージサークルを保証しているというところか。
GFX50Sは各誌でかなり高評価のカメラだが、レンズラインナップが今のところ貧弱なのが問題。
多くのプロがキヤノンかニコンのいいレンズを持っているだろうから、とりあえず間に合わせでもそれらが使えるなら有り難いだろう。
このコンバーターがどの程度までのレンズに対応できるか分からないが、魚眼レンズとかアオリレンズ、望遠・超望遠レンズまで対応できるとすれば朗報だろう。
価格・発売時期は未定。


『アサヒカメラ』7月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『カメラマン』2017年07月号





『カメラマン』2017年07月号



特別付録『スナップ撮影ポケットガイド』
A5判24ページ。テクニカルなアドバイス満載だが、個人的には今月の『アサヒカメラ』の「「盗撮冤罪」から身を守れ」のほうが興味深い。付録の内容が悪いわけではないけれど(笑)。






表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは小野真千子さん。
今回は珍しく中ページは3ページで縦位置1枚ずつという構成。正直なところ、変化のない構成で退屈(失礼!)。


「天下一カメラ2017」
豊田慶記・織本知之氏が膨大な数のカメラを6つのテストで実写比較。
目立ったのはソニーα9と富士フイルム GFX50S。
α9はキヤノン・ニコンのプロカメラ市場に斬り込んだ1台で、モノクロページの「ネチッとトヨ魂 天下一カメラ2017 スピンオフ」ではキヤノン・ニコン・ソニー・オリンパスのフラッグシップでAF-Cテストの詳細を紹介しているが、α9がD5には劣るものの1DX2を凌駕する結果に(というか、1DX2のテスト結果が悪過ぎ!)。
画質においてGFX50Sは別格のようで、「ISO6400高感度対決」では10点満点で12点を付けていた(爆)。
「総評」はカメラメーカーにおもねることのない辛口評価。多いに参考になると思う。


「BEFORE → AFTERで魅せる!! 女性を可愛く美しく撮るメソッド」
いま注目のHASEO氏が提唱する頭がい骨を意識した撮影方法。すでに単行本(『女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド』玄光社)も出ているが、そのエッセンスを紹介。
ごく普通の女性が絶世の美女に写し取られるのはもはやマジック(あるいはサギ? 爆)だが、氏の写真の美しさはメイクや背景の作り込みの要素も大きい。
氏はデジタル処理ではなく現場での作り込みにこだわっており、それはそれで評価に値するが、デジタル処理によるレタッチをカネをかけたアナログ処理でまかなっていると言い換えることはできないか? モデルの顔がビフォア/アフターで別人に見えてしまうほど変わってしまうのはどうなのか?
HASEO氏は名古屋錦の繁華街で働く女性のプロフィール写真を撮影してきたとのことだが、彼が撮影したプロフィール写真を見て店に入った(あるいは指名した)客がサギだとトラブルにならなかったのか心配(爆)。


「徹底検証! カメラグランプリ2017「大賞」「あなたが選ぶベストカメラ賞」「レンズ賞」3冠の理由」
カメラグランプリ2017の「大賞」はオリンパス OM-D E-M1 Mark II、「あなたが選ぶベストカメラ賞」も同機、「レンズ賞」は同M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO とオリンパスが独占。
本記事ではプロの作例やプロ・アマチュアのコメントが掲載。さらに開発陣へのインタビューも。



『カメラマン』7月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『CAPA』2017年06月号





『CAPA』2017年06月号



dマガジン版は本号特別付録『さあ 始めよう! ドローン撮影スターとガイド』とMOOK『最新版 キヤノンユーザーのための実践レンズガイド』も収録されている。

『さあ 始めよう! ドローン撮影スタートガイド』はタイトル通りこれからドローン撮影を始めたい人向けの一冊。代表的なドローンの紹介をはじめ、ドローン撮影にあると便利なアクセサリー、ドローン飛行の基本操作・撮影、使用に関するルール、ドローン取り扱いショップ、スクール、練習場までも紹介している。


『最新版キヤノンユーザーのための実践レンズガイド』は買えば2,000円+税。以前本屋で手に取ったことがあるが、買わなくてヨカッタ(笑)。
内容はキヤノン一眼レフ・ミラーレス一眼に対応するレンズを純正・サードパーティを併せて紹介。また、レンズ紹介だけにとどまらず、レンズによる特性レクチャー、撮影分野別にオススメのレンズ紹介などと、これからレンズ特性を勉強したい向きには多いに参考になるだろう。




表紙はももクロのメンバー 有安杏果さん。
日大芸術学部写真学科をこの春卒業したとのことで、そのあたりの記事もあり。自身が撮影した作品も掲載。ちなみに所有カメラはニコンD600、ニコマート、キヤノン PowerShot G9X、ソニーα7 II。



特集「いざ!! その先の鉄フォト」
一歩進んだ鉄道写真を撮る実践テクニック紹介。作例写真のほか、鉄道写真に最適な各メーカーのレンズも紹介。


「しっとり幻想的 「霧」「雨」を魅せる 梅雨の花のある風景」
梅雨時の風景撮影指南。ワタシ的にはスルー(失礼!)。



「最新 タッチ式モニター活用術」
一眼レフやミラーレス一眼でタッチ式モニターのモデルを各社比較。
正直なところタッチ式モニターの良し悪しが購入のためのキーファクターにはなりにくいので、スルー。



「伊達淳一のレンズパラダイス」
今月はシグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryとタムロン SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2。

シグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryは微妙に開放F値を抑えることでコンパクト化を実現。昨今、カメラ(センサー)の高感度特性が向上しているので、なかなか面白い判断。価格は安いし(実売9万円弱)軽いし、画質も良いようなので、意外と売れるかも。

タムロン SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2は高級望遠ズームの代名詞的レンズのリニューアル版。ようやくテレコンにも対応して基本スペックとして純正・他社と同じスタートラインに立った気がする。しかも本レンズは純正(キヤノン)以上の描写性能があるようだ。さらに純正との価格差は10万円ほどにもなり、比較検討すべき一本。
ただ、純正主義ではないワタシだが、ズームリングとピントリングの方向がキヤノンとは逆なのがネック。CP+2017で本レンズを触った時、このことをメーカースタッフに話したが、「ズーム・ピントの向きを1つ(ニコン対応)に絞ることで価格を抑えています」と言われ、まぁその通りだわなぁと思った次第。



「馬場信幸のレンズのボケを科学する」
今回はソニー135mm F2.8(T4.5)STF同FE100mm F2.8 STF GM OSSのSTFレンズ2本の比較。
いずれもアポダイゼーションエレメントを光学系に組み込んでいるため、ボケが非常に滑らかなコダワリのレンズ。古い135mmはマニュアルフォーカスだが、新しい100mmはAFが可能。また手ブレ補正機構内蔵でマクロ撮影も可能なことを考えると、おカネ持ちのソニーユーザーなら買ってソンはない1本かも。



『CAPA』6月号はこんなところで。







テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『フォトテクニック デジタル』2017年06月号






『フォトテクニック デジタル』2017年06月号



表紙&巻頭グラビアは近衛りこ+月乃ルナ(by HASEO)。
独特のコッテリと作り込んだ映像表現はシロートにはマネできマセン(笑)。
こちらはPENTAX 645ZおよびK-1で撮影。



「初戀 恋するカメラ 6人の小畑優奈」
6名のカメラマンが月替わりでSKE48の小畑優奈を撮影するという企画。オリンパス OM-D E-M1 Mark II とレンズ2本のみというシバリでの撮影。
オリンパスとのタイアップ企画なのだろうが、センサーサイズの小さいマイクロフォーサーズでもA4サイズ一杯に印刷しても何の問題もないことがわかる。
最近はフルサイズでいいカメラやレンズがたくさん発売されているが、レンズシステムを含めると大幅なコンパクト化が図れるマイクロフォーサーズはアシスタントを使わないプロやアマチュアには一つの選択肢だろう。
ワタシの場合はパナソニック GH2(ずいぶん古い!笑)とレンズ数本を所有しているが、室内スポーツでは高感度画質で優れるフルサイズやAPS-Cの一眼レフを使用しているが。



「ソニーα9」
他誌同様、本誌でもこのカメラを大きく紹介。α9の特長を分かりやすくまとめている。実写レポートは来月以降だろう。



「〈特集〉ヌード 写真とハダカを結ぶ6つのテーマ」
THEMA 1 ヌードとカメラ(福嶋裕二)
THEMA 2 ヌードと土地(北田瑞絵)
THEMA 3 ヌードと旅情(豊嶋希沙)
THEMA 4 ヌードと出会い(イワタ)
THEMA 5 ヌードと光(小林修士)
THEMA 6 ヌードと性別(七菜乃)
ヌードとして特にどの作品が良かったというのはなかったのだが、福嶋裕二氏の作品は同じモデルさんを自然な髪・あっさりメイクで撮影したものとコッテリ巻き髪・濃い化粧で撮影したものの対比が面白い。
ちなみにモデルは桃乃木かなサン。

公式サイト:桃乃木かなのすべてがわかるOFFICIAL SITE



「富士フイルム GFX 50Sで撮るポートレート」
浅岡省一氏と HASEO氏が実写レポート。モデルは月乃ルナさん。
正直なところ、アマチュアカメラマンに中判カメラは必要ないと思うけれど、ポスターサイズにばんばんプリントする方なら購入の検討をドーゾ(笑)。



『フォトテクニック デジタル』6月号はこんなところで。







テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『カメラマン』2017年06月号





『カメラマン』2017年06月号


特別付録『ペット撮影ポケット・ガイド』
ペット専門フォトグラファー 小川晃代氏が作例と解説。A5判24ページ。「ペット」とあるけれど、犬と猫のみ。
犬は大きくなっても芝生を駈ける姿(Flying Dog)がフォトジェニックだったりするが、猫は大きくなると動かなくなるので、作例は子猫ばかり(笑)。


表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは北乃きいサン。
表情うんぬんよりも暗部のトーンが潰れているのが気になる。


「New Product Review」
なんといってもソニーα9。どのカメラ雑誌もこのカメラを大きく取り上げているが、『カメラマン』も同様。
キヤノン・ニコンのフラッグシップ一眼レフを凌駕するスペックのミラーレス一眼。ソニー以前のミノルタではα7000がエポックメーキングなカメラとして歴史に刻まれているが、10年後に振り返ったときにα9も同様になるかもしれない。とはいえ、α9の登場がキヤノン・ニコンのフラッグシップミラーレス開発に拍車をかけるだろうし、ソニー自身も東京オリンピック前にマイナーチェンジ版の α9 II を発売すると予想する。
記事では、α9の一通りの機能紹介以外に月カメ常連プロ9名のコメントが掲載されている。意外にも厳しいコメントも多いが、9名にスポーツカメラマンが含まれていないのが残念。まぁ、キヤノン・ニコンユーザーのプロはコメントしづらいだろうし、ソニーでスポーツを撮影しているプロは限られているだろうし。


「人気カメラ 買い換えアリ?ナシ?」
同誌の人気企画(?)。それぞれのメーカーの最新機種と旧モデルのスペックや価格などを比較し、買い換えすべきかどうかをアドバイスする30ページの大企画。
理想は新製品が発売されるごとにすぐ買い換えることだろうが、それぞれのご仁においては予算の問題もあるだろうし、買い換えてもあまり差が感じられなくてはもったいない。スペックの進化、また値段が下がる買い換えのタイミングなどをアドバイスしている。
また、プロ6名の買い換え基準(スタイル)も紹介されていて、参考になるだろう。
今回、それぞれの機種の実勢価格以外に下取りした場合の買い取り上限価格も表記されているので、下取り交換の予算計画には便利だろう。
なお、「オリモト&コーちゃんのカメラショップ探訪 ぶら散歩」では、本誌オリモト氏と赤城耕一氏が中野のフジヤカメラとおぎくぼカメラのさくらやを訪問し、店員さんに中古カメラの売れ筋を訊いている。


「ニコンD7500をプロが多角検証! その実力やいかに!?」
ニコンユーザーでないワタシとしてはどうでもいいのだが(失礼!)、月カメとしては異例の12ページの大特集。
ポートレート、スポーツ、ネイチャーのプロがそれぞれ作例を紹介、また、月カメ識者の4名が評価コメントを寄せいている。


「どっちのレンズショー」。今回はシグマ135mm F1.8 DG HSM Art とキヤノン対応ライバルレンズということで、シグマ APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM、シグマ85mm F1.4 DG HSM Art、キヤノン EF 135mm F2L USM。
マクロレンズが入っていたり、85mmという明らかに違う焦点距離のレンズが入っていたりで、この実写比較はどの程度意味があるのか疑問。
評価は135mmF1.8がダントツのトップとなっているが、明るさと画質で決めるならそうなるだろう。とはいえ、キヤノン 135mm F2L はコンパクトで軽量だし、シグマ150mmはマクロで手ぶれ補正機構付きだし、ということで、自分の用途によって選ぶべきかと思う。まぁ、おカネのある方は全部購入してクダサイ(笑)。


「ジャンル別フォト講座 スポーツ」
今回は中村博之氏が作例と解説。写真がどうこうというよりも、「“選手に撮らされないように” 撮る」という表現が印象的。ワタシなんぞは撮らされっぱなし(爆)。



『カメラマン』6月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ