ソニー貧乏、進行中!(爆) FE 70-200mm F2.8 GM OSS と 1.4xテレコンも購入



またまた、ソニーα7R III 用レンズを購入。FE 70-200mm F2.8 GM OSS1.4x テレコンバーター

キヤノン用レンズが揃っているのに、同じスペックのレンズを購入しなければならないのは腹立たしいが、購入したマウントアダプターではAFがアテにできないので仕方ない。むしろMFにしてフォーカスピーキング表示をすると結構ガチピンで撮影できるのだが、スポーツの現場でMFがどの程度対応できるかアテにならないので、純正レンズを購入することにした。

ホンネを言えば、FE 70-200mm F2.8 GM OSS でなくても、シグマやタムロンが安いレンズを発売していてくれたらそちらを買っていただろうし、ソニーのAマウントレンズ、70-200mm F2.8 G SSM II も中古なら20万円以下で購入できる。ただ、マウントアダプター LA-EA3 経由でα7R III に装着しても、AFはドライブモードによって一部制限されてしまう。
それなら最新のFEマウント専用をということで、マップカメラの中古・並品をポチリ(258,000円)。ついでに1.4xテレコンバーターも購入。こちらは新品で55,530円。2つ併せて30万円超!・・・泣ける。

α7R III はAPS-Cモードでも1800万画素で撮影できる。このとき105-300mm F2.8(テレコン付きなら147-420mm F4) 相当で撮影できるので、シグマ120-300mm(テレコン付きで168-420mm F4)の代用もできるというもくろみ。




さて、早速届いた品を開けてみる。驚いたのは 70-200mm が並品の割に非常に綺麗だったこと! 元箱やケースは付属していなかったものの、レンズ本体は新品かと思うほど。よく見ると三脚座をはずすツマミ部分の塗装が少し剥がれていたが、撮影には全く問題ない。








まず、他社より一番カネがかかっていそうなところが三脚座。超望遠レンズによくあるレボルビング機構になっていて、三脚座が不要な場合はその部分だけを外す仕組み。かなりしっかり作ってあり、ガタツキはない。




もう一つがフード。フードをつけたままPLフィルターを回転できるように窓が開くようになっている。ワタシにとっては全く不要な作り込みではあるが、人によっては有り難いギミック。
また、ロックボタンがあるので、不用意にフードが回ったり外れたりすることがない。




フォーカスホールドボタンは鏡筒の3か所に配置。縦位置でも横位置でも違和感なく使用できる。




スイッチ類はキヤノンと同じく4つ。「AF/MF」「FULL/∞-3m(フォーカスリミッター)」「(手ブレ補正機構の)ON/OFF」「(手ブレ補正機構のモード)1/2」。




一応、キヤノン EF 70-200mm F2.8L IS II USM と比べてみると、サイズにほとんど違いはない。三脚座だけ大きめ。
キヤノンは最短撮影距離1.2m、最大撮影倍率0.21倍なのに対し、ソニーは0.96m、0.25倍。倍率の高さよりも、ギリギリの近距離でピントが合うというのは有り難いケースもあるだろう。

また、購入するまで全く気にしなかったが(笑)、ソニーのほうはスーパーEDレンズ2枚、EDレンズ4枚のほかに超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズ1枚、非球面レンズ2枚を使った贅沢構成。高価なはずでゴザイマス(笑)。






もう一つの1.4x テレコンバーター
新品なので、元箱、ケース、保証書、取説類が付属。




ビックリしたのは思ったよりコンパクトなこと。キヤノン エクステンダー EF 1.4x III と比較するとこんな感じ。




実際に70-200mmとカメラの間に装着しても、1.5cmほど伸びるだけで装着しているんだかしていないんだか分からない(笑)。これで5万円超なのだから、体積あたりの価格はかなりのもの(爆)。



こんなところが今回のお買い物。
本格的にソニーに足を突っ込むなら、超広角ズームも一応必要だろうし、ストロボも必要。まだまだ出費は続きそう。投資に見合った稼ぎがないのが問題だ(爆)。



  




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


EF24-70mm F2.8L II USM 修理顛末(2018)




キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM の修理品が宅配便で帰ってきた。

故障したのは2月4日、バドミントン S/Jリーグ東京大会(最終日)の最中。
最初は EOS 5D Mark IV との組み合わせで「通信エラー」表示が頻発していたのだが、電源をOFFにしてバッテリーを抜き挿しして電源をONにすると一応撮影は続けられたのだが、最後には絞りが絞り込まれたまま戻らなくなってしまった。
とりあえずシャッターは切れるので、ISO感度を上げてシャッタースピードを遅くして写真を撮り続けることはできたが、キリのいいところでレンズ交換。

翌5日には品川のキヤノンプラザS修理・メンテナンス受付コーナーで修理依頼。
担当してくれたのは女性スタッフの方だったが、修理依頼には手慣れているようで、PCで過去の履歴を確認しながら対応してくれた。
絞り部分の故障は明らかなので、それとメイン基盤ユニットの部品交換および技術料金が必要になるが、修理現場で前回修理の再修理という判断になれば無償修理になるかも、ということで、そうでなければ2万円を上限で修理を進めてくださいということになった。完成予定日は2月16日で約2週間。

また、見積もりが出たところで電話連絡を入れますか?との問いがあったが、メール連絡だけでいいので勝手に進めてくれと指示。
実際には2月9日にメール連絡あり。キヤノンプラザS修理・メンテナンス受付コーナーからで、見積もりではなく修理完了の知らせだった。再故障扱いとなり、費用は無償とのことだった。

で、2月10日の本日午前中にブツが届いた。予定より6日ほど早い。一応チェックしたが、正常作動した(当たり前)。


今回の修理体験は無償対応ということを除いてもまぁまぁの好評価かな。



過去のエントリー:EF24-70mm F2.8L II USM 修理顛末(2017)

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


EF24-70mm F2.8L II USM 修理顛末


 




EF24-70mm F2.8L II USM を修理に出した。ずいぶんと前からズームリングのゴムが伸びてしまっていたのだが、実写には関係ないので閑散期を待っていた次第。
しかも、9月のダイハツ・ヨネックス ジャパンオープン2017で使用したところ、片ボケが見られるようなので、それのチェックも兼ねて。

10月2日 実際にアクション。ネットで「らくらく修理便」というものを利用して修理依頼。

10月5日 ヤマト運輸が修理品を引取り。

10月10日 キヤノンマーケティングジャパン 大分修理センターよりメール。

「【ご指摘内容】
(1)ズームリングのゴム交換
(2)ピントの片ボケチェック

【確認内容】
(1)ご要望を承りました。ズームリングゴムの交換をさせていただきます。
(2)ピント精度の点検にて承りました。

お見積り金額:¥12,592(税込)
※らくらく修理便ご利用料金¥1,620(税込)を含みます。修理キャンセルの場合もご利用料金が発生します。

修理進行、中止のご登録をいただきましてからの手配となります。
処理状況、ご登録いただいたお時間等により、修理着手が翌日になる場合もございます。
修理着手後、1週間から10日の修理期間を予定しております。
※修理の状況により、修理期間が前後する場合がございます。」
(文面一部省略あり)

これに対して修理進行OKのボタンを押した。このとき完了予定日を確認しなかったが、「修理着手後、1週間から10日の修理期間を予定しております。」という文言があったので、あまり気にしなかった。

実は、修理に出した後に10月22日の仕事が入ってきて、慌ててネットで修理進行の確認をしたところ、完了予定日が10月24日という表示に。ここでネットに表示されている電話番号に直接電話して早期対応を依頼していれば早く修理されたのかもしれないが、他のお客さんも早い修理を待っているわけで、あえて電話はしなかった。

となると、24-70mmが手元になくては22日の撮影に支障をきたすというわけで、シグマ24-105mm F4 を購入するに至った。

10月12日にキヤノンからはさらに

「【確認内容】<追加>
(2)ピント精度の点検を行った結果、ピント片ボケの要因といたしましては、マウント及びズームリングの変形、固定筒の破損であることが分かりました。
   マウントユニット、ズームリングユニット、固定筒ユニットの交換をいたします。
(3)マウントゴム破れの為、マウントゴムを交換いたします。

お見積り金額は以下の通りです。
お見積り金額¥24,662(税込)」



なんか、ぼったくりバーに足を踏み入れたが最後、どんどんカネをむしり取られる感じだったが(笑)、カネを支払わねばどうしようもないので、その日にネットでそのまま進行を指示。
まぁ、ぼったくりは言い過ぎにしても、それなりの高級レンズの修理だから、まぁ、こんなものかという感じで諦めていたのだが、実際は・・・

10月19日に修理品が到着! これなら22日の撮影に間に合うじゃん!

普通に考えれば、24日に完了予定の修理品が19日に手元に届けばハッピーなのだろうけれど、今回、ぜんぜんそんな気持ちにはなれなかった。それはキヤノンマーケティングジャパン 大分修理センターが修理完了予定日を19日とか、少し余裕を見て20日と表示してくれていれば、ワタシはシグマ 24-105mm をあえて購入する必要はなかったワケで、非常に不愉快な気持ちが残った次第。
これなら2回目の見積もり了承時に直接修理センターに電話して早期修理のお願いをして納期確認したほうが良かったのかなー。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2017.10.10 レンズ3本を売却しました


レンズ3本をマップカメラに売却した。いずれもワンプライス買取商品のため、細かい査定ナシ(下は査定金額+「買取優待券」による3%アップ金額=合計金額)。

シグマ50-100mm F1.8 DC OS HSM(2016年9月購入、新品購入価格:¥99,800/買取査定金額:¥58,000+¥1,740=¥59,740)

トキナー AT-X 14-20mm F2 PRO DX(2017年3月購入、新品購入価格:¥95,780/買取査定金額:¥45,600+¥1,368=¥46,968)

タムロン SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)(2016年4月購入、中古品購入価格:¥51,800/買取査定金額:¥29,000+¥870=¥29,870)

実際には買取レンズを入れた宅配便発送時に「買取優待券」を入れ忘れたために、少々面倒なことになった。まぁ、ハガキに「買取優待券」を貼ってマップカメラに発送して事なきを得たのだが、その間、数回のメールやり取りをすることになり、マップカメラにも迷惑をかけてしまった。



さて、シグマとトキナーはテスト撮影はしたものの、実践投入それぞれ1回のみ。それぞれ新品で購入したので、新品同様か美品状態。
タムロンはもともと中古新同品で購入したもので、テーブルフォトで少々使用した。酷使したわけではないので程度は購入時とほぼ変わらない。

シグマとトキナーはキヤノン EOS 7D Mark II との組み合わせで、(低ISO感度による)より高画質なバドミントン写真を撮りたいと思って購入したのだが、焦点距離などのスペックが中途半端で使いづらく、そもそもフルサイズの5Dsや5D4と同時に使用する場合はフルサイズ用レンズを中心に考えてしまうので、これらレンズはバッグに入れることができないことになる。そんなワケで、出番がなかったということになる。



レンズそのものに関しての感想は以下の通り。



シグマ50-100mm F1.8 DC OS HSM
レンズは高級感があり、シグマ山木社長が言うように三脚座周りの造りも良い。画質の評価は高いけれど、ワタシがテスト撮影した限りでは色ズレが見られてちょっとガッカリした。プリントレベルでは問題ないのだろうが。
50-100mmは望遠ズームとしては狭く、望遠端は150mmまで頑張ってほしかった。また、手ブレ補正機構も入れてほしかったところだ。また、APS-C専用ではなくフルサイズをカバーしていれば、評価も変わっていたかも。
あと、ピントリングとズームリングの回転方向がキヤノン純正とは逆になっており、少々使いづらかった(ニコンユーザーには良いだろうが)。
ワタシはスポーツ撮影用途を考えての購入だったのだけれど、シグマとしてはポートレート用途などで単焦点レンズ数本分をカバーするハイスペックズームという位置づけだったのだろう。

過去のエントリー:実は、シグマ 50-100mm F1.8 DC HSM Art も買っちゃいました!




トキナー AT-X 14-20mm F2 PRO DX
APS-C専用なのと、キヤノン純正レンズとはズームリング、ピントリングの回転方向が逆なのが残念。
ただ、ワタシが撮影した限りでは、画質については文句なし。なので、そのあたりを理解して選ぶなら、決して悪いレンズとは思わない。ワタシの撮影スタイルとの相性が悪かっただけ。

過去のエントリー:初めてのトキナーレンズ! AT-X 14-20mm F2 PRO DX




タムロン SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)
ほぼ標準レンズの焦点距離で手ブレ補正機構付き、さらに最短撮影距離0.29m(最大撮影倍率:0.29倍)とセミマクロレンズ的な利用もできるということで購入した。
ピントリングの回転方向はキヤノン純正レンズと同じで違和感がなく、造りもイイ感じ。実用度は高い。
ただ、細かく見ると色ズレが出る場合があるということと、ワタシの撮影スタイルでは出番が少ないことを理由に、売りに出すことに。ただ、正直なところ、売りに出して失敗したかなぁという気がないでもない(笑)。

過去のエントリー:エイプリルフールにポチってしまいました! タムロン SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F013)




こんなところが今回売却したレンズに対する感想だ。
最近はいかに最小限の機材でいい撮影できるかということに気持ちが向かっていて、結局のところバドミントン撮影では、キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM、EF 70-200mm F2.8L IS USM、シグマ120-300mm F2.8 EX DG OS HSMに、広角ズームのEF16-35mm F4L IS USMを予備として用意するところがベストかな、と。
機材故障のリスクを考えると、カメラ2台と24-70mmがあれば最低限の撮影はできるので、むしろフルサイズのカメラをもう1台と、24-70mmの予備さえあれば理想的な機材になるのではないかと検討中。
例えば、7D2の代わりに6D2を加え、あるいは24-105mm F4もしくは50mm F1.8 STM を加えるというプラン。
まぁ、しばらくは保留状態となろう。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


初めてのトキナーレンズ! AT-X 14-20mm F2 PRO DX





トキナーと言えばワタシが子供の頃からある、シグマ、タムロンなどと並ぶサードパーティーレンズメーカー。現在はケンコートキナーの一ブランドとなっている。

写真にハマっていた高校生じぶん、ワタシは純正主義だったのでケンコーテレプラスMC7以外はすべてキヤノンのレンズでサードパーティーのレンズは買ったことがなかった。当時はサードパーティレンズは2流という意識があったと思う。
そんななか、1981年に発売となったAT-X 828(80-200mm F2.8)にはビックリ! 当時は同焦点距離のズームはF4が当たり前だったためだ。雑誌での評価も良かったように記憶しているが、購入には至らなかった。

ケンコートキナー PicTavern:Tokina AT-X 828AF PRO (80-200mm F2.8)

その後、1985年のミノルタα-7000の発売以来、カメラメーカーはAF化に舵を切り、レンズメーカーもそれに倣ったが、トキナーは他メーカーにやや遅れをとったような印象がある。
シグマは魚眼から超望遠までカメラメーカーに負けないラインナップを揃え、タムロンは中望遠マクロや望遠ズームなど売れるレンズに特化してそれなりに地位を確立したように思う。
一方、トキナーは売れ筋スペックのレンズも他社よりもかなり遅れて発売しており、ユーザーはすでに純正かシグマ、タムロンのレンズを所有している状態だから売れるわけがない(と思う)。

そんななか、昨年発売された AT-X 14-20mm F2 PRO DX は広角で開放F2という、どこも開発していないスペックのレンズ。CP+2016 でEOS 5Ds に装着させてもらい、実写したところ、かなりシャープ! しかもAPS-Hのエリアをほぼカバーしており、5Ds なら19.5-26mmとしても使用可能かな?と(責任持ちマセン)。もちろん、本来は EOS 7D Mark II での使用を大前提としている。
このレンズはAPS-C カメラでは35mm判換算で22.4-32mm相当とズーム比は低いが、F2の超広角単焦点レンズにオマケでズームがついたと思えば納得できる。

過去のエントリー:いまさらながら、トキナーAT-X 14-20 F2 PRO DX について(7D2・5Dsで使用する妄想)



以前、シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM Art を中古で買ったことがあるが、AF不良で1度使用しただけで返品したことがある。同じモデルを再度購入するという案もあったけれど、違うレンズを試したかったというのがホンネ(笑)。18-35/1.8 は、標準ズームと考えるには望遠端が短か過ぎ。45mmか50mmまで伸ばしてほしいところ。

過去のエントリー:シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM Art を買っちゃいました!



トキナー14-20mmに話を戻すと、別に中古でも構わなかったのだけれど、出物がなかったので新品を購入することに。マップカメラで95,780円。結構なおネダン。

個人的にトキナーの嫌いなところを挙げると(笑)、・・・
・ズームの方向がキヤノンと逆
・デザインがニコンっぽい
・マニュアルフォーカスクラッチが嫌
なのだが、やはりスペックには勝てず、買ってしまうことに(笑)。





で、届いたのがコレ。新品なので当然化粧箱入り。





手にして一番ビックリしたのがフード。プラスチック製なのだが、表面処理がレンズ本体と変わらず、一体感があって好ましい(ニコンレンズっぽいけど。笑)。
ちなみに5Dsでチェックしたところ、APS-Hのフレームにおいてフードによるケラレなし。このレンズはAPS-Hを前提に作られているのか? 逆に言えば、APS-Cとしてはフードが浅めということになる。

MF時のフォーカスリングは軽い(やや軽すぎる)。が、マニュアルフォーカスクラッチの動作がやはりギクシャクで好きになれない。このレンズはたぶんAF専用になるだろう(まぁ、マニュアルフォーカスはほとんどしないが。笑)。

ズームリングはキヤノンと逆方向。まぁそれは購入前から知っての通りなので致し方なし。ただ、動作はちょっと重め。もう少し軽いほうがよかったなー。

距離指標窓の周りの銘版部分は文字部分が盛り上がっており金色仕上げで凝った仕様。





レンズのフロントキャップとリアキャップ。フロントキャップはフードを装着していても着脱がしやすい仕様。元々はタムロンが最初かと思うが、今ではパテントが切れたからか、どのメーカーもこのスタイル。

ちなみにレンズのフィルター径は82mm。キヤノン EF 24-70mm F2.8L USMシグマ 50-100mm F1.8 DC HSM Art が同サイズなのでさほど問題なし。



とりあえず、こんなところがファーストインプレッションでございマス。



  

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ