小学生のときに集めた『中日ドラゴンズめんこ』!

物置から出てきた懐かしグッズ、その2はペプシコーラを飲むともらえた『中日ドラゴンズめんこ』。同じものも含めて39枚残っていた。
与那嶺要監督のもとリーグ優勝をした1974年か翌年ぐらいのキャンペーングッズかと思う。







裏はこんな感じ。選手の背番号、ポジション、名前、出身、年齢といったデータの他、野球のルールや「防御率」「長打率」などの計算式、プロ野球豆知識などが印刷されている。
グー、チョキ、パーの印刷はカードジャンケン用。

丸形で2カ所かけているのは、そこに輪ゴムを引っ掛けて飛ばす遊びのため。

ワタシは特別中日ドラゴンズのファンでもなかったが、これのおかげでやたらとペプシコーラを飲んだような(笑)。

別のキャンペーンでは王冠の裏をめくって当たりが出たらドラゴンズグッズがもらえるというのもあり、大島康徳選手の直筆サインボールが当たった(これは紛失)。

このような思い出のあるグッズ。今ではゴミ同然(爆)。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他


高校時代によく使いました。LPLのフィルム現像タンク



ネタ不足で物置を物色していたら、中学・高校時代のモノが色々と見つかったので、しばらくはネタ不足にならない予定(笑)。

まずはLPLのフィルム現像タンク。今のヒトは知らないかもしれないが、今から30年ほど昔はそこそこの写真店なら現像器具や現像液を置いていた。もちろんモノクロフィルム・モノクロプリント用だが。
ワタシが自家現像を始めたのは中学3年のとき。社会科の先生がカメラを30台ほど持っているほどのマニアで、あまった引き伸ばし機をくれるというので、自宅まで伺って持ち帰らせていただいた。現像バットやピンセットなどは馴染みの写真店で購入し、夜中に台所でよくプリントしたものだ。





フィルム現像も少し遅れてスタート。中3のときか高校に入ってからかは忘れてしまったが。

写真の左からキャップ、フタ、本体、35mmフィルム用リール2本。本当は中判フィルム用リールもあったのだが、紛失。

当時ダークバッグを持っていなかったので、押し入れの中でフィルムをリールに巻いてタンクに入れていた。当然のことながら真っ暗なので、手探りで作業。最初は上手くいかず汗だくになったが、慣れるとあっという間の作業に。

自家現像では増感も可能で、バスケットボールを富士フイルムのネオパン400でISO12800(キヤノンA-1の最高感度)で撮影したこともあれば、当時『CAPA』に掲載されていたコダックのテクニカルパンテクニドール(現像液)で超微粒子現像を試したこともあった。


大学4年間はカネがなかったこともあり、ほとんど写真を撮らず、その後あらためて写真を撮り出したときはデジタルだったので、この現像タンクは使わずじまい。ただ、シンプルな構造でステンレス製なので、今でもそのまま使おうと思えば使える状態にある。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


パナソニックのデジタル一眼セットが丸ごと入ります。エツミのショルダーバッグ



ネタ不足であれこれ探しているなか、そーいえばこのバッグは取り上げていなかったと思い出して、急遽ご紹介申し上げマス。

エツミの『トゥルーリープロ』シリーズのショルダーバッグはワタシの最初のデジタル一眼レフ『キヤノン D60』を購入してすぐに買ったもの。当時はカメラ1台にレンズ1~2本だったので、これで間に合っていたが、さすがに今はとても入り切らないぐらいイロイロ増えてしまった(笑)。なのでしばらく使うことがなかった。

ところが、パナソニックの GH1 を購入してから、システムがコンパクトになったので、復活!


中はこんな感じ。パナソニックのシステムなら、自分のアイテムは全部入れることができる。
クッション材は取り出すことができる。
中仕切りはもともと1枚だったように記憶しているが、追加でもう1枚。

外側はネット収納部と小物ポケット2つ。さらにカードホルダーとペンホルダーがあり、ビジネス用途でも使えるような仕様。

このバッグの残念なところは、布をギリギリにしか使っておらず、クッション材や外装部などの布が縫い目から破れてきていること。コストカットのためかもしれないが、布は十分使って欲しかった。


プラップ部分の中央にも収納部があり、名刺入れぐらいのサイズのものが収納できる。 


ストラップは中央に肩当てがついており、表面は人工皮革(たぶん)、裏面は滑り止めのラバー。
ストラップの両端に調整具がついているので、肩当ては真ん中に調整できる。


バッグ側面にはジッパーがついていて、収納物が少ない場合はこんな感じでスリムになる。
ビジネスバッグとしても使える仕様。


側面のジッパーを開けると8cmほど拡げることができる。

このバッグには底面にクッション材があるのだが、芸が細かいのはクッション材が2つ折りにできるようになっていて、ジッパーを開けるときはクッション材を伸ばし、ジッパーを閉めるときはクッション材を2つ折りにできるのである。


バッグの背中部分にもジッパー。丁度A4サイズの雑誌が入るぐらいの大きさなのだが、A4の雑誌を入れようとするとスムーズに入らない。あと5mmぐらいジッパーが長ければスムーズに入れられるのだが、オシイ。なので入れるときに多少折れ曲がってもいいような書類とか、A4よりも小さい書類しか入れない。A4雑誌などはメインの収納部に入れている。


こんな感じのバッグ。最初にも書いたが、パナソニックのミラーレス一眼システムを一式入れるにはちょうど良いサイズなので、今後は再度活躍しそう。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


パナソニック LUMIX DMC-GH2 + G VARIO 100-300mm で庭の家ネコを撮影(駄作21)

久々に家ネコシリーズでございます。ネタがないので(笑)。




撮影データ:1/4,000秒、f5.6、ISO6400、35mm判換算200mm

まずは生後1年未満ながら、大きくなったサクラ(♀)。松葉を前景でぼかして撮ってみた。




撮影データ:1/800秒、f5.6、ISO400、-0.66補正、35mm判換算456mm

こちらはバストショット(と言うのか? 猫の場合でも)。逆光で輪郭が綺麗に光っている。
背景のボケは絞り開放のため、口径食によりラグビーボール状。






撮影データ:1/500秒、f5.6、ISO400、35mm判換算600mm

続いて上の猫と兄弟のヒロシ(♂)。最近命名されたばかり。




撮影データ:1/400秒、f5.6、ISO400、35mm判換算600mm

白黒で耳の縁が白いのが特徴。





撮影データ:1/4,000秒、f5.6、ISO6400、35mm判換算200mm

グレーの猫はルイ。




撮影データ:1/4,000秒、f5.6、-0.66補正、ISO6400、35mm判換算600mm

このレンズでは超望遠マクロも可能。ただし、
目にピントが合ってもひげはボケるので、
そのあたりの注意は必要。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX GH2 100-300mm


ヨネックス『3Dエルゴソックス』(型番:19020)



地元のバドミントンイベントの最後に抽選で当たった 
ヨネックス『3Dエルゴソックス』(型番:19020)




普通のソックスは左右対称に作られているが、     
このソックスはつま先が左右それぞれ親指寄りになって 
おり、さらに親指側を立体的かつ高く編んであるという。
また、かかとが90度になっており、フィッティングが向上
しているようだ。                  




実際に平らに伸ばしてみたら、足の中央が一番長くなっていて、
アリャリャって思ってしまったが(笑)、確かに親指のあたりに
縫い目があった。                     
実際に履いてみたら確かにつま先が全体的にフィットしている 
ように感じた。また、それ以外の部分も足にフィットしており、
なかなかイイ感じ。足底は厚みがあるが、シューズの中でズレる
こともなく快適だった。                  

とはいえ、感動するほどのものでもなかったなぁ(笑)。   

ちなみに、左右の区別はくるぶしの上の「YY」マークが   
外側にしかないので確認できる他、足裏部分に「L」「R」  
が印刷されている。                    
これはどこかで見たことがあると思ったら、2009年の    
全日本総合選手権大会で、前田美順選手が履いておりました。 


IKEDA HIROYAのとりあえずブログ:
2009.12.03 『第63回 平成21年度 全日本総合バドミントン選手権大会』

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : バドミントン


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ