『女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド』(HASEO/玄光社MOOK)





『女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド』(HASEO/玄光社MOOK/2,000円+税)

玄光社のサイト:女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド

最近売れている名古屋のフォトグラファー・HASEO氏による一冊。
副題に「頭がい骨の形で撮り方は変わる!」とあり、それぞれのモデルの顔の形に応じてメイク、ライティング、ボージングを変えよ!というのが本書の主旨。今までにないアプローチの本だったので買ってみた。

HASEO氏は名古屋錦地区という繁華街で夜の仕事の女性を毎日何十人も撮ることを十数年続けてきたそうで、最初の2分で「良い写真」という結果を出さないと彼女たちに「ウデが悪い」と烙印を押されてしまう。そのようななかで上記のようなメソッドを身につけたとのことだ。

また、「「物撮り」において、対象の形が違えばライティングも変わりますよね?」とモデル撮影を物撮りと同じように捉えているところが面白い。
もちろんモデルも人間で生きているので、色々な動きの中で一瞬の表情やしぐさを切り取るというスタイルもあるだろう。だが、HASEO氏のアプローチ方法も学ぶべきことは多そうだ。

本書の構成は次の通り。
CHAPER 1 頭がい骨が見分けられるようになる
CHAPER 2 知っておきたいライティングとの関係
CHAPER 3 頭がい骨に基づいたベースを作る
CHAPER 4 アンバランスな部分をなくしていく
CHAPER 5 女性を可愛く美しく撮るためのケーススタディ

本書では、スッピンに近い状態ではとても美人とはいえないような(失礼!)モデルさんが劇的に美しい女性として作品になっており、そのビフォア&アフターはライザップのCM並かそれ以上で驚愕!(笑)。
正直なところ、ライティングやポージング以前にモデルの化粧(メイキャップ)による化け方が劇的(笑)。化けたあとのモデルなら多少どのように撮っても綺麗な写真になりそうな気がする(爆)。

ただ、HASEO氏の作品はモデルのメイキャップもかなり凝っているし、背景もかなり作り込んだ独特のものである。カメラマンとモデルさえいればポートレートは撮れるという考えでは、本書を読んだからといって、HASEO氏と同じような作品を撮るのは至難のワザだろう(笑)。メイクをする人、セット(背景)を作り込む人などチームを組まなければなし得ないと思う。
とはいえ、勉強にはなると思うので、興味のある方はドーゾ。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『CAPA』2017年05月号





『CAPA』2017年05月号(d-magazine)


別冊付録『撮影ジャンル別「極上レンズセレクション」』。d-magazineでも読むことができる。
紹介されているレンズは次の通り。
・土屋勝義 x シグマ135mm F1.8 DG HSM Art
・中野耕志 x ニコン AF-S ニッコール 70-200mm F2.8E FL ED VR
・清水哲朗 x オリンパス M.ズイコーデジタル ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・藤井智弘 x 富士フイルム XF 50mm F2R WR、XF 23mm F2R WR、XF 35mm F2R WR
ほかにも広角ズームレンズ13本、100〜135mm単焦点レンズ15本、35mm単焦点(相当)レンズ10本、超望遠ズームレンズ11本が紹介されている。



今月号の表紙武田玲奈さん。
顔を見れば名前が分かる程度で、ワタシ的には特別な思い入れはナシ(失礼!)。


巻頭特集「THE 標準レンズ」
現行24-70mm標準ズームレンズと50mm単焦点レンズをチェック。
標準ズームではキヤノンとソニーのF2.8が2強という結果で、自分の所有する キヤノン EF 24-70mm F2.8L II USM がそんなにいいのかとちょっとビックリ(笑)。
未発売のシグマ 24-70mm F2.8 DG OS HSM がテストに入っていなかったのはちょっと残念。
50mm単焦点レンズについてはレンズ構成についても解説。伝統的なダブルガウス、ゾナータイプからダブルガウス進化系、レトロフォーカスも加えて解説。
それにしても、標準レンズは伝統的コンパクト・低価格系から重厚長大・超高解像タイプまで、百花繚乱で面白いですなぁ。


特集2「奥深きセルフポートレートの世界」
森村泰昌のゴッホの真似した写真などは懐かしい。
セルフポートレートの撮り方を紹介しているが、今や女子高生などはスマホのセルフィーでいかに綺麗に撮るかを研究しており、本誌のレベルはイマイチ(笑)。女子高生たちに学ぶべし。


特集3「春〜初夏の彩り花風景」
パステル調で一般ウケする作例満載。そういう写真を撮りたい方はご参考に。


特別企画「今だから語れる歴代EOS誕生秘話」
EOS650、620を含め、その先駆けとなるT50、T80、T90から話は始まり、それぞれの時代のフィルムEOS、デジタルEOSが語られている。
ワタシが初めて触ったEOSはフィルムカメラのEOS 5QDで、昔いた会社の備品。視線入力は使わなかったが、それなりに使いやすいカメラだった。デジタルではD60、10D、1Ds、1D Mark II を購入。D60は今から考えるとしょぼいスペックだったが、A3に伸ばしても粒子が見えず、感動した記憶がある。



『CAPA』5月号はこんなところで。








『カメラマン』2017年05月号





『カメラマン』2017年05月号



別冊付録『花撮影ポケットガイド』
フルカラー24ページ。9つの撮影技法を紹介。花撮影がお好きな方はご参考に。



表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは現在人気急上昇中の吉岡里帆さん。
京都太秦出身で親が映画関係の仕事をしていたとのこと。
一般にはNHK『あさが来た』での出演が印象に強いようだが、ワタシが知ったのはTVドラマ『メディカルチーム レディ・ダヴィンチの診断』でのやや三枚目の役柄。
細身ながら出るところは出ている意外性も見逃せない(笑)。


「New Product Review」
一番大きく取り上げられているのがニコンD7500
ワタシはニコンユーザーではないのでスルーだが、D500の弟分という位置づけのモデル。月カメとしては珍しく12ページも割いて、高感度画質やAF性能について細かく実写レポートしている。
フリッカー低減機能が搭載されたこともユーザーによっては重要か。キヤノンではすでにエントリーモデルからハイエンドまで全ての一眼レフで搭載されているが、ニコンではD500、D5に次いで3機種目。本機能が搭載されるもっとも安い機種であるとも言える。

レンズではシグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary135mm F1.8 DG HSM Art
100-400mmは開放F値を少し暗くすることで重量1,160gのコンパクト化に成功。周辺画質がやや甘く、三脚座がないことなどが不満との評価。とはいえ、価格やサイズを考慮すると鉄道写真などで活躍しそうなレンズ。
135mmについては、描写は「極上」ではなく「極致」とこの上ない評価。ただしフルタイムMF時のAFキックバックに不満との評価。サイズ・重量も「極致」かもしれないが(笑)、このレンズを使用するユーザーは納得済みだろう。

パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH.
なかなかカッチョイイデザインのライカブランドレンズ(希望小売価格も税別15万8,000円とご立派!)。レンズ前にフィルターが装着できるところが大きなポイント。ワタシは7-14mm F4を所有しているので要らないが。

キヤノン EF-S 35mm F2.8 マクロ IS STM
マクロリングライト付きレンズの第2弾。コンパクトな標準マクロレンズで希望小売価格も税別5万5,000円とそこそこなのでAPS-Cユーザーでマクロ撮影をしたいのなら選択肢の一つとしていいかも。ただ、フルサイズ一眼レフを持っているワタシとしては、装着できないレンズには手が伸びない(まぁ、そもそもワタシにはあまり必要のないレンズだが)。



「最新&現行一眼 “頂上決戦”!」
Part 1 では“描写力番長”決定戦。
超高画質フルサイズ&中判デジタルでの画質比較。カメラは富士フイルム GFX 50SリコーPENTAX 645Zキヤノン EOS 5DsRソニーα7R IIニコンD810
解像性能をはじめ、肌色の再現性、高ISO感度、逆光のAE精度など6項目で比較しているが、ほとんどの項目で GFX 50Sの勝利。

Part 2 ではマイクロフォーサーズ ハイエンド機の進化を検証!
オリンパス OM-D E-M1 Mark IIパナソニック LUMIX GH5、さらに旧機種 OM-D E-M1GH4の合計4機種を実写比較。
6項目で比較しているが、項目によりE-M1 Mark II が勝ったりGH5という結果。ただ、人肌の色再現テストでは旧機種E-M1が1番という結果でちょっと笑えた。
また、高ISO感度比較はISO1600と6400でチェックしているが、1600では画素数の少ない「旧機種のほうがシャープで細部再現性に優れているようにも感じられる」とあり、センサーサイズの小さいマイクロフォーサーズの特徴が出てしまったようだ。



「意外に知らない○○(マルマル)の撮影法」
「8ジャンル12の秘技を伝授!」というコピーで紹介。
01. ミラーレス機でAF-Cの歩留まりを向上させる
02. スローシャッターで表現する幻想的な風景
03. 列車側面の光るポイントがわかれば、構図や色味といった作品のイメージはこっちのものだ!
04. レンズのAF⇔MFスイッチ活用法
05. 超スローシャッターでの流し撮りは、三脚を使うと成功率がアップ!
06. とっさの飴にポリ袋の簡易レインカバー
07. 動物園にて動物の野生を表現する
08. 自分のイメージする光条を描き出す!
09. メガネの反射とミックス光への対応
10. 証明写真(マイナンバーカード用)
11. 30秒以上のシャッター速度でしか得られない表現
12. フィルターワークとホワイトバランスからアプローチするモノクロ
撮影テクニックの小ネタ集であり、タイトルは別にして毎月あってもいいような企画ではなる。もちろん人によっては参考にならない部分も多かろうが、12のうち1つでも参考になればいいのでは?



「春彩総覧」
浅井美紀、河合麻紀、山田久美夫、吉住志穂の4氏が春をイメージさせる作品を紹介。



「どっちのレンズショー」。今月はタムロン 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD Model B023 とニコンライバルレンズ。
ワタシはキヤノンユーザーなのでスルーだが、コスパも含めてタムロン B023の勝利という結果に。



「ジャンル別フォト講座」
撮影技法というよりは河野英喜氏のポートレートのモデルの静麻波(しずか まなみ)サンが気になった(笑)。
下着メーカートリンプの第25代(2017年)イメージガールに選出された歯科衛生士・モデルの22歳。
本誌で撮影された写真はいずれもあっさりした顔だが、公式ブログの写真では現代美女的な明るい表情で違った感じ。どちらもワタシ好み(笑)。月カメのバックナンバーを見たら、2017年02月号でも同じコーナーで出ていた。そのときはスルーだったが(笑)。

静麻波サンの公式サイト:静麻波(プラチナムプロダクション)
静麻波サンのオフィシャルブログ:静麻波オフィシャルブログPowered by Ameba
静麻波サンのインスタグラム:manami_shizuka
モデルプレスの記事:ランジェリー姿が絶対的美しさ!歯科衛生士の新トリンプガール静麻波、スタイルキープ法を明かす



『カメラマン』5月号はこんなところで。


テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


大阪インターナショナルチャレンジ2017 撮影後記




春恒例の大阪インターナショナルチャレンジ(昨年は諸事情により開催されなかったけれど。笑)。
今回は予選から決勝までの5日間フル撮影。

1日目の予選は選手の棄権が多く、朝9時半スタートで昼14時前には全試合が終了。コートは2x3=6コートでコート間のスペースがかなりゆったりしていて移動も快適。快適に撮影できた。

2日目の1回戦および女子単・男子複の2回戦。試合数が1回戦が73(80マイナス棄権7)試合、2回戦が16試合あり、撮っても撮っても終わらない(悲)。全試合終わったのが21時前!
しかも2日目と3日目は外側の4コートからしかアリーナでは撮影できない(1日目から同じ設定だったようだが、ワタシが1日目にプレスルームで受付したときにはそのような指示がなかった)。つまり中央の2コートは観客席からしか撮れないということだ。理由を聞くと運営上 審判にとってカメラマンが邪魔だということのようだったが、どこよりも広いコート間スペースでそれはないだろう、というのがワタシの感想。とはいえ、ルールには従わねばならない。結局、移動が面倒なので2階席からの撮影がメインとなり、撮影時間を短縮するためにアリーナ撮影も行なうような感じ。結果的にはバリエーションが出てよかったのだが、ひたすら動き回るハメになったので、フリースを脱いでTシャツにビブスで撮影。

3日目は残りの2回戦23試合と各種目の準々決勝20試合。終わったのが17時半頃だったが、前日が遅かったのでずいぶん早く感じられた(笑)。

4日目は試合前に小椋久美子さんとミスユニバース準グランプリの西内ひろさんによるイベント。キッズとのフリーゲーム、トークショー、バドミントングッズが当たるジャンケン大会。
トークショーのMCは結城哲郎氏。前日まで毎日放送所属のアナウンサーだったそうで、関西では知名度があるのだろう(ワタシは存じ上げなかったけれど)。
フリーゲームでは小椋久美子さんと西内ひろさんがペアを組み、別コートではヨネックスの今別府香里/土井杏奈ペアがキッズと対戦。
西内ひろさんは女優・歌手の西内まりやのお姉さん。
妹のほうは中2までバドミントンにマジメに打ち込んでおり、福岡市内の大会で4度の優勝経験があるそうだ。以前西内まりやさんがTVバラエティ番組で地元に戻ってバドミントンをするところを見たことがあるが、マジで上手かった。
一方の西内ひろさんのほうは特技をダンス・バドミントンとしているようだが(Wikipediaより)、正直なところサービスは後足が床を離れるフォルト連発だし、プレーもイマイチに感じられた。ただ、スタイルはバツグン(笑)。ゲームが終わってトークショーに移った時、小椋久美子さんはジャージのジャンパーを羽織ったのに対し、西内さんはあえて羽織らなかったのは自分のスタイルを見せたかったのではないかと推測。西内さんは写真の撮られ方についても語っており、ちょっと興味深かった。
あまり手のかからないイベントだったと思うが(失礼!)、それなりに盛り上がり、良かったように思う。

4日目の試合は準決勝10試合。試合の撮影に関しては、2コートはコートサイドの片面がほぼ撮影エリアに設定されていて、テレビカメラが邪魔な以外は問題なかったのだが、1コートはコートサイドの看板のすき間のエリアのみに撮影エリアが限定されていて憤慨。そのすき間はサービスラインよりも後ろの位置にあり、いい写真は撮りづらい。理由は選手や審判が入退場する通路だからということだったのだが、看板の後ろのもっとサービスライン寄りでも問題はなかったはずで、この設定にはかなり疑問。それでも指示は守って撮影に臨んだ。



5日目の最終日も試合前にイベント。内容は前日と同じような内容ながら、潮田玲子さんと廣瀬栄理子さんが担当。進行がほぼ前日と同じだったし、センターコート(1コート)のみだったので撮りやすかった。

試合は決勝5試合のみ。アリーナでの撮影エリアはコートサイドの片側のみ。テレビカメラが邪魔ではあるけれど、スチルカメラマンが少ないのでさほど問題なし。前日の準決勝では並行して行なわれる試合の進行が微妙で勝利の瞬間を撮れないケースがあったけれど、決勝は同一時間に1試合のみなので思い通りにゆったり撮影することができた。ただ、一番いい瞬間を撮ったと思った写真がピンボケで大ショック! そこそこの別写真で体裁は整えられたが、自分の未熟さを改めて感じた次第。




撮影機材は次の通り。
● キヤノン EOS 5Ds
● キヤノン EOS 7D Mark II
●キヤノン PowerShot G7X Mark II
● シグマ 15mm F2.8 EX Fisheye(使用せず)
● キヤノン EF 16-35mm F4L IS USM(使用せず)
● キヤノン EF 24-70mm F2.8L II USM
● キヤノン EF 70-200mm F2.8L II USM
● キヤノン エクステンダー EF1.4X III(使用せず)
● キヤノン エクステンダー EF2X III(使用せず)
● シグマ 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
● シグマ アポテレコンバーター 1.4X EX DG
● シグマ アポテレコンバーター 2X EX DG
● ニッシンデジタル Di700
● キヤノン コンパクトバッテリーパック CP-E3
● マンフロット一脚 685B
ほかにバッテリー充電器、パソコン関係、着替え等。機材の半分と着替えなどはペリカントランクで宿に宅配輸送。機材の残り半分はエツミ トゥルーリースポーツカーゴに入れて自宅から大阪までハンドキャリー。

今回、大伸ばしの可能性のあるのがごく一部の選手だけだったので、その場合は5Dsのフルサイズ(JPEG L/約5,000万画素)で撮影。それ以外はJPEG M2(約2,000万画素)で撮影。ほとんどがブログ用なのでM2でも多すぎるぐらいだが、プリント用途やトリミングのことも考えてこのぐらいがいいのかな、と。モードダイヤルのカスタム設定で一発変更。たまに変更のし忘れがあったものの、まぁまぁ快適に使えた。カスタム設定は1から3まであるが、本当はあと2つぐらいほしいところ。

レンズはアリーナでは5Dsに24-70mmと70-200mmまたは7D2に70-200mm。
2階席では1〜3日目までの2x3コートでは70-200mmで対応、4・5日目は120-300mm。
最終日の表彰式は5Ds+24-70mmにストロボで撮影。他のカメラマンはストロボなしだったけれど。

露出は ISO6400、1/1000秒、f2.8前後。カラーバランスはスマホアプリの『露出計』で見ると、3200Kあたりなのだが、実際はもっと補正が必要だった。さらに緑色のコートの反射があるので、WB補正もマゼンタ目一杯でも足りないぐらい。
問題だったのは7D2のほう。5Dsと同じ露出設定にしても、同じ色に出ない。色が妙に浮くというか偏るというかで、ソフトで補正しても納得できる色にできなかった。

撮影枚数は次の通り。
3月29日/5Ds:1,265枚、7D2:916枚、G7X2:18枚、合計:2,199枚
3月30日/5Ds:2,400枚、7D2:4,609枚、G7X2:0枚、合計:7,009枚
3月31日/5Ds:1,428枚、7D2:4,140枚、G7X2:2枚、合計:5,570枚
4月 1日/5Ds:1,251枚、7D2:2,398枚、G7X2:47枚、合計:3,696枚
4月 2日/5Ds:1,627枚、7D2:1,771枚、G7X2:5枚、合計:3,403枚
合  計/5Ds:7,971枚、7D2:13,834枚、G7X2:72枚、合計:21,877枚
アリーナ撮影は連写のトロい5Dsが主だったので、以前ほどの枚数にはならなかった。1DXの頃は1回戦だったら1万枚は撮っていただろう(笑)。

大会が終わり、三重に帰ってからも後作業。依頼主に必要画像を送信し、出場全選手の画像をセレクト、画像補正・トリミング、アップロード。かなりの枚数になり、ほぼ1週間かかった。セレクトするのはそれほど難しくないが、名前合わせをするのに時間がかかってウンザリ(笑)。



【大阪IC2017】いよいよ開幕! 日本勢、高校生が健闘!
【大阪IC2017】2日目 大堀彩は準々決勝進出! 奈良岡功大は1回戦敗
【大阪IC2017】3日目 日本勢10組が準決勝進出!
【大阪IC2017】4日目 日本勢4組が決勝進出!
【大阪IC2017】最終日 女子単:髙橋が本大会3度目の優勝! 男子単:五十嵐は国際大会で初V!


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


高校選抜バドミントン大会(2017)撮影後記



3月24日と26日、愛知県豊田市で高校選抜バドミントン大会の撮影のお仕事。本当は22日から26日までが会期なのだが、団体戦決勝と個人戦決勝が行なわれる日のみ。

会場は三重の自宅から行ける距離なので、クルマで日帰り。朝6時に家を出て夜8時前に帰宅、さらに写真セレクトなどで日付変更というパターン。

会場のスカイホール豊田はバドミントンコートなら4x5=20面取れる巨大なアリーナ。実際は本部席などを設置するため18面。
26日の個人戦では、中央の8面のみの使用で、しかも全てを一度に使用することがなかったので撮影はラクだった。
一方、24日の団体戦では、16面を一斉使用。これはさすがに1人では全選手を撮れない。コートサイドを自由に行き来できれば取りこぼしなく取れたかもしれないが、主審席の後ろに隣のコートのサービスジャッジの椅子があるため、ここの通り抜けは不可。なので、ほんの1メートルを移動するのにものすごく大回りしなければならない。しかも、選手のプレー中は移動できないので苛立たしい。
また、団体戦の準決勝では、負けたほう(3位)の表彰をその場で行なうことを知らず、慌てふためいてしまった。
そんなワケで24日の撮影はボロボロ。

26日の個人戦は試合数も少なく、空きコートも多かったため移動も楽で撮影もラク。2階席からの撮影もトラブルなく行なえたのだが・・・。
表彰式の後、各種目(男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス)の優勝選手の記念撮影とあいなったのだが、女子ダブルス優勝者の一人が表彰式にも出ずに他の選手たちと帰ってしまったとのこと。
某誌はその情報を事前に得ていたようで、別の試合途中に2人の記念写真を撮っていた。



さて、今回の機材は次の通り。

キヤノン EOS 5Ds
キヤノン EOS 7D Mark II
キヤノン PowerShot G7X Mark II(26日のみ。24日は忘れた。笑)
キヤノン EF 16-35mm F4L IS USM(26日のみ。使用せず)
トキナー AT-X 12-20mm F2 DX PRO(24日のみ)
キヤノン EF 24-70mm F2.8L II USM
シグマ 50-100mm F1.8 DC HSM Art(24日のみ)
キヤノン EF 70-200mm F2.8L IS II USM(26日のみ)
シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
シグマ APO テレコンバーター1.4x EX DG
シグマ APO テレコンバーター2x EX DG
ニッシンデジタル Di700
キヤノン コンパクトバッテリーパック CP-E3


今回、7D2+F2以下レンズでの撮影を24日に試みたのだが、イマイチな結果。14-20mmは画質うんぬん以前に使い勝手が悪い。
それぞれのコートで撮影するときに、選手が誰かあとで間違えないように得点板を撮影するのだが、14-20mmでは撮影しても拡大するとボケていたりで役を果たしていない。準決勝までは我慢して使っていたが、決勝では 5Ds+24-70mm に変更。替えたところ、非常に使いやすい(笑)。
結局、26日は5Ds + 24-70mm、7D2 + 70-200mm、7D2+120-300mmという組み合わせで撮影。7D2 + 70-200mm の組み合わせはアリーナのコートサイドでは選手の全身を入れるには厳しいので、ちょっとビミョーな組み合わせ。
7D2+120-300mmの組み合わせは2階観客席での撮影で使用。シングルスの撮影ではテレコンも少し使用してみたが、なしのほうが歩留まりもいいし、画質もいいので、後半はテレコンなしでずっと撮影。まぁ、今回は大伸ばしの必要もなかったので、トリミング前提ということで(笑)。


今回の会場のスカイホール豊田は巨大で新しいものの、明るさは不足していてISO6400 で 1/1000秒、f2.8 というところ。カラーバランスもカメラのWB補正では補正し切れず、ソフトでマゼンタ補正をしなければならなかった。

撮影後は撮影データを全てHDDにコピーしたところで自宅に戻り、写真セレクトおよび記事作成というところなのだが、写真セレクトも記事も時間がかかってしまった。クルマの運転も含めてかなり疲れたので、終わったあとは爆睡状態デシタ(笑)。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ