「SIGMA sd Quattro、10万円を切って7月7日発売」について




CP+2016で突然発表された SIGMA sd Quattro の発売日と価格が決定。デジカメWatchの記事によれば、7月7日発売で価格はオープン。店頭予想価格はボディ単体が税込8万9,100円前後、30mm F1.4 DC HSM | Artレンズキットが同12万3,120円前後の見込み、とのこと。なお、使用レンズによりAF動作や精度に差があることも発表された。

デジカメWatchの記事:
SIGMA sd Quattro、10万円を切って7月7日発売
シグマ、「sd Quattro」のレンズ対応状況を公開



まずビックリは本体価格。実は発表時には10万円を切る価格設定を希望していたけれど、CP+2016で実際に触ってみて、もう少し高価格になると思っていたので、本当に10万円を切る(というか9万円も切っている!)価格設定で発売されるというのはビックリだ。

過去のエントリー:「フォビオンセンサー搭載のミラーレス「SIGMA sd Quattro」」について



シグマはSD1をSD1 merrillに名称変更して価格を一気に下げたり(実売61万円を20万円に)とか、APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM を税別希望小売価格35万円で発売する(旧手ブレ補正無しレンズが39万円)など、ときどきぶっ飛んだ価格設定をしてくる(笑)。今回もそんな感じ。

過去のエントリー:
シグマ、「SD1 Merrill」「DP1 Merrill」「DP2 Merrill」を開発発表」について
「シグマ、手ブレ補正付「APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM」の価格を決定」について


ただ、シグマSDマウントにこだわったのには納得がいかない。一応はカメラメーカーであるという矜持なのかもしれないが、ちょっとどうかと思う。
矜持があるのであれば、シグマSDマウントのレンズはすべて同様のレベルでAF動作を可能にすべきだったろう。最新の S・A・C レンズでなければきちんと動作しないとすれば、ある意味 sd Quattro のマウントは「新SDマウント」とでも言うべきだ。新SDマウントのレンズはまだまだ種類が少ない。
一方で、sd Quattro と同時に発表されたマウントコンバーター MC-11はシグマのキヤノンマウント/シグママウントレンズをソニーカメラで動作させるものだ。これは自社マウントを守るという考え方とは正反対だ。

ワタシ自身は、SDマウントを守るという立場を取ることには評価をしないでもないが、それならばMC-11を発売せず、sd Quattro では全SDマウントレンズを正常動作すべくチューンすべきだと思う。

ワタシの理想は以前にも書いたが、シグマ新ミラーレスマウント規格でシグマ用・キヤノン用(できればその他マウントも)マウントアダプターを用意したミラーレスカメラ(あるいはいっそソニーFEマウントで)。そうすれば、キヤノンユーザーもシグマユーザーも安心して シグマのミラーレスカメラを購入できるだろう。
売上は現行品より遥かに増えると予想する。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


ソースネクスト『前向き写真』について



ソースネクストが3月24日(木)より『前向き写真』のダウンロード版を同社サイト限定で発売した。価格は3,980円(税抜)。

集合写真で目つむりしたり横を向いたりした人の顔を別のカットから簡単に合成できるソフトのようだ。

ソースネクストのサイト:集合写真をベストな1枚に 「前向き写真」

全員の顔を綺麗にカメラに向けさせるのがプロの技、と言いたいところだけれど、現実には優勝チームの集合写真を撮るときもカメラマンは何人もいて、全員が必ず自分のカメラを見てくれるとは限らない。
画像の合成は自力でできなくもないけれど、それなりに手間ヒマがかかってしまう。それが簡単に合成できるなら、単機能でも買う価値はあるかも。

ただ、対応OSが Windows 系のみなのは非常に残念。ソースネクストはMac版は出さないだろーなー(悲)。


テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ


「Amazon、容量無制限の写真保存サービス「プライム・フォト」」について




1月21日、アマゾン(日本)がようやく容量無制限の写真保存サービス「プライム・フォト」を開始。
アマゾンプライム会員向けのサービスで、写真画像を容量無制限でクラウドに保存できるサービス。

プライム会員とは3,900円の年会費を支払うことでお急ぎ便・お届け日時指定便使い放題、プライム・ビデオ、Prime Musicなどの特典が利用できるサービス。

デジカメWatchの記事:mazon、容量無制限の写真保存サービス「プライム・フォト」

日経トレンディネットの記事:無劣化・無制限で保存! Amazonの新写真サービス「プライム・フォト」はグーグルよりもスゴいのか

いずれも「Googleフォト」との比較で記事が書かれている。

記事によれば、「Googleフォト」では15GBまでは無料で使用できるが、16メガピクセル以上の画像はリサイズされるとか、「高画質」設定のJPEG画像は圧縮される(画像が劣化される)とのこと。



似たようなサービスでは、Acronis True Image Cloud(9,980円/年)というのがあり、こちらはファイル形式に関係なく容量無制限で保存できるもの。
ワタシもお試しサービスを利用したのだが、ファイルのアップロードの途中でトラブってしまい、本契約をしなかった。

Acronisのサイト:Backup Software for PC, Mac, & Mobile Device - Acronis



ワタシの場合、すでにアマゾンプライム会員になっているので、この「プライム・フォト」積極的に利用したいところ。というか、容量無制限って本当かどうか疑問に思うぐらい。「Amazonではプロ写真家の利用も想定しているという。」とデジカメWatchの記事では書かれていたが、プロが本気でこのサービスを利用したら、とてつもないストレージ容量が必要になると思うのだが。ワタシの場合でも数TBはバックアップしたいと思っている。



ワタシ的には、バックアップしたいファイルは画像ファイル以外にPhotoshop、Illustratorファイルがあるが、これらは(たぶん)バックアップできないことを考えるとちょっと微妙だが、ストレージの大半を占める画像ファイルを保存できるというのはありがたい。

とりあえず、現在、バックアップ画像をアップロード中。ローカルと違ってかなり時間がかかるので、バックアップがいつ終了するのかは不明(爆)。



テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ


キヤノンプリンターの「製品買い替えサービス「らくらく買替便」 がスタート!」について

キヤノンが自社製プリンターの買い替えに関する首題のサービスを始めた。内容は・・・
・キヤノン指定プリンターを自社オンラインショップで販売
・2年間保証
・キヤノン純正未使用インクカートリッジ クーポン引き換えサービス


プリンターのCDラベル印刷機能が故障したワタシとしては、新機種への買い替えを少し検討していたところだが、現行機種のインクカートリッジストックがかなりあり、これらが無駄になるので買い替えには躊躇してしまう。
それが「インクジェットプリンターの故障をきっかけに、買い替えをご検討されているお客様への製品買い替えサービスです。2年保証と純正未使用インクカートリッジをキヤノンオンラインショップで使えるクーポンと引換える特典付です。」とあり、リンク先をクリックしてみたが・・・



・プリンターは在庫限りの商品(PIXUS MG7530)のみ。
・故障したプリンターは引き取ってくれない。
・インクカートリッジのクーポンは1本当たり、たった300円。しかも10本分まで。
・サービス提供価格は税込16,200円とアマゾン価格(12,380円)よりも高価。
・インクカートリッジセット(マルチパックセット)も税別20,520円と高価。

ワタシとしてはどうせ買い替えるなら最新機種でハイエンドのMG7730を選びたいところ。
現在のワタシのインクカートリッジのストックは14本。1本1,000円程度で購入したのに300円というのはちょっと安いかな、と。まぁ、古いインクを引き取ってもキヤノンとしては売ることもできないだろうから理解はできるけど。
そしてなによりも、サービス提供価格が高い!
ワタシが受けた印象としては、旧モデルを掃くためのプロモーション、あるいはこれを足がかりにして本格的にサービスを展開するのか、といったところ。
正直、今回の内容では利用したいとは思わない。もう少しユーザー目線に立った内容にしてほしいですなぁ。



テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ


「アップルウオッチで金上昇?」について



3月11日のテレビ東京『モーニングサテライト』では、「アップルウオッチで金上昇?」というタイトルでアップルウオッチが金相場へ影響を与えるのではないかと報道。

2015年の販売予想(全モデル)は1,000〜6,000万台とされ、アップルウオッチの1−3月期の生産予想は全体が500−600万台、内、最上位モデルが100万台(全体の15〜20%)と予想。
販売台数を予想の中央値:3,500万台として、そのうち15%が上位モデルだとすると、その数は500万台となる。最上位モデルに使用される金は1台あたり50g。500万台売れるとすると、250万トン必要になり、世界生産の1割に及ぶこととなる。これだけ売れれば、当然金相場に影響を与えるだろうとしている。

ワタシは見ていて思わず笑ってしまったのだが、本当にそんなに売れるだろうか?
ワタシ自身はそもそもアップルウオッチ自体がそんなに売れるとは思っていないし(ワタシ自身、欲しいと思わない。くれるならもらうけど。笑)、ましてや128万円から218万円もする最上位モデルを買える層は限られる。
もちろん、中国の成金が結構買いそうな気がするし、中東の金持ちも買うかもしれない。それでも15%というのは机上の空論だ、というかそれ以下ではないか?(笑)。

実際、その後の「日刊モーサテジャーナル」のコーナーでは『ワシントンポスト』の記事を紹介。「富裕層によるステータス目当ての購入が狙い」と分析しながらも、「見せびらかすことが好きな人には魅力的かもしれないが、伝統を重んじる西欧の金持ちは買うのを控えるだろう」として、別のアナリストの分析も紹介している。

だいたい、アップルウオッチはまだ売られてもいない初代モデルであり、1年から3年もすれば改良版の「アップルウオッチ2」が発売されるだろう(笑)。すぐに型落ちになる商品に大金をはたく人間は500万人もいるとは思えない。
アップルウオッチは機能に注目が集まっているのであって、その素材ではないだろう。
だいたい、アップルが最上位モデルをそんなに大量に作っているとしたら、すでに金相場が上昇してもいいはずだが、そうでもない。2011年9月をピークに下落したままだ(海外ドル建て価格)。

参考:田中貴金属工業/月次金価格推移

もし最上位機種が500万台も売れると予測するならば、今のうちに金を買っておくのもいいかもね(笑)。


テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ