ポラロイドのトイカメラ『Taz Camera』



ケンタの『カーネルプチカメラ』に続き、ポラロイドのトイカメラ『Taz Camera』をご紹介。

 

こちらはポラロイド636カメラという、タイプ600フィルムを使う普及型カメラをベースに、アニメキャラクターをデザインしたソフトビニールをストロボ部分にかぶせたもの。

このキャラクターはワーナーブラザースの「ルーニー・テューンズ (LOONEY TUNES) 」というアニメに登場する「タスマニアンデビル (Tazmanian Devil)」。それを略して『Taz Camera』と呼ぶらしい。

ウィキペディアによれば、「ルーニー・テューンズ (LOONEY TUNES) は、アメリカのワーナー・ブラザーズが製作するアニメ。擬人化された様々な動物が登場するのが最大の特徴である。日本では1960年代~1980年代に「バッグス・バニー・ショー」「マンガ大作戦」「バックスバニーとゆかいな仲間たち」などの番組名で放送され、また1989年10月4日から1992年3月25日にかけて「バックス・バニーのぶっちぎりステージ」という番組名でテレビ東京で放送された。現在は声優が一新され、カートゥーン ネットワークの「バッグス・バニー ショー」で放送されている。」とある。
私自身、あまり記憶はないが、どこかで見たことがあるなぁという程度の記憶はある。

「ルーニー・テューンズ (LOONEY TUNES) 」のキャラクターとしては、「バッグス・バニー (Bugs Bunny)」「トゥイーティー(Tweety Bird)」などが有名だが、カメラにするには無理のあるキャラクターデザインだったのか? それでも、「タスマニアンデビル (Tazmanian Devil)」よりも「シルベスター・キャット (Sylvester Cat)」の方がもっと馴染みはあると思うのだけれど。


 

ちなみにこの化粧箱の隅の表示を見ると、『Taz Camera』は1999年の製品。通常のタイプ600フィルムが使えるほか、「ルーニー・テューンズ 」のイラストがあらかじめ露光されたフィルム(プリエクスポーズドフィルム)が1本同梱されていた。こちらはとっくの昔に期限が切れてしまったので捨ててしまったけれど。たぶんアメリカではこのフィルムだけを購入することもできたのではないかと推測するが、詳細不明。このフィルムは他の600シリーズカメラでも使用可能。




636カメラとの違いは、ストロボ部分にかぶせたTazのソフトビニールのほか、全体のカラーリングが茶色とベージュのプラスチックを使用。小ロットだとオリジナルのグレーのボディにペイントするはずだから、かなりの数量を作ったのではないかと推測する。レンズ周りのパーツは塩ビ版にプリントしたもの。下あご部分のイラストも塩ビ版を本体に貼付けている。


 

また、シャッターボタンは同心円の専用パーツを使っている。
ストラップ、アイピースも専用カラーのものを使用。


 

ただし、機能的には全く636カメラと同じで、取扱説明書は600シリーズカメラ共通のものが同梱されていた。
なお、ソフトビニールでストロボ部分をカバーしているが、充電ランプはきちんと装備されており、専用パーツを使っているように見える。

ちなみにこのカメラでは1枚も写真を撮ったことがない(笑)。完全なコレクション。

カメラ、フィルムとも日本では未発売のはず。それをなぜ私が所有しているかは、ヒ・ミ・ツ(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : トイカメラ ポラロイド タスマニアンデビル ルーニー・テューンズ


『交換レンズ 活用バイブル』

交換レンズ 活用バイブル (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)交換レンズ 活用バイブル (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)
(2009/08/29)
不明

商品詳細を見る


これは本屋で立ち読みしただけなので紹介するのは恐縮なのだけれど・・・。

まず、初心者のレンズに関する素朴な疑問についてはほぼ網羅されている。しかも写真や図を使ってわかりやすく解説されているので、初心者の方がこれから写真を勉強するには非常にいい本だと思う。

それから、忘れてならないのが「カール・ツァイス工場見学レポート」。本の真ん中当たりに数ページだけなのでうっかり飛ばしてしまうかもしれないが、ドイツのカール・ツァイス工場を実際に見学したレポートなので、カール・ツァイスレンズファンの方は必見! レンズの精度を指でチェックできる技術者の人数が「2.5人」というところの件(くだり)が個人的にはなかなか面白かった。
ただ、細かいことだけれど、このレポートの著者はコーティングの例として、透過率90%の(1枚につき10%のロスのある)レンズを10枚合わせると光は全く通過しないと言っているが、透過率は引き算ではなくて掛け算で計算すべきであるから、計算上は0.3486・・・(0.9の10乗)%になるはずだと思うのだがどうだろう(細かい揚げ足取りでスミマセン)。

1,995円と、ちょっとお高めではありますが、とりあえず立ち読みでもなんでもここだけは必見としておきましょう。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : 交換レンズ 活用バイブル カール・ツァイス


『Mac Fan』2009年10月号

Mac Fan (マックファン) 2009年 10月号 [雑誌]Mac Fan (マックファン) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/08/29)
不明

商品詳細を見る



年間購読している『Mac Fan』2009年10月号が自宅に届いた。
9月号の次号予告第1特集が「※非公表」となっていたので心待ちにしていたが、それは別冊付録『Mac OS X Snow Leopard START GUIDE』だった。
これはA5判で100ページになるもので、
第1章「スノーレパードをインストールする前に」
第2章「スノーレパードのインストールガイド」
第3章「スノーレパードのシステム環境設定辞典」
となっている。
ちょっとバカ丁寧に解説されているので、必要なところを読み飛ばせば良いと思うが、インストール前のバックアップやMac OS Xのダウングレード方法まで書かれており、親切。また、「スノーレパードのシステム環境設定辞典」はこの冊子の6割を占めており、最初に一通り読んでおくと良いかもしれない。

さらに本文でも36ページにわたる「パーフェクドガイド Snow Leopard」が特集されている。同誌8月号でもWWDC2009のレポートとして特集されていたが、本号の方がはるかに詳細に解説されている。

少し戻って表紙モデル、綾瀬はるかさんのインタビュー映画『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』を絡めた内容。インタビュアーがMacを薦めるが綾瀬さんはパナソニックのPCを主に使っているようで、綾瀬さんはパナソニックのビエラのCMにも出ているのだから、強要は滑稽。むしろパナソニックのCMに出演している彼女がパナソニック製品ではなくiPodを使っていることを公然とインタビュー記事に書いて平気なのか、そちらの方が心配(笑)。・・・と思ったら、いまやパナソニックはMP3プレイヤーから撤退しているのですな。D-DockはiPod対応を謳っている。
なお、インタビュアーのコメントはゴシック、綾瀬さんのコメントは明朝で区別しているが、区別してみづらい。インタビュアーのコメントは色を変えた方がわかりやすくなると思うのだが・・・。

Special Reviewは「新Final Cut Studio」。従来14万8,000円だった「Final Cut Studio 2」がバージョンアップして値段も10万8,800円に値下げ。「Adobe CS4 Production Premium」 が235,305円もする(Photoshopなども含まれるが、同等の単品だけ買ってもProduction Premiumの方が安い)ことを考えると半額以下! とはいえ、ワタシには金額はさておき荷が重い。8ページにわたり解説されているので、興味ある方はどーぞ。

「Mac Fan ビギナーズ」は「アップル・ビデオチュートリアル全ガイド」「検索のお作法」、ソフトの紹介では「FinderPop」「MediaMarker」「GarageBand '09」
「アップル・ビデオチュートリアル全ガイド」はとりあえずアップルのサイトを見れば済む内容かと。
一番役立ったのがQ&A。割と自分が経験したトラブルがいくつも載っていて、もっと早く読みたかった内容も。

第2特集 が「今すぐアナログ→デジタル変換」。レコード、テープ、ビデオテープのデータをMacに取り込む方法を解説。もちろん、それぞれ接続する機器を購入する必要があるのだが。私はカセットテープは引っ越しのときに丸ごと捨ててしまったので、今や必要なくなってしまったが、本当は数本、デジタル化しておきたいものがあった。もはやそれができないことは本当に残念。ちなみに同号194ページにTapeLink USB(2万790円)というWカセットタイプでデジタル化してUSB経由でMacに渡す機器が紹介されている。ビデオテープに関してはデジタル化しておきたいものがいくつかある。いずれビデオテープも劣化してしまうだろうから、早めの対処が必要か。

「プロのおてなみ拝見」。今回はアサヒ&カゴメ「ベジーテ」店頭POPビジュアルをPhotoshopで修正していく手法の紹介。フルーツを個別に色調補正したり、缶を丁寧に修正する手法はなかなか参考になりマス。

「Apple's Standards」。今回は「トップ企業とだけパートナーシップを築く」。時代劇俳優の話と絡めた文章はわかりやすく納得がいく。アップルはスティーブジョブズが戻ってきて主役としての地位を取り戻したという感じですな。


今回はこんなところで。Snow Leopard をインストールしようとする方はとりあえず必読という内容でした。

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : Mac Fan マックファン Snow Leopard 綾瀬はるか ホッタラケの島


Mac OS X 10.6 Snow Leopard インストール後の不具合

Mac OS X 10.6 Snow Leopard をインストールし終え、とりあえず快適に使い出したところ、不具合を確認!

私はキヤノンの複合プリンタMP960を使用しているのだが、プリントしようとしたら、いきなりプリンタドライバが消えていた!!!
そこでドライバディスクをインストールし直して解決したのだが、まさにOS変更後のトラブルをかぶってしまった。

ちょっと嫌な予感がしたので、Adobe Photoshop cs3の「読み込み」TWAINプラグインでMP960を使用しようと思ったら、スキャンを初めて5%でフリーズ! こちらは問題が解決していない。
MP Navigatorというソフトを使えばスキャンはできるのだが、プラグインでの使用に比べてちょっと面倒。

たぶんキヤノンさんにお願いすることになるのだろうが、この問題、早く解決して!!!

この記事を目にした方は、自分も同様のトラブルに会わないよう、ご注意されたし!

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : MacOS X 10.6 Snow Leopard トラブル MP960


Mac OS X 10.6 Snow Leopard をインストール!

Mac OS X 10.6 Snow Leopard が予定通り、発売日の本日(8月28日)に届いた。
OSや大物ソフト(PhotoshopとかOfficeなど)をアップグレードしたり、アップデートすると、たまに何らかの不具合があって仕事に支障をきたすことがあるので、かつては慎重になっていたのだが、今回はブツが届いてすぐにインストール。




 



まずはパッケージ。OS X 10.5 Leopard に比べて約半分の厚みがなく、特に凝った造りをしているわけではない普通のパッケージ。まぁ、3,300円なので多くを期待するのは酷か。
とはいえ、シュリンクパックの中のパッケージの開け口がキッチリしていなくて、ちょっと気分わろし。



パッケージを開けてみる。
白いスリーブにはお決まりの「Designed by Apple in California」。中にはペラのサポート案内、蛇腹折り10ページのSnow Leopardの特長説明、アップルロゴシールが入っている。


蛇腹折りのSnow Leopardの特長説明は左上に穴が開いていて、いわゆる「乱丁」。まぁ、これが「乱丁」だろうが何だろうが、インストールはできる。

さて、インストール。アップルのサイトでは最大50%の短縮化を実現したということで、時間を計ることにした。操作そのものはインストール先HDDを確認してインストールのためのパスワードを入力するだけ。
最初、「残り45分」と出ていたが、すぐに「1時間46分」と修正された。結局かかった時間は1時間22分。

再起動しても特別感動はなし。10.5にしたときは、銀河のようなデスクトップが表示されて少し感動的だったが。特にこの銀河デスクトップ(正式名称知らず)はタイムマシンの作業をするときにマッチしていて良い。
そのような感動は今回、何もなかった。

HDDも7GB節約できるとのことだったが、インストール前にサイズを確認しなかったので、実際どうだったのか不明(笑)。我ながらワキが甘いなぁ。

「64ビットのサポートやGrand Central Dispatchなど、Snow Leopardの新しいテクノロジーを駆使し、Finderを完全に再設計しました。生まれ変わったFinderでは、全体がスピードアップし、より俊敏なパフォーマンスを実現しました。」とあるFinder。確かに以前より速くなったような気がするが、あまり使い込んでいないので何とも言えない。

目に見えるところでは、新しくなったExposéQuickTime Xがフィーチャーされている。ExposéはDockのアイコンをクリックしたままホールドすると、そのアイコンのアプリケーションのウィンドウだけが表示されるのは便利かも。再クリックすると元に戻る。どれかを選んでスペースバーを押すと拡大される。

QuickTime X は従来Pro版に敷かなかった編集機能が利用できるようになったのだが、私はPro版を使用していたのであまりありがたみを感じない。インターフェースが新しくなり、最新のMacBook ProやiMacにマッチしそうだ。



個人的に嬉しかったのが、メニューバー右端の時間表示に日付を表示できるようになったこと。OS9までは対応していたのに、OS X になってから日付表示ができなくなった。これがようやく解決されたのが本当に嬉しい。



Microsoft Exchangeをサポートしたことも大きなポイントのようだが、私は関係ない状態。
その他、いろいろと改良点や新機能が満載のようなのだが、今日のところはここまで。


ご参考:

アップル:Mac OS X Snow Leopard - 世界で最も先進的なオペレーティングシステム

CNET:「Mac OS X Snow Leopard」発売--新機能をレビュー

BCNランキング:生まれ変わったMac OS「Snow Leopard」の楽しい・簡単・キレイを最速体験



Mac OS X 10.6 Snow LeopardMac OS X 10.6 Snow Leopard
(2009/08/28)
Macintosh

商品詳細を見る

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : MacOS X 10.6 Snow Leopard インストール Exposé QuickTime


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ