FC2ブログ

ソニーα7R III の本体ソフトウェア Ver.3 を早速インストール!


ソニーから「α7R III「ILCE-7RM3」本体ソフトウェアアップデートのお知らせ」が来た。

1月にアナウンスされていたものが、予定通り公開された次第で、早速アップデートした。

デジカメWatchの記事:ソニー「α6400」「α9/α7R III/α7 III大型アップデート」発表会レポート



今回の本体ソフトウェアアップデートの内容は次の通り。

【対象製品】
デジタル一眼カメラα7R III「ILCE-7RM3」

【アップデート開始日】
2019年4月11日(木)

【アップデート内容】
1. リアルタイム瞳AFの動物対応(*)
2. リアルタイム瞳AFがシャッターボタン半押しやAF-ONボタンに対応
3. インターバル撮影機能の追加
4. ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT(別売)に対応
5. 操作性改善
 ・ カスタムキーに割り当てできる機能に「MENU」を追加
 ・ FnボタンによるMENUタブの操作
6. その他の動作安定性向上

* 人物と動物の瞳を同時に検出することはできません。また、動物の種類、複数の動物、動き回るような撮影環境では、瞳を検出できない場合があります。詳しくはサポートサイトをご覧ください




ワタシが一番期待しているのが、リアルタイムトラッキング・リアルタイム瞳AFの部分で、被写体が多少横を向いても粘って被写体を追い続けてくれると聞いている。

現状のソフトウェアの場合、メイン被写体が横を向いた時に背景の人物の顔にピントを合わせることが多く、そのために顔・瞳AF設定をOFFにせざるを得ないケースも。ハマるときはメチャメチャハマるのだけれど。

そんなワケで、今回のアップデートには大いに期待している。






また、「リアルタイム瞳AFの動物対応」というのも面白い。対象は主に犬・猫のようだが、ペット写真家には朗報かも。ウチにも猫がいっぱいいるので、試してみたい。
設定をセレクトする画面で猫のアイコンが表示されるのがカワイイ(笑)。



スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン EOS R に触ってきました!





明日から始まるダイハツ・ヨネックス ジャパンオープンの撮影のために今日から東京入りしておりマス。
会場下見もできず、美術館も月曜日のため多くが休館。
どうしようかと新幹線の中で思案していたが、あ、そういえばということで急遽品川で途中下車。キヤノンプラザSに行ってきた。
もちろん目当ては発表されたばかりのキヤノン EOS R!
専用テーブルにはEOS R 1台とレンズは RF24-105mm F4L IS USM、RF28-70mm F2L USM、RF35mm F1.8 MACRO STM。RF50mm F1.2L USM、縦位置グリップはなかった(たぶん)。
外観写真は可能だが、発売前なので自前メディアを挿入しての撮影は不可。

平日の13時過ぎだったのでさほど待たされるようなことはなかったものの、ワタシの前に1人いじっている人がいて、順番待ちの記入表がテーブルに置いてあった。
EOS Rのコーナーには美人のおねーさんが交替でつきっきりの説明。しばらく触ったところで突然アラーム! 5分タイマーが終了し、慌ててカメラの外観写真だけ撮らせてもらって終了。物足りなかったので、再度順番待ちリスト(3人目)に入れてもらった。
その間にカタログ類をもらい、アンケートを記入して時間つぶし。
自分の番が再び来たので改めていじらせてもらい、アンケートを渡してキヤノンプラザSを出た。

触ってみての印象だが、まずカメラ本体。
デザインはキヤノンらしくてワタシ的には好ましい。グリップの感触も同社一眼レフと似た感覚で違和感なし。
ただ、MODEボタンを押してサブ電子ダイヤルを回し、「ドットマトリクス表示パネル」に現れる文字を選択するのだが、5D4などのモードダイヤルのように外部表示されているほうが明らかに分かりやすい。なお、この表示パネルは電源OFFでも露出モードが表示されるのはヨイ。
新たに設けられた「マルチファンクションバー」の操作方法も第一印象としてはイマイチ分かりづらい。使い慣れれば便利なのだろうけど。
AFの合焦ポイント表示が合ったのかどうかイマイチわからない。

レンズ。
RF24-105mm F4L IS USMはEFの同スペックレンズと比べて特に差のない感じ。
RF35mm F1.8 MACRO STMはコンパクトでそれなりにイイ感じ。
そして注目のRF28-70mm F2L USMは標準ズームとしてはぶっといが、持ってみるとさほど重さは感じなかった。とは言え手ブレ補正機構は入っていないし、サイズ的にも価格的にも手を出しづらい。
どれも画質はいいのだろうけれど、ソニー、ニコンと申し合わせたように距離指標も省略されてしまったし、特別買いたいとは思えなかった。

当然、今後は高速連写タイプや超高画素タイプも控えているだろうし、レンズも拡充されるのだろうが、現時点では買い換え・買い増しの意向は持てなかった。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


SONY 24-240mmと100mmSTFを触ってきました!





久しぶりの名古屋なので、ソニーストア名古屋に寄ってきた。

目的はFE 24-105mmF4 G OSSがズーミングしながら連写すると大ボケする件を訊くこと。
この件に関しては、スタッフの男性に訊ねたところ、「とりあえずカメラの設定で調節してみてください。それでも問題があれば、カメラとレンズを持ってきてください(点検/修理依頼)」とのこと。
レンズもシリアルナンバーから検索すると、特に問題のあるロットではなかったようなので、最悪、レンズ単体のとらぶるかもしれないとのこと。
この場ではこれ以上のチェックはできなかったので、あとは点検/修理依頼になりそう。


さて、せっかくカメラ(7RIII)を持ってソニーストアに来たので、興味のあるレンズを試用させてもらうことに。


まずは FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS
いわゆる便利ズーム。これ1本で大抵の用途に対応できるが、一般にこのタイプのレンズに画質はあまり求められない。
GやGMではないものの、ほんの数枚程度だが試写した感じでは、なかなか悪くない画質。

発表時はカメラ雑誌でそれなりに取り上げられたものの、最近ではあまり取り上げられないが、とりあえず購入してしまえばそれなりに満足できそうな1本。ソニーストア価格で現在134,880 円+税。







もう1本はFE 100mm F2.8 STF GM OSS

コチラは100mm F2.8という平凡な明るさ/焦点距離のレンズながら、アポダイゼーション・エレメントを加えてボケ味にこだわった中望遠レンズ。さらに通常撮影では「0.85m-∞」ながら、マクロ切り替えリングにより「0.57m-1.0m」(撮影倍率:0.25倍)となっており、簡易マクロレンズ的な使用方法も考えられる。ソニーストア価格で172,500 円+税。

ポートレートから物撮りまで、画質の良さは折り紙付きながら、24-105mm F4 Gや70-200mm F2.8 GMを所有している現在、血迷わない限り買えないのが残念(笑)。

このレンズの画質を語るには、作例を掲載するまでもないとは思う。

ところで、本レンズのマクロ切り替えリングによる通常撮影での0.85mでの画質と簡易マクロ的な側での0.85mでの画質はどう違うのかを撮影してみた。画質うんぬんは別にして、撮影倍率は少々変わるようだ。
たぶん大きいほうが簡易マクロ的な側でのでの撮影距離:0.85m、小さいほうが通常撮影での0.85m(たぶん)。
画質の違いはワタシの目ではよくわからない(笑)。







本当はいろいろ触りたいレンズがあったのだが、ヘタに触ると財布から札束が飛んでいきそうなので止めておいた(爆)。


続きを読む

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2018.04.28・30 三重県高等学校 バドミントン選手権大会 女子2部 撮影後記



いとこの娘(つまりワタシの姪)が出場するということで、平成30年度 三重県高等学校 バドミントン選手権大会 女子2部の撮影を頼まれた。
4月28日がダブルス、30日がシングルス。特に予定もなく、姪の最後の大会ということで快諾。内容は姪と姪の友達の撮影とアルバム作成。

会場は28日のダブルスが三重交通グループ スポーツの杜伊勢、29日のシングルスが伊勢市小俣総合体育館・伊勢市立明野小学校体育館。
初めて行く会場だったので、機材は一応フル装備。
今回はメディアとしてではなく、いち応援者という立場になるので、2階席からの撮影。
なので望遠・超望遠レンズがメインになるかと。用意した機材は・・・
・ソニー α7R III
・ソニー 24-105mm F4
・ソニー 70-200mm F2.8 GM
・ソニー テレコンバーター 1.4x
・キヤノン EOS 5D Mark IV
・シグマ 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
・シグマ アポテレコンバーター 1.4 EX DG
・キヤノン EF 400mm F2.8L IS USM
・キヤノン エクステンダー EF 1.4x III
・キヤノン PowerShot G7X Mark II
・マンフロット ニューテック一脚 685B + スリック バル自由雲台 + エツミ クイックシュー

おおかたの機材はアンダーアーマーのデイパックに詰め込み、ヨンニッパは専用ソフトケース、一脚は裸で運搬。会場までの移動は親戚のクルマ。

今回、一番心配だったのが初めて訪れる会場。初日(28日)の「三重交通グループ スポーツの杜伊勢」は設立がかなり古いのか、照明がよそより1絞り程度暗く、また2階席通路が狭くて困った。

メインコート10面以外にサブコート3面も使用され、直前のアナウンスがあるまで選手も観客もどのコートで試合が行なわれるかわからず、しかもアナウンスの声がわかりづらくてストレスが溜まった。
サブコートは小さいながらも照明は明るく、観客も少なかったので撮影はしやすかったが、メインコートとの移動が大変。結局、最初の2試合が終わったところでヨンニッパと一脚はクルマのトランクに放り込んで軽量化。

結局、28日は会場風景をソニーカメラ、試合は5D4+120-300mmで撮影。

30日は違う会場だったので、またフル装備。
会場到着時間が開会式スタート直後で機材のセッティングが間に合わず、G7X2で慌てて撮影。咄嗟のときにこのカメラは便利。室内やスポーツでなければ十分な画質。

会場は2会場に分かれていたものの、最初の1試合だけサブ会場で行なわれ、残りは全てメイン会場で行なわれるということで、移動は最小限で済んだ。なので、120-300mmとヨンニッパ(+1.4xテレコン)がメインレンズに。
ただ、この会場も2階席通路が狭く、ヨンニッパに一脚を装着して振り回すのがはばかられたため、全て手持ち撮影。カメラ含めて約7kgの手持ちはキツく、汗が噴いてきた(笑)。ちなみにヨンニッパをマジメに使用するのは3年ぶりかも。なので5D4との組み合わせは初めてかも。
そんなワケで、ソニーカメラ+レンズは全く使用せず。

撮影枚数は28日が約1,750枚、30日が約2,700枚。撮影対象が2人だけだったので、仕事での撮影に比べると少なめの撮影枚数。

とりあえず、その日のベストショットを各5枚x2人ずつセレクトしてメール送信、20ページのアルバム2冊を5月4日にようやく仕上げることができた。
データディスクも作ってすぐに渡しに行った。本人に見せたら恥ずかしそうだったが気に入ってくれたようだった。まぁ、気に入られないようだったらプロを辞めるべきだろうが(笑)。



ヒマつぶしにソニー α7R III + キヤノン EF 50mm F1.0L USM で撮影!


そういえば、ソニー α7R III 用に購入したマウントアダプター Commlite Auto Focus Adapter EF-NEX は電子接点があるので キヤノン EF 50mm F1.0L USM が使えるのではと考え、取り付けてみた。

そもそもこのマウントアダプターはどのキヤノンレンズを装着してもα7R III でAFが上手くいかないが、50/1.0でも同様。ただ、MFにすればフォーカスピーキングでピントを合わせることができるし、絞りも連動させることができる(ソニーにはない絞りF1.0の表示がα7R III で表示される! 笑)。



 
(左:ISOオート(100)、f1.0、シャッターオート(1/5000秒)。
右:ISOオート(100)、f1.8、シャッターオート(1/1600秒))


まずは庭の花を撮ってみた。
f1.0、シャッターオートで2枚連写したところ、2枚目はf1.8になってしまっていた。以下の作例も同様。むしろf1.0とf1.8の描写の違いがはっきりわかって好都合だったが。

まずサムネイルでも分かるのが、周辺光量の違い。f1.8に絞っただけで一気に周辺光量が増えている。



 


ピントを合わせた花の部分。f1.0はピンボケ写真かと思ったが、一応ピントは合っているようだ(笑)。収差があるためにベールをかぶったような描写になってしまっている。
一方のf1.8は同じレンズかと思うぐらいにキリッと締まった描写。ほんの少しの絞りの違いでこれほど差が出るとはちょっと驚き。



 


周辺部も見てみると、f1.0ではボケが同心円方向に流れているのがわかる。一方、f1.8では流れたボケがノーマルになっている。



 
(左:ISOオート(100)、f1.0、シャッターオート(1/6400秒)。
右:ISOオート(100)、f1.8、シャッターオート(1/2000秒))



遠目にネコをスナップ。サムネイルで見ただけでも、f1.0のほうは全体に甘い感じ。f1.8はキリッとしている。



 


ネコの部分を拡大。f1.0のほうはこれでもピントが合っている。f1.8のほうは問題なくシャープ。



 
(左:ISOオート(100)、f1.0、シャッターオート(1/8000秒)。
右:ISOオート(100)、f1.8、シャッターオート(1/2000秒))


ガレージのクルマを撮影。露出にバラツキが出ているけど、やはりf1.0のほうはサムネイルで見ても甘い。


 


後輪あたりを拡大。同じレンズで撮影したとは思えない違いとなっている。f1.0では全体にソフト描写となり、白と黒の境界がパープルに色づけされている。一方のf1.8ではキリッとしたフツーの描写(笑)。



こんなところが今回の撮影結果だが、EF 50mm F1.0L USM はf1.8にちょっと絞るだけでフツーにそこそこ画質のいい標準レンズとして使えるようだ。と言っても、約1kgのこのレンズを敢えて使用するというのはバカバカしい。
むしろ絞り開放での甘さを敢えて活かしたソフトフォーカスでのポートレートというのはアリかもしれない。色収差も出るので、それを補正するか、そのまま活かすかもポイントとなるだろう。
手間をかけるなら、ほかのシャープなレンズで撮影して、Photoshopなどでソフトフォーカス加工するほうがいろいろコントロールしやすいと思う。
それでも敢えて EF 50mm F1.0L USM を使用するとしたら、それはやはり趣味の世界(笑)。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ