2本目の一脚 Velbon UC-STICK R60




これまで使っていた1本目の一脚(Manfrotto 685B)は、最近 石突きゴムが紛失したり、グリップ部分のトリガーが壊れたりネジが外れたりと、使用できないわけではないけれどボロボロになってきたので新しいものを購入することに。
685Bは伸縮方法が独特でものすごくスピーディ。非常に気に入っているのだが、3段式のため全長が長く、ペリカントランクに入れて宅配で送ることができず、使用するときはハンドキャリー。キャリーカートの脇に差し込んでも結構出っ張るので、移動時はうっとうしい。

そんなワケで、今回はコンパクトなものを購入することに。いくつか調べたものが、伸縮が一番手軽そうな Velbon UC-STICK R60 を購入。税別希望小売価格は19,800円、購入価格は13,370円。

ベルボンのサイト:UCスティックR60



一番の特徴はカーボンパイプの断面が真円ではなく、極端に表現すると代々木第一体育館を真上から見たような(笑)、2箇所が出っ張っている形状となっていること。この形状により、内パイプと外パイプが圧迫し合って固定される仕組み(「ダイレクトコンタクトパイプ」)。このため、一番太い部分と石突きを持ってぐるっとひねると一発で伸ばすことができ、逆に収納するときも一発。また、特定の部位だけを伸縮させることも可能。Manfrotto 685B のほうがより簡単ではあるけれど、UC-STICK R60 もまぁまぁ使い勝手は良さそうだ。

ちなみに UC-STICK R60 の仕様は次の通り。

全 高:1,530mm
縮 長:365mm
台座径:40mm
脚 径:30/26.2/22.4/18.6/14.3/10.9mm
段 数:6段
質 量:315g
推奨積載質量:4,000g
カメラネジ :UNC1/4
※ ハンドストラップ、ベルトホルダー付き



今後はこちらを実践投入する予定。







スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン「プレミアムクオリティーキャンペーン」の賞品が届きました。




キヤノン「プレミアムクオリティーキャンペーン」の賞品が今日届いた。


本キャンペーンはキヤノン G7X Mark II 購入者へのプレゼント。
購入前にキヤノンのサイト「キヤノンイメージゲートウェイ」で購入意思を宣言し、購入後は同サイトで応募手続き。これまでの応募は保証書のコピーや化粧箱のバーコードを郵送する手間があったけれど、今回の場合は保証書と領収書の画像をアップロードで済んだのでありがたかった。

ただ、事前エントリーを3月6日に済ませて、G7X2発売日に購入、キャンペーン応募は5月3日だったのに、賞品が到着したのは今日(7月23日)。3カ月近くかかるのはちょっと遅くないか?

キャンペーンの賞品はバッテリーパック NB-13L パイロット社 14K 万年筆
万年筆のほうは名入れ可能だったので、多少時間がかかるのは仕方ないが、予備バッテリーはすぐにでも欲しいアイテム。

賞品発送についてはキャンペーンサイトではどこにも書かれていなくて、応募してリプライメールに「景品到着までに約2〜3ヶ月程お時間をいただいております。」との一文が。表記するならキャンペーンサイトに書いておいてくれ! という気持ち(怒)。

そんなワケで、忘れた頃にようやく商品が届いたわけだが、一応、賞品発送直前(7月20日)にはメールで発送準備が整った旨の連絡があったことは評価しておく。







さて、賞品だが、バッテリーパック NB-13L は取り立ててコメントするほどのこともない、予備となるバッテリーパック。7月初旬の出張撮影ときには予備カメラとしてG7X2を持っていったが、この時は新規にバッテリーパックを買っておこうかどうか悩んだ(結局、買うのは止めておいたのだが)。

もう一つの賞品はパイロットの万年筆。G7X2のユーザーがコダワリの強いユーザーというところでチョイスしたのだろう。名入れも可能というところもコダワリユーザーにはそれなりにアピールしたかも。
ただ、ワタシ的には万年筆はここ20〜30年使用していない。理由はインクが水でにじむのが嫌だから。そんなワケでもっぱらボールペンを愛用(というか、最近はボールペンにもコダワリがない。笑)。
ということで、賞品の万年筆には全く興味なかったのだけれど、貰えるものは貰っておこうと。ただ、名入れはアンダーバー「_」とかスペースが使えなくて、自分好みの文字が入れられなかったので何も入れなかった。



そんなワケで、バッテリーパックは予備として使用するだろうが、万年筆は埃をかぶりそう(笑)。




テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


アンダーアーマーのデイパックを母がまたまた修理してくれました。





アンダーアーマーのデイパックはまだまだ活用中。バドミントン ヨネックスオープンジャパンでもホテルから会場への機材運搬に使用。見た目、普通サイズのデイパックながら、入れようと思えばかなりの機材が入る。

・キヤノン EOS 5Ds + バッテリーグリップ
・キヤノン EOS 7D Mark II + バッテリーグリップ
・EF 24-70mm F2.8L II USM
・EF 70-200mm F2.8L IS II USM
・シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
・ニッシンデジタル ストロボ Di700
・キヤノン コンパクトバッテリーパック CP-E3
・アップル MacBook Pro 15"
・同 電源コード

ただ、これら機材は10kgを超えてしまい、このデイパックの想定外の収納だろう。本来ならスポーツウェアの着替えとかペットボトルのドリンクなどだろう。
なので10kg超の機材を詰め込むと負担になるのは当たり前。過去2回補修してもらっているが、今回もショルダーストラップの縫い目にほつれが出始めた。なんとか1週間もってくれたが、三重に戻ってすぐ母に修理依頼。




母には「ええかげん、新しいの買いん(買いなさい)」と言われたものの、同製品はとっくの昔に廃盤だし、これといった代替品がないのが現状。
ショルダー部分を修理してもらい、これからも使っていくつもり。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


今さらながら購入しました(笑)。自撮り棒




すでにブームはピークに達して、マナー違反から使用禁止されているところもある自撮り棒だが、今さらながら購入しました(笑)。



 

ショッピングモールに入っている家電量販店で物色したのだが、数種類あり、ちょっと迷った。具体的なメーカー/機種を決めていなかったけれど、スマホのイヤホンジャックにプラグを差し込んで手元のグリップ部分のボタンを押すとシャッターが切れるジャックインタイプを希望。購入したものはそのタイプ(輸入元:雑貨工場『iPhoneで自分撮りスティック(ジャックインタイプ)』/2,138円)なのだが、ほかにBluetoothでスマホと接続してシャッターを切るタイプ(電池が必要)、シャッターボタンなしでスマホカメラのセルフタイマーで撮影するタイプがあった。Bluetooth方式もセルフタイマー方式も本当は眼中になかったのだが、セルフタイマー方式のものはスマホをホールドする部分がスリムにできていて、また、ホールド部分が三脚ネジ穴でスティック部分と接続するようになっていて、これらはちょっと惹かれるポイントだった。スマホでなくコンパクトカメラを自撮り棒に接続したいなら、コチラかなぁと思いつつ、ワタシのコンパクトカメラは液晶モニターが固定式なのであまり使い道はないだろうと(笑)。



で、一応、機能紹介。







取扱説明書はこんな感じ。



スティック部分は伸縮約23.5〜101cm。グリップ部分にはハンドストラップシャッターボタンがある。



スマホホルダー部分はホルダー部分とスイベル(首振り部分)三脚ネジで結合する仕組みになっていて、パッケージにはその旨書いてなかったので、むしろラッキー(笑)。というより、パッケージに書いてくれていれば、選択に悩むことはなかっただろう。

また、ホルダー部分は幅も長さもバネ仕掛けの器具でスマホをホールドする。基本的にオレンジ色のストッパーを使用するが、スマホが大きい場合は外して使用する。



イヤホンジャックに差し込むプラグは使わないときブラブラしないように固定することができるのは、小さいことだがよく考えられている。



実際に使ってみると、ホルダー部分やスイベル部分は大体予想したようなフィーリングだったので納得。
ただ、グリップ部のシャッターボタンは押し心地がイマイチで、さらに押しても反応しないケースがあり、ちょっと残念に感じざるを得ない。

とは言うものの、スマホカメラを約1m離して撮影できるのは便利であり、7月の京都府観光で持っていなかったことが悔やまれる。そんなにかさばるアイテムではないので、今後は積極的に携帯したい。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン EOS 5Ds/5Ds R 発売記念「オリジナル冠布」が届きました!



キヤノン EOS 5Ds/5Ds R 発売記念「オリジナル冠布」プレゼントの賞品が今日届いた。8月31日までに 5Ds/5Ds R を購入し、CANON iMAGE GATEWAY に購入賞品を登録した人全員にもらえるというキャンペーン。

キヤノンのサイト:CANON iMAGE GATEWAY会員様限定 EOS 5Ds/EOS 5Ds R発売記念 オリジナル冠布もれなくプレゼント!

以前のレンズ等購入に対するキャッシュバックキャンペーンではレンズ元箱のバーコードを切り取って保証書・領収書のコピーなどを専用封筒で送付しなければならず、手間がかかる上に元箱を傷つけなければならないという苦痛を強いられた。
それに比べ、今回はCANON iMAGE GATEWAYに会員登録し(無料/ワタシはとっくの昔に登録済み)、購入カメラのシリアルナンバー等を登録するだけ。あとは冠布が届くのを待つだけで、手続きは非常にカンタンでよかった。





こちらは賞品送付のご案内(A4サイズ)。





冠布にはもう1枚、A5サイズの説明書が入っていた。
しっかり「エツミ」と記されているので、エツミの製品であることがわかる。ただ、エツミのサイトを見ても、全く同じ商品はないようで、従来のビューカメラ用の冠布が1製品あるだけだった。こちらは面ファスナーなしの布で、黒/赤。

エツミのサイト:冠布 商品コード:E-542






本製品の特長は、
1.レンズブードもしくはレンズ先端部に固定しやすいよう、面ファスナーがついている(ロゴ部分の一辺のみ)。
2.グレー面は簡易的な撥水加工が施してあり、急な小雨に対応可能。ただし、本格的な雨天下や降雪下での撮影には専用のカメラレインカバーの使用を求めている。



一眼レフで冠布か・・・と思わなくもないが、中〜大判カメラ並みの画素数の5Ds/5Ds R でライブビュー撮影をするなら、風景写真家には活用しがいがありそうだ。ただ、バドミントンを撮影するときにこれをかぶっていたら、選手やスタッフから不審がられるでしょうなぁ(爆)。

あと、グレー面がニュートラルグレーだったらカラーバランスのチェックに利用できそうだが、ごく微妙にグリーンっぽい。シワがつきやすいので、小物撮影の背景には使いづらそうだ。まぁ、そういう目的のものではないのだけれど(笑)。



ところで、オリジナル冠布のロゴだが、カメラのネームプレートカラーに合わせて「EOS 5Ds」が金色、「EOS 5Ds R」のロゴが黒に赤というのはわからないではないけれど(5Ds R はシルバーに赤Rだけれど冠布がグレーなので黒に赤なのだろう)、どうせなら全部黒でよかったような気がする(「R」は赤でいいけれど)。「EOS 5Ds」の金色ロゴは全然目立たない。5Dsユーザーとしてはちょっと不愉快(笑)。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ