FC2ブログ

『フィルムカメラ・スタートブック』(大村祐里子/玄光社)




今さらながら『フィルムカメラ・スタートブック』(大村祐里子/玄光社/2,000円+税)

本書発売日からしばらく、本書と自分のフィルムカメラを一緒に撮影してSNSにアップするのが流行っていて、自分もやろうと思ったのだが、近所の本屋に売っていなくてそれきりになっていたのだが、たまたま普段行かない本屋で見つけたので購入した次第。
一応、ガラクタも含めるとフィルムカメラは110から35mm、6x4.5、6x6、4x5、ポラロイドまで一通り所有しているが、本書と一緒に撮るならということで、1つは35mmコンパクトのカーネルプチカメラ。もう1つは著者:大村氏とて絶対に持っていないであろう、ポラロイド TAZカメラ。ちなみに本書ではポラロイド(インスタント)カメラが含まれていないのが残念。

過去のエントリー:
ケンタの『カーネルプチカメラ』(2009-08-17)
ポラロイドのトイカメラ『Taz Camera』(2009-08-31)



ちなみに本書で紹介されているフィルムカメラは35mm全自動コンパクトカメラのキヤノンオートボーイAF35Mから35mm一眼レフのニコンNewFM2、6x6判のローライフレックス2.8Fなど多岐にわたる。
対象読者を初めてフィルムカメラを買う層と想定しているからか、分類としてビギナー向けがフルオートタイプ、中級が露出計内蔵タイプ、上級者向けがフルマニュアルという区分になっているところが面白い。なので、絞り優先AEのオリンパスXAが中級に入っている一方、6x4.5判のペンタックス645N II がビギナー向けに入っていて笑える。



さて、初心者向けの用語集「いろんなコトバ」。これからフィルムカメラを始めるなら知っておきたい基礎用語を47項目。
概ね間違っていないけれど、初心者向けに説明を省略したからと思うものの、若干、重箱の隅をつつきたくなる項目がある。

「AE/EE」。「AE」の説明としては問題ないが、「EE」の説明がない。もちろん「エレクトリック・アイ」の略であることを大村氏が知らないはずはないけれど、説明としては不十分。「AE」だけだったらケチをつけなかったが(笑)。

「ISO/ASA」。厳密には「ISO感度/ASA感度」。ISOは様々な国際基準を定める機構であり、そのうちフィルムの感度に関する基準がISO感度。本書の説明では誤解が生じるように思われる。が、目くじらを立てるのはワタシだけ?(笑)。

「被写界深度」。説明に「広角レンズほど深く望遠レンズほど浅い」とあり、間違いではないが、その一文を入れるなら、ほかに「遠くにピントを合わせると深く、近くでは浅い」、「絞りを絞るほど深く、開けるほど浅い」の2つを加えるべき。

「スプール」。「フィルムカメラの巻き上げ軸のうち、取り外し式のもののこと。ブローニーフィルムにある。」とあるが、「スプール」のもともとの意味は「糸巻き」。なので35mmフィルムのパトローネの中でフィルムを巻いているプラスチックの軸もスプールだし、35mmカメラでフィルムを巻きつける軸もやっぱりスプール。ブローニーフィルムを巻きつけている軸だけを指すものではない。



「フィルムカメラのお作法」。iPhoneで撮影した画像をそのままインスタに上げたりしている人にとっては、知るべき作法はいっぱいある。正直なところ、文字ばかりの見開き2ページで済ませているのはちょっとどうかな?

本書後半ではフィルム現像の注文の仕方や中古カメラ・レンズの選び方なども紹介されている。また、QRコードを読み取るとフィルム装填方法の動画ページに飛ぶといったウェブ連携もある。



本書は
(1)フィルムカメラを使う上での基礎知識
(2)具体的なカメラ及びお作法紹介
(3)作例紹介
が基本的なコンテンツとなっていて、それなりに上手くまとまっていると思うけど、本当にこれからフィルムカメラを使ってみたいという超・初心者向けに編集するなら、
(1)フィルムのお作法を知る! まずはレンズ付きフィルムで撮ってみよう
(2)フィルムの扱いがわかったら、次は簡単なコンパクトカメラで
(3)フィルムカメラに慣れたら、フィルム一眼レフにも挑戦!
(4)のめり込むならライカやローライなどもありますよ!
的な4段階ステップアップ方式もアリかなぁ、と。

ただ、フィルムカメラをこれから使いたい人はカメラ基準でこの世界に入りたいのかどうかは疑問。つまり「写ルンです」も「ライカ」も似たようなものという扱いかもしれない(バブル時代、おバカなギャルはアウディと当時流行ったマツダのキャロルを “カワイイ” という次元で同列に見ていたらしい。笑)。なので、丸っこくてカワイイ系からゴツいクラシック系などのカメラ一覧なんてものがあっても良かったかな?
・・・と書いてきたけど、まぁ余計なお世話(笑)。本書は本書でキッチリ成立している。



ちなみにワタシは今でも何台かのフィルムカメラを所有しているが、今後実際にフィルムを入れて使用することは、まずないだろう。
フィルムカメラはその場で撮影結果がわからないし、撮影枚数が限られるし、フィルム代・現像代がかかるし、ネットに上げるのも面倒だし、・・・などなど、デジタルカメラに比べて不満な点がいくつでも挙げられる。
それでもなおフィルムカメラを使うとすれば、極めて趣味的な作業だし、金銭的には金持ちの道楽ではないかと思う(そういう人たちや行為を否定するつもりはないけれど、まぁ勝手にどうぞという感じ)。



小言が多くなってしまったけれど、本書で紹介されているカメラにはそれぞれに大村氏の愛情がこもっているのがわかるし、作例も綺麗。

ただ、ワタシ的に一番の注目は大村氏がプロになったいきさつを知ったこと。
大卒後にウェブデザイナーをしていた本人がカメラの勉強を始めるためにカメラ店でバイトを始めたのがきっかけでカメラにのめり込み、ブログに掲載した写真がカメラ雑誌の目に止まって作品掲載。バイト先のカメラ店が店を畳んだ後はストロボメーカーのニッシンで勉強、さらにプロのアシスタントを2年経験して本格プロデビュー。なかなか面白い人生を歩んでいらっしゃいますなぁ。
ワタシはCP+のニッシンブースで初めて大村氏の存在を知ったのだけれど、その時の印象はコスプレをした面白いスタッフさん(笑)。
ところがいつの間にか大活躍。今後のご活躍を期待しております。







スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


『おんなの撮り方 渡辺流』(渡辺達生/小学館/2016年)


 



『おんなの撮り方 渡辺流』(渡辺達生/小学館/2016年/1,400円+税)

たまたま本屋の棚に並んでいたのを見つけ、「???」。
ワタシが高校生の頃に購入した『おんなの撮り方』がナゼいま本屋に???
手に取ってみると、さすがに高校生当時に購入したものではなく、新たに書き下ろした本で掲載写真も新しいもの。
とはいえ懐かしさを感じ、とりあえず購入。



 



自宅に帰って、まずは古い方の『おんなの撮り方』を探した(笑)。
『おんなの撮り方』(渡辺達生/KKベストセラーズ/昭和54年(1979年)/800円)

過去のエントリー:『おんなの撮り方』(渡辺達生/ワニの本)

ワタシが購入したのは高校生になってからで、すでに48刷。相当儲かったんでしょうなぁ(笑)。掲載写真の半分がヌードで、買うのに勇気がいったと思うが(笑)。
それにしても、渡辺センセイ、若い(笑)。

それはともかく、掲載写真の多くがグァムやサイパンなどのリゾートで撮影されたもので、当時流行った300mmレンズを使った望遠圧縮効果を狙った写真のオンパレード。コッテリした色調の写真ばかりで当時の流行を感じる。
モデルは夏目雅子中島はるみ相本久美子大場久美子荒木由美子浅野ゆう子など。懐かしィ。
ちなみに撮影データを見ると、カメラはニコンF2フォトミック、レンズは24mmから300mm、レフレックス500mmまで。ほぼ単焦点でズームは80−200mm F4.5のみ。

新しい方の機材は、メインがキヤノンEOS-1Ds Mark III、レンズは大三元ズームのほか、35−350mm、単焦点50/1.2L、シグマ24/1.4。ペンタックス645Zのシステムやソニーα7R IIのシステムもあり。
モデルは石原さとみ小池栄子武井咲米倉涼子黒谷友香などなど。貝殻ビキニの武田久美子川島なお美『WOMAN』も紹介されている。
フィルム時代の写真も混じっているが、デジタルカメラで撮られたと思われる新しい写真はやはりスッキリ綺麗で精密感がある。機材の進歩を感じざるを得ない。

新たに書き下ろされた文章のテイストは1979年のものとあまり変わらないように思う。カメラマンもモデルも自由に動き回って、モデルの美しい瞬間を撮るべきだという姿勢。
とはいえ、時代はデジタル。低輝度下での高感度ISO利用とか撮ってすぐに画像をモデルに見せて安心感を与えるとか、デジタル時代の良さは活用すべしというところも。

一方で、「レタッチが写真の面白みを削いでいる」とか「トリミング前提で写真を撮らない」など、デジタルでの後処理に対する反発も見られる。

フィルムカメラ時代は写真の修整ができないのでモデルはスタイル(ボディシェイプ)や肌荒れに気遣っていたけれど、今はレタッチでいくらでも修整できるので、モデルさんが自身のスタイルや肌のコンディションにあまり気遣わなくなったと嘆いていて、なかなか面白い。

トリミングに関して、渡辺氏はかなりこだわっていて、古い方の本でも「35mmはムダな風景を入れるな」としている。当時35mmフィルムでグラビア見開きを飾るとすれば、極力トリミングなしで画像を使う必要があったのはよくわかる。
ただ、自分のフレーミングを雑誌編集をするデザイナーに押し付けるのはどうかな?というのがワタシの感想。「渡辺達生写真集」として自分自身がプロデュースするのならお好きにどうぞ、というところ。だが、雑誌グラビアなどではカメラマンはチームの一員であって、共同作業のなかで構図なりフレーミングなりを決めなければならない素材の提供者。テキストを入れるスペースを空ける必要があるかもしれないし、そのようなことはデザイナーさんとの打ち合わせで決めていくべきことなのでは? 
自分だったら、デザイナーさんだったらここにスペースを空けておけば使いやすい画像になるだろうと思って余白を取るとか、最終形態を想像して次を作業する人が使いやすい画像を提供することがカメラマンの仕事ではないかと思うのだが。 



 



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


『アサヒカメラ』2020年07月号(最終号)



『アサヒカメラ』2020年07月号

本号で94年の歴史に幕を閉じることになったらしい。
最終号ということで「私とアサヒカメラ」という企画ページがあるということで買うことにした。
赤城耕一、荒木経惟、篠山紀信、椎名誠ら16名がそれぞれ1ページずつ文章を寄せている。

ワタシは高校生時代、『月カメ』『CAPA』を愛読しており、『アサヒカメラ』『カメラ毎日』『日本カメラ』は敷居が高いと感じていた。というか、その時点で古臭くも感じていた。
なので、今回の休刊についても残念には思うが、正直なところ特別な感情はない。むしろ高校生時代と大して内容を変えることなく、よく今まで続けてこられたなぁという印象だ。

カメラがフィルムカメラしかなく、インターネットがない時代はカメラの新製品情報は上記カメラ雑誌から得るしかなく、存在意義が大いにあったけれど、いま、情報はネットの方が速いし詳しい。また、ユーザー評価もネットで得ることができる。
カメラ雑誌の場合はプロが作例と記事を作っているので、評価のクオリティもそれなりにあるといえばあるが、誌面は限られているので、読者の期待する情報が得られているとは思えない。
なので、情報を得るためのツールとしてのカメラ雑誌の役割は終わったのではないかと思う。
強いて言えば、紙媒体としての雑誌を10年20年と保存していれば、過去を振り返るとき便利だし懐かしさを感じるだろう。電子データとして20年前のものをピックアップできても懐かしさの度合いは違うだろう。

カメラそのものもデジタルになって、片や1億画素のカメラもあれば、片やスマホで大抵の撮影が可能となれば、ユーザーが求める情報も多岐にわたってくる。一方でフィルムカメラが一部のユーザーの間でブームになっているようだが、上手く取り込めているのかどうか? 一言で「カメラ」といっても幅が広くなって、カメラ雑誌も対応は難しいだろう。



今回の休刊はコロナ禍でカメラメーカーからの広告収入の激減が理由とされているが、もともと厳しい状況にあったのではないかと思っている。休刊の原因がコロナ禍であるならば、2〜3年もすれば元の状況に戻ると思われるから、復刊も可能だろう。だが、復刊することはないように思う。

AERA dot.の記事:「アサヒカメラ」休刊のお知らせ







テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


月刊『カメラマン』休刊について




突然、月刊『カメラマン』が2020年5月号を最後に休刊する旨、アナウンスがあった。

モーターマガジン社のサイト:「カメラマン」休刊のお知らせ



5月号では「次号予告」があったり、「(『カメラマン』)半額キャンペーン」広告があったりするので、予定されていた休刊ではないだろう。予定されていれば、いろいろな「最終号企画」でまとめられていただろう。
カメラマン編集部(Facebook)は「諸般の都合により、休刊させて頂くことになりました。」という文言にとどめていて、諸般の都合の内容についての詳細はわからない。

一方、「今後、カメラマン編集部といたしましては、ご覧頂いているFaceBook、「Webカメラマン」を主軸として、カメラマン編集部運営のYouTubeなどを通じまして、新製品の速報、インプレッション、独自企画を継続して展開して参ります。
 また、カメラマン編集部としては、今後も読者の皆様のご期待にそえるムック本、写真家のプリント作品販売事業、毎年恒例のカレンダーなども継続して展開して参ります。現在の新型肺炎騒動が終息した暁には、各種撮影セミナー、イベントも企画開催していく予定です。」としている。



『カメラマン』は1978年4月号より42年間続くカメラ雑誌。『アサヒカメラ』、『日本カメラ』、『カメラ毎日』というオッサン向けしかなかったカメラ雑誌界に現れた初心者向け低価格雑誌としてワタシも中学生の頃から高校を卒業するまで愛読。その後しばらく遠ざかっていたものの、現在も愛読。

オッサン向け3誌が小難しい内容と文章で中高生には近寄りがたく、作品主義でコンテストに入賞することが目標といた感じだったが、『カメラマン』はくだけた内容で撮影を楽しむことに主眼が置かれていたようだった。
また、湯川編集長(当時)を始め、編集員の人となりが誌面に強く出ているのも面白かった。

ワタシが最初に購入した『カメラマン』は内容は忘れてしまったが、裏表紙がニコンの広告で “スーパーニコン” F3 と “リトルニコン” EM だったことだけは覚えている。なので1980年から愛読しだしたことになる。
なお、当時は各カメラメーカーがTVCMにも力を入れていた。

『カメラマン』に関して思い出はいくつもある。
月例コンテストに入賞したことは1回もないが、1度だけ佳作になって名前と作品タイトルだけ掲載された。
また、プロが読者の質問に回答するコーナーには2回掲載されたことがあり、その質問内容と回答内容は今でも覚えている。

また、一浪して東京の大学をいくつも受験した折には、新橋のモーターマガジン社を訪ねて『カメラマン』編集部を訪れたことがある。当時の編集長は初代の湯川氏だったが、不在。忙しい中、三留氏が応対してくれた。あまりお話しさせていただく時間はなかったが、応接ソファーに座って棚に並んだ創刊号などを閲覧させてもらったことを記憶している。



現在はインターネットが普及して、新製品情報はおろか、新製品のウワサ情報(結構真実)もすぐに入手できる時代。なので新製品速報としてカメラ雑誌の役割は低くなっている。
また、CP+のレポートなどは、ネットでは即日詳細なレポートが出されるが、印刷物では誌面スペースがあるので、レポート内容は限定せざるを得ない。

そんなワケで紙媒体のカメラ雑誌の役割が低くなっていることは間違いないが、一方で『カメラマン』の「間違いだらけのカメラ選び」「間違いだらけのレンズ選び」といったプロ数人が本音でカメラ・レンズの良し悪しを暴露する座談会企画は本当に興味深く読んだ。これはメーカーに忖度する他誌ではみられない企画。

一方、編集が DTP に移行したことにより、校正がザツになってきたのが目についた(『C●P●』にも言えることだが)。
特にひどかったのが2019年12月号。「ジャンル別フォト講座」の「スポーツ」のページは、サブタイトルこそ間違っていなかったものの、記事全文が11月号の内容のまま。誰もチェックしなかったのか???
その旨をFacebookのカメラマン編集部にコメントしたところ、返信しないどころか、コメント自体が消されてしまった(怒)。


苦言も呈してしまったが、やはり休刊は寂しい。MOOK本とかWEB企画でがんばってもらいたい。







雑誌『mina』2020年03月号「「春服」と「カメラ」と」



雑誌『mina』は若い女性向けファッション雑誌のようなので普段はスルーしているが、カメラを持った永野芽郁チャンが表紙になったのでチェック。
中年のオッサンが本屋の女性ファッション雑誌コーナーで立ち読みしていたらちょっと気持ち悪いが(笑)、自宅でdマガジンをスワイプするだけなので心置きなく見ることができる。

ちなみに表紙で永野芽郁チャンが手に持っているカメラは1979年発売のフィルムカメラ『オリンパスXA』なのだが、「OLYMPUS」銘は消されている。スポンサーがらみの処置なのか?
(ちなみにワタシも持っている。➡︎高校生時代の持ち歩きカメラ 『カメラカプセル』オリンパスXA



「春のおでかけ服は、ときどき「きれいめ」。」という特集では、芳根京子チャンが東京・銀座の中古カメラ店前をロケ先にして撮影されており、なかなか興味深かった。

「はじめまして、カメラ。」という特集では、サブタイトルが「初めての人、必見。“おしゃれ写真” の楽しみ方、教えます!」。内容は・・・
01. 中古カメラ店に行ってみる。
02. 「はじめてカメラ」これが “買い” です
03. カメラのトリセツ、作りました。
04. カメラ女子のおしゃれ写真をお手本に。

いま、若い女性の間でフィルムカメラが静かなブームになっているようで、その辺りを意識した企画なのだろう。
昨今はスマホのカメラ性能・機能がアップしたおかげでカメラの売り上げは大きく減少傾向なのだとか。ま、当然といえば当然のことで、仕方ないことではあるが。
そういう意味では、若い女性がカメラに興味を持つということは、カメラ業界にとってはありがたいことだろう。

ただ、紹介内容にはかなり問題点があるように思える。

一番問題があると思うのは、「03. カメラのトリセツ、作りました。」
たった見開き2ページでカメラのトリセツを紹介するのはそもそもムリ。
さらに「カメラの種類」を
・フィルムカメラ
・一眼レフ
・ミラーレス一眼
・コンパクトデジカメ
の4つに分類していること。
「二眼レフとかビューカメラとかあるだろう!」というマニアックなツッコミは控えるにしても、フィルムカメラと区別されるべきはデジタルカメラ。フィルムカメラにも一眼レフがあるし。

ほかに本企画のトリセツでは
・露出
・ホワイトバランス
・ピント合わせ
・外付けフラッシュ
・レンズ
・画像サイズ
・ファインダーあり/なし
についてのQ&Aが紹介されている。

が、「露出」のなかの「絞り」の解説は全く逆の説明になっていてNG。
そもそも、カメラを初めて触るという人に対しては、スマホカメラとの違いやあえてカメラを使う面白さ、フィルムの種類や現像料・プリント料あたりを紹介すべきではないか?

あと、古いデジカメなら使用するメディアに注意が必要だし、フィルムカメラなら電池が入手可能かどうかもチェックが必要であることは紹介すべきではなかったか?

また、フィルムの装填方法が紹介されていたが、フィルムカメラでは装填中にフタを開けてはならないことと、撮影後に巻き戻さなければならないことは、今の若者には絶対解説が必要なのでは?

そもそも、中古カメラにまで購入範囲を広げているが、中古カメラは膨大な種類があって、初心者が生半可な雑誌知識で購入に走るよりも、カメラ店の店員さんに相談・質問する方が手っ取り早いと思うので、その旨をしっかり書くべきだったかと。


こんな感じでツッコミどころ満載な企画ではあるけれど、これがきっかけでカメラ好き女子が増えていただければ慶賀なり。






テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ