オールドアンティーク二眼レフ「ミノルタフレックス II」



このカメラは私が中学生になった頃、親戚からもらったもの。もらったときにフィルム2本ぐらい撮影したと思う。もうその時点で光線引きをしていて、巻き上げも不正確だった。ピントもフレアがかかっていたりカラーバランスも悪かったので、それっきりフィルムは入れていない。

「ミノルタフレックス」は「I 」型、「II 」型、「II B」型、「III」型があるようだが、私のカメラは「I 」型および「III」型とは明らかにちがう。
コニカミノルタのサイトを見たところ、このカメラは1952年(昭和27年)に発売された「ミノルタフレックス」の 「II B」型によく似ているが、レンズの上の「Minoltaflex」という銘板がサイトの写真と違う。同サイトでは「II 」型の写真がないので詳細を知ることができない。同サイトでは「II B」型の特徴として、「ファインダーフードの瞬時開閉、透視ファインダー及び大型ルーペの超動釦装置・フォーカスアイ付6×6判二眼レフカメラ」としているが、サイトをあちこち調べていて、1950年に発売された「II 」型であると判明。
「II B」型との大きな違いは裏蓋の開閉が二重ロックであるかないかのようだ。私のカメラは二重ロックではないので、やはり「II 」型であると思われる。



「II 」型の発売当時の価格は不明だが、「II B」型の場合は38,000円だったようで、一体どれほど高価なものだったのであろうか。
1955年(昭和36年)の大卒初任給が12,907円だったらしいので、現在の価値でいえば60万円以上のものであったのだろう。
残念ながらこのカメラは骨董価値もなく、ジャンクカメラに変わり果てているが、細部の造りは現在のプラスチック製カメラとは一線を画すものが感じられる。たとえば、裏蓋やピントフードは鉄板を曲げ加工しているようだが、本体や銘板、フォーカスノブなどは削り出し加工をしている。

 

また、「ファインダーフードの瞬時開閉、透視ファインダー及び大型ルーペの超動釦装置」といった機能は、いま見ると子供だましのようだが、当時は画期的だったのかもしれない。ちなみに「透視ファインダー」といっても、ピントフードの一部に正方形の窓を開けて、そこを覗いてフレーミングをするというものであるが、左右逆像の二眼レフにおいては結構使われていた機能なのかもしれない。「大型ルーペの超動釦装置」とは、ピントを合わせるのにピントフードの脇にある銀色のボタンを押すとバネ式でルーペが飛び出るというもの。これもなかなか実用的な感じだ。

 

このカメラの仕様は
●使用フィルム:J120ブローニー版(6x6cm) 12枚撮り
●フィルム給送:ノブ式 自動巻止
●撮影レンズ:ロッコール75mmF3.5
●ビューレンズ:ミノルタ アナスチグマット75mmF3.2
●シャッター:S-コーナンラピッド 1/500秒ー1秒・B
●絞り:10枚羽虹彩絞り f3.5ーf22
●撮影距離:0.8mー∞ フォーカスノブに被写界深度目盛つき

私がもう1台持っている二眼レフの「ローライコード IV」はフィルムを入れれば今でも現役で動く(はずだ)が、こちらのカメラは完全に置物となっている。


参考(関連ブログ)

カメラ修理日記:全く同じカメラの分解修理作業が紹介されている。

*寫眞機商コウジヤ*:ミノルタフレックス:このカメラの操作方法が解説されている。「ミノルタフレックス II」と表記されているが裏蓋の開閉パーツから「II B」型と思われる。




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


『Mac Fan』2009年6月号



『Mac Fan』は私がいつも買っているパソコン雑誌。というか、創刊準備号をMacWorld Expo Tokyoで手に入れて以来、全号購入している。
創刊準備号と創刊号の表紙はプロレスのアジャコング。「なぜアジャコングがパソコン雑誌の表紙に?」と思ったものだが、毎回意外なタレントが表紙を飾り、表紙が誰になるのかが楽しみの一つでもある。
今回はキレイなオネーサンだが、あまり見覚えのない女性。ほかの記事よりもまず、この女性が誰だか知りたく、後ろのページからめくり始めた。
『MacFan』ではいつも「Cover Model Close Up!」でインタビュー記事があるのだが、件の女性は映画『レッドクリフ』の小喬役で映画デビューを果たした林志玲(リン・チーリン)さん』であるとわかった。記事を読むと彼女は結構なMacユーザーであることがわかるが、詳細は『Mac Fan』を手にとってお確かめください(笑)。

さて、今回の特集は「最新Macの真価論」。サブキャッチが「Macデビュー! Mac再デビューはこれを読んでから」とある。だが、本当に新たにMacデビューをしたい人が読むには内容がちょっと難しいし、もっとシンプルに「なぜMacはカッコイイのか?」「Macを持つとこんなに世界が変わる!」とかのレベルでのプレゼンテーションが必要かと思う。なので、本特集は最新Macへの買い替え、アップグレードしたいユーザーが読むのに適した内容かと思う。
そう思って読むと、旧モデルに比べてどれぐらいパフォーマンスが上がっているかという解説は当然として、あるモデルを買った場合に必要となるオプション、あるいは拡張性は十分なのか、ディスプレイの接続に変換アダプタが必要か?など、わりと基本的でも重要な疑問に答えている解説で、かなり有用な情報が得られるものと思われる。
さらに最新Macのメモリ増設、HDD交換についてはかなり丁寧に解説している(当然ながら自己責任で!)ので、そのようなことをしたいユーザーなら、ぜひ買うべきだろう。

「定番ソフト自由自在」では私も買った「BiND for WebLiFE* 2.5」が紹介されている。このソフトはiWeb以上ドリームウィーバー未満のレベルのユーザー向けのウェブ作成ソフト。私も最近使い始めたところだが、カートリッジ(テンプレート)さえ自分の目的に合うものを決めてしまえば、あとは写真と文章を置き換えるだけでカッチョイイWEBサイトが簡単に作れる。8ページにわたって紹介されているので、ウェブ作成ソフトを検討している方は一読してみてはいかがだろうか? 
私はまだ使い初めなのでこのソフトをあれこれいえるレベルではないのだが、結構自分のフィーリングには合っていそうな気がする。
ちなみに販売されているBiNDはバージョン2で、2.5は発売されず、2を買ったユーザーがネットを通じて無償アップグレードすることで2.5となる。

「New Products Assessment」では私が紹介した「turbo.264HD」(動画ファイルをH.264形式に変換するハードウェアエンコーダー)が予想通り紹介されていた。解説を読むと、ますます欲しくなった。オープンプライスながら2万3,000円前後とのこと。

ぺんてるの「airepenMini」はメモリユニットについたクリップに紙を挟み、デジタルペンで書くと、それをTIFFファイルとして保存できるというもの。価格はオープンで実勢価格は1万5,000円前後。面白い製品だとは思うが、メモリ経由でMacにデータを受け渡すことになるのだが、BluetoothかなにかでリアルタイムにMac上で見ることができると活用方法が広がるのではと感じた。また、Windows版では手書き文字のテキスト化が可能なのにMac版ではできないのも残念。

「Apple's Standards」(ライター:大谷和利氏)の11回目は「優れたデザインを実現しながらコストダウンも図る」。読んでいてなるほどと思えた。デザインはアップル製品にとって非常に重要なファクターであるが、アップルは単なる最終製品のデザインの善し悪しだけにとどまらず、製造工程からも先進的な取り組みをしてきている。
エナジースターという基準に適合する製品も他社に先駆けて採用してきているし、一時期は製品の梱包材をフルカラーの化粧箱ではなく、あえて段ボール箱に黒1色の印刷で済ませた時期もあった(今はフルカラーに戻っているが)。
最近ではMacBookのアルミ切削のユニボディが有名だが、もし、この製品を廃棄/再生する場合には従来の組み立て方式よりもはるかに処理が楽になる。環境問題にも積極的に取り組んでいる姿勢はあっぱれである。


Mac Fan (マックファン) 2009年 06月号 [雑誌]Mac Fan (マックファン) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/27)
不明

商品詳細を見る





テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ


MacBook Pro の内蔵ハードディスク交換

以前MacBook Proのメモリを2GBから3GBに増設したが、今度は内蔵ハードディスクを取り替えた。

私のMacBook Proは5400rpmの160GB。
最初のうちはiTunesのデータやPallarelsというウィンドウズなどを動かすソフトのスペースもXP用とVista用を作っていたのだが、だんだんスペースが圧迫され、古いバージョンのソフトは全部削除。それでも足りず、iTunesのデータは外付けHDDに出し、PallarelsのVista用データも削除する羽目に。
それらを復活させようとバルクで買った日立製の7200rpmの320GBのHDDと交換することに。



メモリ増設のときはあっという間の簡単作業だったのだが、HDDの交換は本体部分のネジを全部外し、本体部分天板(パームレストやトラックパッドの部分)を外す必要があり、かなり面倒。

参考にしたのが「Mac Fan」2009年2月号。それほど詳しく書かれているわけではないが、ポイントは書かれているので参考になる。当然のことだが、自分分解すると、Appleの保証が受けられなくなるので、自己責任ということになる。

作業手順として、まずもともとのHDDに記録されているデータをMac OS付属の「ディスクユーティリティ」で外付けHDDにバックアップ。これ自体で4時間ほどかかった。

続いて電源を落としてバッテリーを外す。もちろんAC電源も。

そしてネジを全部取り除く。ここでミスったのはほとんどのネジが極小のプラスネジだったのだが、メモリ部分を隠すカバーをはずしたところに*型のT6ネジがあり、自分が持っている*型ドライバーはサイズが大きくて使うことができず、分解作業を断念せざるを得なかった。そんなわけでMacBook Proを組み直した。

後日対応ドライバーを購入し、分解作業を再開。
今度はどんどん分解作業は進み、本体天板部分を外すことに。ところが、トラックパッドの手前、ラッチのあたりがスッキリとはずれない。見渡しても外し忘れのネジはないので強引に天板部分を外したら。なんとか外すことができた。



いよいよHDDの交換となるのだが、キーボードと本体ロジックボードがフレキシブル基盤でつながっており、「Mac Fan」ではこれを外すようには書かれていなかったし、外し方もわからなかったので、つなげたままで作業を続行。これが結構面倒。

HDDにはフレキシブル基盤が乗っかっており、そこに2つのコードがつながっているので、これらのコネクターをはずす。
続いてフレキシブル基盤そのものをHDDからはがす。
つぎにHDDを固定している脇のバーにあるネジを外すと、HDDが取り出せる。
ここで新しいHDDを取り付けようとしたら、妙にグラグラする。よく見ると、もともと内蔵されていたHDDには側面にぐらつき防止用のゴムが4カ所ネジで止められており、これを新しいHDDに取り付けるとうまくスペースに収まった。

あとは分解作業と逆の作業を行えば組み上がる。

ただ、ちょっと問題が・・・。ボタンを押してもラッチがうまく開かなくなった。私のMacBook Proはディスプレイを閉じようとすると、ギリギリのところでフックが2つ磁力で出てきて、これが引っかかる仕組み。それがボタンを押してもうまくフックがはずれてくれないようだ。原因はわからないが、直そうとすると再分解が必要かも。

それはともかく、バックアップデータを保存したHDDをつなげてMacBook Proを起動する。本体HDDは空っぽでフォーマットもされていないので、外付けHDDから起動する。
起動したところで「ディスクユーティリティ」を使い、内蔵HDDをフォーマット。これはあっという間に終わる。
続いて外付けHDDのデータを内蔵HDDにコピー。やはり4時間ほどかかった。
コピーが終了したところで「システム環境設定」の「起動ディスク」で内蔵HDDを選び、再起動。無事起動し終わった。

ところが、外付けHDDにバックアップしてから数日経っていたので、その間に旧内蔵HDDに保存していたデータが当然のことながらコピーされていない。Mail、iCalデータなどは「Moblle Me」の同期で元通りになったが、一部データが取り残されたままだ。
裸になった旧内蔵HDDのデータを戻すためには2.5インチのハードディスクケースに収めればいいのだろうが、私が持っている2.5インチの外付けHDDは旧タイプのコネクタなのでこのHDDをつなげることができず、新たに対応するケースを購入する必要がありそうだ。

今回の教訓。
●必要なドライバーはあらかじめ用意しておく。特に*型ドライバー(T6)。
●バックアップは分解作業の直前に。
●内蔵ドライブのユーザーデータは必ず全てバックアップしておく。
●旧内蔵ドライブ用ハードディスクケースもあらかじめ用意しておく。

こんなところであろうか。




テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ


『家電名機カタログ 記憶に残る特別な家電 伝説の神機150』



『古今東西の傑作家電を完全網羅 家電名機カタログ』は本屋で見つけた『家電批評』特別編集。『MONOQLO』を出版する晋遊舎によるムック本。
自分の知っているアイテムがいくつもあったのでノスタルジーを感じて買ってしまった。1,380円。

アイテム数は150。1950年代の三種の神器時代から今日までの年表があり、そこには冷蔵庫や洗濯機、テレビ、ラジオ、炊飯器などが掲載されている(この年表の裏にはソニーウォークマンの歴代機種が年表形式で記載されている)。だが、150のアイテムにはそのような古い家電は紹介されておらず、大体70年代後半もしくは80年代以降のものばかり。

オーディオ系でいえば、ウォークマンII、iPod、ビデオカメラはハンディカム55、カメラではポラロイドSX-70、ジャスピンコニカ、ニコンF3、ゲーム機ではファミコン、ゲームボーイ、PS2、ドリキャス、パソコンではVAIO Type 505、MacBook Pro、他に携帯電話、洗濯機、TV、レーザーディスクプレイヤー、レコードプレイヤー、掃除機などと、多岐にわたっている。

ただ、エポックメイキングであったとか爆発的に売れた製品ももちろん多数掲載されているものの、「それを選ぶんなら、こっちのほうが・・・」というようなアイテムもなくはない。玉石混淆なイメージがある。ただ、巻頭に述べられているが、「同じ製品でもユーザーの見方、使い方によって評価は逆転するということ。つまり、あらゆる製品に名機と呼ばれる四角があり、普段使っている家電も気付いてないだけで名機となりうるのだ。」とあるとおり、玉石混淆が前提のようだ。

とはいえ、表紙の中央に「記憶に残る特別な家電 伝説の神機150 [永久保存版]」とあるので、押さえるところは押さえていただかないと。
オーディオ関係は疎い方なのであまり何も言えないが、カメラ関係については一言。
カメラでこの150アイテムに載っているのはポラロイドSX-70、リコーオートハーフSE2、コニカWaiWaiワイド、キヤノンEOS-1V HS、コニカC35AF(ジャスピンコニカ)、フジNATURA CLASSICA、フジFinePix PR21、ホルガ 120GCFN、ニコンF3。それらが載ることにケチを付けるつもりはないが、絶対にはずしてはいけないカメラがミノルタα-7000。新世代のオートフォーカスを実現した一眼レフだ。
パソコンについてもやはり初代ダイナブックは外したくない(が外れていた)。

あとキヤノンEF300mm F2.8L IS USMも掲載されているが、発売日が誤っている。EF300mmF2.8L USMは1987年11月に発売され、実際には3つのバージョンがある。その後1999年7月にISタイプが発売されている(発売日はいずれもキヤノンHPより)。本誌では実勢価格(中古価格?)を20万円としているところからも、記事を書いたライターはこのあたりの違いを知らないのか無視しているようだ。

細かいところでツッコミたくなるような記載はあちこち散見できるが、懐かしい家電を振り返ることができるのは事実。インパクト大のカセットテープ TDK MA-R初代iPodなどが掲載されているのが個人的には嬉しかった。

また、ライターにソニーファン(マニア?)がいるようで、「SONYらしさって何だ?」では実に23ページにわたってソニーの良さ、悪さを書いている。クオリアの失敗や「ソニータイマー」に関する記述はライターのソニー愛が感じられて面白かった。
続いて「パナソニックらしさ・・・」「東芝らしさ・・・」と続くが、それぞれ2ページのみの記述。そんなわけで、ソニーファンは一読してみてはいかが?

家電名機カタログ―古今東西の傑作家電を完全網羅 (100%ムックシリーズ)家電名機カタログ―古今東西の傑作家電を完全網羅 (100%ムックシリーズ)
(2009/04)
不明

商品詳細を見る






『MONOQLO』2009年6月号

『MONOQLO』2009年6月号の「買ってはいけない格安商品 完全チェックリスト」で紹介された格安デジタル一眼レフの購入で注意するポイントについて、私なりのコメントを。

この誌面において格安デジタル一眼レフの購入で注意するポイントとして、
□一つの動作に対する手順が複雑化する
□価格よりもレンズが豊富なメーカーが重要
□上位機種に比べ耐久性で劣る

の3点を挙げている。わたしは正直なところ、3点とも『?』を感じてしまう。

「一つの動作に対する手順が複雑化する」では、「上位機種に比べてボタン数が少ないなどシンプルな構成となっているため、ボタンを2回押さなくてはならないなど操作が多層化している」とあるが、逆に一つ一つのボタン操作を覚えるのもそれはそれで面倒である。格安カメラを買おうというユーザーがそんなハイレベルな操作を必要としているだろうか?

「価格よりもレンズが豊富なメーカーが重要」は半分その通りで、もし私が知人からデジタル一眼レフの購入でどれを選択すべきか訊かれたら、キヤノンかニコンを薦める。それは交換レンズが多いから。逆にいうと、それ以外のメーカーの場合はあまり薦められない。ただ、この本ではメーカー純正の交換レンズ数を掲載していたが、実際にはシグマ、タムロン、トキナーといったレンズメーカーのレンズも選択肢となるところも見逃すべきではない。最近はレンズメーカーの発売するレンズにも良いものがおおいからだ。
ただ、交換レンズの多さを一つの判断基準としているが、今や10倍の高倍率ズームを最初に買ってしまえば、2本目の交換レンズが不要になるケースも多いと思う。そのような場合は交換レンズの本数も意味がなくなってしまうが、どうだろう。

「上位機種に比べ耐久性で劣る」のは、そもそも当たり前だが、格安カメラを買おうとする人にとってどの程度の耐久性が必要なのか? そのような人たちがカメラの耐久性を超えるレベルのシャッターを押すとは思えないし、もしそこまで使ったのなら、また新しいカメラを買えばいいと思う。

もし自分がチェックポイントを挙げるとすれば、
1.(サードパーティを含め)使えるレンズが豊富なメーカーのもの
2.なるべく新しく発売されたもの
3.高感度で撮影できるかどうか
というところか。

1.はとりあえず上述の通り。
2.は解像度、画像処理エンジン、連続撮影コマ数など、新しければ新しいほど良くなっているからだ。
3.も2.に含めてもいいようなものだが、あえて分けた。メーカーによって高感度ISOでの画質の差があるので単純に断じるのははばかれるが、とりあえずISO1600まではあってほしいと思う。初心者ほど手ぶれが多いと予測できるし、また、暗くても気にせず撮影するケースがあると思われるからだ。そのようなケースでISO感度を上げれば失敗を防げることも多いだろう。

なによりも実際に手にとって操作してみることが一番ではないかとも思う。同じスペックでもメーカーによって操作感は全然違うし、なんとなくであってもフィーリングの合う、合わないがあるかもしれないからだ。

MONOQLO 2009年 06月号 [雑誌]

晋遊舎

このアイテムの詳細を見る




テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2009/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ