FC2ブログ

就活学生から新人ビジネスマンに最適の1冊『男の服装戦略』(石津謙介/チクマ文庫/昭和60年)



『男の服装戦略』(石津謙介/チクマ文庫/昭和60年/当時480円)

本書は昭和60年に出版されたものだが、ワタシ的には就活学生から新人ビジネスマンが必読すべき内容の本であると思う一冊。現在は絶版だが(笑)。

石津謙介氏はVANの創業者にして日本にアイビー、トラッドを紹介した服飾評論家の第一人者。「スウィングトップ」や「トレーナー」などの和製英語や「TPO(タイム・プレース・オケージョン)」など、数々の新語を世に広めている。



本書では経済的に豊かではない就活学生から新人ビジネスマンがどのようにワードローブを揃えるかについて適切な指南をしている。

たとえば、スーツを買うなら1つの色に揃えること。つまり紺系かグレー系か。普通は紺を買ったら次はグレーとなりがちだが、それに合わせる小物も揃えなければならないため、出費がかさんでしまう。なので紺系かグレー系かで統一してしまえば、無駄な出費が抑えられるという提案。
また、上着に対してパンツ(ズボン)は傷みが激しいので、2パンツスーツの購入も提案している。

靴・靴下は黒。デザインはオーソドックスなプレーントゥやウィングティップ、ストレートティップなど。デザインや色に保守的である一方、革底にかぎらず、雨に強い合成底を薦めていて、面白い。

シャツを選ぶ基準も、
1.自分の持っている全てのスーツにフィットする。
2.自分の持っている全てのネクタイがフィットする。
3.冠婚葬祭、全ての場合に着ることができる。
4.手入れが簡単である。
と合理的。綿100%にこだわることなく、綿ポリ混紡を推奨している。

なお、本書のプロローグで石津氏は「おしゃれと身だしなみは違う」と断じており、本書の構成を次のようにしている。
PART 1 ビジネスのための服装術
PART 2 結婚式とパーティの服装
PART 3 お通夜と葬儀の服装
PART 4 プライヴェート・タイムの着こなし

「TPO」という言葉を世に広めた石津氏だが、本書では「FOP(フォーマル・オフィシャル・プライヴェート)」という用語を使っている。
残念ながらこの用語は広まらなかったけれど、よい切り口だと思う。
「ビジネススーツは無地が最高」「ビジネススーツに個性は不要」さらに「ヒラ社員はドブネズミルックでよい」としているのが面白い。



現在はどの業種もややカジュアル化している傾向。ネクタイ必須がノーネクタイになったり、ワイシャツ着用がポロシャツなどに変わったり。とはいえ、今だにスーツ&ネクタイ着用が必要な業種もあるし、改まった席ではそのような着こなしも必要だろうから、本書の内容は今もって色褪せていないように思う。




スポンサーサイト




大学時代のまさにバイブル『THE WEARING BIBLE』『THE WEARING BIBLE 2』(出石尚三/講談社)


 



またまた回顧録的な投稿デス。 

ワタシが東京の大学生になって急に目覚めたのがファッション。
小学生の頃は服装自由ながらトレパン・トレシャツを通年通していた。
中学生の頃は学生服を何の加工もせず(笑)、詰襟をキッチリ締めていた優等生。
高校時代はウチの高校は制服なしだったのだけれど、中学時代に釣りにハマっていたことでアシックスのアウトドアブランド『タラスブルバ』のシャツやらズボンならを釣具店で購入して毎日着ていた。
なお、釣具店にはフィッティングルームなんぞないので、売り場でズボンを下ろして試着させられ、ちょっと恥ずかしかった(笑)。
あと、中3あたりから本格的に興味を持ち出した写真撮影に関連して、キヤノンの雑貨『C.P.E.』のTシャツやらトレーナーなどもよく着ていた。

大学生になって、しばらくはやみくもに服を買っていたように記憶するが、だんだん男子向けファッション雑誌も読むようになった。『Hot Dog PRESS』『POPEYE』『MEN’S CLUB』あたりが当時のメジャーだと思うが、ワタシは『CHECKMATE』を購入・愛読するようになった。この雑誌はトラッドをベースにしながら最新のファッションを取り入れた誌面だったように思う。



さて、そんな折に購入したのが『THE WEARING BIBLE』(出石尚三/講談社/昭和59年/当時 850円)
トラッドファッションの基本・小ネタが満載の一冊。
カラー写真の6ページがあるものの、それ以外はモノクロ1色。イラストはアメリカンなタッチの綿谷寛氏。

当時の服飾評論家を3人挙げるとすれば、まずはVAN創業者の石津謙介氏。
アイビーファッションを日本に紹介し、「TPO(タイム・プレース・オケージョン)」を始め、ファッション和製英語「トレーナー」「スウィングトップ」などを生み出している。
ただ、考え方は結構実用主義なところもあり、『男の服装戦略』(チクマ文庫)は就職したてのサラリーマンがどのようにワードローブを揃えていくべきかを指南した名著。

2人目はくろすとしゆき氏。
トラッドファッションの伝統を全面に押し出した記事をよく目にした。

そして3人目が出石尚三氏。
軽妙洒脱な文章はトラッドファッションの伝統をベースにして、映画の俳優のファッションねたなど雑学的な内容も紹介しており、博識が感じられる内容。

個人的には出石氏の文章が一番好きだった。
なので、『THE WEARING BIBLE』はまさに当時のワタシのバイブルだった。本書ではトラッドファッションの基本・小ネタが満載なのだが、そこから男の生活・生き方が指南されていた。

『THE WEARING BIBLE 2』(昭和60年/当時850円)はファッションの応用編。
小物づかいの新しいノウハウが満載ながら、半分以上は本当に実践するヤツいるのか?的な内容も(笑)。
また、当時はバブル絶頂期に登りつめる時期だったので、タキシードをはじめとするパーティーファッションに関する記事が多くて時代性を感じる。いまのファッション誌でタキシードなんてほとんど紹介されてないもんね(笑)。
ちなみに当時、ワタシはタキシードは買わなかったものの、ボウタイ(蝶ネクタイ)とカマーバンドは購入シマシタ(笑)。

これら2冊の影響でブリティッシュトラッドのファッションに凝り、大学2年生からはスリーピーススーツで大学に通うようになった(笑)。
その後就職した会社でもスリーピーススーツ。夏の暑い盛りでもスリーピーススーツ。ジャケットを脱ぐことはあったが、ヴェストは絶対脱がなかった。なぜなら、ヴェストはサスペンダーを隠すものだから。
そのようなこだわりも『THE WEARING BIBLE』の影響なのだろう。

これら2冊は東京から三重に引っ越した時に紛失してしまったので、あえてネットで探して購入した次第。

三重に戻ってきて、サラリーマン時代のスリーピーススーツなどは全部とってあるが、体型(特にウエストまわり)が当時と変わってしまったため、全て切ることができなくなった(笑)。
今はスーツを着る必要がほぼなくなったので、現在の体型に合わせて購入した紺の2ピーススーツと喪服が着られるのみ。 



 


20数年前にワタシに大きな影響を与えた一冊『システム自炊法』(丸元淑生/中公文庫)



ワタシは1浪して東京の大学に合格し、以来20年ほど東京生活をしていた。
三重から東京に上京する際、両親は鍋やら急須やらを荷物に持たせてくれたが、ハナから自炊をするつもりはなかった。
理由は・・・
・高校を卒業するまで料理をしたことがなかった。
・一人暮らしで料理をするのはかえってコスト高。
・近くにコンビニも牛丼屋もあって食べることに困ることはない。
そんなワケで、大学1年の頃は朝はトーストとコーヒーがせいぜい。朝食を抜いて大学に行き、とりあえず学食で昼食、夜には牛丼屋。

大学2年生になると、友人の紹介で大手町の社員食堂のアルバイトをするようになった。食堂で蕎麦を茹でて朝食とし、食堂の営業が終わったらパートのおばちゃんたちと一緒に残り物の定食で昼食(残り物が少ない時は追加で作ってくれた)。夕食はさらに残り物を弁当に詰めてもらい、3食タダの生活となった。

就職も東京の企業。就職を機にアパートも変わったが、食生活は大学1年と似たようなもの。朝食は前日にコンビニで購入した惣菜パンとコーヒー、あるいは会社の近くの立ち食い蕎麦屋で済ませ、昼も夜も外食。

ところが、その後2回引っ越した先が2LDKの立派なマンションで、キッチンにはガスコンロ3つと魚焼き用のグリルがついていた。
さすがに料理でもしてみようかという気分になった。



前置きが長くなったが、そんな時に出会ったのが『システム自炊法』(丸元淑生/中公文庫)

独身サラリーマンや単身赴任のサラリーマンに向けた自炊法を解説した一冊。

普通の料理本とは全く違うアプローチの本で、独身・単身赴任サラリーマンにとって栄養学的に必要な食材は何か? どのように1週間の料理を組み立てていくかを説いており、目からウロコが落ちた気がした。

同氏の提案は・・・
・まず穀類2:豆1をコア食材とする(必須アミノ酸のバランスが良い)。
・次に基本装備として、わかめ、ちりめんじゃこ、トキ鮭、たらこを欠かさない。
・さらに基本菜としてニシンの煮つけや昆布の煮しめ、その他野菜類を追加。
・味噌汁と果物
という構成。
栄養学的に自分の身体を守ることを大前提としている一方、それぞれが不味いと続かないので、どうすれば美味しくいただけるかについても解説している。
そのため、週に1回は市場に買出しに出掛けよだとか、味噌汁は鰹節を削って入れよとか、ハードルの高いことものたまっており、実践が難しいものもあった。



とはいえ、本書に感銘を受けてコンパクトな精米機を購入して玄米を三分づきにして炊いたり、無水鍋を購入して料理を作ったりした。

その後2回の転職をしてほぼ内勤になった時には、職場の近くに料理屋がなかったこともあり、弁当を持参するようになった。
弁当の主な内容は、玄米あるいは三分づき米に紫米のものが半分、出来合いのお惣菜(おからやゴボウのきんぴらなどの野菜系)が1/4、魚あるいは肉系のおかずが1/4という感じ。
肉あるいは魚を焼いているうちに弁当を詰め、最後に肉・魚を詰めれば完成なので、5分とか10分でお弁当は出来上がり。弁当作りはそんなに苦ではなかった。
たまにご飯を炊き忘れていた時は、ジャガイモを千切りにしてレンジでチンし、ご飯の代わりに詰めたことも何度かあったが(笑)、5分程度でできるので、緊急対策としてはなかなかのアイデアであったと思う(丸元氏の本には書かれていない)。



思い出話が長くなったが、この一冊を機に、丸元氏の著作をかたっぱしから読み漁るようになり、蔵書は11冊にもなった。 

 

 

 

 

 




『言ってはいけないゲス知識2018』(日本博議研究所/宝島社)





『話すと100%空気が悪くなる 言ってはいけないゲス知識2018』(日本博議研究所/宝島社/740円+税)

書店で立ち読みしてなかなか面白いトピックが多かったので購入。416ページで3cm超の分厚さの割には800円ほどだった意外性もポイント(笑)。

テーマは・・・
1.人体の嫌な真実
2.知りたくなかった健康知識
3.ゾッとする身の回りの常識
4.話すと引かれるエロ知識
5.知られざる日本の裏側
6.謎すぎる世界の真実
7.食欲が失せる食べ物の話
8.日本の偉人のゲス実態
9.世界の偉人のゲス実態
10.動物たちのヤバすぎる生態系

調査方法はたぶん大学生アルバイトを使って色々な雑学文献からテーマに沿ったものをピックアップしたものと思われる(違ってたらゴメンナサイ)。その内容を検証などしていないとみられ、眉唾に近いトピックも多い。

とはいえ、雑学知識的にワタシ的に興味深かったのが
・牛乳を飲んでも●割の日本人にはムダ
・貧血には●●を摂っても意味がない
・宮沢賢治は●●コレクター
・小林一茶は1日3回以上の●●を欠かさない絶倫ジジイ
・リンカーンの謳う平等には●●と●●が入っていなかった
・●●という言葉を、世間に流行らせたのはチャップリン
などなど。

ワタシ的に最も興味深かったトピックが
・ペットボトルの●●(リサイクル)こそ資源のムダ

ペットボトルは国内で再生処理できないものを海外に輸出しているが、中国に受け入れを拒否され、増え続けるゴミをどう処理するかが問題となっている。
本書の記事を要約すると、「ペットボトルは新品を作ればペットボトル2本分の石油がかかるが、リサイクルから作ると3.5本かかる。ペットボトルの回収には年間417億円もの税金が使われており、頑張って分別して、結局税金の無駄遣いをされているとなれば二重に損である。
ペットボトルは燃えやすいので、生ゴミと一緒に燃やしてしまうのが最も効率的である。」としている。

また、最近はマイクロプラスチック公害が問題になっているが、プラスチックゴミはとにかく燃やしてしまうのが最も良い処理方法ではないかと思う。燃焼で有害物質が出るとしたら、出ない仕組みの火力発電所を作ればいい。
分別の労力も減り、ゴミも減って税金の無駄遣いも減る。原発も要らなくなるのではないだろうか?




テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『若冲』(澤田瞳子/文春文庫)





『若冲』(澤田瞳子/文春文庫/700円+税)

伊藤若冲好きのワタシとしては本屋で見つけた以上、買って読まざるを得なかった(笑)。

若冲については、江戸時代の京都錦市場の青物問屋の主人ながらさっさと隠居して絵を描いていたぐらいの知識。
本書末尾の解説によれば、正徳6年(1716年)生まれ、23歳で家督を継ぎ、40歳で弟に家督を譲って隠居、85歳で亡くなるまで絵を描き続けたとある。

生涯妻を娶らなかったとされるが、著者はお三輪という女性と若冲が結婚したと設定。若冲が絵に熱中したまま家業をおろそかにして周りから責められたお三輪が首吊り自殺。この事件で若冲は供養の意味を込めて絵を描くようになる。
一方でお三輪の弟(弁蔵)は若冲を恨み、若冲の偽絵を描き続ける。若冲もそれに対抗して絵の道を極めようとする。

悔恨と怨恨の連鎖がメインのストーリーとなるので、結構陰鬱な感じ。それが若冲の数々の名作の土台になっているというのが面白い。
また、晩年の「桝目描き」という手法は孫(といっても実は弁蔵の子)に絵を手伝わせるために編み出した手法という設定も面白い。

ストーリーのどの程度が史実に忠実なのかどうかわからないが、本書を読んで若冲の絵に対する見方が変わらざるを得ない。良いとか悪いとかではなく、なぜその絵が描かれたのかを深く考えさせられるだろう。



プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ