Apple Watch を watch OS 3.2にアップデート シアターモード追加が便利!


ワタシの Apple Watch 熱も一段落。一時期は充電時間以外は腕に巻いていたものの、最近は部屋に入るときは外している。一日の正確な歩数は計測できなくなるが、巻いているとやはり少々うっとうしいし、PC操作上も少し邪魔。
とはいえ、外出時は常に巻くし、運動をするときには常に『ワークアウト』アプリを起動して心拍数をチェックしている。





さて、今回、watch OS を 3.2にアップデートした。
もっとも大きなポイントは
●「Siri」がサードパーティアプリで使用できるようになった。
●「シアターモード」が追加された。

ワタシの注目は2つ目の「シアターモード」の追加。これまでは映画上映中に不意に腕を動かしたりすると液晶画面が発光してしまい、周りの迷惑にならないかハラハラしたものだ。スウェットパーカの袖をかぶせても、下から発光が透けるほどなので、映画鑑賞中は右手で Apple Watch を隠すというのがワタシのスタイルだった。





今回の「シアターモード」に設定すると、腕を動かしても液晶画面は発光しない。とはいえ、指で画面を触るか、デジタルクラウンをいじると液晶が表示されるので、不便はない。
操作は「コントロールセンター」画面の一番下に追加された2つの仮面のアイコンをタップするだけ(何で「シアターモード」のアイコンが2つの仮面なのか?)。

いままでこの機能がなかったのが不思議とも言えるが、とにかく不便が一つなくなったのはウレシイ。

ついでに言えば、iPhoneでも「シアターモード」が追加されてもいいのではないか?
映画を観るたびにキッチリ電源をOFFにするが、上映終了後に再起動すると、復帰するのに時間がかかる。また、いちいちパスワードを手入力しなければならないとか、メール受信に時間がかかるなど不便が多い。
なので、iPhoneとしての機能は動いたまま、音声・振動・液晶表示の機能をOFFにしてしまえば周りに迷惑がかからないのだから、iPhoneでも「シアターモード」の搭載を期待したい(そういう意見ないのかなー?)。
スポンサーサイト

テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ


CP+2017レポート(その9) ワタシが注目したコンパニオン


ステージモデル編に引き続いてコンパニオン編!(笑)。


ワタシが独善的に選ぶ個人部門の第1位は タムロン!

 

親しみやすさのある美形でナンバーワン! タイプです(笑)。



個人部門 第2位は オリンパス!

 

背が低くてカワイイ系。
以前にニコンやオリンパスのコンパニオンをしていたと思われる。
気さくな感じで、撮影に応対してくれた。



個人部門 第3位は キヤノン!

 

本当はもう1人いたのだけれど撮影できず。そちらの方も美人だった。
常に受付のテーブルの奥にいて全身を撮れなかったのが残念。ちょっとおすましな感じだったのもマイナス。なお上の2枚は撮影日が違うので、後ろ髪とスカーフの結び方が変わってマス(笑)。

ちなみに昨年のキヤノンは美人のコンパニオンさんがカタログ配りのために通路に立っていたが、大撮影会状態になり、カタログを配ることができていなかった(爆)。
受付に入ると撮影しようというカメラオヤジは激減するようでゴザイマス(笑)。



団体部門の第1位は サンディスク/G-Technology!

 

 

 

本当は4人いたはずだが、3名しか撮影できず。なかなか粒ぞろい。
コスは以前のもの(サンディスク)よりも控えめというかコンサバティブ。
よく見ると赤いスカーフはサンディスクのロゴ入り、あおいスカーフはG-Technologyのロゴ入り。



団体部門の第2位は カシオ!

 

 

 

 

こちらも皆さん粒ぞろい。
撮影を依頼すると誰もが持っているカメラを上に伸ばして自撮りのポーズをするのがうっとうしかったけれど(笑)。
コスはここ数年変わっていないと思うけれど、嫌いではない。ただ、PRしている製品がカジュアルなイメージなので、もっとカジュアルなコスでもいいような・・・。



次いで、コスチューム部門の第1位はハクバ!(2位以下はナシ)

 

 

ややハイネックで肩出しミニワンピはセクシーだがエロチックではないところが高評価。白ベースにネックレスとベルトはシルバーでまとめていて、爽やかな印象。
2人のコンパニオンは長身でスタイルよし。コスによく似合っていて、全体的にカッコイイ印象。



アドビ

 

 

 

 

順位をつけるまではいかないけれど、パーカ姿が珍しい。黒ベースでフード部分だけ赤。
パーカを着ている人と白ワンピの人がいたが。



以下、順位をつけずに紹介。



マウスコンピュータ



 

 

露出度が高く、撮影したがるカメラオヤジは後を絶たないので、コスチューム賞を考えてもイイところだが、昨年と同じコスなので賞ナシ。



SDアソシエーション



 

 

 

コンサバティブながら白ベースで爽やかな印象のコス。



タムロン



 

 

白xブルーのタムロンカラー。よく見るとブルーのペプラム付きワンピは縮緬のような素材。



シグマ

 

 

オフホワイトのブラウスにダークグレーのロングスカート。
下のおねーさまは毎年シグマのネイルアート。



ソニー



 

 

αシリーズの色であるオレンジのシャツに黒のネクタイ、黒のショートパンツというスタイル。
受付をしていた2人組は通路を歩いているワタシのデカイいリングフラッシュが気になって喋っているようだったので、せっかくなので近づいて撮影させていただいた(笑)。



ニコン

 

ニコンと言っても望遠鏡/双眼鏡部門。黒x黄色ではなく白x黄色なので重くなく爽やか。



トランセンド

 

赤いワンピに赤いスカーフ。少し暑苦しいかな?(笑)。



シノロジー

 

オールホワイトのコスは露出ミスが許されぬ(笑)。



インプレス

 

ボレロ&ワンピースのコス。



インタニヤ

 

肌の白いおねーさん。



ONA

 

コンパニオンというよりスタッフさんなのだろうが、黒のジャケットにブルージーンズで固すぎず柔らかすぎず。



コシナ

 

白xブルーのオーソドックスなコス。まぁ、コシナもツァイスもこのカラーだからほかの色は選べないだろう。



DJI

 

白シャツのすそは外に出し、スリムな黒のボトムスにスニーカーでカジュアルないでたち。



マルマン/キャンソンン

 

黒のトップにチェックのスカートはオリジナリティが感じられる。



NTTドコモ(たぶん出展社は違うと思う)

 

目を惹く赤のミニワンピ。



東芝

 

白のボタンダウンに黒のボトムス。カメラオヤジが群がるスタイルではないが、嫌いではない。



マンフロット



コンパニオンというよりもスタッフさん、あるいは勧誘のセールスねぇちゃんという感じ(爆)。



こんなところがコンパニオン編でゴザイマス。
昨年はコンパニオン撮影のために通路が塞がってしまう事態になっていたけれど、それを反省してか、今年は極端に混雑することがなかった。
本来コンパニオンはカタログを配ったり、客の質問に答えるのが仕事であって、撮影モデルではないのだから、本来の目的でないところに時間を割いてばかりいるのなら、減らしたりなくしたりするというのも当然考えられることだ。
だが、ニコンのようにコンパニオンもいなければステージモデルもいないなんてのは寂しすぎる。
イベントの華だと思ってたくさんのキレイドコロで迎えてほしいものだ。



過去のエントリー:
CP+2016レポート(その9)ワタシが注目したコンパニオン
CP+2015レポート(その6) ワタシが注目したコンパニオン
CP+2014 レポート(その5) ワタシが注目したコンパニオン
CP+2013 レポート(その6) ワタシの注目コンパニオン編
CP+2012 レポート(その6)ワタシの注目コンパニオンは・・・(笑)
CP+2011レポート(その5) 各ブースを盛り上げるコンパニオンのおねーさまがた
CP+2010 レポート(その2)コンパニオンのおねーさんたち







テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2017.02.23 CP+2017開幕! どういうわけかボロボロのスタート





今日から CP+2017開幕!

初日は12時からのスタートということでのんびりホテルを出ることに。
初日のスタートは中古カメラフェアとフォトアクセサリーアウトレットをまず見ようと。こちらはイベントスペースと違って、商品が来場者の購入によりどんどん減っていくので、初日に見なければ、ということで。
ところが、中古カメラフェアとフォトアクセサリーアウトレットは初日も10時スタートで、すでにこれ目当ての来場者は会場に入っており、ワタシの時間チェックミス。
知っていれば、10時に入場して、12時のメインエリアには別途並ぶことができただろう。

次いで間抜けだったのが、ホテルにキヤノン PowerShot G7X Mark II をホテルに置き忘れて出たこと。
このカメラはまさにこのようなイベントの記録撮影のために購入したカメラなので、これがないというのは機動性の点でかなり痛い。
そうは言うものの、なければないで対応しないわけにはいかないので、キヤノン EOS 5Ds と iPhone 6S Plus で対応することに。

さらに間抜けだったのが、セミナーチェック。
朝早く起きて各メーカーのセミナースケジュールをチェックし、MacBook Pro の「カレンダー」アプリに入力。ところが、このデータが iPhoneに転送されておらず、今日のスケジュールはチェックできず。なので本来見たいセミナーはすでに始まっていたり、終わっていたりと散々。
きっちり iPhone に転送されているかどうか、チェックすべきだった。
夜、ホテルに戻って iPhoneにデータが転送されても時すでに遅し。


間抜けだったのは、まだまだ。
最近のCP+では、個人のSDカードなどのメディアをハンズオン用カメラに挿入して撮影することをOKとしているカメラメーカーが増えているので、積極的に利用しているのだが、使用したSDカード3枚のうち1枚をカメラに残したまま去ってしまったようなのだ。
正直なところ、どこで忘れてしまったかの記憶もなく、SDカードを取り戻せるかどうかは疑問。メディアの紛失は大したことないけれど、撮ったデータも失うことが残念。


さらに残念なこと。
オリンパスブースでは同社カメラを提示するとなにがしかのノベルティをくれるのがこれまでの通例だったが、今年はそのようなプロモーションは廃止されてしまった。せっかく電池も切れて動かなくなったXAを年1回活躍させることができなくなってしまった(別途、アンケートでノベルティがもらえるのではあるが)。


そんなこんなでサイアクな初日。細かいレポートは明日以降ということで。




Apple Watch Series 2 Nike+ レポその9  心拍数が207! ワタシの心臓は13歳か!!(爆)




Apple Watch Series 2 Nike+ 愛用中。充電時間以外はスポーツするときも風呂に入るときも常に腕にはめている(笑)。

昨日バドミントンをしていたときも、もちろんはめたまま。
「ワークアウト」アプリを起動すると、常時心拍数を表示してくれる。
データは iPhone の「ヘルスケア」アプリにも反映されるので、毎日の最低心拍数と最大心拍数を見ることができるし、さらに細かく何時何分の心拍数というのもチェックできる。

ワタシの場合、心拍数が最大170を超えることはザラなのだが、昨日は「207」をマーク!
最大心拍数を簡易的に計算する方法として、「最大心拍数=220ー年齢」というのがあるのだが、これに当てはめると私の年令は13歳!(爆)。いくらなんでもこれはちょっと・・・。
まぁ、前後の心拍数を見ると、直前が 112 で、直後が 177。177 が妥当として、207 は測定ミスか何かだろう。

とはいえ、自分が若いと示されたようで、ちょっとウレシイ(笑)。


Panasonic DMR-BRX7020 レポその2 10チャンネル丸ごと録画はやっぱり便利!




Panasonic DMR-BRX7020 を購入してはや1カ月あまり。使用レポを少々。

Panasonic DMR-BRX7020 はいわゆる全録レコーダーというやつで、画質によって9日間から28日間まで10チャンネルを丸ごと録画できる。
ワタシの場合は最大9日程度の出張があるので、約15日(8倍速)に設定。

このレコーダーを設置したのが2016年の年末だったが、年末は特番ばかりで、それらが全部丸ごと録画されているというのは便利だった。
これまで使用してきた Panasonic DVD&VHSレコーダー DMR-XP22V は同一時間に1チャンネルしか予約録画できず、しかも録画中はダビングもできない。なので録画予定のない時間帯を探してダビングする生活。
出張前日はふだん「毎回録画」している番組の録画予定のうち重要度の低い番組を全部キャンセルする必要が。そうしないと長期出張から帰ってみたら、本来録画されていたはずのドラマなどが録画時間フルのために全く録画されていないというケースがしばしば。

Panasonic DMR-BRX7020 のHDDは7TBの容量があり、 DMR-XP22V の500GB とはそもそも容量差がある。7TBのうち5TBは10チャンネル自動録画(「チャンネル録画」)に使用され、残り2TBが「通常録画」に割り当て(設定の変更は可能)。





「チャンネル録画」のほうはワタシの場合15日ほど経つと古いデータからどんどん消されるが、15日の余裕があるので1回スルーした番組も遡って2回分を見ることができるのはいい。「チャンネル録画」の中からずっと保存しておきたい番組はリモコンの「ワンタッチ予約/録画」ボタンであとから録画できる。
なお、「チャンネル録画」された番組は上の写真のようにテレビの「番組表」が15日ぶん貯められたものから選ぶことになる。全ての番組が録画されているのは便利だが、この画面からピンポイントで番組を選択するのはやや面倒。





一方、「通常録画」のほうは、あらかじめ予約・あるいは「ワンタッチ予約/録画」した番組を見ることができる。なので、連続ドラマや毎週のバラエティ番組など特定の番組を繰り返し録画に設定しておくと、こちらの画面から見ることができ、見たい番組を探す手間は「チャンネル録画」よりも減って便利。



なお、DMR-BRX7020 は1日1回、必ずメンテナンスの時間が10分程度必要で、メンテナンス中は録画も再生もできない。デフォルトでは4時からメンテナンスするように設定されていたが、4時から始まるニュース番組の冒頭10分ほどが録画されないため、最近3時からに変更した。



今のところ長期出張がないので、このレコーダーの本当のありがたみはまだ感じていないのだけれど、買ってみて良かったと思う。




  



テーマ : その他
ジャンル : その他


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ