FC2ブログ

マップカメラから荷物が届きました。キヤノン コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R



今日、マップカメラから荷物が届いた。キヤノン コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R。EOS R システムのカメラは持っていないけど、なぜ?(笑)。
スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2本目の自撮り棒はミニ三脚付き あるいは 自撮り棒付きミニ三脚


2本目の自撮り棒を購入した。今回のはミニ三脚付き。というか、ミニ三脚メインで自撮り棒付きのものを買ったというのが正しいかも。

『YUNTENG』というブランドのようだが、製造国名がどこにも見当たらない。型番もなし。まぁ、1,529円の品だから、ワタシとしてはその辺りにこだわることはないのだが、メーカー側は自社製品の区別に必要ではないのかなぁ?

ちなみに、1本目の自撮り棒は・・・
過去のエントリー:今さらながら購入しました(笑)。自撮り棒(2015-08-03)




さて、この自撮り棒 兼 ミニ三脚。中身は・・・
・本体
・Bluetooth リモコン
・リモコン充電用USBケーブル
・取扱説明書
・ソフトケース(たぶんナイロン製)

取扱説明書はBluetooth リモコンをスマホに接続する方法のみを説明。それ以外は触ってみりゃわかるだろう、ということだろう(笑)。




本体部分はスマホホルダーを自由雲台で接続している仕様。なので、スマホホルダーを取り外せば、コンパクトデジカメなどを載せる(接続する)ことが可能。
ただし、自由雲台を自撮り棒部分から取り外すことはできないようだ。

スマホホルダーはネジで調節するタイプで、実際の取り付け作業はちょっとめんどっちい。1本目の自撮り棒はスマホをロックする爪がバネで伸びるタイプだったので簡単だったので、ちょっと残念。




折りたたむとこんな感じ。約20cm。重量は230g。

アマゾンのサイトでも特に記載はないが、本体と自由雲台の材質はABS樹脂のようだ。なので、冬場に素手で握っても冷たさはあまり感じないだろう。自撮り棒部分は金属製のよう。
あと、三脚の接地面とスマホホルダーのスマホを固定する部分にはラバー系素材が取り付けられていて、滑り止めになっている。




Bluetooth リモコン。一番大きなボタンがシャッターボタンで、上の小さな2つのボタンは画面のズームをするためのもの。ただし、iPhoneでは使えず、一部のアンドロイドスマホ専用とのこと。

USBケーブルで充電する仕様で、連続動作:20時間、連続待機時間:150日とのこと。
通信可能距離は約10m。




自撮り棒部分は最大1mまで伸びる仕様。
最大限伸ばして三脚として使えなくはないけれど、強風ですぐに倒れそう。自己責任で。



ざっとこんな感じデス。それにしても、これが1,529円というのはビックリ。日本の用品メーカーなら3,000円〜5,000円ぐらいしそうな感じ。




テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


増税前の駆け込み購入(笑) EOS M6 Mark II 関連アクセサリーを追加



10月1日の消費増税を前に EOS M6 Mark II を購入したのだが、さらにアクセサリーを購入。

まずは SDカード Lexar PROFESSIONAL 1000x 128GB SDXC UHS-II 150MB/sを2枚。
アマゾンで UHS-II の64GBカードを探していたところ、UHS-II 300MB/sの64GBカードが1枚11,000〜12,000円あたりの価格だったのに対し、150MB/sモデルは128GBでも1枚4,000円弱という安さ(並行輸入品)。思わず2枚ポチってしまった(笑)。

ワタシは現在、撮影には64GBのカードを使用していて、1枚で1日の撮影にはだいたい事足りるのだが、たまに2枚必要になることもある。EOS M6 Mark II はシングルスロットなので、カード容量が一杯になった時に交換の手間を考えたくないので、1日撮影してカード交換が必要ない容量を選んだ次第。
2枚買ったのは一応、予備として。



もう一つはCanon バッテリーパック LP-E17 を3個。
これは純正で1個5,184円。

キヤノン EOS 5D Mark IV用バッテリーパック LP-E6N の撮影可能数の目安(キヤノン発表)はファインダー撮影で常温約900枚。
ワタシは5D4にバッテリーグリップを装着してバッテリー2個で使用していたが、予備でさらに2個用意。実際に交換する必要がたまにあった。

一方、EOS M6 Mark II の LP-E17 の場合は常温で約305枚(キヤノン発表)。
M6II は常時EVFあるいは液晶モニターを使用する上、バッテリーのサイズそのものが小さいので仕方ないところ。
本来なら、5D4の3倍(12個)のバッテリーを用意しなければならないのかもしれないが、それが適切な数量かどうかはわからない。ワタシの感覚だと、5D4の場合は1日3個のバッテリーで済む感じ。
ならば9個必要というところだが、とりあえずは4個で撮影して様子を見たい。バッテリーの数はお財布的にも管理上もあまり増やしたくないからだ(笑)。
撮影現場ではバッテリーチャージャーも持ち込んで、ドロップしたバッテリーをチャージしながら使い回したいと考えている(チャージ時間は約2時間/キヤノン発表)。 



 


テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ


VILTROX『0.71x フォーカスレデューサー マウントアダプター EF-EOS M2』




キヤノン『マウントアダプター EF-EF M』とともに購入したのが VILTROX『0.71x フォーカスレデューサー マウントアダプター EF-EOS M2』

0.71x フォーカスレデューサーレンズを内蔵しているので、EFレンズをEOS M シリーズカメラで使用しても本来の画角に近い画角で使用できるマウントアダプターとなる。

ただ、EOS M シリーズはEFレンズを素通しマウントアダプターに装着すると1.6倍にしてしまうので、本来の焦点距離で撮影しようとすれば、0.625倍の縮小レンズが必要となるハズ。なので、少々望遠気味にはなってしまうが・・・。
一方、集光するためにF値は1段ぶん明るくなる。



 

例えば、16−35mm F4 は18-40mm F2.8相当に、24−70mm F2.8 レンズは27−80mm F2相当となる。広角側が物足りなくなるものの、まぁ我慢できるレベル。



 

シグマ50mm F1.4 DG HSM Art は装着するとF1.0として認識される。
あと、50mm F1.0L は・・・56.8mm F0.71相当になるのかもしれないが、AFが動作しないので装着する意味ナシ。なお、装着してみたところ、カメラ側の絞り設定はF1.0までだった。 



フルサイズに比べて高感度画質が劣るAPS-Cフォーマットにおいて画質アップが期待できる。
なお、フォーカスレデューサー内蔵マウントアダプターは中央部ではノーマルよりもむしろ解像感が上がるというレポートがあるが、周辺部はどの程度なのか? そのあたりは実写して使用・不使用を判断したい。






いったいいくつ目のマウントアダプターか? キヤノン『マウントアダプター EF-EOS M』



実は EOS M6 Mark II よりもちょびっと先に購入したキヤノン『マウントアダプター EF-EOS M』(中古美品で7,800円)。
M6II はキホンEF-Mレンズでなく手持ちのEFレンズを使用するつもりで購入したので、このマウントアダプターなしではシステムが組めない。

と言っても、EOS M シリーズはフルサイズの1.6倍の焦点距離になってしまうので、広角系レンズを使用するのには具合が悪い。それには別途購入した0.71倍レデューサー アダプターを使用するつもり。

一方、望遠系レンズはテレコンなしで1.6倍になるので、暗所での撮影に便利なほか、今まで使用していたレンズよりもワンサイズ小さいレンズを使用できるのも便利。
例えば、これまで120−300mm F2.8を使用していたケースでも、70−200mm F2.8が使用できる(112−320mm F2.8相当)。120−300mm F2.8は約3kgあるのに対し、70−200mm F2.8なら約1.5kgなので、軽快に取り回せる。


また、これまで400mm F2.8あるいは120−300mm F2.8+1.4倍テレコンを使用していたケースでも、120−300mm F2.8が使用できる(192−480mm F2.8相当)。ワタシのヨンニッパはISモデルの I 型なので5.5kgもあり、ほぼ引退状態(笑)。これを120−300mm F2.8で置き換えることができるのは有難い。

さらに、120−300mm F2.8+1.4倍テレコンとの組み合わせでは269-672mm F4相当となる。サードパーティレンズだが、テスト撮影したところ、しっかりAFが決まって気持ちヨイ。

ただ、これぐらいのレンズになると、カメラはオマケという感じでバランスが悪い(笑)。



あと、自分の手持ちで言えば、シグマ50mm F1.4 DG HSM Art が80mm中望遠レンズとして使用できるし、EF 100mm F2.8 マクロ USM も160mmマクロとして使用できる(そんなに使用するつもりはないが)。

手持ちのレンズはほとんど正常に動作したのだが、キヤノン EF 50mm F1.0L USM は残念ながらAF・MFともに動作しなかった。このレンズを使用することはほとんどないのだけれど、ちょっと残念。



こんな感じで、今後の活躍に期待。 






プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ