キヤノン PowerShot G7X Mark II ファーストインプレ

とりあえず、キヤノン PowerShot G7X Mark II のファーストインプレを。


曲線と直線を組み合わせたデザインはスッキリしていてカッチョイイ。

ボディ外装は高級感ある金属製(と思われる。カタログやサイトを見ても記載されていない)。トップカバーのストロボ部分はプラスチックのようで、質感が異なるのが残念だが、このパーツは見えない部分で複雑な形状をしているので、金属で作るのは難しかったのだろうと推測する。



 

一方、右手でカメラを掴む部分には指掛かりのいいラバーが貼られている。一眼レフのグリップと比較するとオマケのようなサイズだが、カメラを滑り落とさない必要最低限の機能を有しており、ブラックボディの金属と馴染んで一体感がある。


鏡筒のコントローラー・リングはダイヤカットデザインの金属製でこれまた高級感を感じる。回すとラチェット音がするが、スイッチの切り替えで音無しのスムーズな動きになる。ただスムーズな動きのほうは、実際にはほんの微妙に滑らかさに欠ける部分があり、ちょっと残念。ただ、音がするとまずいようなシチュエーションでは活躍する機能だ。


よく見てビックリしたのはボタンやダイヤル類全てに「スピンカット」と呼ばれる細かい同心円の加工が施されていること。加工なしのツルツルでも機能的には全く変わりはなかろうが、この作り込みには驚いた。カメラの値段が高くなるワケだ(笑)。


シャッターボタンモードダイヤルの根っこ部分には赤い塗装がなされており、これがこのカメラのデザイン状のポイント。
シャッターボタンは当然上下に動くが、微妙に左右にグラつくのが残念。
露出補正ダイヤルとモードダイヤルは一軸になっており、露出補正ダイヤルは親指の腹で回す仕様。動かすとプラっぽい音がするが、クリック感もあり、スムーズ。
上のモードダイヤルは動きが重く、人差し指と親指でつままないと動かない。ただし、モードダイヤルは不用意に動かないことが重要なので、ちょうど良い重さだと思う。また、動かしたときのクリック感は露出補正ダイヤルのそれよりも高級感がある。


チルト液晶は上180度、下45度に傾く。上下方向だけだと縦位置撮影に対応できないので、左右方向にも動くのが理想ではあるけれど、上下が動くだけでもあり難い。やや動きに固さは感じるが、動かしづらいわけではなく、しっかりとした作りになっていて、不安感は全くない。



 

手に持ってみるとズッシリと重量感を感じる。本体のみで約294g、バッテリーとメモリーカードを装填して約319g。ちなみにこれまで使ってきたパナソニック TZ40が同じく約172g、約198gなので、100g超重い。1.5倍と言うこともできる。
ついでにサイズはG7Xmk2が105.5 x 60.9 x 42.2mm、TZ40が108.3 x 58.9 x 27.7mm。縦横はほぼ同じようなサイズながら、奥行きは14.5mm厚くなっている。デイパックやショルダーバッグ等に入れて運ぶ場合はさほど気にならないが、身一つで動きたいとき、ジャンパーのポケットに入れるとちょっとかさばる。


同梱物はバッテリーパックNB-13L、バッテリーチャージャーCB-2LH、ハンドストラップ、取扱説明書、保証書、その他パンフレット(写真ナシ)。
このカメラはコンパクトパワーアダプター CA-DC30(別売:5,000円+税)インターフェースケーブル IFC-600PCU(別売:2,000円+税)を使用すれば、カメラにケーブルを直結して電池を充電することもできるけれど、ワタシはカメラから電池を抜いてバッテリーチャージャーで充電する方式のほうが良いと考えている。カメラにケーブルを直結して電池を充電する場合、予備電池を持っていても充電している間はカメラを使うことができないからだ。
そういう意味では、ワタシの考えに合致するアクセサリーが同梱されていてヨカッタ。




まだまだ使い込むところまではいかないが、とりあえずファーストインプレはこんなところで。



   


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


初めてのキヤノンのコンデジ! PowerShot G7X Mark II






キヤノン PowerShot G7X Mark II を発売日にゲット! しかし、キヤノンのコンパクトデジタルカメラを購入するのはこれが初めて。

小学生のときからキヤノンの一眼レフユーザーだったワタシだが、キヤノンのコンデジはこれまで1度も購入したことがなかった。
カシオQV-10に始まり、リコーDC-4、富士フイルム FinePix F10、パナソニック LUMIX DMC-TZ7、・・・などなど、たくさんのコンデジを使用してきたけれど、どういうわけか、キヤノンのコンデジを選ぶことはなかった。
考えてみると、それぞれの機種には何らかのスペックで突き出たものがあって選んだが、キヤノンのコンデジにはワタシの琴線に触れる突出したスペックがなかったということだろう(笑)。

現在使用しているコンデジはパナソニック LUMIX DMC-TZ40で、35mm判換算24-480mm相当の高倍率ズーム搭載モデル。最近はちょっとした記録には iPhone を使用することが多くなったが、飲食店での料理の撮影や仕事のサブでメモ的撮影に使ったりしている。操作系も直感的で分かりやすく、気に入っている。
不満に思うのは、最近ズームで誤作動をたびたび起こすことと、暗い居酒屋での料理撮影で画質が悪いこと。

そんなワケで、新しい機種を探していたのだが、ワタシの琴線に触れたのが キヤノン PowerShot G7X Mark II

購入に至ったポイントは次のようなところ。
・1型というコンデジとしては大きめの撮像素子。
・35mm判換算24-100mm 相当で開放F値はF1.8-2.8。
・自撮りもできるチルト液晶。
・高品質なデザインと作り込み。

TZ40に比べて望遠側が弱いけれど、420mm相当で撮影すると手ぶれ補正機構内蔵でも結構手ブレするし、GX7mk2は “プログレッシブ・ファインズーム” で200mm相当まで画質をあまり落とさず撮影できるので、まぁ十分だろうと。むしろレンズが明るい分、手ブレが少なくなるだろうし、望遠側の不足はトリミングすればいい。
ただ、パノラマ撮影機能がないのは非常に残念。iPhoneでもパノラマ撮影はできるけれど、よく見ると画像のつなぎ目がガタガタで、TZ40のパノラマ画像のほうがはるかにキレイ。

本当は PowerShot G7X(初代モデル)のときから気になっていたのだけれど、2月のCP+2016で新型を見るまで待とうと思ったら、新型が出た(笑)。結構スペックは似通っているので、安くなった初代モデルを購入するという考えもないではなかったが、初代はやや丸っこいデザインがワタシ好みではなかったことが大きい。新型ではグリップがついてチルト液晶も下側にも動くようになったし、画像処理エンジンもDIGIC 7にアップグレード。
そんなワケで、予約注文、発売日に手元に届いた。

細かいレポートはまた今後。


   


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2台目7D2を買い取ってもらいました。





8月末のイベント撮影で故障したキヤノン EOS 7D Mark II。修理完了前にヨネックスオープンジャパン(YOJ)2015の撮影があったため、仕方なく購入した中古の2台目7D2。

修理品が戻ったあとは 5Ds もあることだし、7D2 は2台も不要。そもそも、購入時の目論見はマップカメラでの中古購入価格が149,800円。これを同店でのワンプライス買取り(113,300円)で売れば差額は36,500円、YOJでの撮影後は売るつもりだった。

YOJ終了後、売りに出すか別の機種に下取り交換するか悩みつつ、ほったらかしにしていたら、ワンプライス買取り価格が98,000円に!(悲)。1カ月あまりで15,300円も値段が下がるのにビックリしたのだけれど、これ以上長く持っていても値上がりすることはないだろうから、慌てて買い取ってもらうことに。

特に欠損品もないので、ワンプライス買取り価格どおりの98,000円。これに3%の買い取り優待券をつけたので+2,940円で合計100,940円ということになった。

今回、売るなら決断は早くすべきと勉強になった。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン EOS 5Ds と EF 70-200mm F2.8L IS II USM の修理品が帰ってきました。

9月24日、着払いの宅配便が届いた。キヤノン EOS 5Ds と EF 70-200mm F2.8L IS II USM の修理完了品だ。修理完了予定が10月2日だったので、ずいぶん早い仕上がりだ。おかげで和歌山国体の撮影に使うことができる。どうせなら、7D2の修理でこのスピード感を出してほしかった(悲)。余計なカメラを購入することになったのだから。





さて、修理完成伝票を見てみると、レンズの方は「(「シャッター切るとレンズ接点部清掃してくださいの表示がでる」の)ご指摘の現象を確認しましたので、接点ブロックを部品交換いたしました。 ※その他、各部点検・清掃をいたしました。」 とある。
7D2の修理をお願いしたときはこのレンズも見てもらったが、その場で不具合が出なかったので修理依頼をしなかったが、やはり問題があったということだ。
修理費用は技術料金9,600円、部品代1,600円、運送諸費用900円で合計12,100円。消費税968円で総計13,068円(CPC価格)。





カメラのほうは「ご指摘の現象はレンズ側の不具合により、発生していることを確認いたしましたので、レンズ側にて処置いたしました。カメラ側につきましては、各部点検の上、異常なきことを確認いたしました。※その他、各部清掃をいたしました。」とある。
こちらは保証期間内ということで無償。



そんなワケでワタシのカメラ・レンズ機材は全て揃ったことになる。7D2が2台になって、持て余しそうでどうしたものかなぁ、というところ。
当初の予定通り売るか、別のカメラ(液晶モニターが動く EOS 8000Dとか EOS M3 とか)に買い替えるか、そのままキープするか・・・。ちょっと悩み中。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2台目の7D2は中古で。



8月末のイベント撮影の仕事でキヤノン EOS 7D Mark II の調子がおかしくなってサービスセンターに修理依頼をしたのだが、バドミントン ヨネックスオープンジャパン(YOJ)2015には間に合わなかった(急ぐよう努力させるとのことだったが、もともと予定日はYOJがスタートした後だったので、サービスセンターの不手際ではない)。

結局、再び上京した7日の時点で修理が終わっていなかったので、7D2をもう一台購入することに。前にも書いたが、マップカメラの中古で149,800円〜。これをワンプライス買取り(113,300円)で売れば差額は36,500円。修理が終わっていれば0円で済んだところ、手痛い出費だが、6日間の長丁場をカメラ1台、予備なしで撮る度胸はない(笑)。

そんなワケで、新宿マップカメラへ。7D2の中古は10数台あったようだが、付属品完備で一番安いものを即決。価格は最低の149,800円。
正直なところ、YOJが終わって三重に帰るときに売っぱらうつもりだったので、この時点ではあまり愛着が持てず、ちょっと悲しい気分ではあった。

すでに同じモデルを使ってきているので、操作に戸惑いはないが、とりあえずメニュー画面の「My MENU」をカスタマイズしていきなりの本番に臨む。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ