DVD『PERFUME ANNIVERSARY 10days 2015 LIVE 3:5:6:9』





DVD『PERFUME ANNIVERSARY 10days 2015 LIVE 3:5:6:9』(2016年1月13日発売)。

昔好きだったジューシーフルーツの曲を歌っている 2014ツアーのDVDと間違えて購入(笑)。
新品ではなく中古だが、あとで見たら新品と変わらない価格(2,980円+税)だった(悲)。

2015年に武道館で行なったライブのDVD。収録されている楽曲は・・・
・Opening
・FAKE IT
・NIGHT FLIGHT
・コンピューターシティ
・Pick Me Up
・レーザービーム
・未来のミュージアム
・Twinkle Snow Powdery Snow
・1mm
・彼氏募集中
・GAME
・STORY
・Party Maker
・Dream Fighter
・「P.T.A.」のコーナー
・ワンルーム・ディスコ
・チョコレイト・ディスコ
・Puppy love
・[ENCORE]STAR TRAIN

最初の4曲のあとは3569(スゴロク)で曲を決めるという趣向。PURFUME自身がサイコロを振ったり、会場の来場者をステージに上げて振らせたりしてライブを盛り上げている。
大型モニターには曲紹介が出て、その曲の見どころやPURFUMEがどう演じるかを指示していたりするところが、ちょっと面白い。

正直、知っていた曲は「レーザービーム」と「チョコレイト・ディスコ」ぐらいで、どれも似たような感じに思えるのだが(オッサンですな。笑)、ハイヒールで踊り歌う3人はアッパレ。



 


スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽


CD+DVD『Galileo+』

Produced by Masaharu Fukuyama 「Galileo⁺」(初回限定盤)(DVD付)(スリーヴケース仕様)Produced by Masaharu Fukuyama 「Galileo⁺」(初回限定盤)(DVD付)(スリーヴケース仕様)
(2013/06/26)
福山雅治

商品詳細を見る


映画『真夏の方程式』を観た帰りに買ってしまいました。CD+DVD『Galileo+』(初回限定版。ポストカードのオマケつき)。
CD/DVDを購入するのはDVD BOX『桑田圭祐の音楽寅さん』以来かな?

別ブログ(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ)の記事:2013.07.03 映画『真夏の方程式』★3.5

過去のエントリーDVD BOX『桑田佳祐の音楽寅さん』

CDには・・・
01. vs.2003〜知覚と快楽の螺旋〜/Masaharu Fukuyama
02. 恋の魔力/KOH+
03. KISSして/KOH+
04. 最愛/KOH+
05. 覚醒モーメント/Masaharu Fukuyama
06. 恋の魔力(原題:韓国語)/HARA+
07. KISSして(原題:韓国語)/GYURI+
08. 最愛(原題:韓国語)/GYURI+
09. 99/Masaharu Fukuyama
10. 恋の魔力(原題:中国語)/A-Lin+
11. KISSして(原題:中国語)/A-Lin+
12. 最愛(原題:中国語)/A-Lin+
13. vs.〜知覚と快楽の螺旋〜/Masaharu Fukuyama
14. KISSして/Masaharu Fukuyama
15. 最愛/Masaharu Fukuyama

DVDには・・・
01. 恋の魔力/KOH+ Music Clip
02. 恋の魔力/HARA+ Music Clip
03. 恋の魔力/A-Lin+ Music Clip


ワタシは福山雅治の特別なファンではないけれど、『ガリレオ』のファンであり、オープニングのインストゥルメンタル曲「vs.〜知覚と快楽の螺旋〜」が大好きだ。
この曲は、福山氏が映画『007』シリーズの曲のように誰でもその曲が流れれば映画をイメージできるような曲にしたいと作曲したと、テレビのインタビューで話していたが、成功していると思う。

「KISSして」は『ガリレオ』第1シーズンのエンディングテーマ。ドラマのプロデューサー、鈴木吉弘からの「毎回人が死ぬドラマなので、エンディングは明るい曲でいきたい」という意見と、福山が柴咲のライブを観て感じた「お客さんとひとつになれる曲があるといいな」という考えのもとで作られたようだ(←Wikipediaより)。明るくて好きな曲。

「恋の魔力」は『ガリレオ』第2シーズンのエンディングテーマ。

「最愛」は映画『容疑者Xの献身』主題歌。この映画のエンドロールでこの曲はベストマッチ。


『ガリレオ』は第2シーズン、70カ国で放映されたらしく、「恋の魔力」は日本語バージョンのほか、韓国語バージョン、中国語バージョンも作成されている。なお、PVはそれぞれのボーカル女性と福山氏は別々に収録されたらしく(つまり合成)、福山氏はボーカル女性と直接会っていないとのこと。


とりあえず、『ガリレオ』ファンにはオススメしておきマス。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

tag : 福山雅治 ガリレオ Galieo+


初めて購入したCD 中島みゆき『御色なおし』(1985年)

 



2012年現在、CDの売上は減少の一途で、ネットからのダウンロードが主流になろうとしているようだ。日本はまだまだCD の売上があるようだが、海外ではネットのおかげでほとんどCDが売れないようだ。

さて、そんなCDだが、発売は1982年でワタシが高校2年のとき。それまでは音楽メディアは EP、LPが主流。もちろんワタシもLPをいくつも購入していた。
発売当時のCDデッキは一番安いもので168,000円もしており、とても高校生に買えるものではなかった。とはいうものの、この手の新製品は普及に従って価格が劇的に下がるのはご存知の通り。

大学生となったワタシはダブルカセットラジカセ(なつかしぃ〜!)を実家から東京に持って行っていたのだが、当然LPもCDも再生できない。友人がCDラジカセ(だったかCDコンポ)を購入したので、CDを替えばそれをカセットテープにダビングをしてもらうことができるようになった。

そんなわけで、最初に購入したCDが中島みゆき『御色なおし』(1985年)。カセットテープで購入することもできたけれど、テープが伸びたらそれで終わりなので、長期保存を考えて自分では聴くこともできないCDを購入(笑)。

収録曲(オリジナルの提供先歌手/発売年)は次の通り。
1. ひとりぼっちで踊らせて(研ナオコ/1971年)
2. すずめ(増田けい子/1981年)
3. 最愛(柏原芳恵/1984年)
4. さよならの鐘(グラシェラ・スサーナ/1978年)
5. 海と宝石(松坂慶子/1983年)
6. カム・フラージュ(柏原芳恵/1983年)
7. 煙草(古手川祐子/1982年)
8. 美貌の都(郷ひろみ/1983年)
9. かもめはかもめ(研ナオコ/1977年)
ヒット曲が多く、耳に馴染んでいるものが多いが、オリジナル曲と中島みゆきの声を比べるのも面白い。

ちなみに中島みゆきは『池中弦太80キロ』のなかで当時初々しかった杉田かおるがドラマ中で聴いていたのに触発されて聴くようになった。たぶん、アルバム『臨月』の中の1曲だったように思うが、どの曲だかは失念した。

で、その『臨月』と当時の最新作『寒水魚』を購入し、さらにはそれまで発売された全アルバム(LP)をコンプリート。夜中にダブルカセットラジカセにヘッドホンをつけて聴きまくっていた(笑)。暗い少年デシタ(笑)。


大学3年生になってCDも何枚かたまったところで大型のCDラジカセを購入し、友人へのダビングをお願いする必要がなくなった。また、心置きなくCDを購入することができるようになった。

ほんの30〜25年ほど前のハナシ。

テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽

tag : 中島みゆき


阿久悠の作詞家生活30周年記念カバーアルバム『VELFARRE J-POP NIGHT presents DANCE with YOU』(1997年)

 



SPEEDとちょっとつながり(笑)で『VELFARRE J-POP NIGHT presents DANCE with YOU』(1997年)。

ウィキペディアによれば、「阿久悠の作詞家生活30周年を記念して、彼が手掛けた1970年代の楽曲をライジングプロダクション(現・ヴィジョンファクトリー)所属アーティストたち(SPEEDを含む)がテクノ、ユーロビートなどのアレンジでカバーした企画アルバム」。

買った理由はCDショップ店頭で山積みに並んでいたから(笑)。
収録曲は次の通り(括弧内はオリジナル歌手と発表年)。

• 勝手にしやがれ / ZERO (沢田研二 / 1977年)
• S・O・S / MAX (ピンク・レディー / 1976年)
• ウォンテッド (指名手配) / SPEED (ピンク・レディー / 1977年)
• カルメン'77 / SPEED (ピンク・レディー / 1977年)
• 個人授業 / FOLDER (フィンガー5 / 1973年)
• UFO / MAX (ピンク・レディー / 1977年)
• たそがれマイ・ラブ / 知念里奈 (大橋純子 / 1978年)
• サウスポー / SPEED (ピンク・レディー / 1978年)
• 白い蝶のサンバ / D-LOOP (森山加代子 / 1970年)
• どうにもとまらない / MAX (山本リンダ / 1972年)
• 狂わせたいの / MAX (山本リンダ / 1972年)
• わたしの青い鳥 / D&D (桜田淳子 / 1973年)
• ロマンス / D-LOOP (岩崎宏美 / 1975年)
• シンデレラ・ハネムーン / D&D (岩崎宏美 / 1978年)
• 青春時代 / MAX (森田公一とトップギャラン / 1976年)

70年代の結構懐かしい「歌謡曲」を1997年当時の若手J-POPアーティストがカバーしており、しかもノリノリのアレンジなので、聴いていて気分アゲアゲ(死語?)になりマス。
ワタシ的に好きなのは『勝手にしやがれ』『青春時代』




ダンス・ウィズ・ユーダンス・ウィズ・ユー
(1997/07/24)
オムニバス、MAX 他

商品詳細を見る

テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽


カナダスキーの帰りにバンクーバーで購入した台湾版CD SPEED『Rise』『Single Collection』(1998年)

2000年の11月末から12月頭にかけてカナダのバンフ、ウィスラーにスキーをしに一人旅したのだけれど、その帰りにバンクーバーで一泊し、観光することに。そのとき暇つぶしに入ったCDショップで見つけたのがSPEED『Rise』『Single Collection』(台湾版CD)

SPEEDは当時、当然日本ではブレイクしていて、ワタシもよくその曲を耳にしていたのだが、購入には至らず。ところが、ここで見つけたCDは日本円に換算すると2枚1,400円程度!(ひょっとしたら1枚で1,400円だったかも)と安かったので購入。
価格が安いし、「MANUFACTURED BY HO SON RECORD CO., LTD.(禾臣影視有限公司)」とあるので、海賊版かとも思ったのだけれど、ブックレットもそこそこしっかりしていて、パチ物ではなかったのかも(笑)。


 



『RISE』(1998年、日本版で300万枚)の収録曲は

01. RISE
02. Sophisticated Girl
03. Another Sweet Field
04. Wake Me Up!(RISE Mix)
05. White Love
06. ラブリー♥フレンドシップ
07. Reset 99 to 00
08. Brand-New Weekend(Varick Street Mix)
09. 熱帯夜
10. Too Young
11. my graduation(Album Version)
12. I'll be all right
13. Street Life

のほか、ボーナストラックとして

14. ナマイキ
15. Wake Me Up! (Original Karaoke)
16. White Love (Original Karaoke)
17. my graduation (Original Karaoke)

も収録されているのは日本版との違いか。
ブックレットは32ページでほとんどがSPEEDの写真で占められているのだが、7ページ分が歌詞(日本語)。その部分だけコピーしたような文字の印刷クオリティ(笑)。



 



『Single Collection』(日本版未発売?)の収録曲は

01. BODY &SOUL  1st Single
02. I REMEMBER  1st Single c/w
03. BODY & SOUL (HAND BAG MEX)  1st Single c/w
04. STEADY  2nd Single
05. HAPPY TOGETHER  2nd Single c/w
06. Go! Go! Heaven  3rd Single
07. 「おやすみ・・・」  3rd Single c/w
08. Wake Me Up!  4th Single
09. 熱帯夜  4th Single c/w
10. BODY & SOUL (Instrumental)
11. STEADY (Instrumental)
12. HAPPY TOGETHER (Instrumental)
13. Go! Go! Heaven (Instrumental)
14. 「おやすみ・・・」 (Instrumental)
15. Wake Me Up! (Instrumental)
16. 熱帯夜 (Instrumental)

たぶんシングル4枚が発売された後、それぞれのシングルに収録された曲を全部まとめてアルバムにしたものだろう。
こちらはブックレットと言うよりはCDジャケット10ページ分を一列にしたような形態。上の写真のほか、1st Singleから4th Singleのジャケット写真も掲載。日本語歌詞部分はやっぱりコピーしたような印刷クオリティ(笑)。



これは『Single Collection』の背オビ。台湾風表記がオモシロイ。



2枚のアルバムで重複部分も多いのだけれど、『BODY &SOUL』『Go! Go! Heaven』が収録されている『Single Collection』をよく聴いていた。



テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽

tag : SPEED


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ