FC2ブログ

マニュアルフォーカスの超広角レンズ コシナ『Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical E-mount 』



コシナ『Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical E-mount 』をうっかりポチってしまった(笑)。
マップカメラの「ネット限定 中古夜市」で激安になったブツを見つけて思わず・・・。
現在の同店の新品価格が69,660円(税込/以下同)、同じく中古美品が63,800円であるところ、どういう理由か中古美品で49,800円! これはポチるでしょう(笑)。

コシナのサイト:E-21mm



いま、似たスペックでホットなのはタムロン 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F050)。1月30日発売の超・新作モデル。こちらはAFで最短撮影距離が0.11m、最大撮影倍率1:2。サイズは最大径73mm、フィルター径67mm、長さ64mmで質量も220gと軽い。タムロンオンラインストア価格(新品)も41,800円とお手頃。

なのになぜ COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 を選んだかというと、実はマニュアルフォーカスであること。これが第1点目。
超広角レンズは、接写は別にして、通常距離で撮影するなら、下手にAFを使うよりも目測(置きピン)にした方が間違いないというのがワタシの感覚。
今のミラーレス一眼用AFレンズはレンズに距離指標がないので置きピン撮影がしづらい。マニュアルフォーカスレンズで育ったオッサンとしては、広角レンズで置きピン撮影がしづらいのは何とももどかしい。
このレンズであれば、絞りをf4にしてピントリングの♾(無限遠)マークを被写界深度目盛のf4の位置に合わせれば、ピント合わせする必要なく撮影できる。

ちなみに用途としてはフツーのスナップ撮影というよりは、バドミントン撮影での広角撮影。自分の撮りたいアングルの一つとして、24mmだと微妙に画角が狭いシーンが多々あるので。
頻度としてはそれほど多くないので、16−35mmズームをあまり他の機材と一緒に持ち歩きたくないというのが心情。なので、最大径62.8mm(フィルターサイズ52mm)×全長39.9mm、重量230gというコンパクトさも魅力。これが第2点目。
コシナではNOCTON 21mm F1.4 Aspherical というレンズも発売していて明るいレンズであることは大きな利点ではあるが、最大径×全長がφ70.5×79.5mm と中途半端に大きいので自分の期待するスペックとはちょっと違う。

もうひとつ注目したのがレンズ構成。一眼レフ用広角レンズはバックフォーカスを確保するために「レトロフォーカス(正式にはインバーテッド・テレフォト)」タイプのレンズ構成にせざるを得ないのだが、ミラーレス一眼のソニーα用レンズなので、「対称型」のレンズ構成になっている。ものの本によると、「レトロフォーカス」と「対称型」では、画角は同じでも描写が異なるとのこと。その描写を試してみたかったというのが3つ目の大きな理由。




購入した商品は中古ながら化粧箱付き。フード、フロントキャップ、リアキャップ付き。メーカー保障書はナシ(マップカメラの『お買上票』があるので1年間保証となる)。




フードを付けた状態。薄っぺらくて効果があるのか??? 金属製なので何かにぶつけた時にショックアブソーバーの役割はしなさそう。レンズを直接ぶつけるよりはマシだろうが。




フードにはフィルターネジが切ってあるので、フードを付けたままでもレンズキャップを付けられるのは便利。

レンズ鏡筒は総金属製でずっしりとくる。ピントリングがクラシックな削り出しローレットで、繰り出しは今どきのAFレンズにはない重めの感触。だが、マニュアルフォーカスにはこれぐらいがちょうど良い。特に置きピン撮影するときは勝手にピントリングが動いてもらっては困るので。



まだこのレンズで数枚しか撮影していないので評価はこれからだが、周辺部も描写がよく、色ニジミもないようなので良さげな感じデス。






スポンサーサイト




2020年、最初のお買い物は EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM


昨年、APS-Cミラーレス一眼カメラのキヤノン EOS M6 Mark II を購入したのだが、当初の目的はバドミントンの望遠撮影だった。手持ちのEFレンズをマウントアダプター経由で使用するつもりで。
何度か使用した結果としては、
・高感度画質がソニーα7R III に比べてイマイチ。
・使用するレンズに比べてカメラが小さすぎ(笑)。
・フリッカーレス撮影するとガクンと連写速度が落ちる。


ただ、M6IIはワタシ的には機能的にも作り込み的にもよくできたカメラだと思っていて、買ってすぐ手放したりお蔵入りさせるのは惜しい。
なので、お散歩カメラとして使い込むべく、コンパクトなレンズを1本買おうかと。




で、購入したのが EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM。マップカメラの中古並品で33,756円(税込)。
ついでにフードEW-60F(新品 1,742円)とノーマルフィルター(新品1,320円)も購入。合計36,818円。

レンズは中古並品なので、保証書はおろか取説、化粧箱もなく、プチプチに包まれて送られてきたのみ。
だが、光学系は全く問題がなく、鏡筒にやや使い込んだ跡が見られるのみ。これで中古美品と比べて数千円の差なら、十分納得。
鏡筒はたぶん総プラスチックだと思うが、金属鏡筒に見える仕上がりなので高級感はある。

フードEW-60Fは内側に植毛処理もなければ反射防止のギザギザ構造にもなっておらず、もちろんロックボタンもついていないのでよく見るとチープではある。けれど、表面の梨地塗装がM6IIの塗装とほぼ同じ感じで一体感があり、イイ感じ。

マップカメラオリジナルのノーマルフィルターはフィルター枠に何の印刷もなくそっけないけれど、特に不満なし。これまで大三元レンズをいくつも購入してきたので、フィルター系は77mmとか82mm。なので55mmのフィルターは久しぶりに購入したが、小さいなぁ(笑)。




レンズ本体が約300g、カメラ本体が約408gなので、合わせて約700g。以前使用していたEOS-1D系カメラが本体だけで1.5kgほどあったのに比べると雲泥の差(笑)。
ソニーα7R III + 24-240mm の組み合わせと比較しても写真の通り(α7R III は縦位置グリップをつけたままなので、ちょっと盛った比較になっているが。笑)。



そんなワケで、これからこのセットで普段使いの撮影を楽しみたいと思う。




ところで、マップカメラから送られてきた荷物には写真の「福銭」が含まれていた。




Panasonic G シリーズレンズ・ストロボとお別れ


キヤノンのAPS-Cミラーレス一眼カメラ EOS M6 Mark II を購入したことで、Panasonic のマイクロフォーサーズ ミラーレス一眼カメラ用レンズを売却することに。

ワタシが所有していたのは、カメラが
・LUMIX GH1
・LUMIX GH2

レンズは
・LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.
・LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5
・LUMIX G VARIO 14-140mm F4-5.6 ASPH.
・LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.
・LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S.

ストロボは
・フラッシュライト DMW-FL360




マップカメラの「ワンプライス買取」システムで 14-140mm を除く4本のレンズと外部ストロボ1つを買い取ってもらった。
本当はシステムまるごと売り払うつもりだったが、GH1とGH2はもう買い取りしてもらえない機種になってしまっていた。
カメラは残るのにレンズが1本もないのも寂しいので、GH1購入時のキットレンズ 14−140mm だけは手元に置いておくことに。このレンズ単体で売れば現在のところ14,500円にはなるのだが。

ちなみに売却したレンズ・ストロボの買取価格は・・・
・7-14mm F4.0(41,000円+買い取り優待券増額1,230円)
・8mm F3.5(31,100円+買い取り優待券増額933円)
・20mm F1.7(9,000円+買い取り優待券増額270円)
・100-300mm F4.0-5.6(24,500円+買い取り優待券増額810円)
・フラッシュライト DMW-FL360(2,500円)

合計:111,343円。金額としてはまぁまぁ。ただ、購入時の支払額に比べると・・・(悲)。
とはいえ、9〜10年ほど前に購入したものが、一応そこそこの値段がつくというのはウレシイ。

一方、デジタルカメラは日進月歩なので、この時代のものはガラクタになってしまうのだ・・・。

マイクロフォーサーズで一番最初に購入したのが GH1 + 14-140mm のキットと 7-14mm だった。
とにかくコンパクトながらレンズ交換できる一眼システムだったのが良かった。特に7−14mmと後に購入した8mm魚眼は非常にコンパクトで小さなカメラとのバランスも良く、当時はよく使っていた。
パンケーキタイプの20mm F1.7 もボケを活かしたテーブルフォトで活躍。
一方、14−140mmは高倍率の便利ズームでたしかに便利ではあったけれど、カメラボディに対して重く、バランスが悪かった。
100−300mmは、購入はしたものの、自分には活用する用途がなかった(笑)。

当時すでにキヤノンのフルサイズ一眼レフ EOS-1D Mark III と EOS-1Ds Mark III を所有していたので、本気の撮影は当然コチラ。パナソニックはお遊び・スナップ用。それもここ数年は使わなくなってしまっていた。ちょっとしたスナップならコンパクトデジカメでも十分だし、最近はそれさえもスマホで間に合わせたりしているからだ。

EOS M6 Mark II を購入したのはマイクロフォーサーズを置き換えるためではないけれど、結果的には置き換える存在になってしまった。
現在、コンパクトな EOS M 用レンズは1本も持っていないが、マウントアダプターでEFレンズを活用することができる。

いずれにせよ、現在全く使用していないモノなので、売っぱらって誰かが使ってくれる方がレンズやストロボも本望だろうというのがワタシの考え。もちろん金も欲しいし(笑)。




ちなみに今回売却するレンズとストロボは全て新品で購入しており、購入時の化粧箱・ソフトケース・保証書・取扱説明書などは全て保存してあり、完品状態。化粧箱などはなくても査定価格に差は出ないのだけれど、次に購入する人は完品のほうが嬉しいだろう。なので、すべて完品状態で売却した次第。


過去のエントリー:
2009.09.25 やってもーた!(笑) Panasonic LUMIX DMC-GH1 & 14-140mm & 7-14mm(2009-09-27)
LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. 買っちゃいました!(2009-11-28)
パナソニック魚眼レンズ G 8mm F3.5 買いました!(2010-07-02)
パナソニック LUMIX GH2 & G VARIO 100-300mm F4-5.6 を買っちゃいました!(2010-11-04 )
GH1用のストロボを購入。『Panasonic DMW-FL360』(2010-03-14)


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


LENSBABY VELVET 85 修理顛末



10月5日にキヤノン EOS M6 Mark II にマウントアダプター経由で LENSBABY VELVET 85 を装着して撮影したあと、少しいじっていたら、突然絞りが動かなくなった。このレンズは電気的なものが全くないので、単純に機械的な故障。

このレンズは6月にマップカメラで購入した中古美品。店の保証期間内だったので、宅配便で送付。
10月5日に発送して6日到着。マップカメラからメールで到着の連絡がきた。よそはどうか知らないが、このメールで製品1つ一つを丁寧に扱っていることがうかがえる。修理には3−4週間ほどかかるとのこと。
そして一昨日(10月24日)にマップカメラから、修理が終わったので返送する旨のメールが。で、昨日(25日)に到着。梱包の中には修理会社が作成したマップカメラ向けと思われる修理票とワタシ向けの修理票が入っていた。
マップカメラ向けと思われる修理票はマップカメラで保管すべきもののような気がするが、ワタシがもらってよかったのか?(笑)。

当然のことながら、修理されたレンズは元どおり。
今回のレンズは故障して使えない間、特に困るものでもなかったので、のんびり待っていたところもあるが、マップカメラの丁寧な連絡には気分が良くなった。




ちなみに、10月5日にこのブログにアップした画像がコレ。よく見ると、絞りリングが開放(f1.8)になっているにも関わらず、絞りが絞られていることがわかる(笑)。

過去のエントリー:EOS M6 Mark II + 0.71x + Lensbaby Velvet 85で撮影してみました。








テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


つい、ポチってしまいました。LENSBABY VELVET 85(EFマウント)




マップカメラのサイトで中古美品が出ていたので、ついポチってしまいました。
LENSBABY VELVET 85(EFマウント)。

85mm F1.8 という中望遠レンズでソフトフォーカス。ただし、絞れば普通の描写になる。
そして、最短撮影距離23cmで1/2倍マクロ撮影が可能というレンズ。
ただし、マニュアルフォーカスで電子接点ナシ。

最近のワタシのメインカメラはソニーα7R III なので、ソニーマウント用でも良かったようなものだが、マニュアルフォーカスで電子接点ナシなのでキヤノンマウント用を購入。マウントアダプターでソニーでも使えるので。

以前から気にはなっていたものの仕事で使うレンズではないので、購入をためらっていたのだが、ポチっちゃった(笑)。



 


鏡筒は総金属製でそれなりに高級感あり。ローレットも金属削り出し(付属のフロントキャップも金属製。リアキャップはプラスチック製)。

ピントリングをぐるっと一周近く回すと1/2倍の撮影が可能。鏡筒が直進ヘリコイドで伸びる。




絞りは12枚でどの絞り値でも真円に近い円を作るので、こだわりが感じられる。 
フィルター径は67mm。(ソニーマウント用以外は)フードは付属しないけれど、第1レンズがそこそこ奥まっているので不要という判断か。



 

 


実際に撮影したものがこれら。左が f1.8、右が f11。
ボケは球面収差を利用したもので、いわゆる「芯のあるボケ」。Photoshopの加工で似たようなのを作れなくもないけれど、加工するよりは絞り操作で表現できるのは便利。
とはいえ、f1.8はボケボケになるので、f2.8からf4あたりがソフトフォーカスとしては自分好みのレベルかな。

絞り込んでいくほどに普通の描写になるので、中望遠マクロとして使える。なので、絞り操作がこのレンズのキモ。

また、24−70mm F2.8の大口径標準ズームは接写能力があまり高くないので、テーブルフォトにはこのレンズの方が便利。1/2までの倍率はワタシには必要ないけれど、最短撮影距離を気にすることなく撮影できる。

まぁ、これからぼちぼち使っていきたいと思いマス。 



      

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ