『CAPA』2017年08月号





『CAPA』2017年08月号

表紙のモデルは大石絵里さん。
日本テレビ『Going! Sports & News』土曜日のお天気キャスターほか。



別冊付録『一眼ムービー 超入門』
32ページ。内容は・・・
・動画の基本
・動画撮影に必要な機材
・動画撮影の基本
・シーン別動画撮影術
・動画の編集
・動画機能を楽しむ一眼カメラ&レンズガイド
これから一眼ムービーをやってみたい人にはオススメの内容。




特集1「絶景 山風景を撮る!!」
3人の写真家がそれぞれのテーマで山風景撮影のアプローチを解説。
・菊池哲男 「雲」と「光」を生かす
・深澤武  「山の形」と「時間」を捉える
・岩橋宏倫 「人」や「生きもの」を写す
それなりに綺麗な作例ばかりだが、風景を撮らないワタシ的にはスルー。


特集2「カメラ内多重露出機能で撮る夏の風物詩」
フィルムカメラ時代には多重露出を試したことはあったが、デジタルカメラになってパソコンで合成処理ができるのに、何が面白くてカメラ内多重露出なのか? 合成すべきAとBが連続していなければならないし、それぞれの露出やフレーミング(トリミング)が整っていなければならない。となると、合成が成功するのは相当低確率となってしまう。それぞれ単写真として撮影し、パソコン上で合成したほうが納得した結果が得られるのは明らか。
ただ、低照度下での撮影(星空写真など)でノイズを低減するために多重露出機能を使うというのは利用価値があるのかもしれない(ワタシは使ったことがない)。これもパソコン上で合成すればいいような気がするが。


特集3「JPEGでRAWに負けない高品位な作品づくりに挑む!」
Photoshop Lightroom や同 CC、SILKYPIX でJPEG画像を補正する方法を指南。
操作方法指南は概ね問題ないと思うが、むしろ白トビや黒潰れを救済しづらいJPEG画像撮影の方法を指南してほしいところだ。


「歴代ニコン 深遠なる試作機の世界」
品川のニコンミュージアムで展示されている中から7点を後藤哲朗氏が紹介。見開き2ページでは少々物足りない。6x6判の試作機も紹介してほしかったなー。



『CAPA』8月号はこんなところで。





スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『カメラマン』2017年08月号






『カメラマン』2017年08月号



特別付録『鉄道撮影ポケットガイド』

助川康史、長根広和、猪井貴志の3氏による作例で色々な鉄道撮影のノウハウを紹介。
ワタシ的にはスルー(失礼!)。




表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは志田未来さん。

8月からのTVドラマ『ウツボカズラの夢』で主演をされるそーで。
「倉繁利の女優びより」は1ページ1枚の縦位置ポートレート3枚。あまり面白みナシ(失礼!)。


「天下一レンズ 最終決定戦2017」

広角・標準・望遠の人気モデル82本のガチンコ勝負。
テスト撮影の画像は小さなサイズで紹介されるのみなので、テスターの豊田慶記氏の各レンズに対する評価コメントに依存するしかない。
82本もあるので全部チェックするとウンザリするが、自分の所有レンズ・自分が興味あるレンズに絞るとスッキリ読める。
あと、例えばキヤノン EF 50mm F1.8 STM という撒き餌レンズとシグマ 50mm F1.4 DG HSM Art といった重厚長大・高額レンズを同じ指標で判断するのは無理があると思うが、そのあたりは読者の判断力が必要。

豊田氏の太鼓判レンズとしては、次のようなものを挙げている。
単焦点レンズ:シグマ 50mm F1.4 DG HSM Art、ニコン AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED
ズームレンズ:ニコン AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4-6.3G ED VR
15万円以下:タムロン 10-24mm F/2.5-4.5 Di II VC HLD(Model B023)同 SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)
15万円以上:タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A025)シグマ 135mm F1.8 DG HSM Art

残念だったのはワタシが所有するシグマ 50-100mm F1.8 DC HSM Artトキナー AT-X 14-20mm F2 PRO がテスト・評価されていないこと。どちらも現役で古くもないレンズなので、どのような評価なのか知りたかったところだ。

「レンズ選び、俺の流儀!」として、赤城耕一、山田久美夫、諏訪光二、阿部秀之、豊田慶記の5氏がそれぞれのお気に入りレンズ3本と購入スタイルを紹介している。



「サマーエロ2017 扇情が戦場!」

堂野一圭、井出眞諭、小林修士、酒井よし彦、伊藤彰の5氏がそれぞれの作例紹介と自身の撮影スタイル/世界観を紹介。
ワタシ的には琴線に触れる作例があまりなかったのだけれど、井出氏の作例の女性のコスチュームがワタシ好み(笑)。



「どっちのレンズショー」

今回はニコン AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED とライバルレンズ。
ライバルレンズは・・・
ニコン AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
ニコン AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
シグマ 24mm F1.4 DG HSM Art

どのレンズも基本画質が高いとのコメントだが、一応順位をつけるとダントツで 28/1.4、次いで28/18、シグマ、24/1.4という順位になるようで。
28/1.4はニコン独自のスペックだが、シグマあたりも出してほしいところ。あるいはコンパクトに28/2.8 コンテンポラリー(パンケーキ)とかいうスペックだと売れないのだろうか?



『カメラマン』8月号はこんなところで。







テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『日本カメラ』2017年08月号





『日本カメラ』2017年08月号



特別付録『ニコン創立100周年記念 極(きわみ)ニコン』

『日本カメラ』8月号はこの付録があったので購入。ワタシ的には購入金額の9割はこの付録(笑)。
ワタシ自身はほぼニコンユーザーではないが(COOLPIX 5000は一応持っている)、なかなか濃い内容で満足。
むしろ、この付録にもう少し記事を足してムック本にすればいいのに、という感じ。

内容は・・・
ニコン歴代名機ベストセレクション—稀少品から王道カメラまで—
ニコン純正品からサードパーティ品まで 個性派カメラアクセサリー大集合
世界有数のニコンコレクター今井貞男さんのニコン交遊録
赤城耕一が選ぶベストセレクション—ニコン一桁機編—
ニコン試作機大図鑑 —機能とデザイン大研究—
開発陣と熱狂的なユーザーが一堂に会す 愛すべきニコンDf、その魅力を徹底解剖

ワタシ的に興味深かったのは250枚撮り長尺マガジン付きのニコンS3モーターニッコール フォトミックFTNAFファインダーを普通のアイレベルファインダーに取り替えたF3AF。アイレベルファインダーにするなら普通のF3でいいだろう!(爆)。

F2チタンのくだりでは、ノーネームが報道向けで、一般向けの「Titan」ネーム入りよりも一般的にはエライとされているものの、「おそらく製造台数もこちら(ネーム入り)の方が少なく希少なはず」としている。ニコンと仲のよい赤城氏なら、推測ではなく、漠然とした数字であってもニコンから製造台数を訊いた上で記事を書いてほしいところだ。ワタシが高校生のころによく通ったカメラ店の店員さんはノーネームのほうが価値が高いと言っていたが、ニコンユーザーでないワタシにとってはどっちでもいいこと(笑)。コレクター的には重要な問題だろうが、コレクターなら両方手に入れれば!(爆)。




本誌記事としては・・・

2017年上半期のお買い物 ベストバイカメラ&グッズはコレだ!!
動物園だいすき! 動物たちをしっかり楽しく撮る
ソニーα9のEVFは究極か? ファインダー進化論
この夏おさえたいお役立ち情報局
新製品情報

などなどあり、それなりに参考になるけれど、やはり『極 ニコン』が特筆デシタ。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


キヤノン EOS 5D Mark IV インプレッション






全日本実業団バドミントン選手権大会・秋田大会がキヤノン EOS 5D Mark IVのデビュー戦となった。以下、レポート。


操作系
ボタン・ダイヤル類、メニューなどは 5Ds、7D2 とさほど変わらないので、取扱説明書を全く読まずに実践投入(笑)。
大きな違いと言えば、液晶モニターがタッチ式になったので、クイックメニューでの設定変更のときに、指でダイレクトに設定項目を選べるのが便利。
また、撮影画像を拡大したときも、スマホ感覚で表示部分を指で動かせるのが便利。


AF
5D4は1DX2と同じ最新のAFシステム(61点高密度レティクルAF II・EOS iTR AF)を採用しており、ファインダー撮影においても測距エリア選択モードを「自動選択」にした場合、顔認識AFが可能となる。
今まで「自動選択」はあまり当てにならない印象で、ほとんど使ってこなかったが、今回は撮影の9割がこのモード。最初にどの測距エリアにAFを合わせるかはマルチセレクターで選べる上、激しい動きで被写体をその測距エリアから外してもカメラが被写体を追い続けてくれるので、これまで使用してきた「領域拡大(任意選択)」モードよりもねばってくれる感じ。

一方で、「自動選択」モードで一旦ピントが合ったのに、その後外れてしまうケースが何度も見られ、イライラしたことも。このモードはもう少し使い込んでAFのクセに対応しなければならない。

あと、「領域拡大(任意選択)」モードでは、測距エリアを選んだ後、マルチセレクターを押し込むと中央に測距エリアを戻し、さらにもう1度押し込むと元の測距エリアに戻るのだが、「自動選択」モードではこの操作ができない。マルチセレクターを1度押して中央に測距エリアを戻すことはできるが、もう1度押しても元のエリアには戻らない。これは不便なので、ファームアップで対応してほしい。7D2でも試してみたが、同様だった。
色々書いたが、トータルでは5Dsよりもピントの歩留まりはいい印象なのは間違いない。


連写性能
5D4の連写性能は最高秒7コマ。5Dsの秒5コマと7D2の秒10コマの中間だが、撮影中のフィーリングとしてはワタシ的には快適。スマッシュ時に連写すると、5Dsよりも1枚多く撮れる感じ。本当はもう1枚ぐらい多く撮れると有り難いのだが、欲張り過ぎか。まぁ、3,000万画素カメラですからなぁ(笑)。連写性能最優先なら7D2か1DX2を使えということ。


画質
普段はISO3200か6400で撮影するところ、今回はISO6400と12800を使用。
正直なところ、大伸ばし目的ならISO12800は使いたくないという印象。カラーバランスは崩れていないので大きく拡大しない前提であれば問題なく使えるが、輝度ノイズが大きく、大伸ばし目的ならISO6400にとどめたい。
さらに滑らかな画質にするにはISO1600まで落としたいところだが、今度はカメラブレ・被写体ブレで歩留まりが悪くなるのであまり使えない。


トラブル
ワタシの5D4は新品ではないので少々使われているのではあるが、それほど使い込まれている感じではない。
今回、3日間使用して起こったトラブルは以下の通り。
・突然液晶画面が操作不能になる(3回程度)
・突然液晶画面がブラックアウトする(1回)
・突然レンズとの通信エラーが起きる(2回程度)
電源を切って回復することもあれば、そうでない場合は電池を抜いてまた戻せば大抵回復した。それでも回復しない場合もあったが、何度か同じ操作をして事なきを得た。


こんなところが5D4の印象でゴザイマス。もう1台の7D2は高感度での画質が5D4に比べて悪いのであまり使いたくない。今後は5D4がメインで7D2はサブ。というか、7D2は故障時の予備カメラになりそうな感じ。



SMASH & NET.TVの記事:
【全日本実業団】決勝進出はトナミ、ユニシス(男女)、そして北都銀行!!
【全日本実業団】日本ユニシスがアベック優勝!!!



 


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2017全日本実業団選手権大会・秋田大会 撮影後記




首題バドミントン大会の撮影のために7月6日から10日まで秋田へ。撮影は7日から9日の3日間。大会自体は5日からリーグ戦が行なわれ、7日からはリーグ戦を勝ち抜いたチームとシードチームを加えたトーナメント。
男子は160チーム、女子は43チームという膨大な数で、リーグ戦は3会場で行なわれ、7日のトーナメント戦は2会場、8・9日は1会場という具合。
試合形式は2複3単で行なわれ、トーナメント戦では先に3勝したチームの勝利となる。ちなみに似たような団体戦のS/Jリーグ(旧・日本リーグ)は2複1単の総当たり戦。

撮影機材はだいたいいつも通りながら、今回はキヤノン EOS 5Ds を 5D Mark IV に買い換えてのデビュー戦。
一脚もマンフロット685Bではなく、Velbon UC-STICK R60 を使用。



7月7日(秋田県立体育館)



この日、女子の試合はすべてCNAアリーナ★あきた(秋田市立体育館)で行なわれ、男子は半分が同体育館、残り半分が秋田県立体育館で行なわれた。個人的には女子の試合を撮影したかったが(笑)、依頼主からの指示により男子の試合を撮影(悲)。ともかく、トナミ運輸の大堀彩/仁平菜月が富山県選抜として出場し、ペアを組んだゲームを撮れなかったのは本当に残念。
試合はトーナメントの1・2・3回戦で9:30スタート。コートは最大8コート。
1回戦は予選リーグを勝ち上がったチームとシードチームが対戦するケースがあるが、レベル差が激しい場合もあり、撮影する前にあっという間に終わってしまうこともあり、注意が必要。今回は全チーム・全選手を撮影しているわけではないので、なんとか最低限の撮影はできた。
1回戦は2回のタイムテーブルで行なわれ、それぞれ時間が余ったが、2回戦、3回戦は接戦の対戦ばかりで押してしまい、17:30あたりが終了予定のところ、実際に終わったのは20:40(涙)。

秋田県立体育館は天井の中央に一列にライトが並ぶため、アリーナでは中央側から端側に向かって撮影すると順光撮影となるが、逆側から撮ると逆光になってしまう。前半は無難に順光撮影を心がけたが、後半はあえて逆光撮影でドラマチックなライティングを意図した。
アリーナ以外に2階席からも撮影したが、120-300mmでイイ感じに撮影でき、快適だった。



7月8日(CNAアリーナ★あきた)



会場を変えてCNAアリーナ★あきた(秋田市立体育館)。市立体育館にしては奇天烈なデザイン。デザイン料、いったいいくらかかったんだろう?(笑)。
それはともかく、丸いアリーナの天井には丸いライトが円状に配置されていて、やや硬いライティング。
準々決勝と準決勝のみで予定は9:30から13:30の予定だったが、終わったのは17時(涙)。
ちなみに準々決勝では日立情報通信エンジニアリングが桃田賢斗が所属するNTT東日本を破ったことが特筆(日立は準決勝で日本ユニシスに敗れた)。
また、山口茜が所属し、昨年優勝した再春館製薬所を地元・秋田の北都銀行が準決勝で破ったことは特筆。

準々決勝は8コートでの全試合を撮影するためにアリーナのみで撮影、準決勝は2階席からと予定していたが、準々決勝の一部の試合が押していて、それが終わる前に一部の準決勝がスタートしたため、2階席からの撮影は少し厳しくなった。というか、地元・北都銀行の躍進もあり、観客席は満員に近く、撮影場所に苦労した。実際は2階席ではなく3階席から撮影。3階席からでは120-300mmではちょっと不足気味、1.4xのテレコンを使用して撮影した。
ただ、準決勝レベルになると1つ1つの勝敗でチームの応援や試合後のハイタッチなども昂揚する。それらを撮影するにはアリーナ撮影が無難。上からの撮影では片側の選手しか撮れないし。なので上からダブルスの撮影をした後は再びアリーナで撮影。



7月9日(CNAアリーナ★あきた)

大会最終日は男女それぞれ決勝のみという贅沢な内容(といっても2複3単の3勝先取勝負だが)。
男子は昨年同様、トナミ運輸と日本ユニシスの対戦。女子は日本ユニシスと北都銀行の対戦。

先に勝負が決まったのは女子。日本ユニシスがダブルスで2勝した後、シングルスで1敗。最後はリオ五輪銅メダリストの奥原希望が優勝を決めた! リオ五輪後、一時期肩を傷めて低迷していたが、しっかり優勝シーンを飾るあたりは華を持っている。
一方、男子は第3シングルスまで回る大激戦。第1ダブルスで日本勢トップのトナミ運輸:園田啓悟/嘉村健士が敗れたことが大きく、第2ダブルス、第2シングルスをトナミ運輸が取ったものの、第1ダブルス、第1シングルスを取った日本ユニシスのスマッシュ王子:上田拓馬が第3シングルスも取って優勝を決めた。
ちなみに男子5試合のうちダブルス2試合と第1シングルスがファイナルゲームになり、かなり時間が押したため、第3シングルスは試合が終わった女子コートで見切りスタートすることに。それでも終わったのが15時前。
大会パンフレットによれば、決勝戦後の表彰式/閉会式は13時からの予定だったので、かなりの遅延。

一部のチームは帰りの予定もあるようで、決勝戦の最中に略式の表彰式をもって早々に退場。また、決勝に出場した選手の中にも、カナダオープンに出場するために表彰式に出ることなく出発した選手が多く、表彰式は代理選手が表彰されるなど、少々寂しいものとなった。

撮影に関しては、前日の経験をふまえ、事前に依頼主の了承を得た上で観客席からの撮影はやめてアリーナからの撮影に専念することに。だが、これは結果的に良かったと思う。大きな撮り逃がしもなく、それなりにいい写真が撮れた。

表彰式は15:20から。記事で実際に使用する写真は優勝した男女チームの記念写真のみで、それ以外はほぼ使われることがないのだが、それでも一応、撮影。撮った写真を使わないのは可能だが、撮らなかった写真を使うことは不可能なので(笑)。
本当は優勝チームの記念撮影用にストロボと外部バッテリーまでわざわざ用意してきたのだが、表彰式前にすでにノーストロボで撮影していたため、今回は出番がなかった。



こんなところが全日本実業団の秋田大会。



ちなみに今回の撮影枚数は・・・
7月7日:5,685枚
7月8日:5,716枚
7月9日:4,430枚 合計:15,831枚

まぁ、こんなものだろう。秒5コマの5Ds(5,060万画素)よりも撮影枚数は多めに感じるが、1ファイルあたりの容量が少ない(3,010万画素)ので、トータルの容量は似たような感じだと思う。ただ、5Dsは撮影していて秒5コマにもっさり感を常に感じていたし、AFがそもそも貧弱だったので、それらが改善されて撮影時の感覚はかなり良くなった。なので、買い換えは正解だったように思う。



SMASH & NET.TVの記事:
【全日本実業団】決勝進出はトナミ、ユニシス(男女)、そして北都銀行!!
【全日本実業団】日本ユニシスがアベック優勝!!!



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ