シグマのミラーレス一眼カメラ開発について

『Digital Photography Review』の記事では、PMA2010でのシグマのインタビューを掲載している。

『Digital Photography Review』の記事(英語サイト):Sigma planning interchangeable lens compact

デジカメinfoの記事(日本語要約サイト):シグマがFoveonを採用したミラーレスシステムを開発中


シグマがミラーレス一眼カメラを開発しているというだけなら、また一つ新マウントのカメラが出てくるというだけかもしれないが、自社マウントのAF一眼レフ、APS-Cコンパクトデジタルカメラを発売している、技術力のあるメーカー。なので、ミラーレス一眼カメラなんていうのは作ろうと思えばいつでも作れる技術は持っていると推測できる。

さらにシグマは他社マウントのAFレンズも発売している。つまり、各社一眼レフの信号伝達についての技術/ノウハウを持っているということで、キヤノンEFマウントのような完全電子マウントであっても、AF、絞り、手ぶれ補正機構などの信号を完全に伝達するマウントアダプターをシグマは作ることができるのではないか? これはEFマウントだけでなく、ニコンGレンズ、ミノルタ/ソニーαマウントなどでも同様で、レンズの機能を100%発揮できるマウントアダプターをシグマミラーレス一眼マウント用に提供できるのではないか?
そのようなことが可能であるとすれば、(MF一眼レフ用レンズも含め)膨大な種類/量の他社製レンズを装着/完全連動できるカメラとなる。しかも撮像素子がFoveon X3 センサーとなれば、マニアとしては放っておけないカメラになりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


ノボフレックスがサムスンNX用マウントアダプターを開発




『Digital Photography Review』によると、ノボフレックスサムスンNXシステム用に各社のマウントアダプターを開発したとのこと。

『Digital Photography Review』の記事:Novoflex shows adapters for Samsung NX

この記事によれば、以下の9種類のマウントアダプターを開発したとのこと。

• Nikon F
• Canon FD
• Minolta MD
• Minolta/Sony Alpha
• Leica R
• Pentax K
• Olympus OM
• M42
• T2

Nikon F 用に関してはマイクロフォーサーズ用マウントアダプターと同様に絞りコントロールリングを搭載しているので、Gタイプレンズでも絞り操作が可能となる(と思われる)。
現在、レンズ本数が少ないNXシステムだが、Nikon F 用マウントアダプターとDXニッコールを組み合わせれば、もともとの画角を損なわずに使用することができるので、特に魚眼や広角レンズでは実用的に使えるものと想像する。
ノボフレックスはマイクロフォーサーズ用でもミノルタ/ソニーαレンズ用、ペンタックスDAレンズ用に絞りコントロールリングを搭載しているので、記事では記述していないものの、NXシステム用でも同様に搭載しているものと思われるから、DXニッコール同様の使い方ができそうだ。

また、記事では価格、発売時期についても未定としている。とはいえ、ちょっと面白くなってきた。

このノボフレックスのアダプター発売に合わせて、どこかの業者が並行輸入して日本で売り出せば、サムスンNX10が日本のマニアの間でヒットしそうな気がするが、どうだろう。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : サムスン NX10 ミラーレス


『MONOQLO』2010年04月号

MONOQLO ( モノクロ ) 2010年 04月号 [雑誌]MONOQLO ( モノクロ ) 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/02/19)
不明

商品詳細を見る



カメラ雑誌の次は『MONOQLO』4月号


まずは巻頭特集「ビデオ&デジカメ 最新辛口レビュー」。卒業/入学のシーズンにビデオカメラを購入する向きも多いだろう。各社の新製品を「買ってよし!」「無難な選択」「ちょっと待て!」「選ぶ理由が見当たらない」の4段階評価。参考にされたし。
ユニークなのは最後の「ビデオカメラ最新評価一覧」。このページを切り取って家電量販店に持って行くと役立つとの配慮。ワタシなら『MONOQLO』丸ごと持って行くことをオススメするが(笑)。
デジカメのほうも同じ4段階評価。ただしこちらは切り取って持って行く一覧表ページはナシ。


今月は特集1「ワーストカードも実名掲載 クレジットカード 辛口採点簿」がすごい。実に48ページの大特集となっている。
まずいきなりビックリだったのが、「クレジットカード最新事情」。今年行なわれる2つの法改正で、「今までのように気軽にカードを作る時代は終わった」とのこと。「専業主婦がショッピング限度額30万円以上のカードを申し込む場合、世帯主の年収を申告して「世帯としての支払い能力」を示さなければならない。キャッシングはさらに厳格な審査があり、ハードルが高い。」「問い国年収が低い世帯は深刻だ。法改正により年収に応じて、カード利用限度額が決められてしまい、その範囲内までしかカードが持てなくなるからだ。」そんな法律がいつの間に・・・。カード破産者が増えていることへの対策として理解はできるが、かなり不便を強いられる人が出そうな気がする。
そんな事情があるからこそ、カードの選択が重要になってくる、ということで、「航空系」「買い物系(家電量販店編/コンビニ編)」でそれぞれのカードの使い方を解説。
続いて「鉄道系クレジットカードNo.1決定戦」が間を挟み、さらに「生活系(ガソリンカード)」「銀行系」が続く。
「「リボ払いでポイント倍増」は本当にお得か?」。常識的に考えて、ポイントの原資は分割支払いの手数料だから、得することはないと思うが、一応、本誌ではシミュレーションした表も掲載している。
「Tカード」「電子マネー」の評価も忘れない。
「実録 クレジットヒストリー追跡レポ」「実況ドキュメント 難関クレジットカード発行にチャレンジ!」という企画もおもしろい。
そして「2010年度版 クレジットカード辛口ランキング100」でずらっと100枚のカードが一覧表に(といっても7ページにわたるが)。上位10位ぐらいまでは読むだろうが、読者の何人がこの一覧表を丹念に読むかは疑問(笑)。でもまぁ、この一覧表を作った努力は評価したい。
そのあとは「入会すると損をする!! ワーストクレジットカードリスト」。ここで実名は伏せておくが、本誌をご覧クダサイ。
「カードライフを有利にする クレジットカード裏マニュアル」は結構実用的な内容かも。


特集2「アマゾン完全攻略」
「ウワサのキンドル 実力レビュー」
「初心者のためのアマゾン入門 各種ツール徹底解説」
「メディア&ケーブルを徹底検証 アマゾンのPB商品てどうなの?」
「アマゾンで本当に安いモノ」
という内容。ワタシ的には「アマゾンで本当に安いモノ」が良かった。
また、「売上ランキングの仕組みを検証」では、編集部員が売上ランキングの低い書籍をチマチマ購入してランキングがどのように上がるかをレポートした、くだらなくて笑える内容。


特集3「春の新生活良品 三つ星ベストバイ」
「インテリア」「日用雑貨」「キッチン用品」「ビジネス小物」というカテゴリーでオススメ商品をたくさん紹介。また、それぞれ “選定会議” のトーク内容も参考になる。


「がっかり製品ノミネート オブ・ザ・イヤー」。今月は「ソフトバンクの iPhone 契約プラン」。終了を煽っておいて、キャンペーン期間が終了したらさらにお得なキャンペーンを実施するというワザに出たことを非難。たしかに怒りたくなるわな(笑)。


「今月のダメだこりゃ!」。今月は3アイテムを取り上げているが、ここでは伏せておく。どーぞ本誌をご覧クダサイ。


「格安国内旅行術18」。これも実用的な内容。


「はみだし都市伝説」。今月は「オリンピックの金メダルは純金ではない!? 伝説」。これは残念ながら知っていたので面白みが半減。でも知らない人も多いようで、夕方のニュースでアホなコメンテーターが「金メダルを1コでも獲ったら、今の金相場なら200万円にはなりますね」と言っていた。金メダルは6g以上の金を使ったメッキなので、金の価値としては2万円ちょい。中身の銀の価値としては3万円ちょいなので、素材そのものの価値としては1コ5万円程度となる計算。TV局にクレームが殺到していなければよいが(笑)。なぜそのような仕様になっているかは詳しく紹介されているので、ウンチクを一席ぶつのにオススメ。


「TEST」。今月は「格安シューズ比較テスト」。ユニクロ、無印良品、西友、コンバース、ヴァンズの各製品を実際に仕立て、価格と品質のバランス、耐久性をもとに総合評価。結果は誌面をご覧クダサイ。


今月の『MONOQLO』こんな感じ。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : MONOQLO


『デジタルフォト』2010年03月号

デジタルフォト 2010年 03月号 [雑誌]デジタルフォト 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/20)
不明

商品詳細を見る



最後に『デジタルフォト』。今月号は申し訳ないが立ち読みで済ませていただいたが、いくつか気になった記事があった。

「キヤノン EOS Kiss X4」。10ページも割いて他誌をぶっちぎり!(笑)。液晶モニターの設定画面をたくさん写真にして解説していたが、必要だったか疑問。単純に「●●ができるようになった」と解説すればよいと思うのだが。また、扉ページの解説文はダラダラ長く、ポイントが一目で掴めない。まぁ、じっくり読めば内容は理解できるのだが、ワタシは立ち読みなので(笑)。

「オリンパス PEN Lite E-PL1」。こちらも他誌ぶっちぎりの10ページ。やっぱり液晶モニターの設定画面をたくさん掲載していることで、ポイントが分かりづらくなっている気がする。
詳しいことは詳しいので、じっくり読みたい向きはご参考にされたし。

「ニコン AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR」。このレンズの紹介を見開き2ページで展開。風景写真家の方が実写レポートしているが、このレンズが風景写真家にとって必要であるかを非常に具体的に解説していて秀逸。12-24/2.8と比較して、なぜこちらをチョイスすべきかがクリアだ。

「ニコン AF-S NIKKOR 24mm F1.4 ED」。こちらも見開き2ページで実写レポート。こちらは別のカメラマンがスナップ撮影しているが、このレンズの素性はよくわかる。レンズ購入検討者は要チェック。

「田中希美男がゆく!」。今回のインタビューはキヤノン。このコーナーは大好きで、何よりも田中氏のインタビューのポイントが明確であるところがすばらしい。今回は開発部隊がユーザーに直接インタビューするプロジェクトについての質問、EOS 7D、EOS-1D Mark IV からAWBとピクチャースタイル の仕上がりが変わったことに対する質問、1D4のオートISO についての質問。
今回とくにマニアックな部分に突っ込んでいるが、他誌では絶対に聞かないような内容なので面白かった。

ちなみに巻頭特集は「今さら人には聞けない デジタル一眼レフの疑問150(前編) 」。カメラ技術編、カメラ機能編、レンズ技術編、アクセサリー編 の4カテゴリーで疑問001~075まで掲載している。


立ち読みで済ませた『デジタルフォト』はこんなところで。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : デジタルフォト


『デジタルカメラマガジン』2010年03月号

デジタルカメラマガジン 2010年 03月号 [雑誌]デジタルカメラマガジン 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/20)
不明

商品詳細を見る



続いて『デジタルカメラマガジン』

各カメラ雑誌の3月号で一番頑張ったのが本誌ではないかと思う。それは「国内独占レビュー! ミラーレス一眼の未来がサムスンNX10で見えた!!」。サムスンNX10は日本で発売されていないので、国内入手はできない。だが、韓国ではすでに発売されているわけだから、何らかの手段を使えば手に入れることができるはずである。日本のカメラ雑誌はそれをやっていない。ワタシは他のカメラ雑誌の怠慢だと思う。
日本はカメラ大国となり、世界市場のほとんどは日本メーカーが占めているかもしれない。そして主要メーカーは本社を東京に置いているから、東京で主要メーカーの広報担当者と仲良くしていれば、情報を取れると思っているのではないだろうか。だから日本の主要メーカーからはずれるサムスンがユニークなミラーレス一眼カメラを発表しても、アクションが遅れているのではないだろうか。その点、『デジタルカメラマガジン』誌は実機を入手し、実写レポートを掲載するほか、サムスンの開発者・マーケティング担当者へのインタビューも掲載している。拍手!
サムスンNX10 そのものに関しては、まだレンズ本数も少ないし、そもそも日本では未発売の状態なので、ワタシ的にはそれほどの興味を持っていなかったが、インタビューでは、サムスンのコンパクトデジカメの世界シェアはすでに第3位であるという。同記事中にはサムスンのデジタルカメラ開発史も簡単に紹介されており、歴史は結構あることがわかる。
デジタルカメラは日本がナンバーワンと思っていたが、知らない間に世界市場はサムスンが席巻していたなんてことが将来起こるかもしれない。そのような不安を感じさせてくれる記事だった。

「ライカがともにある贅沢な時間」。これはライカX1の記事だが、これも他誌があまり取り上げていない内容。内田ユキオ氏によってかなり叙情的な表現でまとめられている。ワタシ的には欲しいと思わないカメラだが、そうでない方はご参考に。特に豪華なカメラの包装箱の説明に誌面を割いているけれど、内容的には割いて当然。

「カシオ HIGH SPEED EXILIM の技術がいまおもしろい!!」。その第2回目が「HIGH SPEED EXILIM FC150 が高画質な理由」。具体的にはハイスピード [HS] 逆光ハイスピード [HS] 夜景と人物 という機能を取り上げている。これが目次や広告の次に続いているのにビックリしたが、いわゆる「記事広告」というものであろう。2月号も振り返ってみたら、同様の内容の記事が。
「記事広告」は記事のような体裁の広告であるから、商品の悪いことは載せない(当たり前!)。だが、オリジナル技術志向のカシオにとっては、フツーの広告をするよりも、このような「記事広告」を巻頭で展開すれば、効果は大きいと思う。そんなわけで、この展開は成功しているとワタシは思う。

「ミラーを備えたデジイチの真の実力を見よ! 低価格な高性能デジイチ キヤノン EOS KISS X4」。4ページの記事ながら、分かりやすくまとめられていると思う。
本誌の読者層がどうなっているのか知らないが、旧キスデジユーザーは買い替えるべきなのかというレベルで突っ込んだ評価がほしかったけれど、他誌もそこまではしていないし、まだ発表されたばかりなのでそこまで望むのは酷か。

「かわいいじゃないか PEN Lite」。こちらもまた4ページながら、ポイントを突いたまとめ方がされていると思う。

「写真好きのための撮って楽しむ一眼ムービー入門」。タイトル通り初心者向け企画だが、38ページも割いた大特集。
● デジタル一眼ムービーQ&A
● 写真家が考える一眼ムービーの可能性
● 小林幹幸氏に学ぶ一眼ムービースタイル
● 一眼ムービー撮影 便利アイテム&テクニックTips集
という内容。これからデジタル一眼ムービーを始めてみようという人には大いに参考になりそう。
具体的な編集作業に関しては Mac の iPhoto と iMovie で操作方法を解説しているが、どんなものか?(ワタシはMacユーザーだけれど)。一応、Windowsで同等機能を有すると思われるソフトも紹介している。

特集2「売れる写真には、秘密があった! Web ストックフォトの傾向と対策」。同様の内容の単行本がピクスタから出ているが、とりあえずストックフォトがどんなものかを教えてくれる記事。ストックフォト専業のカメラマンや主婦の片手間ながらかなりの小遣いを稼いでいる、というニュースをテレビで観たことがあるが、趣味の片手間に小遣いを稼ぎたいという方はご参考に。

写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~
(2009/08/25)
LOCUS. AND WONDERS.

商品詳細を見る


「ニコンファン待望のレンズを茂手木秀行がズバッと斬る」。レンズはAF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VRAF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED。それぞれ作例つきの1ページずつのレポート。
16-35/4に関してはVRの良さが表現されておらず残念。
24/1.4についても、いいことばかり書いていて、「買い」なのかそうでないのかが分からない。まぁ、購入検討している人はとりあえずチェックしてみては。

「デジタルカメラ 先駆者の現場」。今回は長根広和さん。鉄道風景写真を撮り続けている方。掲載されている写真もいいし、普段使用している機材や便利グッズの紹介など、鉄ちゃんは参考になるところがあるのでは?

「あなたの相棒レンズはコレだ!!」今回はニコンの85mm 3本で、AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRAI AF Nikkor 85mm F1.8Dカールツァイス Plannar T* 1.4/85 ZF.2
マイクロ85/3.5 とプラナーは全く性格が違うレンズだと思うけれど、85/1.8 を基準にするとこれらの3本の対決もアリなのかも。

「Cameraman's choice」。プロカメラマンのオススメの逸品を紹介するコーナーだが、今回はキャンピングカー、脚立、ぺんてるのAir Pen などおもしろいアイテムを紹介してる。ワタシ的にはキャンピングカーの紹介が秀逸に感じた。具体的な紹介者はすでにキャンピングカーを数台乗り替えていて、経験豊富。だからこそ、評価が具体的になり、信頼できるように思われる。

「小山壮二のデジタルラボ」。今回は「インパクトの瞬間は8コマ/秒で撮れるのか?」。ワタシが過去にレポートした内容に類似していて苦笑。ワタシはバレーボール、バドミントンで試してみたが、この企画ではゴルフスイング。インパクトの瞬間を捉えることができるかどうかという内容。
使用機材はキヤノンEOS 7D。結論としては「最低30コマ/秒が必要で、プロのスイングならば60コマ/秒が必要になるだろう」としているが、ラボならば推測で終わらせず、カシオのハイスピードエクシリムを使うなどして結果を出してほしかったところ。

ご参考 本ブログの過去のエントリー:
Casio EXILIM EX-F1 で “シャッターチャンス” は確実に捉えられるのか?
Casio EXILIM EX-F1 連続写真を久しぶりに撮影(2)
Casio EXILIM EX-F1 連続写真を久しぶりに撮影



『デジタルカメラマガジン』はこんなところで。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : デジタルカメラマガジン


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
01 ≪│2010/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ