FC2ブログ

2足目のミズノ・バドミントンシューズ『ウエーブファング SS2 WIDE』


新しくバドミントンシューズを手に入れた。ミズノ『ウエーブファング SS2 WIDE』
購入したものではなく、いつも懇意にしていただいているミズノのスタッフの方からのいただき物。新品ではなく、試し履き用のものだが、ほぼ新品。ウレシイ。

ワタシの足が幅広で29cmということで、28.5cmのワイドタイプを選んでくれた。履いてみたら、ワタシの足にピッタリ!!


試し履き用なので、かかと部分にサイズ表示シールが(笑)。もちろん撮影後に剥がしたが。



ワタシが最初に購入したバドミントンシューズがミズノ『ウェーブゲート5』という一番低価格のモデル。
バドミントンを始めたばかりの当時はスムーズに動くことができず無駄に動いていたからか、異常に汗をかいて、シューズがぐっしょりし、さらに染み出して床が滑るぐらいだった(笑)。今はさすがにそこまで汗をかかないが。

過去のエントリー:バドミントンシューズを買いました! ミズノ『ウェーブゲート5』



さて、『ウエーブファング SS2 WIDE』。
デザインはワタシ的にはカッコよく見える。「RunBird」のデザインは元々はシューズ補強の機能があったのだろうが、現在ではただのデザインにすぎない(笑)。
アッパーは人工皮革と合成繊維(メッシュ素材)。あちこち人工皮革に穴が開けられていて、通気性をよくしている。


通気性についてはソール部分でも。
アウトソール中央部は穴が空いており、足ムレを低減する仕様。
親指の付け根部分も小さな穴がいくつも空けられている。


このアウトソールはよく見ると中央部がほんの少し凹んでおり、着地時にコートに喰いつく効果があるのだろう。


インソールにも穴が開けられている。
このインソールは厚みがあまりなく、クッション性は低いように思う。



実際にバドミントンのゲームで3回ほど履いてみたが、なかなか快適。自分の足にピッタリ合っている。
また、ヨネックスのシューズよりもクッション性が低いのかなと思っていたが、あまり差は感じなかった。

現在使用しているヨネックス『パワークッション65Z』はほとんど傷んでいないので、今後は交互に履いていこうかなと思う。






スポンサーサイト




4本目のバドミントンラケットは・・・頑張らないバドミントン研究会『Comfort Nano 500』

1月も後半になってようやく今年最初のエントリー。
本年もよろしくお願い申し上げます(爆)。





新年早々、4本目のバドミントンラケットを購入。
頑張らないバドミントン研究会
『Comfort Nano 500』
(本体価格:9,800円+税)


頑張らないバドミントン研究会のサイト:
【買取保証付】バドミントンラケットComfort Nano 500



有名メーカーの商品ではないけれど、●軽量 ●パワーがなくても遠くへ飛ぶ という「大人バランス」というコンセプトが気に入った。

同研究会代表が大人になってから本格的にバドミントンを始めた人らしく、ビデオを見る限り海外・国内トップ選手のフォームとは違うのだが(笑)、そういう人が薦めるラケットだからこそ、ワタシのようなアマチュアには向くのだろうと。


以前から気になっていたものの、すでにラケットは2本を常時使用しているので(最初に買ったラケットは引退)、ガットが切れた場合でも対応できる。なので3本目は要らないといえば要らなかったのだが、『2019年福袋』として売り出されていたので、思い切って買ってみた。

福袋の内容は・・・

■ 軽量(5U)で扱いやすい!シニア・初心者におすすめのラケットComfort Nano 500(通常価格9,800円+税)

■GOSENのガットG-TONE9の単張りガット(10m、カラー:ナチュラル)(通常価格800円+税)

■オリジナルグリップテープ(通常価格300円+税)

■GOSENグリップバンド(通常価格150円+税)

■GOSENランドリーバッグ(非売品)

■頑張らないバドミントン研究会 DVD(通常価格3,800円+税〜4,800円)
(DVDは色々な商品があったが、購入したのは『頑張らない38の練習メニュー』(通常価格4,800円+税))

正直なところ、小物はどうでもよかったのだけれど、DVDが1枚オマケになるというのがオトクだと思い、ポチってしまった(笑)。


さて、メインのラケット『Comfort Nano 500』。
ガットは張り上げでGOSENのガットG-TONE9(20ポンド)。
ソフトケース付き。
軽量(5U/76g)だが、ワタシの3本目のラケット、ヨネックス『VOLTRIC i-FORCE』がやはり5U(78g)なので、ほぼ同じ感覚。

過去のエントリー:
バドミントンラケット『YONEX GR-619』(2009年12月28日)
バドミントンラケットが2本に。YONEX 『Ti ZERO TITANIUM MESH』(2010年6月22日)
3本目のバドミントンラケット『YONEX VOLTRIC i-FORCE』(2014年05月22日)



同研究会のサイトではシャフトのしなりをアピールしていたので、『VOLTRIC i-FORCE』と比べてみたら、『Comfort Nano 500』はより曲がりやすい感じ。また、『VOLTRIC i-FORCE』のバランスはヘッドヘビーだが、『Comfort Nano 500』はミドルバランス。

実際に2回使ってみたが、期待ほどの飛びは感じられなかった。印象としては『VOLTRIC i-FORCE』と同レベルかな、と。シャフトが柔らかい分、安定性がやや欠ける感じも。

とは言え、軽いし『VOLTRIC i-FORCE』よりも実売価格で5,000円ほど安いのだから、オトクかも。
また、気に入ったスペックのラケットが発売されても色が緑とか青とかワタシの好みでない色だと手が伸びないのだが、このラケットはカラーリングが白ベースに黒・グレー・シルバーとモノトーンなのがワタシ好み。

そんなワケで、今後は『Comfort Nano 500』と『VOLTRIC i-FORCE』を交互に使っていこうかと思う。


テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ


ナイロンシャトルを新調 YONEX『MAVIS 2000』



いつも仲間内でのバドミントンで使用しているナイロンシャトルがボロボロになってきたので、1ダース分(6個x2)新調。
過去購入したスポーツオーソリティー鈴鹿店では現在売っていないので、アマゾンで購入(1,473円x2)。

バドミントン競技では水鳥の羽のシャトルが基本だけれど、上手い人が打とうが下手っぴが打とうが、あまり保たない。むしろラリーが終わるたびにシャトルの羽の具合をチェックしたりするのが煩わしいし、羽根が折れてコートに落ちるのも、掃除の時に気を使わなければならないので面倒。
ワタシレベルではシャトルの飛び具合にさほど違いを感じないので、耐久性のあるナイロンシャトルの方が便利。





ちなみに最初にYONEX『MAVIS 2000』を購入したのが2010年、2月。実に8年以上使用してきたことになる。
流石にコルク台の部分は茶色くなったりハゲたりで、使っていてあまり気分は良くない。
また、スカート(羽根)部分は折れたり破れたりで、ネットに引っかかったり、スマッシュを打つとたまにスカートが変形したりして、実用上も少し問題に。
まぁ、十分モトは取ったと思う。

過去のエントリー:
ナイロンシャトルを追加購入。YONEX『MAVIS 2000(M-2000P)』(2010-02-19)
ナイロンシャトル YONEX『MAVIS 2000』をさらに追加購入。(2010-03-26)








面倒なので2個まとめ買い! 『愛眼 FOR ゆ』(5・6個目)


お風呂用メガネ『愛眼 FOR ゆ』のツルが折れたので、新しいものを購入。また壊れたときのことを考えて2本購入。なにしろ1本2,700円なので(笑)。

このメガネ、本来は入浴時専用のメガネだが、使ってみるとスポーツでの使用にピッタリ! バドミントンやスポーツクラブでのエクササイズに使用しても顔にフィット! 結局フィット感が気に入って、普段使いというか、ほぼ100%このメガネで過ごしている。お風呂での使用はほぼナシ(笑)。

ただ、使っているとツルの根元のヒンジ(ちょうつがい)部分が折れてしまうのが玉にキズ。最初の3本は大体半年ほどで折れてしまったが、4代目は1年ほど保(も)った。

遠近両用ではないので、PCや手元のものなどを見るときはメガネを額に跳ね上げて見るという「じじいスタイル」になってしまうが気にしない(笑)。

過去のエントリー:
スポーツ用途に買ってみました。愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』(2015-05-14)
2本目の愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』(2016-01-25)
愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』のツルが折れた!(2016-06-15)
愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』4本目を購入したが・・・(2017-01-23)

5足目のバドミントンシューズはヨネックス『パワークッション 65Z』


3年余り使用しているバドミントンシューズのヨネックス『パワークッション F1 MEN』の側面が破れたため、さすがに新品を購入。ヨネックス『パワークッション 65Z』(アマゾンで11,558円)。




ちなみに『F1 MEN』の破れはこんな感じ。



本当はミズノの旧製品のデザインが好みで購入したかったのだが、サイズがなく、本製品に。ちなみにワタシのサイズは今回29.0cm! 
『F1 MEN』の1足目を購入したときは28.5cmでピッタリだったのだが、2足目では足がむくんで大きくなったのか、同じ28.5cmでは少しキツかった。なので今回はワンサイズ大きくした次第。試してみたら、残念なことにピッタリだった(笑)。
本当はネット注文せず、店頭でサイズを確かめて購入したいのだが、ワタシのサイズではウチの最寄りの大型店でも在庫を持たないのでアマゾンを利用した次第。

カラーリングは白ベースに黒x赤。足幅は3E。たぶんワタシの足によりフィットするであろう4Eタイプの『パワークッション65Z WIDE』というモデルもあるのだが、カラーリングが好みでなかったので選ばなかった。

カタログによれば『パワークッション65』シリーズは16年続くロングセラーモデルで、位置づけは「オールラウンド」タイプ。ほかに「クッション性」「安定性」「軽量性」重視のシリーズがある。『65Z』は「オールラウンド」タイプの最新モデル。

機能面での大きな特長は、カカト部に『パワークッション+』という素材を使用。『パワークッション』に比べて衝撃吸収性が+25%、反発性が+12%とのこと。
また、アッパーの前足部から中足部にかけてをワンピースの「シームレスアッパー」にすることでストレスのない足当たりを実現。さらに前足部外側からカカト部にかけての補強材「ラテラルシェル」により、サイドステップ時の外側および斜め前方のパワーロスを軽減。




アウトソール。上が今回購入した『65Z』で下が『F1 MEN』。『65Z』ではカカト部に透明窓がついて中の『パワークッション+』がコンニチワ(笑)。
透明窓は購入者にその機能を見せるために有効だが、その部分が空いていることで衝撃吸収性が高まるという利点もあるのだろう。

アウトソールのパターンは鉛筆の断面を全体にちりばめたようなものだが、よく見ると親指と親指の付け根部分はほかの部分よりも丸穴が小さくなっていて、グリップ力を高め、すり減り低下を考えているのだろう。その他の部分は丸穴が大きく、軽量化を考えてのことと推測する。



こんなところが新しく購入したバドミントンシューズ『パワークッション65Z』。今後2〜3年は履き続けたい。



 



テーマ : その他
ジャンル : その他


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ