FC2ブログ

雑誌『mina』2020年03月号「「春服」と「カメラ」と」



雑誌『mina』は若い女性向けファッション雑誌のようなので普段はスルーしているが、カメラを持った永野芽郁チャンが表紙になったのでチェック。
中年のオッサンが本屋の女性ファッション雑誌コーナーで立ち読みしていたらちょっと気持ち悪いが(笑)、自宅でdマガジンをスワイプするだけなので心置きなく見ることができる。

ちなみに表紙で永野芽郁チャンが手に持っているカメラは1979年発売のフィルムカメラ『オリンパスXA』なのだが、「OLYMPUS」銘は消されている。スポンサーがらみの処置なのか?
(ちなみにワタシも持っている。➡︎高校生時代の持ち歩きカメラ 『カメラカプセル』オリンパスXA



「春のおでかけ服は、ときどき「きれいめ」。」という特集では、芳根京子チャンが東京・銀座の中古カメラ店前をロケ先にして撮影されており、なかなか興味深かった。

「はじめまして、カメラ。」という特集では、サブタイトルが「初めての人、必見。“おしゃれ写真” の楽しみ方、教えます!」。内容は・・・
01. 中古カメラ店に行ってみる。
02. 「はじめてカメラ」これが “買い” です
03. カメラのトリセツ、作りました。
04. カメラ女子のおしゃれ写真をお手本に。

いま、若い女性の間でフィルムカメラが静かなブームになっているようで、その辺りを意識した企画なのだろう。
昨今はスマホのカメラ性能・機能がアップしたおかげでカメラの売り上げは大きく減少傾向なのだとか。ま、当然といえば当然のことで、仕方ないことではあるが。
そういう意味では、若い女性がカメラに興味を持つということは、カメラ業界にとってはありがたいことだろう。

ただ、紹介内容にはかなり問題点があるように思える。

一番問題があると思うのは、「03. カメラのトリセツ、作りました。」
たった見開き2ページでカメラのトリセツを紹介するのはそもそもムリ。
さらに「カメラの種類」を
・フィルムカメラ
・一眼レフ
・ミラーレス一眼
・コンパクトデジカメ
の4つに分類していること。
「二眼レフとかビューカメラとかあるだろう!」というマニアックなツッコミは控えるにしても、フィルムカメラと区別されるべきはデジタルカメラ。フィルムカメラにも一眼レフがあるし。

ほかに本企画のトリセツでは
・露出
・ホワイトバランス
・ピント合わせ
・外付けフラッシュ
・レンズ
・画像サイズ
・ファインダーあり/なし
についてのQ&Aが紹介されている。

が、「露出」のなかの「絞り」の解説は全く逆の説明になっていてNG。
そもそも、カメラを初めて触るという人に対しては、スマホカメラとの違いやあえてカメラを使う面白さ、フィルムの種類や現像料・プリント料あたりを紹介すべきではないか?

あと、古いデジカメなら使用するメディアに注意が必要だし、フィルムカメラなら電池が入手可能かどうかもチェックが必要であることは紹介すべきではなかったか?

また、フィルムの装填方法が紹介されていたが、フィルムカメラでは装填中にフタを開けてはならないことと、撮影後に巻き戻さなければならないことは、今の若者には絶対解説が必要なのでは?

そもそも、中古カメラにまで購入範囲を広げているが、中古カメラは膨大な種類があって、初心者が生半可な雑誌知識で購入に走るよりも、カメラ店の店員さんに相談・質問する方が手っ取り早いと思うので、その旨をしっかり書くべきだったかと。


こんな感じでツッコミどころ満載な企画ではあるけれど、これがきっかけでカメラ好き女子が増えていただければ慶賀なり。






スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌


ニコン、「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を正式発表 について



ニコンが120−300mm F2.8の望遠ズームレンズを正式発表した。2月発売で希望小売価格は税別126万7,000円(税込1,393,700円)。

120−300mm F2.8のレンズといえば、これまでシグマの独壇場。現在のモデルはすでに4代目となっているが、ようやくニコンも追従したというかたち。
ニコンもキヤノンも200−400mm(+テレコン)F4のズームは発売しているが、解放F2.8にこだわるユーザーも多いということだろう。
少なくともワタシはその一人。室内スポーツではなるべく明るいレンズが必要だし、より望遠が必要ならテレコンで対応することもできる。

さて、今回のAF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VRだが、正式発表となってまずびっくりしたのがその価格!
もちろんシグマと同じレベルの価格は予想していなかったが、シグマの現行モデルが税別390,000円(税込429,000円)だから3倍超のおネダン!
とはいえ、単焦点のAF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR IIの希望小売価格が税別750,000円、税込825,000円なので、ニコン価格としては妥当なのかな?

120-300mm f/2.8E FL ED SR VRは光学系にはEDレンズ1枚、蛍石レンズ2枚に加えて、新開発のSRレンズ1枚を採用しており、画質性能はシグマを上回るのだろう。MTF曲線のグラフAF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR - 主な仕様を見ても望遠端では空間周波数10本/mmのラインが天井に張り付いている。
ただ、シグマがそんなに悪いということもなく、MTFは天井に近いラインを描いており、不満の出る画質ではないと思う。

また、ニコンは全焦点域で最短撮影距離2mを実現しており、最大撮影倍率は0.16倍。一方のシグマは焦点距離により150cm - 250cmで、最大撮影倍率は0.12倍。


ところで、このレンズは売れるのか?
ワタシはニコンユーザーではないのでどうでもいいのだが(笑)、やはり価格が高すぎるのでは? シグマの3倍超ではなかなか手が伸びにくいのではないか? そもそも、これまでシグマの独壇場だったので、本当にこの焦点距離のレンズが必要と思うユーザーはすでにシグマを購入しているだろう。すでにシグマを所有しているなら、あえて3倍超の価格のレンズに買い換えるかな?というのがワタシの予測。でもニコン信者は買い換えるのかもね。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


「キヤノン EOS-1D X Mark III」の発売について



すでに開発発表されていたキヤノン EOS-1D X Mark III がようやく正式に発売となるニュースがリリースされた。
2月中旬の発売で価格はオープン(キヤノンオンラインショップでの販売価格は税別80万円)。
これが東京オリンピックを記録するメインカメラの1つとなるのだろうか。

キヤノンのリリース:デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機"EOS-1D X Mark III"を発売
キーデバイス一新により最高約20コマ⁄秒の高速連写と高精度AFを実現


デジカメWatchの記事:キヤノン、光学ファインダーで最高約16コマ/秒連写の「EOS-1D X Mark III」



EOS-1D X Mark III は2016年発売のEOS-1D X Mark II(同67万8,000円) の後継機で様々な新機能の追加や改善が施されているものの、12万円超の価格アップ。買いたくても買えないプロも出てきそうで、格差が出そう(笑)。
(ちなみにワタシはといえば、全く食指が動かない。)

そして、キヤノンのEOS-1Dシリーズはこれが最後だろうと思う。
秒16コマのファインダー撮影を達成したことには敬意を表するが、一眼レフであるがゆえに連写速度やAF機能・性能に限界があるからだ。一方でミラーレス一眼はまだまだ性能・機能の進化に伸び代がある。

ワタシ自身は以前、キヤノンEOS-1Dsを購入後、1D Mark IIを追加して2台体制にし、その後1Ds Mark II、1D Mark III、1Ds Mark III、1D Mark IV、1D Xまで新製品が出るたびに買い換えてきた。
当時、これらがベストなカメラだと思っていたし、購入する余裕もあったので可能だったのだが、その後はフリッカーレス撮影が可能な7D Mark II、5Dsに買い換え、現在キヤノンの一眼レフは5D Mark IVのみ。

現在のメインカメラはソニーα7R III。このカメラを使うようになってから、もう一眼レフには戻りたくなくなった。

一方で、キヤノンのミラーレス一眼、EOS M6 Mark IIを購入。キヤノンにしてはスペックてんこ盛り。APS-Cなのに3,200万画素でメカシャッター秒14コマの連写性能。
この技術があるならフルサイズミラーレス一眼 EOS Rシリーズももっといいカメラがすぐにでもできるはず。

あるいは、1D X Mark IIIからペンタプリズムとミラーボックスを取ってEVFを付ければ、EOS R のプロ向け高速連写機ができるはず。
そのほうがより高性能なRFレンズが使用できるし、一眼レフでライブビュー撮影をするという面倒なことをせずに済む。価格もはるかに安くなるはずだ。

そんなワケで今後のEOS Rシリーズカメラにちょっと期待。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2020年、最初のお買い物は EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM


昨年、APS-Cミラーレス一眼カメラのキヤノン EOS M6 Mark II を購入したのだが、当初の目的はバドミントンの望遠撮影だった。手持ちのEFレンズをマウントアダプター経由で使用するつもりで。
何度か使用した結果としては、
・高感度画質がソニーα7R III に比べてイマイチ。
・使用するレンズに比べてカメラが小さすぎ(笑)。
・フリッカーレス撮影するとガクンと連写速度が落ちる。


ただ、M6IIはワタシ的には機能的にも作り込み的にもよくできたカメラだと思っていて、買ってすぐ手放したりお蔵入りさせるのは惜しい。
なので、お散歩カメラとして使い込むべく、コンパクトなレンズを1本買おうかと。




で、購入したのが EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM。マップカメラの中古並品で33,756円(税込)。
ついでにフードEW-60F(新品 1,742円)とノーマルフィルター(新品1,320円)も購入。合計36,818円。

レンズは中古並品なので、保証書はおろか取説、化粧箱もなく、プチプチに包まれて送られてきたのみ。
だが、光学系は全く問題がなく、鏡筒にやや使い込んだ跡が見られるのみ。これで中古美品と比べて数千円の差なら、十分納得。
鏡筒はたぶん総プラスチックだと思うが、金属鏡筒に見える仕上がりなので高級感はある。

フードEW-60Fは内側に植毛処理もなければ反射防止のギザギザ構造にもなっておらず、もちろんロックボタンもついていないのでよく見るとチープではある。けれど、表面の梨地塗装がM6IIの塗装とほぼ同じ感じで一体感があり、イイ感じ。

マップカメラオリジナルのノーマルフィルターはフィルター枠に何の印刷もなくそっけないけれど、特に不満なし。これまで大三元レンズをいくつも購入してきたので、フィルター系は77mmとか82mm。なので55mmのフィルターは久しぶりに購入したが、小さいなぁ(笑)。




レンズ本体が約300g、カメラ本体が約408gなので、合わせて約700g。以前使用していたEOS-1D系カメラが本体だけで1.5kgほどあったのに比べると雲泥の差(笑)。
ソニーα7R III + 24-240mm の組み合わせと比較しても写真の通り(α7R III は縦位置グリップをつけたままなので、ちょっと盛った比較になっているが。笑)。



そんなワケで、これからこのセットで普段使いの撮影を楽しみたいと思う。




ところで、マップカメラから送られてきた荷物には写真の「福銭」が含まれていた。




S/Jリーグ2019 高岡大会はソニーα7R IVで撮影




12月20から22日はバドミントンS/Jリーグ2019 高岡大会の撮影をしてきた。
今回はリーグ下位チームによる順位決定戦と上位チームによるトップ4トーナメントのセットで3日間。

大会会場となる高岡市民体育館は照明のフリッカーが最も激しい部類の体育館で、昨年はソニーα7R III のフリッカーレス機能では対応できず、使わないつもりでいた予備のキヤノン EOS 5D Mark IV をフル活用することになった。

今回はソニー・プロサポートからα7R IV を借りることができるようになったので、自宅から高岡への行く途中で名古屋のソニーストアに寄ってカメラを借用し、そのまま現地で使用した次第。

といっても、α7R IV のみで撮影というのもリスクが高く、5D4、EOS M6 Mark II、α7R III も携行。大会初日の20日にいちおうテストすることにした。
テスト結果ではM6IIのフリッカーレスはOK、α7R III はNG、α7R IVはOKという結果だった。なのでα7R IV をメインで使用することにした。

で、実際に使用したのだが、フリッカーレスは完全ではないようだ。
シャッター半押し状態から連写すると概ねフリッカー対応はできて綺麗な画像を得られたが、半押しなしにいきなり連写すると全コマがほぼアウトというケースが頻発した(ワタシの実感であり、実際は違うのかもしれないが)。
キヤノンは最初の1コマが切れるのに時間がかかることがあるが、基本的に全コマフリッカーレスの画像が得られる。
なので、極力 半押し状態を維持しながらシャッターチャンスを待つよう心がけた。しかし、思ったよりもいきなりシャッターを切らざるを得ないケースが多く、むしろそのようなシーンこそ大事なだけに、残念だ。
まぁ、キヤノンの場合はいきなりシャッターを切りたくても一瞬シャッターが切れないので、このようなケースではどっちもどっちかもしれないが。



ついでに、α7R IV のその他の点についても書き記しておく。

●まずは6,100万画素について。
今回、ほとんどのケースでJPEG 6,100万画素で撮影した。正直なところ、3,000万画素から4,200万画素あたりでワタシには十分。むしろ画像サイズが大きくなりすぎて、PCへのコピー時間やHDDの圧迫などでマイナス面もある。
一方、α7R IV のAPS-Cクロップ撮影では2,600万画素キープできるので、望遠レンズでの撮影では便利。70−200mmを97−280mm相当で撮影できるので便利。
なお、70−200mmに1.4xテレコンを取り付けても撮影してみたが、ピントの歩留まりが悪くて途中で使用するのを止めた。


●シグマ120−300mmF2.8 + TECHART マウントアダプター TSC-04
ついでにシグマ120−300mmF2.8にTECHARTのマウントアダプターを装着してテスト撮影したら、AF-Cでもピントを合わせられるので実践登用してみたが、どういうワケか最初の1コマ目が切れるまでにワンクッションのタイムラグが出てしまい、スポーツでの使用にはキビしく感じた。なお、AFせずにシャッターを押すとワンクッションのタイムラグなしにシャッターを切ることができたが、これはこれでピントがアテにならないので痛し痒し(涙)。
結局この組み合わせも使うのを止めた。


●AF
α7R IV のAFはα7R III より改良されているとのことだったが、今回のワタシの撮影ではあまり良さが感じられなかった。α7R III などと同じく、ここぞというシーンでこそピンボケになるケースが多く、ヘコんでしまう。カメラのAF機能を自分が正しく理解していないのかもしれないが、今回、フリッカーとともに悩まされたのがAF。というか、フリッカーは撮影後に画像処理ソフトで多少ごまかせるケースも多いが、ピンボケ写真は救えない。

なお、AFフレームは従来ライトグレー1色のみだったが、α7R IV では白と赤の選択ができ、とっさの時にどこにAFフレームがあるかわかりやすくてヨイ。


●操作ボタン・露出補正ダイヤルロック
各操作ボタンはストロークが長くなったり、触り心地が良くなったりしている。細かい改良ながら評価しておきたい。
露出補正ダイヤルにロックボタンがついたことにも評価。ボタンをプッシュすることでロック、もう一度プッシュしてロック解除という方式なので、ロックしたくない人はしないこともできるのでヨイ。


●SDカードスロット
2スロットともにUHS-II 対応になったのはヨイ。自動切り替えにしても片方が
UHS-I のみの対応では書き込みスピードが変わるので、カードを入れ直したくなる。両スロットとも同じなら、気にすることなく撮影できて便利だ。
なお、「書き込み中」の表示は6,100万画素ながら4,200万画素のα7R III とさほど変わらないような気がした。


【結論】
α7R IVは見た目はα7R III とさほど変わらないながら、それなりにしっかり進化していた。
一番注目していたフリッカーレス機能はまだまだ不満があるけれど、フリッカーがもっともひどいレベルの高岡市民体育館でもなんとか使用できなくはない。それに、もう一眼レフには戻りたくない。

6,100万画素は無駄に大きいが、APS-Cクロップ撮影では2,600万画素をキープできる。クロップなしでも2,600万画素で撮影できるので、むしろフルサイズでもAPS-Cクロップでも2,600万画素で撮れ、必要なら6,100万画素でも撮れるカメラと認識すれば、かなり使いやすいカメラだ。

ただ、問題は価格。マップカメラで12月25日現在 税込新品で382,544円! α7R III なら新品308,193円だが、中古並品なら20万円を切っている。
一方、α7R III を売る場合は現在152,000円だから、下取り交換で差額23万円超必要で、結構キビシイ。

つまり、α7R IVは買い換えたいレベルに機能アップしているが、先立つものがないということだ(笑)。





プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ