『私の7流。プロの実戦カスタマイズ』




『私の7流。プロの実戦カスタマイズ』(無料/オールカラー76ページ)。

12月初旬の東京出張時にヨドバシカメラだかマップカメラだかでもらってきた一冊。

キヤノン EOS 7D Mark II を使用するプロ16名が自分のセッティングを紹介。

【鉄道】山崎友也/長根広和
【飛行機】ルーク・オザワ/チャーリィ古庄
【野生動物】福田豊文/福田幸広/前川貴行
【野鳥】戸塚学/福田啓人
【昆虫】黒柳昌樹
【スポーツ】水谷たかひと/田中宣明/田中伸弥/中西祐介
【モータースポーツ】赤松孝/小林直樹

もともとはカメラ雑誌の連載広告をまとめ直したもの(現在も継続中)。広告では見開き2ページのスペースのため作例も小さかったが、こちらでは多くの作例が大きく掲載されている。

セッティングの中心はAF。マニュアルフォーカスの時代はピントリングを回すだけだったのが、自動化されることによりセッティングが複雑になるというのは皮肉ではあるが(笑)、撮像素子がフィルムよりも高精細になっている現在、マニュアルフォーカスではピンボケのオンパレードにもなりかねない。そんなワケで、セッティングはやはり重要な作業と言わざるを得ない。
セッティングは被写体により、撮影者により千差万別。1DX、5D3、5Ds/5DsRも似たようなものなので、参考にされたし。

ただ、セッティングできる項目はAFだけではない。
例えば、モードダイヤルの「C1」〜「C3」(カスタム撮影モード)やメニュー画面の「MY MENU」は自分なりのセッティングをして便利に使っているが、それらの説明はなかったのが残念。

本カタログ(?)は無料とはいえ大型カメラ店に行かないと手に入らないかもしれないが、取扱説明書はカメラを買えばついているので、しっかり読むことをオススメしたい。
ついでに言えば、取扱説明書はカメラを買わなくてもキヤノンのサイトからダウンロードできるので、購入前に正確なスペックや操作方法などを知りたいときにもダウンロードすると便利。

キヤノンのサイト:製品マニュアル一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ|EOS/EOS M




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


富士フイルム X-E1 ブックレット『写真を撮りに街さんぽ。写真を撮りに山あるき。』



名古屋のビックカメラでもらったブックレット。24ページ。A5サイズなので手に取りやすい。
左側からは『街さんぽ。』の内容が、右側からは『山あるき。』の内容が展開されている。

WEBでも見られマス。⇒『写真を撮りに街さんぽ。写真を撮りに山あるき。』

内容はカメラ女子、山ガールにウケそうな内容になっているのだが・・・。

オリンパスの PEN シリーズやパナソニック GF6、ソニー NEXシリーズなどなら納得するのだけれど、X-E1 はミラーレスカメラの中でも大柄だし、カメラもレンズも高価(ヨドバシ価格でカメラで118,000円、レンズでそれぞれ1本5万円から8万円。)。ちなみにこのブックレットでは希望小売価格など一切表示されていない(オープン価格だからだろうけど)。このブックレットを見て興味を持った人がカウンターでカメラやレンズの価格を見てビックリしそうな気がする(笑)。まぁ、ライカに比べれば大したことないけれど(爆)。

フジのミラーレスは APS-C サイズのローパスフィルターレス X-Trans CMOS センサーがウリなのだから、そこをもっと強調する内容にすべきだったのではないだろうか。「同じ写真を撮るなら、より高画質なX-E1で」というようなコンセプトで。

カメラ女子、山ガールを取り込みたい気持ちはわかるけれど、ちょっとピント外れな気がするブックレットのように思えた。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : フジ X-E1


キヤノン『撮影マナーガイド』



ネタがないので(笑)、キヤノンデジタルハウスでいただいた小冊子『撮影マナーガイド』をご紹介。冊子はA6判12ページのコンパクトなもの。
最近もらったのではなく、半年から1年ぐらい前にもらったような気がする。現在もらえるかどうか不明。キヤノンのサイトで pdf がダウンロードできれば紹介したかったのだが、見当たらなかった。

「自分達の撮影だけに集中してしまうと、周囲とトラブルを引き起こすことにもなりかねません。他人に迷惑をかけることのない様、マナーを守って気持ちよく撮影ができる様に心がけましょう。」とある。ま、そのとおりですな。当たり前のことではあるが、この冊子が作られているということは、マナーを守らない輩が多いということだろう(笑)。

冊子は、共通マナー、観光地、スナップ撮影、モデル撮影、写真教室/セミナー、といったシーン別に守るべきマナーが書かれている(下の画像はクリックで拡大)。











ご参考に。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン


『papa's photo こども一眼撮りレッスン。』


『papa's photo こども一眼撮りレッスン。』はカメラ店店頭で無料でもらえる16ページのブックレットでタムロン 18-270mm F/3.5-6.3 DiII VC PZD (Model B008) の販促ツール。

このレンズは35mm換算28-419mmという広範囲をカバーする高倍率ズームなので、たいていのシーンに対応できるけれど、子供の撮影に絞って訴求しているのはグー!



内容は、パパ歴3~7.5年のプロカメラマン3人(並木隆・小林義明・秦達夫)がこどもの撮り方を指南するというもので、

Lesson 1 望遠で自然な表情を写す
Lesson 2 背景をボカして撮る
Lesson 3 動き回る姿をシャープに写す
Lesson 4 クローズアップで繊細に
Lesson 5 手ブレ補正で、手持ち撮影

という構成。このレンズの特長を活かした作例を紹介している。作例はメチャメチャいい!というほどではないけれど、パパがこどものアルバムに貼るには十分自慢できそうなものばかり。



そして、巻末のまとめでは、「こども撮りレンズの条件」として5項目を挙げて、このレンズを買わなければならないことを示唆している。
実際のところ、レンズはコンパクト(全長:96.4mm、質量:450g)だし、カメラ雑誌では画質その他の評価もよいようなので、懐具合さえ許せば(希望小売価格:84,000円、実売価格:59,800円/4月4日のマップカメラ価格)オススメかも。

このブックレットの出来上がりはなかなかよく、ワタシ的には85点ぐらいはあげたいと思うのだが、1点残念なことが。
それは、「まとめ」では条件の1つとして「広角から望遠までカバーしていること」となっているのに、5つのレッスンでは広角が必要であるという主張が薄いこと。広角が必須でなくて良いなら、手ブレ補正つきの望遠ズームでもよいということになってしまうからだ。Lesson 3 などでは広角で撮っていのだけれど、明確に「こども撮影には広角も必要である」という作例・説明がほしかった。

ワタシにはこども(どころか嫁さんも)いないのであまり役には立たないが(笑)、該当する方には役に立つと思う。また、パパだけでなくママでも参考になると思うので、カメラ店で探してみてクダサイ。


TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD キヤノン用 B008ETAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD キヤノン用 B008E
(2010/12/20)
タムロン

商品詳細を見る

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008NTAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N
(2010/12/20)
タムロン

商品詳細を見る

タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 PZD SONY用 B008Sタムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 PZD SONY用 B008S
(2011/04/15)
タムロン

商品詳細を見る


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : タムロン


フジ『ファインピックスマガジン えっ!? 結婚式もスマホで撮るの!?』



(左:表紙、右:裏表紙)



フジ『ファインピックスマガジン えっ!? 結婚式もスマホで撮るの!?』
先日、名古屋に行った際、駅前のビックカメラに置いてあったのをもらってきた32ページのブックレット。
裏表紙はタレントの佐々木希サンがウェディングドレスを着た写真を使っており、それなりに気合いが入っているように思える。

最近のスマホブームはデジカメメーカーにとっては深刻な問題。そこそこのカメラとビデオの機能が内蔵されているし、撮ってそのままネットにアップできますからなぁ。
そんな危機感を表しているのがこのブックレット。マンガでフジの最新デジカメ・ファインピックス Z1000 EXR の良さをアピールしている。


2人のOL(と思われる女性)が友人の結婚披露宴に出席。1人はスマホのカメラで撮影して、ズームが足りない、ブレる、暗いなどの結果に愕然とする。もう1人はファインピックス Z1000 EXR を使い、綺麗な写真をどんどん撮る。さらに撮った写真をスマホに送信してネットにアップしたり、他の人のデジカメに赤外線通信で送信したり。
これを見たスマホの女性の方も Z1000 EXR を購入して綺麗な写真を撮れるようになり、SNSでも綺麗な写真をたくさんアップできるようになりました。メデタシ、メデタシ。ーーーという内容(笑)。

マンガはモノクロで、文字や図が混み合っていて見づらいのが残念。もう少しすっきり読めるような工夫が欲しいところ。

ちなみに Z1000 EXR のスペシャル機能としては・・・
1.全部おまかせ! 103パターンオート
2.失敗知らずのフラッシュがすごい!
3.ぐぐっと寄れる スリムな超解像ズーム10倍!
4.便利で使いやすい タッチパネル!
5.ピント合わせが速い!
6.明るい! フルハイビジョン動画
7.簡単!高画質! スマホ送信!
8.ケータイには赤外線送信!
9.こっそり フェイスレタッチで美人写真!
10.かわいく自分撮り!

こうやってみると確かにスマホのカメラよりもいいのだろうが、結婚式のためにどれだけの人が買うのかなぁ?と。買ってもらわないと、フジ(や他のデジカメメーカー)としては困るのだろうけれど(笑)。まぁ、周りがどんどん結婚する妙齢の女性は結婚式に出席する機会も多いだろうから、買って損はないかもね。そーゆー機会が少ない人にとってはスマホで済ませちゃえ!となるかな。

そんなことを考えさせられた無料のブックレットでございました。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : フジフイルム ファインピックス FinePix


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ