『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』(渡辺啓太/東邦出版/2012年)



たまたま本屋で見つけて購入した一冊。
簡単に言えば、全日本女子バレーボールチームアナリスト/渡辺啓太が “データバレー” の情報分析活動がどのようであるのかを紹介する前半と、アナリストとなる本人の高校時代から現在(といっても2012年5月)までの自伝。

眞鍋政義監督がコート脇で iPad を持って選手たちに指示するシーンは色々なメディアで取り上げられたのは記憶にあると思うが、iPad にデータを送っていたアナリストたちのチーフが渡辺氏。

データバレー普及期に重なる1999年、試合会場で見たアナリスト席のノートパソコンが印象に残り、バレーボール部の部長だった渡辺少年はデータバレーに目覚めることになる。

大学受験では専修大学ネットワーク情報学部にAO入試、「バレーボールに限らず、スポーツではデータから相手の戦術や弱点を読み取り、それを利用して作戦を立てる」というプレゼンをパワーポイントで作ったプレゼンシートを用いて面接を行なったとのこと。

大学時代はアナリスト的なことも勉強、研究し、全日本女子バレーの情報分析チームに参加した。実際のところ、アナリストというのは職業としては確立されておらず、就職は一般企業に内定。ところが、全日本女子バレー監督の柳本氏に説得され、専任アナリストの道を選ぶことになる。

その後は手探り状態で現在まで日本のデータバレーの裏方として活躍してきた。


本書はデータバレーという新たなシステム構築に奮闘する渡辺氏の姿がわかりやすく書かれており、一気に読めて楽しい。
また、必ずしもいい話ばかりを書いているわけではなくて、失敗談もいくつか書いている。
専任アナリストになって初めて、全日本の合宿に参加した時、朝の練習時間にコートに行くと、選手たちはすでに自主的に本格的な練習をしていて、柳本監督もいた。「今までと同じ感覚で来てるんやないか?」とカミナリを落とされたというクダリはワタシにも似たような経験があり、ちょっと苦い思い出がよみがえった(笑)。

残念なのは本書の発刊が2012年5月28日となっていること。つまり、ロンドンオリンピックの直前のことまでしか書かれていないのだ。もしロンドンオリンピック後であれば、当然、日本にとっての久しぶりのメダル獲得をからめてより内容の濃い解説があったのではないかと思うのだが。



なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか―勝利をつかむデータ分析術 バレーボール「観戦力」が高まる!!なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか―勝利をつかむデータ分析術 バレーボール「観戦力」が高まる!!
(2012/05/10)
渡辺 啓太

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


ワタシが見た “パイオニア” 栗原恵選手(後編)

続いて「ワタシが見た “パイオニア” 栗原恵選手(後編)」。前編にも書いたけれど、前後の区切りはユニフォームの違い(笑)。



2007.11.18 パイオニアファンクラブの集い(山形パイオニア体育館)

 

 

パイオニアレッドウィングスファンクラブに入会し(笑)、初めて参加。
色々な出し物があったが、新ユニフォームのお披露目もその一つ。旧ユニフォームよりもタイトフィットなシルエットに。旧ユニフォームのとき、栗原選手はいつも袖をまくっていたけれど、ノースリーブのこのユニフォームではその必要性なし(笑)。

なお、このときには EF400mm F2.8L IS USM 用ソフトケースにサインをいただいた。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
11月18日 パイオニア「ファンの集い」 栗原恵選手にサインいただきました。



2008.03.15-16 最終戦でまさかの敗退、セミファイナルをのがすことに(vs久光製薬・vs日立佐和)

 

3月15日の魚津市でたしかリーグ1位の久光製薬を破り、ほぼ確実にパイオニアのセミファイナル進出を誰もが予想していたと思うが、それまでリーグ全敗の日立佐和にまさかの敗退。結果としてセミファイナルをのがすことに。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
3月15日 パイオニアvs久光
3月16日 パイオニアvs日立佐和



2008.09.27 パイオニアファンクラブの集い(山形パイオニア体育館)

 

このときは東京から東北新幹線の始発に乗って天童市の東北パイオニア本社へ行くつもりが、寝坊してしまい、現地についたのがお昼過ぎ(笑)。
栗原選手には新たに EF400mm F2.8L IS USM のフードにサインをいただいた。今回は栗イラスト入りで(笑)。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
9月27日 パイオニアレッドウィングス『ファンクラブの集い2008』



2008.12.22-23 皇后杯準優勝(川崎市とどろきアリーナ)

 

 

メインアリーナで2コート、サブアリーナも使ってのトーナメント。
メインアリーナで2面取っているため、2階席からの観戦は手前コートの一部を見ることができず、かなりストレスだった。
赤と黒の専用ボールは選手にとって使いやすかったのかどうか・・・。
準決勝は接戦の末、東レに勝ったように記憶しているが、最後の判定が微妙だったようで、東レ選手は主審にクレームをつけていた。
決勝戦ではトヨタ車体が優勝。負けた直後の表彰式はあまり喜べませんわなぁ。
なお、このとき初めてパイオニアの新・黒ユニを拝見。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
12月22日 バレーボール天皇杯・皇后杯(準決勝)
12月23日 バレーボール 天皇杯・皇后杯(決勝)




2009.03.14 08/09シーズン最後の観戦(vsトヨタ車体)

 

2008年末に三重県に引越したため、2009年は前半は岐阜・愛知でのみ観戦。
このときは愛知県豊橋市で地元トヨタ車体との対戦。完全なアウェー。
パイオニア応援団席から応援しながら撮影。
右写真はバックアタックの合成写真でゴザイマス。アルバム用に余白をつけて、ボールだけ余白からはみ出させるという処理をしたので、かなり手間がかかった(笑)。
なお、試合結果は第5セットでデュースの末、トヨタ車体の逆転勝利。

ところで、この当時、パイオニアの経営悪化でプラズマテレビ事業からの撤退が決まり、バレーボール部の存続も危ぶまれたものの、なんとか継続することが決定。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):3月14日 バレーボール観戦 パイオニアvsトヨタ車体




2009.11.28-29 栗原選手、ベンチ入りならず(vsNEC)

 

東京まで赴いてバレーボール撮影・・・と思ったら、栗原選手はベンチ入りならず!
栗原選手が球拾いをしているシーンも珍しいと言えば言えるけれど、やっぱりプレーを見たかった。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
11月28日 パイオニアvsNEC




2010.12.25 ワタシが観た “パイオニア” 栗原選手最後のプレー(vsシーガルズ)

 

10/11シーズンでは栗原選手がパイオニアのキャプテンとなったものの、6連敗。
この試合でようやく1勝を上げることができ、嬉しかったものと思う。
ただ、結果的にこの試合がワタシが見た “パイオニア” 栗原選手最後のコート姿となってしまった。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
2010.12.25 Vプレミアリーグ千葉大会(パイオニアvs岡山シーガルズ)



2011.01.09 栗原選手、ベンチ入りならず。ワタシが見た最後の “パイオニア” 栗原選手(vsNEC)

 

またまた栗原選手は球拾い。重い撮影機材を運んできたのにガッカリ(笑)。球拾い姿を撮影したあとはパイオニアの応援に専念。それはそれで面白かったけど。
これがワタシが見た最後の “パイオニア” 栗原恵選手となってしまった。


関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
2011.01.09 Vプレミアリーグ パイオニア vs NEC 観戦記



以上、ワタシが観た “パイオニア” 栗原恵選手である。
栗原選手には、リハビリに励み、全日本に復帰してロンドン五輪で活躍して欲しい。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バレーボール 栗原恵 EF400mmF2.8L


ワタシが見た “パイオニア” 栗原恵選手(前編)

バレーボールVプレミアリーグ パイオニアレッドウィングスの栗原恵選手が退団を発表。

ご参考(別ブログでのエントリー):2011.06.17 「栗原恵、パイオニアを退団 バレー・プレミアリーグ女子」

ワタシ自身は栗原選手のNEC時代やアテネ五輪当時のことはほぼ知らない。2005年の夏、たまたまテレビでバレーボールの国際試合(どの大会だったかは忘れたが)を観て、バレーは面白いと思い、さらにたまたま中古カメラ市で見つけてしまった(笑)キヤノン EF400mmF2.8L IS USM をローンで手に入れて以来、本格的にバレーボール撮影にハマることに。

今回は「ワタシが見た “パイオニア” 栗原恵選手」ということで、過去の写真をプレイバック。ちなみに前編は旧ユニフォーム、後編は新ユニフォームという区切りでゴザイマス(笑)。



2005.12.11 初めてのVリーグ撮影(埼玉ビッグタートル/vs武富士)

 

すでにEOS-1D Mark II、EOS-1Ds Mark II と、当時キヤノンユーザーとしては最高の贅沢アイテムで撮影。
栗原選手をナデナデできる方は希有(笑)。貴重な写真(ナデナデしたのは吉原選手)。
ちなみに、この時点では特に栗原選手のファンというわけではなく、全日本選手をあちこち撮影しておりました。



2005.12.17 メグカナ対決(東京体育館/vs東レ)

 

ワタシが撮影した唯一のメグカナ対決。400mmに2xテレコンを装着し、コートエンドから撮影。
ちなみに、この日は男子の試合もあり、女子の試合後、ワタシの周りには東レの選手が男子の試合を観戦に座り、ちょっと緊張。しかも、ワタシのすぐ後ろには木村沙織選手! サインを貰おうと思ったけれど、あいにくサインペンを持ち合わせておらず、売店に買いに行って帰ったときには東レ女子選手は席を離れておりました(爆)。



2006.03.03-05 第12回Vリーグ ファイナルラウンド決勝戦(東京体育館/vs久光製薬)



 

このあたりで本格的に栗原選手のファンに(笑)。
パイオニアの優勝が決まった瞬間、栗原選手を始め、選手全員がうれし涙を流しておりました。
チャンピオンTシャツからいきなりフトモモが見える姿には、ちょっとコーフン!(爆)。
また、ファイナルラウンド決勝戦の写真を60ページにまとめたアルバムにして送ったところ、栗原選手からお礼の手紙をいただいた。内容はさすがにブログにアップするのは差し控えさせていただきマス。ただ、誤字脱字もなく、丁寧な文字で書かれた文章は、栗原選手の人柄を表わしているように思った。この手紙はもちろん、ワタシの宝物!(笑)。



2006.04.22-23 Vリーグ日韓交流戦(東京体育館/vs韓国道路公社・vs興国生命)

 

日本と韓国のリーグ上位1位2位がそれぞれ対戦。パイオニアは2戦全勝だったけれど、得点差かなにかで2位に終わったように記憶している。順位の決め方が事前に伝えられていなかったようで、パイオニアの監督が怒っていたようにも記憶している。



2007.01.06-07 種子骨骨折復帰後の第1・2戦(兵庫県尼崎市立総合体育館/vsJT、岡山県桃太郎アリーナ/vs武富士)

 

 

2006年の全日本代表に選ばれた直後、種子骨骨折で戦線離脱。その後のリハビリ後、ようやくお姿を見た試合。
バレーボールシューズは白ベースが主流だけれど、ひとり黒ベースの見たこともないシューズを履いていて、ネットでは一時話題になっていた。
プレイ自体は素人目には特に以前と変わりないように思えた。



2007.01.20-21 ワタシ初の山形ホームゲーム(天童/vsトヨタ車体、天童/vsデンソー)

 

 

東京にいるときは前チームそれぞれファン・応援団がそこそこ均衡しているのでわからなかったけれど、パイオニアの地元・山形に行ってビックリしたのはほとんどがパイオニアファン!(当たり前なのだけれど)。2階席の3/4はパイオニア応援団という光景はビックリ!!

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
1月21日の夕食



2007.02.12 黒ユニでの試合(千葉/トヨタ車体)

 

私が撮影した唯一の旧黒ユニ写真(笑)。
このときはコートエンド後方の2階席から、ポイントを絞って撮影。
ブロックの写真はAFではネットが邪魔になるところだけれど、みごと合焦。ワタシ的には会心の1枚。
もう1枚はサーブのときに腕を後方に広げた瞬間。このポーズ(?)がワタシは好き。正面から撮った写真は珍しい。



2007.03.18 地元・鈴鹿での試合(鈴鹿市立体育館/vs日立佐和)



 

実家からクルマで10分ほどのところにある鈴鹿市立体育館での試合。
アリーナ席を確保していたが、階段状の席ではなく、パイプ椅子を何列にも並べただけ。(ワタシを含め)アマチュアカメラマンは席を離れ、撮りやすい場所で好き勝手に撮っていた(笑)。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
3月18日、Vリーグ鈴鹿市体育館



2007.03.24-25 山形で直接会話&サインを頂戴(山形/vsデンソー、山形/シーガルズ)

 

 

またまた山形へ。直前の鈴鹿大会のアルバムを直接手渡すことができた。
さらに、試合後、初めて出待ちをしていたところ、何の制限もなく近づくことができ、EF400mm F2.8L IS USM のフードにサインをいただくことができた。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
3月24日 栗原恵選手に写真集を手渡しできました。
3月24日 栗原恵選手にサインをいただきました。
3月25日 今日もバレーボール観戦です(写真なし)。




2007.04.06-08 Vリーグセミファイナル(有明コロシアム/vs武富士/vs久光/vsJT)

 

残念ながら3位決定戦に進むことに。
ここはライトが硬く、肌が生々しく写る。撮影者にとっては好き嫌いが分かれるかも。
2枚目の写真はお分かりのように合成。ボールが物理の実験のような綺麗な放物線を描いておりマス。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
4月6日 Vリーグセミファイナル初日
4月7日 Vリーグ セミファイナル2日目
4月8日 Vリーグ セミファイナル3日目



2007.04.15 Vリーグファイナル(3位決定戦・埼玉スーパーアリーナ/vs武富士)

 

優勝・準優勝は逃したもののなんとか3位をもぎ取ることができ、うれし涙。

関連エントリー(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
4月15日 Vリーグ ファイナル




とりあえず、前半はここまで。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バレーボール 栗原恵 EF400mmF2.8L


『月刊バレーボール』2010年12月号



『速報! 2010 WOMEN'S 世界バレー 奇跡を起こした14戦士たち』につづいて『月刊バレーボール』2010年12月号も買ってしまった。もちろん、この号の特集は『世界バレー2010』。


「2010世界バレー BY THE NUMBERS at 1st Round」では、第1ラウンドでのいろいろな数字を紹介。
例えば、“43,280” は第1ラウンドに置ける日本の5試合の合計観客人数。“158” は今大会の最低身長。プエルトリコのステファニー・エンライトとアルジェリアのサリマ・ハムシェの2人。日本の竹下、佐野、中道は最低身長ではなかった!(笑)。

「NIPPONをNEXT STAGE へ導く ACE SAORI」
ここでは今大会、日本で一番活躍した木村沙織選手を特集。試合中の写真はもちろん、観客が見ることのできないコート外の写真も掲載。そして毎日の試合後のインタビューが紹介されていて、なかなか興味深い。

続いて「迫田さおり コート中央のスカイウォーカー」と迫田選手をピックアップ。
さらに江畑幸子、山本愛、栗原恵、竹下佳江、中道瞳選手をピックアップ。

「第1ラウンド PLAY BACK」
ここでは第1ラウンドの各試合を振り返っているが、0-2から3-2へと大逆転勝利した初戦(対ポーランド)を4ページで詳細解説。続くペルー戦、アルジェリア戦、コスタリカ戦、セルビア戦はそれぞれ1ページ。それにしても、第1ラウンドは全勝ですからなぁ。

「“火の鳥 NIPPON” 直筆アンケートリレー」
選手一人一人に編集部が「よくしゃべる人」「歌がうまい人」などのテーマを与えて、全日本女子のベスト3を紹介してもらうという企画。背番号順にリレーされており、次の番号の選手がどんな人かも一言添えている。これを読むと栗原恵選手が誰からも歌が上手いと認められているようで、一度聴いてみたいものデス。一方、江畑幸子選手はKYキャラのようで(笑)。この企画はゲーム観戦ではわからない選手たちの一面がわかり、この号での一番秀逸な企画かも。

「第1次ラウンド終了時の各プール別状況」ではプールAからDまでの戦績解説、選手たちの写真、詳細データ、さらには各国の監督写真まで掲載。

「BEHIND THE SCENES」では、試合周辺の小ネタ紹介。
10月30日の停電の件はもちろん、サッカーのザッケローニ監督が観戦した件、ゴム製フェイスペインティング、眞鍋監督が持つ文明の利器、会場に貼られていた横断幕で一番多かった選手は? など、これもなかなか面白い。


今回は発行日の関係で第1次ラウンドのみの紹介だったが、次号では完全レポートとなる予定のようで。次号も楽しみにしたい。

もちろん、本号では「世界バレー2010女子」だけでなく、「2010世界バレー男子 イタリア大会レポート」、「2010/11 Vリーグ展望」、その他色々な記事が掲載されているが、省略(笑)。


ついでながら、本号掲載のデサントの広告で「栗原恵サイトオープン」の告知が! さっそくサイトをのぞいたところ、栗原選手の写真がたくさん掲載されているので、お好きな方はドーゾ。残念ながら本人のブログなどはアリマセン。

デサントの栗原恵サイト:MEGUMI KURIHARA=栗原恵=




VOLLEYBALL (バレーボール) 2010年 12月号 [雑誌]VOLLEYBALL (バレーボール) 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/11/15)
不明

商品詳細を見る

奇跡を起こした14戦士たち―2010WOMEN’S世界バレー速報! (日本文化出版ムック)奇跡を起こした14戦士たち―2010WOMEN’S世界バレー速報! (日本文化出版ムック)
(2010/11/20)
不明

商品詳細を見る


テーマ : 女子バレーボール
ジャンル : スポーツ

tag : バレーボール 世界バレー


日本文化出版MOOK『速報! 2010 WOMEN'S 世界バレー 奇跡を起こした14戦士たち』



日本文化出版MOOK『速報! 2010 WOMEN'S 世界バレー 奇跡を起こした14戦士たち』は、書店で見つけて思わず買ってしまった一冊。最近バレーボール雑誌は買わなくなってしまったが、久しぶりの購入。世界バレー2010で活躍した選手たちをそれぞれ大きな写真で紹介している。


コンテンツは
● 火の鳥NIPPON「歓喜のメダル」
● 火の鳥NIPPON「FLASH BACK」
● 奇跡を起こした14戦士たち(選手紹介。紹介順は #12 木村沙織、#3 竹下佳江、#5 山本愛、#14 江畑幸子、#4 井上香織、#7 山口舞、#6 佐野優子、#11 荒木絵里香、#9 石田瑞穂、#1 栗原恵、#16 迫田さおり、#2 中道瞳、#17 井野亜希子、#19 濱口華菜里
● 2010世界バレー祝勝会 & SMILE PHOTO GALLERY
● ワールドストロング & ビューティ 世界の美しきバレーボーラーたち
● 全日本女子 “全11戦の軌跡”
● 世界バレー、ジャパンの歩み(WOMEN'S 世界バレー【レコード&ヒストリー】)
● 監督・眞鍋政義語録


火の鳥NIPPON「FLASH BACK」では、タイムアウト終了時に円陣を組む選手たちを真下からあおるように撮影した一枚があり、なかなかいいアングル。但し、ピントは選手たちにではなく、代々木第1体育館の天井に合っている(笑)。


奇跡を起こした14戦士たちでは、1人当たりだいたい4ページを使い、しかも1ページ1写真と大きく掲載。また、大会後の選手のコメントも紹介している。
選手紹介の順番で、最初に木村沙織選手がくるのは誰も異論がないと思う。6ページで紹介。
続く竹下佳江も納得。ただ、その次はワタシ的には江畑幸子がくるべきではないかと思った。これは山本愛が活躍していないとケチをつけているわけではなく、江畑が大活躍だったということで。
栗原恵も(ワタシはファンながら)順序的にはこんなところか。とはいえ、Vサインを出している笑顔のアップはイイ写真。たぶんトリミングしているので画像が粗いのが残念ではあるけれど。
#2 中道瞳、#17 井野亜希子、#19 濱口華菜の3人は残念ながら2ページ。濱口華菜はユニフォーム姿ではなく、ボールを運んでいたり、応援席でバルーンスティックを叩いている写真が掲載されていて、ちょっとかわいそうな気もするが、そういうメンバーが日本チームを支えたわけで、そういう意味ではイイ写真。


その次は “火の鳥NIPPON” 新ユニフォームで掴んだ32年ぶりの銅メダル!では黄色に続くオレンジのユニフォームをデザイン、機能性の面から紹介している。ワタシ的には黄色もオレンジも???。やっぱり、赤、白、黒でしょう。
ちなみにこのページはミズノの記事広告。


ワールドストロング & ビューティ 世界の美しきバレーボーラーたちで紹介されている選手は、エカテリーナ・ガモワ(MVP/ロシア)、シェイラ・カストロ(ブラジル)、デスティニー・フッカー(アメリカ)、ネスリハン・ダルネル(トップスコアラー/トルコ)、タチアナ・コシェレワ(ベストスパイカー/ロシア)、クリスティアーネ・フュルスト(ベストブロッカー/ドイツ)、魏秋月(ベストセッター/中国)、ステーシー・シコラ(ベストリベロ/アメリカ)、ローガン・トム(ベストレシーバー/アメリカ)、マレト・フロットヒュース(ベストサーバー/オランダ)、王一梅(中国)、マルガレーテ・コズーフ(ドイツ)、セレーナ・オルトラーニ(イタリア)、アンナ・ベルブリンスカ(ポーランド)、キム・ヨンギョン(韓国)、マノン・フリール(オランダ)、ブリジトカ・モルナル(セルビア)、ヌットサラ・トムコム(タイ)、クリスティナ・パストロバ(チェコ)。


全日本女子 “全11戦の軌跡” では、日本が戦った11戦をそれぞれセットごとの点数、第1セットのスタメン、試合内容のレポートを見開きで掲載。でもどうせなら、このMOOKは保存版なので各選手の試合ごとのもう少し細かいデータも掲載して欲しかったところ。


世界バレー、ジャパンの歩み(WOMEN'S 世界バレー【レコード&ヒストリー】)では1952年以降の世界バレー参加国(女子)の成績(順位)およびこれまでのメダル獲得数が一覧表になっている。
日本は第3回大会から連続14回参加してメダルは金3個、銀3個、銅1個。今回の銅メダルを除いて、残り6個は1960年から1978年まで6連続。
この表をみると、東西ドイツがドイツになったり、ソ連が崩壊してロシアになり、アゼルバイジャン、カザフスタン、ウクライナなどが参加するなど、第2次世界大戦後も世界は動いていることが読み取れる。


監督・眞鍋政義語録は各試合後のインタビュー時のコメントを掲載。該当ページでは「眞鍋語録&名言集」とあるが、名言というほどのものは出なかったと思うが(笑)。



こんな感じの一冊。女子バレーでメダル獲得の号外的MOOKが出ることがあるとは思えなかったので、思わず食いついたが、『世界バレー2010』の感動を思い出すにはイイ一冊。


奇跡を起こした14戦士たち―2010WOMEN’S世界バレー速報! (日本文化出版ムック)奇跡を起こした14戦士たち―2010WOMEN’S世界バレー速報! (日本文化出版ムック)
(2010/11/20)
不明

商品詳細を見る

テーマ : 女子バレーボール
ジャンル : スポーツ

tag : 世界バレー


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ