ソニー用ストロボセットを購入しました。ニッシン Di700A + パワーパック PS8など


遅ればせながら、ソニーα7R III 対応の外部ストロボを購入。購入したのはニッシンデジタル Di700A
もともと持っているDi700(キヤノン用)とほぼ同じ仕様で、リモート発光制御が赤外線から電波式に変更されたことが大きな違い。



購入の決め手は、外部電源(パワーパック PS8)がキヤノン用とソニー用で共用できること。
もちろん、Di700が中型ながら360度のバウンス可能であったり、操作が簡単だったりという点で使いやすく便利だということも大きい。

ワタシの仕事では、表彰式の記録など、連続発光の必要性があり、外部ストロボは必須。現在、キヤノン(EOS 5D Mark IV)とソニー(α7R III)の2メーカーをカメラ併用しているが、ソニー用ストロボを所有していなかったので、外部電源だけでも共用できるものを、ということで選んだ次第。




ついでながら、バッテリーマガジンはDi700とDi700Aで共用。どっちがどっちなどと気にしなくていいのは便利。




Di700A には本体ソフトケースリモートフラッシュ用スタンドが付属。




外部電源 パワーパック PS8には本体ソフトケースストラップ電池パック(写真ナシ)、充電器電源コードが付属。

PS8 は外部電源対応のメーカー純正ストロボに対応するほか、コードを追加することで、各社のストロボに対応することができる。PS8にはコネクタが2つあり、ワタシのようにキヤノン用とソニー用コードを接続することもできれば、キヤノン用2つとかニコン用2つ、フジ用、パナソニック用など、色々なバリエーションに対応できる。
もちろん、カメラメーカー別にストロボとコードを用意する必要がある。




ワタシが購入したのはキヤノン用で、ソニー用電源コードは付属していないので、ソニー用コードも購入。これにより、もともと持っていたDi700(キヤノン用)と今回購入したDi700A(ソニー用)の両方にPS8が使用できることになる。




PS8天面にはコネクタが2つとUSB充電用端子、電源スイッチがある。
コネクタはコードの端子を差し込むだけなのだが、かなり力を入れないと入らないというか、入れづらい。
面白いのがUSB充電用端子。スマホ充電などにも対応できるのがユニーク。

電源スイッチはOFF/弱/中/強(Hi)の選択が可能。取説では
外部電源 パワーパック 「弱」レベルは「ストロボにかかる不可が低減でき、電池の消耗が少なくなります。」
「中」レベルは「加熱防止機能のないクリップオンストロボ1台を発光させる場合の通常のポジション」
「強(Hi)」レベルは「ニッシンMG8000を発光させる場合やストロボ2台同時発光を行なったり、グリップストロボなどコンデンサ容量の大きいストロボを発光させる場合のポジション」
となっている。

LEDランプは緑、赤、赤の点滅の3パターンがあり、赤の点滅ではバッテリー交換(または充電)が必要とのこと。ランプのそばにカラーイラストがプリントがされており、状況がわかりやすい。




本体裏側にはベルトに引っ掛ける金具が。側面にはバッテリーリリースボタン。

バッテリーはニッシン 電池パック3000というニッケル水素電池で3,000mA、7.2V。
電池寿命:約200回充放電
充電時間:約4時間
チャージ時間:フル発光で約0.5〜0.7秒
発光回数:1回の充電で約550回(フル発光)
本体サイズ:180x100x40mm(H x W x D)
重さ:794g(電源コード1本、電池込み)

室内パーティー撮影などでは予備電池パックが必要かもしれないが、そのような仕事は今のところないので、予備は買わずにおいた。

こんなところで、ソニー用システムも充実しつつある。
とはいえ、キヤノンを完全に切り捨てるにはあまりにも資産が多すぎて、悩ましい限りだ(笑)。

ところで、すごーく昔、一眼レフがまだAF化されていない時代、ストロボメーカーのサンパックがDXシリーズを発表。ホットシューを替えれば各社のストロボオートに対応するというシステムで、画期的なシステムだと感じた。
ワタシは高校生当時にサンパックauto 30 DX というモデルを購入したが、当時はキヤノン A-1とNew F-1を使用していたので、多メーカー対応というところであまり恩恵は受けなかった。

過去のエントリー:高校時代に活躍したストロボ サンパック auto 30DX

当時、TTLオートストロボはオリンパスだけで、このストロボでもオリンパス専用DXシューを使ってオリンパスOM-2などで使用すればTTLオートの恩恵に預かれた。その後、キヤノンなどもTTLオートストロボ対応カメラが発売されたため、サンパックも対応DXシューを発売したようだ。

このサンパックDXシリーズと同様のシステムをストロボメーカーが採用してくれれば、ホットシューだけカメラメーカー分用意すれば、本体や周辺機器が共用できて便利なのに、残念だ。



  

   

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン 7D2用 バッテリーグリップ BG-E16 も売却




ソニーα7R III 購入によりキヤノン EOS 7D Mark II を下取りに。
また、ソニー 縦位置グリップ VG-C3EM を購入したおりに、7D2用 バッテリーグリップ BG-E16 を下取りに。
正確にはマップカメラの先取り交換。なので新しい製品が到着してから後日、下取り品を発送するという手順。
先取り交換というシステムは、とりあえず欲しい商品をポチっておいて、商品到着後数日のうちに下取り品を梱包すればいいから便利。カメラの場合なら2製品を比較テストしたあとで発送ということもできる。

BG-E16 は 7D2 購入者の先着2万名にプレゼントするキャンペーンでもらったもので、応募後、3週間余りかかった。正直なところ、最初の2万台はカメラと BG-E16のキットで売ってくれれば購入後、即、使用できたうえ、応募手続きをしなければならないなど面倒だった。とはいえ、当時実売価格2万7,000円弱のアイテムが無料で手に入るのだから、大きな文句は言えなかった(笑)。

ところで、BG-E16は本体、バッテリーマガジン BGM-E16L(リチウム電池用)の他にバッテリーマガジン BGM-E16A(単三乾電池用)、ソフトケースが同梱されていたが、BGM-E16A とソフトケースは1度も使ったことがなかった(笑)。というか、下取りに出すため元箱を引っ張り出して初めて思い出したぐらいだ。
キヤノンとしては緊急時対応のための単三乾電池ということでBGM-E16A を用意したのだろうが、これを用意するよりリチウム電池の予備を用意するほうが普通だろう。単三乾電池ではリチウム電池に比べて性能が劣るのだから。これを省いて価格を安くするほうが賢明だったと思う。

BG-E16 本体は、ボタン類が横位置とほぼ同じように配置されていて、縦位置でも横位置と同じような感覚でボタン操作できたのが良かった。特にマルチコントローラーは、もしなければ相当不便な操作を強いられていただろう。
そんなワケで、BG-E16 は7D2 本体に常時接続。売りに出すまで本体から外すことはなかった。

過去のエントリー:ようやく到着! 7D2用バッテリーグリップ BG-E16(2014.11.30)


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


ソニーα7R III 用アクセサリー類、続々!




ソニーα7R III と24-105mm を購入したが、これだけでは収まるはずもない(笑)。
追加で購入したのは・・・

● ソニー 縦位置グリップ VG-C3EM
● ソニー リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100
● ハクバ 液晶保護フィルム
● ソニー SDXC UHS-II 64GB メモリーカード(並行輸入品 x2)
● バッファロー UHS-II 対応 USB3.0 カードリーダー




ソニー 縦位置グリップ VG-C3EM

ワタシの撮影では縦位置グリップが必要だし、バッテリー容量が2倍になることも必要なので、必然的に購入。
カメラ本体に接続すると、なかなかの一体感でグー!
カメラ本体のグリップはレンズマウントに近く、大振りのレンズでは指がレンズに当たってしまうが、縦位置グリップは余裕があって握りやすい。


ボタン類も横位置と同様に操作できるよう配置されている。
ただ、横位置撮影時に縦位置シャッターボタンが小指の付け根に当たるので、不用意にシャッターが切れないかどうか心配。





縦位置グリップを装着するとそれなりに大きくなるものの、5D4よりも一回り小さい。レンズを装着すると似たように感じられるけれど(笑)。





ソニー リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100

縦位置グリップにはバッテリーが2個挿入できるので、とりあえず1個購入。ワタシの撮影ではMAX追加2個(あるいはそれ以上)が必要と思われるが、とりあえず。
それにしても、デジカメのバッテリーはメーカーごと(あるいは機種ごと)に異なっているので大迷惑。同じようなサイズ・スペックでもメーカー・機種が変わると使用できない。業界標準のバッテリー(プロ向け大型・標準中型・コンパクト向け小型)を作ろうという機運は生まれないものか?

なお、NP-FZ100を充電するバッテリーチャージャー BC-QZ1 はカメラ本体に同梱されている(NP-FX100 1個も)。このチャージャーのいいところは充電の進行がランプが3段階に伸びて直感的に分かりやすいこと。充電が完了するとランプが消灯する。
悪いところはチャージャー本体とは別にコンセントに差すコードがあること。キヤノンの場合はチャージャーにソケットが内蔵されているので、無駄がない。特に出張などではコードを忘れてしまうと致命的なことになりかねないので注意が必要となる。
あと、α7R III はUSB3.1ケーブル経由でコンセントから直接充電ができるほか、モバイルバッテリーも外部電源として使用することができるのが面白い。ワタシは36000mAhのモバイルバッテリーを所有しているので、これを背中に背負えば1日中撮影が可能かも(笑)。





ハクバ 液晶保護フィルム

カメラの液晶モニターは傷がつくと使っていて気になるし、売るときも減額されてしまうので、安い保険として購入。





ソニー SDXC UHS-II 64GB メモリーカード(並行輸入品 x2)

ワタシがこれまで使用してきたSDカードはUHS-I 規格で90MB/s(キヤノンはUHS-II対応のカメラを発売していないので)。
ソニーα7R III は4,200万画素ながらSD系スロットしかなく、書き込み中は一部操作ができないので、高速書き込みは必須。
で、アマゾンで探して、適当なものとして購入したのがソニー SDXC UHS-II 64GB メモリーカード(並行輸入品 x2)。リード260MB/s、ライト100MB/s。1枚7,390円と激安だったので購入したが、ライト100MB/sはカメラからの書き込みであまり効果がないかも(笑)。もう少し、しっかりチェックしたほうが良かったかも。
並行輸入品は国内でサポートが受けられないというデメリットはあるものの、書き込めなかったデータ、あるいは消えたデータはサポートで回復できるわけでもないので構わないだろうと。





バッファロー UHS-II 対応 USB3.0 カードリーダー

せっかく UHS-II メモリーカードを購入したのなら、カードリーダーも対応したものが必要だろうと。
カードスロットは4つしかなく、キヤノンやニコンの最新メディア(CFast、XQD)には対応していない。ただ、ワタシが使用するCFカードとSD系カードには対応しているので十分。
購入したもう1つの理由は現在使用しているカードリーダーとUSBケーブルの接続が少し緩くなってきているのか、接続不良が見られるようになったから。
結構しっかり作り込まれていて安心感がある。裏側にはゴム足がついていて、カードリーダーがパソコンの横でふわふわ動かないこともグー!



これが追加で購入したソニーα7R III 用アクセサリー類。第2弾があるかも(笑)。



  

    

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


ニッシンストロボ MG8000 EXTREME の故障の原因は乾電池接点のバネへたり!





8月のアクアエクササイズイベントの記録撮影で作動しなかったニッシンストロボ MG8000 EXTREME を修理に出そうとしたのだが、もう一度チェックしたが、やはり作動しない。
ただ、バッテリーカートリッジに単三電池を装填した際の感覚に違和感があったので、乾電池接点のバネを精密ドライバーで少し立ち上げてみた。そして乾電池を装填し、電源を入れたら見事に復活!
なんのことはない、作動しなかったのは乾電池接点のバネへたりだったのだ。

おかげで無駄に荷物を梱包・発送したり、修理費を支払うことはなくて済んだのだが、普通に使っていてバネがへたって動作しなくなったのには、ちょっと不愉快。今後も同じ現象が起きる可能性がある。とすれば、撮影現場に精密ドライバーを持参しなければならない。



過去のエントリー:2017.08.20『Aqua Fitness Expo Japan 2017』撮影後記



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2本目の一脚 Velbon UC-STICK R60




これまで使っていた1本目の一脚(Manfrotto 685B)は、最近 石突きゴムが紛失したり、グリップ部分のトリガーが壊れたりネジが外れたりと、使用できないわけではないけれどボロボロになってきたので新しいものを購入することに。
685Bは伸縮方法が独特でものすごくスピーディ。非常に気に入っているのだが、3段式のため全長が長く、ペリカントランクに入れて宅配で送ることができず、使用するときはハンドキャリー。キャリーカートの脇に差し込んでも結構出っ張るので、移動時はうっとうしい。

そんなワケで、今回はコンパクトなものを購入することに。いくつか調べたものが、伸縮が一番手軽そうな Velbon UC-STICK R60 を購入。税別希望小売価格は19,800円、購入価格は13,370円。

ベルボンのサイト:UCスティックR60



一番の特徴はカーボンパイプの断面が真円ではなく、極端に表現すると代々木第一体育館を真上から見たような(笑)、2箇所が出っ張っている形状となっていること。この形状により、内パイプと外パイプが圧迫し合って固定される仕組み(「ダイレクトコンタクトパイプ」)。このため、一番太い部分と石突きを持ってぐるっとひねると一発で伸ばすことができ、逆に収納するときも一発。また、特定の部位だけを伸縮させることも可能。Manfrotto 685B のほうがより簡単ではあるけれど、UC-STICK R60 もまぁまぁ使い勝手は良さそうだ。

ちなみに UC-STICK R60 の仕様は次の通り。

全 高:1,530mm
縮 長:365mm
台座径:40mm
脚 径:30/26.2/22.4/18.6/14.3/10.9mm
段 数:6段
質 量:315g
推奨積載質量:4,000g
カメラネジ :UNC1/4
※ ハンドストラップ、ベルトホルダー付き



今後はこちらを実践投入する予定。







テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ