横浜土産のマグカップ

普段、家族への出張土産はあまり買わないし、
買っても食べ物ばかりなのだが、今回はマグカップを3個購入。
食事後、ほろ酔い気分で歩いていたら、カワイイ ネコのカップが並ぶ店があったので。
TAKARADA(合資会社 宝田商店)のランドマーク店。

公式サイト:横浜元町・タカラダ 創業1882年 洋食器専門店 TAKARADA

普段だと買わないのだが、ほろ酔いで気分が大きくなっていて、
そこそこの値段のカップを3つ購入してしまった(笑)。





ねこカップ(その1)。

細密描写の絵柄で、ウチのアメショの小さい頃に似ていたのが購入の決め手(笑)。





ねこカップ(その2)。

こちらは簡略化した絵柄で、ネコの柄はたくさん。
黒とか白とかブチとか、似たようなのがウチにはたくさん。
なお、取っ手には魚の絵柄。

結局2個とも自宅のネコに似ているのが描かれているかどうかが
選択の決め手(笑)。2個は母と姉のために。











もう一つ、平昌五輪で人気となったカーリングの絵柄のカップがあったので購入。
ウケねらいとして(笑)。絵柄もユーモラスで、なごめる。



3個とも DUNOON(ダヌーン)というブランドのボーンチャイナ(英国製)。
価格はそれぞれ微妙に違うものの、税込4,000円程度。

母・姉とも気に入ってくれたようで、毎日使ってくれている。

なお、父はこのテのお土産にあまり感心がないので、
父への土産は崎陽軒のシウマイでお茶を濁しておいた(笑)。



スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他


衝動買いしてしまいました! マクドナルドの福袋

久しぶりに国道23号線沿いのマクドナルドでイートイン。
座った席の壁に貼られていたポスターを見て、思わず『マクドナルドの福袋』(3,000円)を衝動買い(笑)。




まずはトートバッグ

絵柄はビッグマックだが、黒の分量が多過ぎてイマイチなイラスト。
バッグ自体は横幅38cm程度の小ぶりサイズで素材は綿。
サイズが小さいので買い物袋としては使えないし、
ワタシ的にはあまり用途がなさそう。





続いてビッグマックがまぐちポーチ

下ぶくれでビッグマックに見えない(爆)。
それはともかく、人に見せたらウケそうだが、
やはり使い道がなさそう(笑)。





ドリンクペンケース

100mmマクロレンズあたりが収納できそうだが、
ペラペラ素材でクッション材が挟まれているわけではないので、
レンズケースにはならなそう(笑)。

実際のカップに似せてテーパーがついているが、
どうせならツルツル素材をつかってほしかったところ
(素材はポリエステル・ナイロン)。





ポテトタオル

横幅約80cm。近くで見ると何の絵柄か分からない(笑)。
でも人に見せるとウケそう。
スポーツクラブで活用できそう。





「特別ご招待券」6種類x5枚セット(有効期限:2018年5月31日)。

・マックフライポテト(S)
・ハンバーガー
・ホットアップルパイ
・プレミアムローストコーヒー(S)
・ソフトツイスト
・コカ・コーラ(S)

家族3〜5人とかでマクドナルドを利用するなら
使いでがあるだろうが、1人で30枚を消費するのは
なかなかキビシイ(1回の利用で1枚しか使用できないので)。



以上が福袋の内容。
正直、買わなくてもいいようなものばかりのセットながら、
ついつい買わざるを得ないような、
ワタシの変な琴線に触れたアイテムばかりだったので(笑)。




しつこく購入! アディダス『スーパースター』






 

普段履きにいつも履いているアディダス『スーパースター』。ゴム底のかかと部分に穴が空き、左足の小指部分も破れてしまった。なので新調。またまた『スーパースター』(笑)。

ブログで確認したところ、前回 購入したのは2012年の年末。なので4年あまり履いていたことになる。2〜3年ぐらいのつもりでいたけれど、結構 酷使したのだなぁ(笑)。
その前は『SS II(スーパースター2)』、そのまた前は『スーパースター』で色は白x黒ばかり。本当は黒x黒の『スーパースター バスケットレフリー』仕様も履いてみたいところだが、下駄箱のスペースがないので買わない(笑)。

過去のエントリー:スニーカーも新調! 『アディダス スーパースター』(2012-12-06)



同じ『スーパースター』でもこれまで履いていたものとは微妙に異なる。

 

まず、履き口(くるぶしからかかと周り)がスムースレザーではなくメッシュタイプの布張りになっている。

次にタン(ベロ)。金と黒のプリントは微妙にエンボスされていて、金のピカピカなところはオリジナルのものとは異なる。
分厚いフェルトにスムースレザーを貼ったようなタイプから合皮とメッシュ布を縫い合わせて中にクッション素材を入れたタイプに。
さらにタン中央のシューレースを通す穴は切れ込み式から縫い付けループになっている。

インソールもメッシュタイプの布が貼り付けられていて、足に当たる部分は総メッシュ布となっている。しかも驚いたことにインソールは取り外し可能! 今までのものは底に接着されていて取り外し不可だったので、より実用的になったと言えなくはない。ただ、オリジナルからは外れてちょっと寂しいような・・・(笑)。

アッパー部分は概ね違いはないが、三本線の隣に『SUPERSTAR』の金文字が入った。

ちなみに購入したものの型番は『C77153』。生産国はインドネシア。素材は甲が天然皮革、底がゴム底とタグに表示されている。
価格は11,880円。以前購入したものは6,990円だったので、ずいぶんな値上げだ。だが、本革ではなくテイジンの『CLIMA LEATHER』という合成皮革を使用していたのが安さの理由だろう。

サイズは28.5cm。前回と同じサイズだが、細身の靴型(ラスト)なので、2週間ぐらいは足に馴染まないだろう(笑)。


テーマ : その他
ジャンル : その他


『八海山』酒桝


2017年4月29日のGW初日、ひょんなことからほとんど見知らぬ人たちとのバーベキューパーティーに参加することになった。参加者8人でワタシにとって4人が初対面、3人が過去2回会っただけというメンバー(笑)。人見知りの激しいワタシがこのようなパーティーに参加したというのは自分でもビックリだが、まぁ、成り行きというかなんというか・・・。

パーティー会場は三重県内山の中の某所。場所代・風呂代が一人1,000円、材料費は一人2,000円で飲み物は各自持参という内容。





自分の飲み物は当然アルコール(笑)。いつも飲んでいる発泡酒350mℓ6缶は用意したけれど、それだけでは面白くないので、三重県鈴鹿市唯一の酒蔵・高橋清三郎商店の日本酒『鈴鹿川 特醸酒』(1.8ℓ)も用意。鈴鹿市出身でない方もいるだろうし、そもそも日本酒はそれほど馴染みがないだろうということで。

関連エントリー:
2015.03.03 三重県の日本酒 清水清三郎商店『鈴鹿川 特醸酒』
2013.01.12 酒蔵みてある記・清水清三郎商店『鈴鹿川』
2012.01.14 酒蔵みてある記・清水醸造『鈴鹿川』





で、日本酒を供するならせっかくということで、本棚の片隅で埃をかぶっていた『八海山』酒桝5個を使うことに。
ちなみにこの酒桝はワタシが東京在住時代に新潟・八海山スキー場にスキーに行ったときにまとめて購入したもの。1個300円か500円だったように記憶。
当時それほど日本酒が好きではなかったし、自宅でパーティーを開くこともなかったので、1個を除いてほぼ未使用状態だった(笑)。
今回、参加者は8名だったので全員には行き当たらなかったものの、まぁ、それはそれで。

BBQ会場で『鈴鹿川 特醸酒』を見せると、ほぼ全員が初めて見る銘柄ということで、ツカミはグー(笑)。美味しいという評価もいただき、嬉しい限り。
この酒蔵を2016年の伊勢志摩サミットで供された『作(ザク)』と同じだと知っている方もいたが、一升瓶で2,000円もしない『鈴鹿川 特醸酒』をもっともコスパの高い酒として勝手にPR(笑)。

そして何よりも、日本酒を酒桝で飲むというのが初経験の方もいて、大好評。購入後、かなり年月が経っているものの木の香りがするのもよかったようだ。

そんなワケで、酒桝は結構パーティーグッズとして大活躍するアイテムとして認識。今後も機会があれば利用したい。





なお、『鈴鹿川 特醸酒』を運ぶのに使ったのが『八千代』の一升瓶運搬用布袋(1,000円)。これも参加女子いわく「カワイイ」と好評だった(笑)。

テーマ : その他
ジャンル : その他


「若冲マルチケース」のために『若冲 生誕300年記念マルチケースBOOK』を買いました(笑)。




カメラ雑誌発売日なので書店に行ったところ、目について『若冲 生誕300年記念マルチケースBOOK』(宝島社/1,480円+税)を購入。本の内容と言うよりも、付録の「若冲マルチケース」に興味を持ったから。







「若冲マルチケースブック」の大きさは 高さ205 x 幅130 x 厚さ17mmぐらい。メイン素材はポリエステル。
表面には『雪梅雄鶏図』がプリントされている。繊細な部分が潰れていて、原画とはほど遠い印象だが、若冲グッズを持ちたい向きには許せる範囲か。
ワタシ的には、『白象群獣図』の升目描きされた象さんのほうが絵柄としては良かった気がするが。




内部の左側はカードポケット3つにメッシュポケット1つ、おくすり手帳などが入る大きなポケットが1つ。
右側はお札が入るポケット1つとジッパー付きポケットが1つ、ペンホルダーが1つ。

造りとしては、1,480円+税の本のオマケとしては立派なクオリティ。

解説には
● 旅行へ行くときには、パスポートやクレジットカードを!
● 病院へ行くときには、診察券や保険証、おくすり手帳を!
● 銀行へ行くときには、キャッシュカードや年金手帳を!
と書いてあり、対象ユーザーが頻繁に病院に行ったり年金がもらえるような世代だということが分かる(笑)。

試しにワタシの iPhone 6S Plus を入れてみたが、余裕で入る。余裕で入るということは、それなりにデカイということ。バッグに入れる分には問題ないだろうが、ワタシがよく着るAppleのジャンパーではポケットに挿入するのがかなり面倒だし、入れたとしてもケースの角がポケットから露出する。
モンクレーのダウンジャケットでは外側のポケットには物理的に挿入することはできず、内ポケットに入れることに。となると、取り出すときにフロントジッパーを開けることになり、ちょっとイマイチ。
問題ないのはザ・ノースフェイスのパーカーぐらいか。
本当はJack Wolfskinの三つ折りパース(むかしサーファーがよく使っていたベルクロで留めるタイプの札入れ/小銭入れ)から切り替えようかと思っていたのだけれど・・・。
そんなワケで、直接身に付けるには思ったよりもサイズが大きく、あまり活躍する場はないかも。


一方、「本」のほうは25点の若冲の絵が掲載されており、技法解説、若冲年表も含まれたフルカラー48ページ。
拡大図がいくつもあるけれど、数点、画素数不足なものを無理矢理拡大しているものがあってちょっとガッカリ。







テーマ : その他
ジャンル : その他


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ