ダイハツ・ヨネックス ジャパンオープン 2017のおみやげ




いつも旧称・ヨネックスオープンジャパンの撮影では、記念に何かしらのTシャツを自分へのお土産に購入してきたのだけれど、今回のTシャツは自分好みのものがなく、買うのを初めて止めた。
とはいえ、ダイハツが冠スポンサーになって初めての大会でお土産なしというのも寂しい。
というわけで、来場客に配っていた無料のうちわを1枚ゲット。大会ロゴが片面にしっかり印刷されており、安上がりな記念品となった(笑)。




もう一つ、無料で手に入れたお土産が大会ロゴ入りトートバッグ(1,500円)
毎年恒例、最終日のプレスルームでの抽選会でたまたま当選してゲットしたもの。素材はコットンキャンバスかと思いきや、ポリエステル製なので、耐久性は良さそう。当選してそれなりに嬉しかった。



 


クリアファイル2種(各200円)
これも最終日にプレスルームで配られたもの。人によってはありがたい記念品になろうが、ワタシ的にはそれほどでもなく・・・。印刷されているので中身が見えず、実用性にも乏しい。本当に記念品(笑)。




大会公式パンフレット(1,000円)
52ページ・フルカラーの豪華版。
これは毎回メディアには無料で配布されるので、記念品という感覚は全くナイ(笑)。とはいえ、どの選手が(いつ/何回)優勝しているかなどをチェックする拠り所になるので、ないがしろにはできない。

ちなみに報道関係者にはほかに大会プレスリリース、選手の世界ランキング表、外国人選手日本語統一表記表、その日の試合のタイムテーブル、撮影上の諸注意が配られる。



こんなところが今回の大会おみやげでゴザイマス。



スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他


2017.02.11-12 バドミントン S/Jリーグ2016渋谷大会 撮影後記






バドミントン S/Jリーグ(旧名称・日本リーグ)2016東京大会の撮影のために出張。

これまで、バドミントンS/Jリーグ(旧名称・日本リーグ)東京大会(最終戦)は年末に行なわれてきたのだが、昨年同様2月までずれ込む大会スケジュール。会場はいつも通り代々木第二体育館。
この会場は観客席が暗いため、アリーナからの撮影ではアングルによっては背景が暗く落ちていいのだが、フリッカーがひどいのが難点(キヤノンの最新機種で解決したが)。また、アリーナの撮影スペースが狭いのもつらいところ。



今回の撮影機材は次の通り。昨年12月の全日本総合選手権大会とほぼ同じ。

・キヤノン EOS 5Ds
・キヤノン EOS 7D Mark II
・キヤノン PowerShot G7X Mark II
・キヤノン EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM(ホテルから持ち出さず)
・キヤノン EF 16-35mm F4L IS USM(予備)
・タムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD(ホテルから持ち出さず)
・キヤノン EF 24-70mm F2.8L II USM
・シグマ 50mm F1.4 DG HSM Art(ホテルから持ち出さず)
・キヤノン EF 70-200mm F2.8L IS II USM
・シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM
・キヤノン エクステンダー EF1.4X III(予備)
・シグマ APO テレコンバーター 1.4X EX DG(予備)
・シグマ APO テレコンバーター 2X EX DG(予備)
・ニッシンデジタル Di700 + キヤノン コンパクトバッテリーパック CP−E3(表彰式撮影用)
・マンフロット 一脚 685B + スリック バル自由雲台 + エツミ プロフェッショナル クイックシュー
・折りたたみ椅子

これら機材の大半と衣類などをペリカントランクに入れて宅配便で宿泊ホテルに送付。
最低限の撮影機材とPC類はエツミ トゥルーリー スポーツカーゴ(E-3110)で三重からハンドキャリー。
ホテルからはエツミ トゥルーリー スポーツカーゴ(E-3110)で会場まで運搬。
mont・bell のウエストバッグ(1123492)も一応用意したものの使用せず。



11日

10:00開場、13:00第1試合開始、15:00第2試合開始予定。
4コートあるが、第1試合は2試合、第2試合も2試合。

9時前に到着したが、プレスルームは9時までクローズ、アリーナへは10時まで入れなかった。
10時まではプレスルームで記事の事前準備。

コートのレイアウトは昨年同様、田型ではなく横一列。ただし、昨年は1コートと4コートの選手ベンチがコートサイドにあったのが、今年はコートエンドに変更されていた(2・3コートは昨年同様コートエンド側)。このため1・4コートのプレスカメラエリアが広くなって良かったが、1コートのプレスカメラエリアに移動するルートが選手ベンチで塞がれてしまっていた。仕方なくしばらく本部席側から移動していたら、「移動不可!」と強く注意されたので、結局は一旦アリーナから外に出て、通路をぐるっと回って1コートのプレスカメラエリアに移動するハメに(悲)。

第1試合と第2試合の一部はアリーナで撮影し、その後は2階席通路から撮影。
アリーナでは 5Ds + 24-70mm または 70-200mm、もしくは 7D2 + 24-70mm を使用。
2階席では 7D2 + 120-300mm を使用。


撮影後はホテルに直行し、写真セレクト&記事作成。終わったのが23時頃。

ちなみに11日の撮影枚数は5Ds:2,320枚、7D2:681枚、G7X2:4枚、合計:3,005枚。



12日

9:00開場、10:30第1試合開始、第1試合終了後、第2試合開始。全試合終了後、表彰式予定。
アリーナでは 5Ds + 24-70mm または 70-200mm。
2階席では 7D2 + 120-300mm を使用。
表彰式ではニッシンデジタル Di700 + キヤノン コンパクトバッテリーパック CP−E3 を追加。

コートレイアウトは前日と同様ながら、第3コートのコートサイドにはJ-Sportsのテレビカメラが入っていた。しかも本部席側には2台のテレビカメラが設置され、プレスカメラの撮影エリアが少なくなっていた。
実際に撮影する頃にはテレビカメラがビッシリ入って移動するスペースもなくなり、折りたたみ椅子で場所取りしたものの、そこへ移動できなかったため試合のほとんどを2階席から撮影(第4コートのみアリーナからも撮影)。
一方、2階席通路も立ち見で大混雑。なかなか思った場所で撮影できず苦労した。
第2試合の第2ダブルスの試合になってようやく第3コートのプレスカメラエリアも移動しやすくなったため、アリーナでの撮影も行えた。

試合は第1・第2試合ともに大激戦でファイナルゲームに突入する試合も多く、ぜんぜん試合が終わらない。運営側では4時頃には全試合が終わる予定だったのだろうが、実際に終わったのは18時40分過ぎ。
その後表彰式・記念撮影を終えたのが19:45過ぎ。
さらに今回はフジカキペア、早川選手の記者会見がプレスルームで行なわれ、それの終わったのが20:15過ぎ。
プレスルームは20:40に出るよう言われ、実際に出たのは20:45頃。
その後依頼主様のオゴリで食事。
23時過ぎにホテルに戻って記事用画像セレクトと記事作成。終わったのが翌朝5時(泣)。
3時間ほど寝て、その後荷物をまとめてチェックアウト。
今回は特に美術展巡りの予定もなく、すぐ東京駅に行き新幹線で名古屋、そして三重の自宅へ。
新幹線内でもずっと後作業。

12日の撮影枚数は5Ds:1,910枚、7D2:3,404枚、G7X2:65枚、合計:5,379枚。



後処理はまだまだ終わっていないが、S/Jリーグ渋谷大会の撮影はこんな感じデシタ。



SMASH & NET.TVの記事:
【S/Jリーグ渋谷】男子:日本ユニシスが全勝でトナミとの頂上決戦へ!
【S/Jリーグ渋谷・最終戦】男子はトナミ運輸、女子は再春館製薬所が優勝!!




愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』4本目を購入したが・・・





たまにいくショッピングモールで愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』の4本目を購入。

過去3本購入しているが、ツルの締め付けが絶妙で、バドミントンやスポーツクラブで使用してもズレたり外れたりしないことが最大のメリット。また、総プラスチック製なので、軽いこともイイ。

一方で、激しい使用や長期使用を考慮していないのか、半年も使用しているとツルの根元の蝶番(ちょうつがい)部分が折れてしまう。瞬間接着剤でくっつけることができるのでそうしているが、同じところで何度も折れる。
また、ノーズパッド(鼻あて)部分も片方が折れたりする。こちらはパーツが透明なので運動中に折れたりすると探しても見つからないことが多く、片方折れたまま使用したりしている(笑)。

ちなみに本来の目的のお風呂での使用は顔を洗うのに邪魔なのでほとんどしていない(爆)。旅行先で広大な露天風呂に入るようなときはこのメガネが活躍しそうだが、自宅の風呂ではメガネの必要を感じない。なお、曇り防止のコーティングは早々に剥がれてしまうようだ。またスポーツ使用では汗がダラダラ付着してしまうので、効果を実感していない(笑)。

過去のエントリー:
スポーツ用途に買ってみました。愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』(2015年5月14日)
2本目の愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』(2016年1月25日)
愛眼/GLASSART『BATH GRASSES FOR ゆ』のツルが折れた!(2016年6月15日)









そんなこんなで補修を繰り返しながらも4本目を購入するに至った。
2,700円(税込)で「ん、ちょっと高いな?」と感じたものの、必要なのであまり考えずに購入したが、過去の本ブログを確認してビックリ!
最初に購入したときは 1,310円! その後、レンズをより薄型の非球面レンズに改良して 1,990円、3本目は購入価格不明。ノーズパッドが透明から半透明に変更されていた。4本目は3本目と同じ本体とみられるが、ケースはご覧のようなプラスチック製に変更、高級感はないけれど予備の持ち運びに便利。


テーマ : その他
ジャンル : その他


2016年12月05日 Wilson『BIG W EVENT』撮影後記








6日間の全日本総合選手権大会が終わったら、今回は Wilson『BIG W EVENT』の記録撮影のオシゴト。
といっても午後から夜遅くまでの長いイベントのうち、ワタシの担当は後半の試合形式のパートのみ。記録カメラマンはほかに2名いて、そちらはバドミントン撮影の経験がないのでワタシにもお鉢が回ってきた模様。
とはいえ、イベント進行にあまり細かい説明をもらえず、当日は11時からリハーサルがあったので、そこから参加。結局、イベント全体を3人のカメラマンで記録することに。

赤いスタッフTシャツとIDカードを配布されシューズもウイルソンのバドミントンシューズを履くよう指示された。シューズ1足もらえた!と思っていたら、帰る間際にそれが試し履き用シューズなので返すよう言われ、ガッカリ(悲)。







入り口から観客席へ行く通路にはウイルソン契約選手の松友美佐紀、佐々木翔、池田信太郎 各選手の写真や使用ラケットが展示。写真の多くはワタシが撮影したものが使われており、嬉しかった。


14:00からは「Team WILSON エキジビションマッチ」
佐々木翔選手と一般人(?)が対戦、あるいは松友選手とペアを組んで佐々木選手/森かおり選手(アテネ五輪 女子単出場)と対戦。一般人(?)のほうのレベルは・・・。和やかな雰囲気で打ち合い。

14:30からは全国トップストア15店舗の表彰。社長表彰のあと、イベント参加選手たちに囲まれて記念撮影。

時間を少し開けて16:00〜17:30まで佐々木選手、松友選手、森選手による講習会。参加者は抽選で当たった60名。準備運動後、3選手がそれぞれの練習方法を指導。森選手は前衛でのプッシュの反復。松友選手はロブ練習なのだが、球を打ってどこに落とすかを考えるのではなく、落とす場所を逆算してどういう軌道で返すかを考えて打つという、ワタシ的には初めて聞く考え方。これは参加者にも分かりづらかったようで、進行の池田信太郎氏が何度も噛み砕いて説明していたが・・・。なお、佐藤選手は松友選手のこの考えに「自分もそう考えていた」と言っていて、へぇ、そうなのかと思った。

一旦、参加者を外に出し、改めて18時開場(実際は寒空なので17:45に会場)。参加者は代々木第2体育館から代々木第1体育館まで列が伸びていた。

18:30からは「世界へ挑む。佐々木へ挑む」「世界と戦う。松友と戦う」。キャンペーンの抽選で選ばれた一般人が佐々木選手や松友選手と対戦。
センターコートの大型スクリーンには出場選手の氏名が大きく映し出され、審判員とともに挑戦者が登場。審判員は前日まで全日本総合で実際に審判していた方々。
挑戦者は8歳の子どもから大人まで様々。レベルも色々だったが、挑戦者が大きくアウトした球を無理矢理「チャレンジ」させたら、大型スクリーンに「IN」となる映像が。あるいは舛田圭太氏が線審と替わったり、助太刀に入ったり、解説の池田信太郎氏を駆り出したりでゲームを盛り上げた。

19:50からは「2017 Wilson BIG NEWS」
新製品ラケットの紹介の後、松友選手が「現役生涯契約」の署名式。最初「生涯現役契約」と見間違えたときは一体誰が生涯現役を続けるのか?と勘違いしたが、松友選手が現役の間はウイルソンと契約し続けるということだった。松友選手はスーツ姿で登場。

最後は「佐々木翔選手引退セレモニー」
●佐々木選手挨拶
●松友選手から花束贈呈
●ビデオメッセージ
●感謝状贈呈
●家族から花束贈呈
●ウイニングラン
という流れだったが、ウイルソン契約の錦織圭選手(テニス)のビデオメッセージ後に竹村純選手(バドミントン)もビデオメッセージ。ところがそのビデオは会場内の別室から生放送されており、竹村選手がアリーナに乱入、そのままバドミントンの試合に持ち込むというサプライズ。
これで終わりかと思ったら、さらに佐々木選手の現役時代のライバル、佐藤翔治選手も乱入してまたまたゲーム。一体、佐々木選手は今日何回試合をしたのか?(爆)。
ちなみに竹村・佐藤選手の登場は観客向けの演出ではなく、本当に佐々木選手には知らせていなかったようだ。ワタシがもらったタイムスケジュールにも記載がなかった。



撮影に関しては、前日までの全日本総合選手権大会と同じ機材を持ってきたが、24-70mm+5Ds、7D2+70-200mmの2台体制。7D2+70-200mmのほうが問題で、この2台体制では70-112mmの間が撮影できず、アリーナで試合を撮影するときにとまどった。
また、最初は5Dsにストロボを付けていたのだが、途中で要らないと判断して控室に置きに行ったのだが、逆光状態で会場入り口風景を撮影するときや、集合写真で補助光が欲しいときになくて困った。最後のスタッフ集合写真の撮影ではストロボを使ったが。

あと、露出関係も苦労した。全日本総合選手権大会は照明が一定なので、どこから撮るかによっては多少露出の変動はあるけれど、自分でコントロールできる。しかし、このイベントでは照明が様々に変わり、思い通りの露出で撮れなかった。また通路側は外光が入る上に照明も違うので露出・色調整に苦労した。


関連リンク:
12月5日 Wilson BIG W EVENT「世界へ挑む」
12月5日 Wilson BIG W EVENT「世界と戦う」
12月5日 Wilson BIG W EVENT「Wilson BIG W NEWS」


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2016年12月04日 全日本総合選手権大会(決勝) 撮影後記






大会6日目(最終日)は各種目の決勝で5試合のみ! 天気は晴れ。
9時開場、10時スタート。プレスルームは9時開場、プレスのアリーナ開場は9:10。
まずは開場前に入り口で並ぶ観客の行列を撮影。
ついでプレスルームに荷物の一部を置き、アリーナ会場を待つ。時間とともにダッシュ! 無事に希望の場所に席取りできた。

準決勝までは1記事当たり写真は1枚のみ添付していたが、決勝では表彰式の写真も掲載したいので、この際数枚掲載することに。結局、2階席からの両組、アリーナでの両組、表彰式写真の最低5枚を掲載。

試合結果は下記のリンク先で。

SMASH & NET.TVの記事:【全日本総合2016決勝】タカマツ、5度目のV! 佐藤、山口を抑えて初えてV!

女子複:タカマツ、混合複:嘉村/米元の優勝は想定通りだが、女子単:山口茜が破れ、佐藤冴香が8度目の大会で初優勝! 茜ちゃん優勝のほうがスポーツ新聞やTV的には盛り上がるだろうが、いろんな選手が優勝するというのは面白い。
男子複はソノカムが優勝。遠藤/渡辺の新ペアが優勝となれば面白かったが、試合内容はファイナルゲームの激戦! 先に遠藤/渡辺がマッチポイントを取るものの、最後はソノカムの逆転勝利! 見応えのある試合だった。
男子単は違法賭博問題でナショナル代表を外れた西本拳太が坂井一将を下してナショナル代表返り咲きか?



試合は男子複、女子複、女子単、男子単、混合複の順で、テレビ放送は女子単まで。最初の3試合は試合、表彰式の後、選手インタビューまであったので、その間に記事を書く余裕ができてよかったが、5つ目の混合複はその前の試合後すぐに始まってしまったので、記事後にアリーナに戻ったら、第1ゲームが終わりかけていて焦った。それでもなんとか2階通路、アリーナの撮影をこなすことができた。

記事作成で次の試合の撮影時間が少なくなり、2階通路で撮る時間が少なかったのと、(ろくな写真はなかったが)優勝の瞬間はバカスカとシャッターを押したので。さらに表彰式も5Dsで撮影したので、6日間で一番5Dsが活躍したことになる。

ちなみに表彰式は5Ds+24-70mm+ストロボ(MG8000 Extreme)+コンパクトバッテリーパックの組み合わせで撮影。昨年は全体からアップまで撮影しようと5Ds+タムロン16-300mmというアホな組み合わせで撮影したが、画質がイマイチだったので今年は24-70mmをチョイス。アップを撮るには長焦点側が不足しているが、カメラが5Dsなので、トリミングして対応すればいいと判断。結果は良好だった。



4日の撮影枚数は 5Ds:2,182枚、7D2:872枚、G7X2:26枚=3,080枚。
6日間では、5Ds:8,754枚、7D2:9,126枚、G7X2:36枚=17,916枚。
昨年は6日間で29,151枚撮影しているので、約6割の枚数。撮影スタイルが変わると撮影枚数も変わってしまう。



試合後はプレスルームで最後の記事を書き、事後処理と翌日の仕事の打ち合わせ。7:30に会場を出た。
ホテルではその日のまとめ記事を書いて終了。

普段はこれで終了ながら、今回は翌日ももう一仕事アリ。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ