FC2ブログ

キヤノン EOS M6 Mark II の発表について



8月28日、キヤノンが一眼レフ、ミラーレス一眼、交換レンズなどの新製品を発表した。
私が一番注目しているのは EOS M6 Mark II。今まで EOS M 系には全く興味がなかったのだが・・・。

気に入ったポイントとしては・・・
・イメージセンサー約3,250万画素
・AF追従で連写最高約14コマ/秒(ブラックアウトフリー)。
・瞳AF
・フリッカーレス撮影
・電子シャッターでの無音撮影
・撮像エンジンはDIGIC8
・常用ISO感度100−25600
・質量約408g(バッテリー、メモリーカード含む)

EOS M システムはマウントアダプターを使用することによりEF/EF-Sレンズを使用することができるが、RFレンズを使用することはできない。EOS M システムのカメラとレンズでシステムを組んだのち、Rシステムへの移行はなかなか難しいだろう。
正直なところ、キヤノンはEF-Sマウント以降、マウント戦略を間違っていると思うがどうだろう?

それはさておき、私の場合、EOS M システムはマウントアダプターを使用することで所有している EF レンズ群を全て使用することができる。拡大率が1.6倍になるので、標準ズームや広角ズームはちょっと使いづらいが、画角を広げるレデューサーアダプターが発売されているので、対応可能かもしれない。
(EOS M システムはアマチュア向けコンパクトシステムという位置付けでプロユースとしては考えられていないだろうから、明るい標準ズームや広角ズームは期待できない。なのでサードパーティに期待。)

何と言っても有り難いのはEF望遠レンズが1.6倍で使用できること。今まで120−300mmを使用しなければならなかったシチュエーションで70−200mmが使用できたり、ヨンニッパを使用しなければならないところでも120−300mmでも対応ができるということだ(キヤノンのマウントアダプターがシグマ120−300mmに対応しているかどうかは不明)。

一方で、一番心配なのがバッテリーライフ。CIPA試験基準で305枚。自分の感覚および撮影状況ではもっと撮影できると思うが、実際に本格使用するとなれば、予備バッテリーはそれなりの数量を準備しておかないとマズいだろう。

また、縦位置グリップがないのも残念だし、EVFは(ワタシとしては)必須か。

とはいえ、一番気になるのがISO6400〜12800あたりでの高感度画質。このレンジでの画質がそこそこ良ければ食指が動くし、イマイチならスルー。



それにしても、EOS M6 Mark II の技術があるのであれば、EOS R シリーズでも相当な高画質モデルや高速モデルが開発できるはずだ(し、開発しているであろう)。

ただ、EOS R システムで高画質モデルや高速モデルが発売されてもご立派な金額になるだろうし、交換レンズもさらにご立派(笑)。
自分の立場で言えば、EFレンズは沢山揃えているのでマウントアダプターを利用すればなんとかできなくはないかも。



スポンサーサイト




今更ながらソニーの2倍テレコン(SEL20TC)を購入。ただ・・・




東京出張の初日に新宿のマップカメラでソニーの2倍テレコン(SEL20TC)を購入。今まで1.4倍テレコン(SEL14TC)しか持っていなかったので。

前日にネットで調べたところ、中古品はなかったので、新品を購入するつもりだったが、店頭でスタッフの方にダメ元で尋ねてみたら、中古美品が2つあるとのこと。元箱付きの完品で47,800円。
新品だと55,530円だったので、結構割安。ワタシは5,000円以上の差があれば中古品を買う意識なので、もちろんこの中古品を購入。
「ネット限定品」となっていたが、まだ売れておらず、対応してくれた女性スタッフの方が別のところに保管されている商品を取りに行ってくれた。

先日のバドミントン ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019でこのテレコンを70−200mmF2.8GMに装着して撮影した。
会場で4階席から撮影する時に使用したのだが、400mm相当でもかなり遠い。なるべくトリミングをせず画質を維持するためには主要選手の手前の選手も入れて撮影する手法をとった。
それでも開放F5.6相当になってしまうため、ISO感度を上げざるを得ず、撮影後に画像を等倍拡大してチェックすると画質の荒さに愕然。
一応、今回の撮影ではSNS用途しかなかったのでことなきを得たが、大会3日目からはキヤノン EOS 5D Mark IV + シグマ 120−300mmF2.8 DG OS Sports + 1.4倍テレコンで撮影。ISO感度を1段下げることができ、こちらの画質に納得。

正直いえば、シグマ 120−300mmF2.8 DG OS Sports + 1.4倍テレコンをソニーα7R III に装着して撮影したいのだが、このシステムではシグマのマウントアダプターでもTECHARTのものでもマトモなAFができない。
なのでキヤノンで使用するしかないということがわかった。
キヤノンはソニーよりもフリッカー低減撮影に強い(ソニーは会場によってはフリッカー低減できない)こともあり、しばらくは2社体制になりそうだ。

そうなると、今回の2倍テレコンは結局 要らなくなるのかな?(悲)。



EF-E用マウントアダプターも4台目 TECHART 『TCS-04』。だが・・・



またまたマウントアダプターを購入。今回は焦点工房が取り扱うTECHART TCS-04。希望小売価格28,000円+税で同社サイトのネット直販で25,020円。

これまでEF-E用マウントアダプターをいくつも購入してきたが、正直なところ満足できる製品ではなかった。ワタシの理想はEFマウントの(シグマ・タムロン製を含む)レンズがAF・AE・手振れ補正の全てが完全動作すること。できればテレコン可能レンズはテレコン装着も含めて。

1台目の Commlite Auto Focus Adapter EF-NEX はどのレンズでもピントが合わず、マニュアルフォーカス専用で使用(笑)。

過去のエントリー:ついに宗旨替え!? ソニーα7R III と 24-105mm、マウントアダプターを購入。

性能がアップされたという Commlite CM-EF-E HS も購入したが、18,900円とずいぶん価格がアップした割にはこれもAFがイマイチで大ショック。

3台目はシグマ MC-11。中古美品で23,800円。シグマ グローバルビジョンの新シリーズ専用。自宅で試写する分にはきっちりピントがあったのだが、仕事現場で試写するとどういうわけか微妙にピンボケ(120−300mm F2.8 DG OS Art で)。

過去のエントリー:シグマ マウントアダプター MC-11を購入。さらにソニー化と言いたいところですが・・・ 

で、今回新しく発売された TECHART TCS-04
キヤノン純正レンズのほか、シグマ・タムロンのEFマウントレンズでもAF・AE・手振れ補正が可能で、AF-Cや「顔検出」「瞳AF」にも対応しているということで、期待大。

ワタシの希望はこれで十分だが、さらに
・PC端末とのUSB接続で、ファームウェアのアップデート可能
・着脱可能の三脚座付き、三脚座の底面はアルカスイス互換規格

さらにさらに、ファンクションボタンを装備し、
・クイックバック機能:ファンクションボタンでフォーカス位置を記憶
・被写体が遠距離にある場合:ファンクションボタンをダブルクリックで無限遠付近へ
という機能もあるらしい。

現状、ワタシはα7R III を気に入っており、正直なところキヤノンからソニーに宗旨替えをしたいところだが、ソニーのフリッカーレス機能はキヤノンより劣っているのでキヤノン(5D4)をまだ売り払うわけにはいかない。

現状、仕事では、故障時の予備も含めて24−70mmと70−200mmはソニー・キヤノンの2本を現場に持ち込んでいるが、正直なところ負担感大。16−35mmと120−300mm(いずれもキヤノン用)も常に用意しているので、キヤノン5D4をメインカメラとするならば、24−70mmと70−200mmが故障してもなんとか対応できるのだが。

ソニーα7R IIIではキヤノン用16−35mmと120−300mmを使用したい。理由は、超広角〜広角レンズではAFよりも目測マニュアルフォーカス(置きピン)の方が便利なシーンが多いことと、120−300mmのソニー用が発売されていないこと(発売されても2本揃えるようなことはしたくない(笑))。だからマウントアダプターで対応できれば非常にありがたい。




さて、届いた製品のパッケージがコレ。
ダンボールっぽい素材だが、なかなか小洒落た感じ。
最初、開け方がわからなかったが、この写真の底面部分に磁石が埋め込まれていて、そこを開く仕組み。



そんなわけで、TECHART TCS-04 には期待大なのであるが、とりあえず、手元にあるEFレンズで試してみた。

本製品の推奨レンズ
TECHART :􏰀C􏰁-04 推奨レンズリスト
・Canon EF16-35mm F4L IS USM。AF-S でウォブリング後に合焦。
・Tamron 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)。AF動作するものの前後に大きく行ったり来たり。全く使えない。
・Canon EF24-70mm F2.8L II USM。(たぶん)完全連動!
・SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art。(たぶん)完全連動!
・Canon EF70−200mm F2.8L II USM。のんびりウォブリングした後、合焦。静物を撮るには使えなくないレベル。
・SIGMA 120−300mm F2.8 DG OS HSM Sports。テスト撮影ではAF-CのロックオンAF:拡張フレキシブルスポットで合焦した。旧テレコンを使用してのAFはNG。
バドミントンの実践で試してみたら、(旧テレコンなしでも)合焦表示するもののピントが合わない。どして? 結局、使わずじまいとなってしまった。



本製品の推奨レンズではないレンズ
・SIGMA Fisheye 15mm F2.8。(たぶん)完全連動。ただ、AFがずっと前後微動。
・Canon EF50mm F1.0L USM。AF全く動作せず。MFにしても動かない!
・Canon EF100mm F2.8 Macro USM。AF動作するものの、ピント精度がイマイチ。あるいはどういうワケか微ブレ。
・Canon EF135mm 2.8 Soft Focus。AF動作するもののピント精度はイマイチ。
・Canon EF400mm F2.8L IS USM。AF動作するもののピント精度はNG。



結局、手持ちのレンズで気持ちよく使えるのはCanon EF24-70mm F2.8L II USM、SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art、SIGMA Fisheye 15mm F2.8の3本のみ。

一番活用したい SIGMA 120−300mm F2.8 DG OS HSM Sports で使えなかったのでほとんど意味をなさないのだが、どうしてだろう? 120−300mmについてはシグマMC-11でも同様の状態で、シグマ純正にもかかわらず合焦表示するもののピントが合わない。ワタシのカメラが悪いのか? ワタシの使い方が悪いのか? レンズが悪いのか? マウントアダプターが悪いのか???



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


つい、ポチってしまいました。LENSBABY VELVET 85(EFマウント)




マップカメラのサイトで中古美品が出ていたので、ついポチってしまいました。
LENSBABY VELVET 85(EFマウント)。

85mm F1.8 という中望遠レンズでソフトフォーカス。ただし、絞れば普通の描写になる。
そして、最短撮影距離23cmで1/2倍マクロ撮影が可能というレンズ。
ただし、マニュアルフォーカスで電子接点ナシ。

最近のワタシのメインカメラはソニーα7R III なので、ソニーマウント用でも良かったようなものだが、マニュアルフォーカスで電子接点ナシなのでキヤノンマウント用を購入。マウントアダプターでソニーでも使えるので。

以前から気にはなっていたものの仕事で使うレンズではないので、購入をためらっていたのだが、ポチっちゃった(笑)。



 


鏡筒は総金属製でそれなりに高級感あり。ローレットも金属削り出し(付属のフロントキャップも金属製。リアキャップはプラスチック製)。

ピントリングをぐるっと一周近く回すと1/2倍の撮影が可能。鏡筒が直進ヘリコイドで伸びる。




絞りは12枚でどの絞り値でも真円に近い円を作るので、こだわりが感じられる。 
フィルター径は67mm。(ソニーマウント用以外は)フードは付属しないけれど、第1レンズがそこそこ奥まっているので不要という判断か。



 

 


実際に撮影したものがこれら。左が f1.8、右が f11。
ボケは球面収差を利用したもので、いわゆる「芯のあるボケ」。Photoshopの加工で似たようなのを作れなくもないけれど、加工するよりは絞り操作で表現できるのは便利。
とはいえ、f1.8はボケボケになるので、f2.8からf4あたりがソフトフォーカスとしては自分好みのレベルかな。

絞り込んでいくほどに普通の描写になるので、中望遠マクロとして使える。なので、絞り操作がこのレンズのキモ。

また、24−70mm F2.8の大口径標準ズームは接写能力があまり高くないので、テーブルフォトにはこのレンズの方が便利。1/2までの倍率はワタシには必要ないけれど、最短撮影距離を気にすることなく撮影できる。

まぁ、これからぼちぼち使っていきたいと思いマス。 



      

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


ソニーα7R III の本体ソフトウェア Ver.3 を早速インストール!


ソニーから「α7R III「ILCE-7RM3」本体ソフトウェアアップデートのお知らせ」が来た。

1月にアナウンスされていたものが、予定通り公開された次第で、早速アップデートした。

デジカメWatchの記事:ソニー「α6400」「α9/α7R III/α7 III大型アップデート」発表会レポート



今回の本体ソフトウェアアップデートの内容は次の通り。

【対象製品】
デジタル一眼カメラα7R III「ILCE-7RM3」

【アップデート開始日】
2019年4月11日(木)

【アップデート内容】
1. リアルタイム瞳AFの動物対応(*)
2. リアルタイム瞳AFがシャッターボタン半押しやAF-ONボタンに対応
3. インターバル撮影機能の追加
4. ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT(別売)に対応
5. 操作性改善
 ・ カスタムキーに割り当てできる機能に「MENU」を追加
 ・ FnボタンによるMENUタブの操作
6. その他の動作安定性向上

* 人物と動物の瞳を同時に検出することはできません。また、動物の種類、複数の動物、動き回るような撮影環境では、瞳を検出できない場合があります。詳しくはサポートサイトをご覧ください




ワタシが一番期待しているのが、リアルタイムトラッキング・リアルタイム瞳AFの部分で、被写体が多少横を向いても粘って被写体を追い続けてくれると聞いている。

現状のソフトウェアの場合、メイン被写体が横を向いた時に背景の人物の顔にピントを合わせることが多く、そのために顔・瞳AF設定をOFFにせざるを得ないケースも。ハマるときはメチャメチャハマるのだけれど。

そんなワケで、今回のアップデートには大いに期待している。






また、「リアルタイム瞳AFの動物対応」というのも面白い。対象は主に犬・猫のようだが、ペット写真家には朗報かも。ウチにも猫がいっぱいいるので、試してみたい。
設定をセレクトする画面で猫のアイコンが表示されるのがカワイイ(笑)。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ