FC2ブログ

USB-C to USB3.1変換アダプターを購入。Thunderbolt 3 から iMac を懐かしむ

MacBook Pro(15 inch, 2018)を購入したため、USB-C コネクターを使用するUSB-CハブやらThunderbolt3(USB-C)- Thunderbolt2 Adapterを購入するハメに。




さらに追加で USB-C to USB3.1変換アダプター(RAMPOW/2個セットx2)をアマゾンで購入。合計1,518円。
USB-CハブにはUSB3.0ポーが3つあるのだが、HDDを2台接続すると接続エラーが出てしまうことが理由。値段が安かったので、2個セットを2個買ったが、合計4つあれば不足することはなかろう。
実際にHDDをMacBook ProのそれぞれのThunderbolt3(USB-C)ポートに接続したら、それぞれしっかりマウントすることができた。ワタシの旧MacBook Pro(15-inch, Mid 2012)はUSB3.0ポートが2つしかなかったが、新MacBook Pro(15-inch, 2018)はThunderbolt3(USB-C)ポートが4つあるので、うち1つをUSB-Cハブに割り当てると、かなりたくさんの周辺機器を接続することができることになる。



ところで、このような変換アダプター類の大量購入は初代 iMac の登場(1998年)のときを思い出させる。

ワタシ自身、初代 iMacを購入したわけではない。ただ、初代 iMac と言えば、そのデザイン性が取りざたされることが多いが、過去のインターフェースを捨ててUSBを積極的に採用したことでもエポックメイキングであった。そして、iMac以降、Macは全て新インターフェース(当時はUSBとFireWire400)を採用することになる。
フロッピーディスクドライブ、RS-422・ADB・SCSIポートの廃止は当時ユーザーからは反発を買ったが、USB対応フロッピーディスクやら変換アダプターなどのサードパーティ製品が売れるという副産物があったように記憶する。一方で業界はUSBを積極的に採用することになり、アップル(当時 iCEO:スティーブ・ジョブズ)に先見の明があったとも言えるし、あるいは業界の方向性にドライブをかけたとも言える。

そして今回の MacBook Pro。一世代前のモデルですでに同じ仕様だったと思うが、4つの Thunderbolt 3(USB-C)ポートで電源からその他周辺機器の接続をまかなっている。それ以外のポートはイヤホンジャックのみ。
今後は USB-C ポートが主流になっていくのだろう。

ワタシがこれまで使用してきた MacBook Pro(15-inch, Mid 2012)にはThunderbolt(1)ポートとUSB3.0ポートが搭載されているが、一般ユーザーにとってはUSB3.0で十分。なので、プロ向けとも言えるThunderbolt対応周辺機器はあまり普及しなかったと理解している。
なので、Thundebolt規格の生き残りのためには共通規格ポート(USB-C)の活用が必須だったのだろう。

ただ、USB-C はポートの仕様であって、転送規格は Thunderbolt 3 やら USB3.1やら違うものが混在しているらしい。最低限 USB2.0 のスピードは保証されているようだが、Thunderbolt 3 の理論上限値は40Gbps。USB3.1(Super Speed Plus/Gen2)は10Gbpsで4倍、USB3.0(Super Speed/Gen1)は 5Gbps だから8倍、USB2.0となると480Mbps(0.48Gbps)と100倍近い差がある。
なので、ケーブルなりハブなりはしっかりチェックして選ばないと期待通りのスピードが得られなくなると思われる。






スポンサーサイト



テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ


ショッピングモールでザギトワ選手の巨大ポスター



たまたま映画を観に行ったショッピングモールで目に入った
アリーナ・ザギトワ選手(フィギュアスケート/ロシア)の大きなポスター。





近寄って見ると、まつげから産毛までガッチリとピントが合っており、
非常にシャープ。ザギトワ選手は若いから肌が綺麗でまだいいけど、
(たぶんそれでも修整されていると思うが)
写されるモデルさんには迷惑な時代(笑)。



テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真


「SIGMA sd Quattro、10万円を切って7月7日発売」について




CP+2016で突然発表された SIGMA sd Quattro の発売日と価格が決定。デジカメWatchの記事によれば、7月7日発売で価格はオープン。店頭予想価格はボディ単体が税込8万9,100円前後、30mm F1.4 DC HSM | Artレンズキットが同12万3,120円前後の見込み、とのこと。なお、使用レンズによりAF動作や精度に差があることも発表された。

デジカメWatchの記事:
SIGMA sd Quattro、10万円を切って7月7日発売
シグマ、「sd Quattro」のレンズ対応状況を公開



まずビックリは本体価格。実は発表時には10万円を切る価格設定を希望していたけれど、CP+2016で実際に触ってみて、もう少し高価格になると思っていたので、本当に10万円を切る(というか9万円も切っている!)価格設定で発売されるというのはビックリだ。

過去のエントリー:「フォビオンセンサー搭載のミラーレス「SIGMA sd Quattro」」について



シグマはSD1をSD1 merrillに名称変更して価格を一気に下げたり(実売61万円を20万円に)とか、APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM を税別希望小売価格35万円で発売する(旧手ブレ補正無しレンズが39万円)など、ときどきぶっ飛んだ価格設定をしてくる(笑)。今回もそんな感じ。

過去のエントリー:
シグマ、「SD1 Merrill」「DP1 Merrill」「DP2 Merrill」を開発発表」について
「シグマ、手ブレ補正付「APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM」の価格を決定」について


ただ、シグマSDマウントにこだわったのには納得がいかない。一応はカメラメーカーであるという矜持なのかもしれないが、ちょっとどうかと思う。
矜持があるのであれば、シグマSDマウントのレンズはすべて同様のレベルでAF動作を可能にすべきだったろう。最新の S・A・C レンズでなければきちんと動作しないとすれば、ある意味 sd Quattro のマウントは「新SDマウント」とでも言うべきだ。新SDマウントのレンズはまだまだ種類が少ない。
一方で、sd Quattro と同時に発表されたマウントコンバーター MC-11はシグマのキヤノンマウント/シグママウントレンズをソニーカメラで動作させるものだ。これは自社マウントを守るという考え方とは正反対だ。

ワタシ自身は、SDマウントを守るという立場を取ることには評価をしないでもないが、それならばMC-11を発売せず、sd Quattro では全SDマウントレンズを正常動作すべくチューンすべきだと思う。

ワタシの理想は以前にも書いたが、シグマ新ミラーレスマウント規格でシグマ用・キヤノン用(できればその他マウントも)マウントアダプターを用意したミラーレスカメラ(あるいはいっそソニーFEマウントで)。そうすれば、キヤノンユーザーもシグマユーザーも安心して シグマのミラーレスカメラを購入できるだろう。
売上は現行品より遥かに増えると予想する。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


ソースネクスト『前向き写真』について



ソースネクストが3月24日(木)より『前向き写真』のダウンロード版を同社サイト限定で発売した。価格は3,980円(税抜)。

集合写真で目つむりしたり横を向いたりした人の顔を別のカットから簡単に合成できるソフトのようだ。

ソースネクストのサイト:集合写真をベストな1枚に 「前向き写真」

全員の顔を綺麗にカメラに向けさせるのがプロの技、と言いたいところだけれど、現実には優勝チームの集合写真を撮るときもカメラマンは何人もいて、全員が必ず自分のカメラを見てくれるとは限らない。
画像の合成は自力でできなくもないけれど、それなりに手間ヒマがかかってしまう。それが簡単に合成できるなら、単機能でも買う価値はあるかも。

ただ、対応OSが Windows 系のみなのは非常に残念。ソースネクストはMac版は出さないだろーなー(悲)。


テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ


「Amazon、容量無制限の写真保存サービス「プライム・フォト」」について




1月21日、アマゾン(日本)がようやく容量無制限の写真保存サービス「プライム・フォト」を開始。
アマゾンプライム会員向けのサービスで、写真画像を容量無制限でクラウドに保存できるサービス。

プライム会員とは3,900円の年会費を支払うことでお急ぎ便・お届け日時指定便使い放題、プライム・ビデオ、Prime Musicなどの特典が利用できるサービス。

デジカメWatchの記事:mazon、容量無制限の写真保存サービス「プライム・フォト」

日経トレンディネットの記事:無劣化・無制限で保存! Amazonの新写真サービス「プライム・フォト」はグーグルよりもスゴいのか

いずれも「Googleフォト」との比較で記事が書かれている。

記事によれば、「Googleフォト」では15GBまでは無料で使用できるが、16メガピクセル以上の画像はリサイズされるとか、「高画質」設定のJPEG画像は圧縮される(画像が劣化される)とのこと。



似たようなサービスでは、Acronis True Image Cloud(9,980円/年)というのがあり、こちらはファイル形式に関係なく容量無制限で保存できるもの。
ワタシもお試しサービスを利用したのだが、ファイルのアップロードの途中でトラブってしまい、本契約をしなかった。

Acronisのサイト:Backup Software for PC, Mac, & Mobile Device - Acronis



ワタシの場合、すでにアマゾンプライム会員になっているので、この「プライム・フォト」積極的に利用したいところ。というか、容量無制限って本当かどうか疑問に思うぐらい。「Amazonではプロ写真家の利用も想定しているという。」とデジカメWatchの記事では書かれていたが、プロが本気でこのサービスを利用したら、とてつもないストレージ容量が必要になると思うのだが。ワタシの場合でも数TBはバックアップしたいと思っている。



ワタシ的には、バックアップしたいファイルは画像ファイル以外にPhotoshop、Illustratorファイルがあるが、これらは(たぶん)バックアップできないことを考えるとちょっと微妙だが、ストレージの大半を占める画像ファイルを保存できるというのはありがたい。

とりあえず、現在、バックアップ画像をアップロード中。ローカルと違ってかなり時間がかかるので、バックアップがいつ終了するのかは不明(爆)。



テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ