バドミントン『YONEX OPEN JAPAN 2010』での撮影/機材編3

『YONEX OPEN JAPAN 2010』で一番活躍したカメラはキヤノン EOS-1D Mark IV であるのは間違いないのだが、会場雑記でメモ的な撮影に大活躍したのがパナソニック LUMIX DMC-TZ7

会場雑記は別サイトはご覧クダサイ。

2010.09.22 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第2日目/前編)
2010.09.23 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第3日目/前編)
2010.09.24 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第4日目/前編)
2010.09.25 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(準決勝/前編)
2010.09.26 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(決勝/前編)

大伸ばしの必要がない記録写真であれば、デジタル一眼を持ち出す必要もなく、このカメラで大抵は事足りる。

広角は25mmとそこそこ広い範囲を写し取ることができるし、遠近感を目立たせたくない場合は望遠で撮ることもできる。しかもズーム全域で手ぶれ補正が効くのは、室内でのフラッシュなし撮影で頼りになる。


とはいえ、このカメラのワイド端25mmでも、東京体育館の全体を写すことはできない。

 
TZ7で撮影(35mm版換算25mm相当)


そんな場合は LUMIX DMC-GH1 + 7-14mm F4 ASPH. または+ 8mm F3.5 があると便利。
7-14mm では東側大型モニターから西側大型モニターまで写し込むことができるし、8mm F3.5 なら画面が歪曲するものの、もう少し広い範囲を写し込むことができる。

 
左:GH1 + 7-14mmで撮影(7mm/35mm版換算14mm相当)
右:GH1 + 8mmで撮影(35mm版換算16mm相当)


また、歪曲を活かしてダイナミックなワイド感を出すことも可能で、使い分けたい。


GH1 + 8mmで撮影(35mm版換算16mm相当)
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX TZ7 GH1 8mmF3.5 7-14mmF4 マイクロフォーサーズ


バドミントン『YONEX OPEN JAPAN 2010』での撮影/機材編2

昨日は『YONEX OPEN JAPAN 2010』に持ち込んだ機材全体の紹介とキヤノン EOS-1D Mark IV + シグマ AF 120-300mm F2.8 EX + APO Tele Converter 2X EX DG について紹介したが、今日はキヤノン EOS-1D Mark IV + EF400mm F2.8L IS USM および Extender EF 1.4X II、Extender EF 2X II との組み合わせについて。


バドミントンの試合でヨンニッパレンズを持ち出すのはほぼプロのみだろうと思うけれど、幸いにもワタシはこのレンズを使うことができる。
『YONEX OPEN JAPAN』が開催される東京体育館では、アマチュアはコートサイド側から撮影することができないし、コートエンドのアリーナ席は選手に近いけれども、撮影するには角度が悪くてイイ写真が撮れないとワタシは考えている。
そんなわけで3階一般席から撮影しているわけだが、コートからの距離が遠くなるので、長いレンズが必要となり、このレンズの出番となる。

以前はISO感度上げられなかったので、シャッタースピードをかせぐためにテレコンバーターをなるべく使用したくなかったのだが、EOS-1D Mark IV は高感度でもなかなか使えるので、今回はテレコンをとっかえひっかえ使ってみた。



まずは 400mmレンズ単体

 

3階席からでは試合状況を説明するような写真を撮るには最適の画角。
ただ、シグマのAF120-300mm F2.8 EX にテレコンを装着した組み合わせの方が画角を自由に決められるので便利。



続いて 400mm + 1.4X テレコンの組み合わせ。

 

全身がちょうど入るぐらいの画角。ただし、オーバーヘッドストロークの瞬間を撮影するとラケットか脚が切れてしまう。
こちらもシグマのAF120-300mm F2.8 EX にテレコンを装着した組み合わせの方が便利なことは間違いない。



さらに続いて 400mm + 2X テレコンの組み合わせ。

 

選手をアップで撮れるので便利。
シグマのAF120-300mm F2.8 EX にテレコンを装着してもこれほどアップでは撮れないので、多用した。
これぐらいの画角になるとネットは下の方になるので、EOS-1D Mark IV の45点自動選択AFでもネットにピントが合うことはほとんどなく、快適に撮影できる。画角が広くなると、ネットが中央に寄ったフレーミングにするケースもあり、その場合はAFに注意が必要となる。



最後に 400mm + 2X テレコン + 1.4X テレコンの組み合わせ。

 

この組み合わせは本来メーカー推奨ではなく、AFが合う場合もあればメチャクチャ外すことも多い。そもそもレンズの明るさがAFに対応していないので仕方ないのだが。そんなわけで下手にAFが大はずれするよりはマニュアルフォーカスで撮った方がよい。ただし、被写界深度は浅くなるのでピンぼけはある程度覚悟しなければならない。
とはいえ、うまく撮れれば、迫力のある写真となる。

次はオマケ(笑)。



これもテレコンの2個付けで撮影しているが、撮影位置はコートエンド正面ではなく、かなり斜めの離れたところ。なので、上の写真よりも小さく写っている。
とはいえ、選手の表情を写したい場合はなるべく望遠で撮影したい。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1D Mark IV EOS-1DMK4Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1D Mark IV EOS-1DMK4
(2009/12/19)
キヤノン

商品詳細を見る

Canon EF Lレンズ 400mm F2.8L IS USMCanon EF Lレンズ 400mm F2.8L IS USM
()
キヤノン

商品詳細を見る

Canon エクステンダー EF1.4X 2型 EF14X2Canon エクステンダー EF1.4X 2型 EF14X2
()
キヤノン

商品詳細を見る

Canon エクステンダー EF2X 2型 EF2X2Canon エクステンダー EF2X 2型 EF2X2
()
キヤノン

商品詳細を見る

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン キヤノン EOS-1D EF400mmF2.8L


バドミントン『YONEX OPEN JAPAN 2010』での撮影/機材編1

9月21日から26日まで東京体育館で行なわれていたバドミントンの国際大会『YONEX OPEN JAPAN 2010』

YONEX OPEN JAPAN 2010 公式サイト:YONEX OPEN JAPAN 2010





今回の撮影機材は4月の『大阪国際インターナショナルチャレンジ』のときとほぼ同様。

過去のエントリー:宿泊を伴う撮影での準備のポイント

実際、1週間の東京滞在となるので着替えも必要となるので、ペリカンのトランク1610 にソフトケースに入れたEF400mmF2.8L IS USM と細かいアイテム、着替えを詰め込んでホテルに直送。
エツミのトゥルーリーカーゴスポーツも宅配便で送っておきたいところだが、ペリカンほど頑丈ではないので、機材破損の心配がある。そんなわけでこちらはちょっと邪魔くさいけれどハンドキャリー。

過去のエントリー:
象が踏んでも壊れない? ペリカンのカメラトランク
エツミ『トゥルーリー スポーツカーゴ(E-3110)』

で、ワタシは大会2日目から観戦/撮影したのだが、初日はフルセットを持ち込んで撮影。
ただ、使用したレンズはほぼシグマAF120-300mm F2.8 EXキヤノンEF400mm F2.8L IS USM およびそれぞれのテレコンバーターのみ。魚眼15mm、16-35mm、24-70mmはほとんど使用することがなかった。
なお、一脚も持ち込んだが、会場貼紙で『三脚/一脚の使用禁止』とあったので、翌日からはホテルに置きっぱなし。

そんなところで大会2日目からはアンダーアーマーのデイパックに AF120-300mm F2.8 EX を装着した EOS-1Ds Mark III とEOS-1D Mark IV、テレコンバーター4個、パナソニックGH1、魚眼 8mm F3.5、超広角7-14mm F4 を詰め込み、それとソフトケースに入れた EF400mm F2.8L IS USM 、腰からぶら下げるポーチにパナソニック TZ7 を会場に持ち込んだ。
別ブログの会場雑感記事のためのメモ写真は主にパナソニック TZ7 で撮影し、試合自体はキヤノンの一眼レフで撮影。

これで大半の撮影をカバーできたのだが、EF24-70mm F2.8L USM をホテルに置いたまま会場に持ち込まなかったので、たまになくて失敗したと思うことも。
一方、今回あまり使うことがなかったのが EOS-1Ds Mark III。このカメラはISO3200までなので、テレコンを使用しての撮影はかなりキビシイ。120-300mmを装着して300mm弱の画角が欲しいときに使用していたが、むしろEOS-1D Mark IV にこのレンズ+2倍テレコンバーターを装着したほうが、使い勝手がよく、最終日はほとんどこの組み合わせで撮影することに。



そんなわけで、以下は EOS-1D Mark IV + AF120-300mm F2.8 EX + APO Tele Converter 2x EX DG での作例。
いずれも9月26日の決勝戦。東京体育館北側3階一般席のほぼ一番上の席から撮影。 ISO12800、1/1000秒、f5.6 で撮影


240mmで撮影。

ネット際でのプレイの判定について大型モニターのリプレイを見てくれ!と主審に抗議しているところ。
このような場合は引いた画面で状況を写したいので、ズームは便利。選手が審判にもっと詰め寄っていたらズームアップして表情を狙いたいところだ。 

373mmで撮影。

ネット際でのヘアピンというショットを手前コートの選手も含めて撮影。
もちろん、打っている選手だけをズームアップして撮影するというケースもあるだろうが、対戦相手が写っている方が試合をしている雰囲気が出ると思う。 

443mmで撮影。                      
前衛選手がネット際に落ちたシャトルをロブで上げたところ。
こちらもダブルス戦の雰囲気が出ていると思う。
 

494mmで撮影。                     
こちらはサービスをレシーバーがプッシュで返したところ。
ダブルスの4人を画面に入れつつ、なるべく大きく写るようフレーミング。 

600mmで撮影。                    
優勝が決まり、着ていたウェアを観客席に投げ入れる選手を撮影。 


3階席から選手のアップを撮影するにはこの機材の組み合わせでも不足だが、席を移動できないスポーツ観戦での超望遠ズームは実に便利。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1D Mark IV EOS-1DMK4Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1D Mark IV EOS-1DMK4
(2009/12/19)
キヤノン

商品詳細を見る

シグマ 120-300mm F2.8 APO EX DG HSM キヤノン用シグマ 120-300mm F2.8 APO EX DG HSM キヤノン用
()
シグマ

商品詳細を見る

シグマ APO TELE CONVERTER 2X EX DG キヤノン用シグマ APO TELE CONVERTER 2X EX DG キヤノン用
()
シグマ

商品詳細を見る

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン ヨネックスオープン EOS-1D 120-300mm


『YONEX OPEN JAPAN 2010』観戦レポート(別ブログ記事の紹介)

ご存知の方もいらっしゃるだろうが、別サイトにて『YONEX OPEN JAPAN 2010』の私的レポートを行なっている。
おヒマならご覧いただきたい。

2010.09.22 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第2日目/前編)
2010.09.22 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第2日目/後編)
2010.09.23 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第3日目/前編)
2010.09.22 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第3日目/後編)
2010.09.24 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第4日目/前編)
2010.09.24 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(第4日目/後編)
2010.09.25 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(準決勝/前編)
2010.09.25 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(準決勝/後編)
2010.09.26 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(決勝/前編)
2010.09.26 YONEX OPEN JAPAN 2010 観戦記(決勝/後編)

5日間で約7,000枚撮影しており、その写真のセレクトと色調補正/トリミングでべらぼうに時間がかかった。ちょっと疲労困憊気味(笑)。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : YONEX バドミントン


LUMIX DMC-TZ7で室内の家ネコを撮影(駄作14)




今回、ネタがなくなったわけではなく、書いている暇がない
(別ブログが忙しい)ので、撮り貯めておいた家ネコ写真でお茶濁し(笑)。
以前にもモデルとなっているのんちゃんでゴザイマス。
暑い室内でも玄関のタイルの上は涼しいのか、のんちゃんの
お気に入りスポット(笑)。撮影は9月初旬でゴザイマス。
それにしても、これは猫背に効くポーズなのか???(笑)。

撮影データ:
焦点距離169mm相当、
ISO400、1/30秒、f4.5。
「通常撮影モード」で撮影。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : Panasonic LUMIX TZ7


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ