『シリーズ 日本カメラ No.36 ストロボの使い方』


これはワタシが高校生の頃に購入したもの。たまたまウチの古い書棚を物色していて見つけた。
この本の初版は昭和52年で重版が55年。
表紙の浅野ゆう子サン、まだ二十歳頃の若さがにじみ出ておりますなぁ(笑)。衣装もポーズも昭和の匂いが致します。ちなみに撮影は巨匠・秋山庄太郎氏。

本書の中身は、「ストロボの基礎知識」とか、「オートストロボの魅力と上手な活用法」、「被写体別ストロボ撮影テクニック」となっているが、ストロボが進化したいま、改めて読み直すような内容ではない。
が、昔を懐かしむにはいい。


 


掲載されている広告は当時の懐かしいものが満載で、ストロボメーカーではカコ、サンパック、東芝、ミニカムなど。カメラではミノルタXDもあったが、なんといっても上のオリンパスOM-2

TTLダイレクト測光とは 「なぜ、測光方式の未来と呼ばれるのか。」

当時のオリンパスOM-2の広告やカタログのキャッチコピーがカッチョ良かった。
オリンパスの予言は事実となり、いまやどのカメラメーカーもTTLダイレクト測光を採用している。
とりわけストロボダイレクト測光は画期的で、レンズにフィルターをかませても、マクロ撮影でも、露出倍数を気にすることなくストロボ撮影できることはユーザーにとっては嬉しい機能。この機能によってオリンパスはマクロ撮影の定番カメラになったように記憶している。

一方、当時のキヤノンはAE-1スピードライト155Aを使用するとストロボAEが可能になるというものだが、シャッタースピードがX接点となり、絞りがストロボ側設定絞りに自動制御されるというもの。だが、外光オートであることには変わりなく、オリンパスとはレベルの違いがあった。

それにしても、今のカメラは何も考えずにシャッターを押してもストロボもフルオートで綺麗に写るので、イマドキのカメラ女子などは「X接点」とか「ガイドナンバー」とか「TTLダイレクト測光」なんて用語は知らないのでしょうなぁ(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


「手塚治虫漫画全集」版『リボンの騎士』







『リボンの騎士』DVD BOX を観たついでに「手塚治虫漫画全集」版『リボンの騎士』も改めて読み直してみた。
アニメ版と似たストーリーながら、シルバーランド王(サファイア王子の父)の亡くなり方など微妙に違う点もある。
第1巻第8章で主人公のサファイア王子がリボンの騎士として登場しているが、その後の展開も波瀾万丈。いま改めて読んでも十分面白い。

本作第3巻の手塚治虫による「あとがき」によれば、漫画『リボンの騎士』は4回描かれているとのこと。
第1回目は昭和28年から描かれた「少女クラブ版」。
第2回目は昭和33年から描かれた『なかよし』に連載されたもので、これは「少女クラブ版」の後日譚で、その後『双子の騎士』として単行本化。
第3回目は昭和38年から描かれた「なかよし版」。本作はこの「なかよし版」だそうで。
第4回目はテレビアニメ放映に合わせて「少女フレンド」に連載されたもので、途中で終了したとのこと。

「少女クラブ版」も読んでみたくなった。


リボンの騎士(1) (手塚治虫漫画全集 (4))リボンの騎士(1) (手塚治虫漫画全集 (4))
(1977/06/13)
手塚 治虫

商品詳細を見る

リボンの騎士(2) (手塚治虫漫画全集 (5))リボンの騎士(2) (手塚治虫漫画全集 (5))
(1977/09/19)
手塚 治虫

商品詳細を見る

リボンの騎士(3) (手塚治虫漫画全集 (6))リボンの騎士(3) (手塚治虫漫画全集 (6))
(1978/01/11)
手塚 治虫

商品詳細を見る


リボンの騎士(1) (講談社漫画文庫)リボンの騎士(1) (講談社漫画文庫)
(1999/10/08)
手塚 治虫

商品詳細を見る

リボンの騎士(2) (講談社漫画文庫)リボンの騎士(2) (講談社漫画文庫)
(1999/10/08)
手塚 治虫

商品詳細を見る


完全復刻版 リボンの騎士(なかよし版) スペシャルBOX完全復刻版 リボンの騎士(なかよし版) スペシャルBOX
(2009/05/28)
手? 治虫

商品詳細を見る

完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) スペシャルBOX完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) スペシャルBOX
(2009/01/15)
手? 治虫

商品詳細を見る



少女クラブ版 リボンの騎士(1) (手塚治虫漫画全集 (85))少女クラブ版 リボンの騎士(1) (手塚治虫漫画全集 (85))
(1979/10/11)
手塚 治虫

商品詳細を見る

少女クラブ版 リボンの騎士(2) (手塚治虫漫画全集 (86))少女クラブ版 リボンの騎士(2) (手塚治虫漫画全集 (86))
(1979/11/13)
手塚 治虫

商品詳細を見る


完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) 1完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) 1
(2009/01/14)
手塚 治虫

商品詳細を見る

完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) 2完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) 2
(2009/01/14)
手塚 治虫

商品詳細を見る

完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) 3 (講談社の漫画文庫)完全復刻版 リボンの騎士(少女クラブ版) 3 (講談社の漫画文庫)
(2009/01/14)
手塚 治虫

商品詳細を見る

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : リボンの騎士 手塚治虫


『リボンの騎士』DVD BOX





『リボンの騎士』DVD BOX(宝島社/980円)。四日市の大型書店でたまたま見つけ、購入。

『リボンの騎士』はワタシが小学生の頃、大好きだったアニメ。「手塚治虫漫画全集」版『リボンの騎士』1~3巻を購入した記憶がある。

そんな懐かしい『リボンの騎士』DVD BOX。パッケージの裏を見ると、ディスク2枚組で4話しか入っていないようだ。ストーリー上重要な話をチョイスしたような感じだが、一番最後の話のタイトルが「リボンの騎士現わる」。この1話で完結しそうにないような記憶が・・・。

そのような疑問はあるものの、とりあえず購入。
早速、DVDプレイヤーで見てみる・・・。懐かしい主題歌(といっても歌なしのインストゥルメンタル)、懐かしいサファイヤ、チンクの声。

懐かしさの塊とはいえ、いま改めて見てみると、画像は少し粗いし、ストーリー展開も現代アニメに比べるとずいぶん冗長に感じる。まぁ、それは時代なのだから仕方のないところ。

さて、最後の「リボンの騎士現わる」を見終わったところで、やっぱりストーリーは尻切れトンボ。完結しない。すげー不満が残る。

慌ててウィキペディアでチェックすると、やはり。『リボンの騎士』アニメは全52話もあり、「リボンの騎士現わる」はまだ第23話。丁度折り返し地点にしかすぎない(笑)。

ウィキペディア:リボンの騎士

ちなみに本品に収録されているのは次の8話。

第1話 王子と天使
第2話 魔王登場の巻
第4話 踊れフランツ
第10話 サファイヤのカーニバル
第11話 ねむりの精
第19話 魔法のペン
第22話 たいかん式の巻
第23話 リボンの騎士現わる


で、発売元の宝島社のサイトを見ても、本品が2010年10月29日に発売された旨がわかるけれども、続編があるとも今後発売予定があるとも表記がない。

宝島社サン、中途半端に終わらせず、完結させてクダサイ!!!(それともコンプリートボックスを買うか・・・)

リボンの騎士 DVD BOX (DVD付)リボンの騎士 DVD BOX (DVD付)
(2010/10/29)
不明

商品詳細を見る


リボンの騎士 Complete BOX [DVD]リボンの騎士 Complete BOX [DVD]
(2008/07/23)
不明

商品詳細を見る

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : リボンの騎士 手塚治虫


新製品 パナソニック FX77 のレタッチ機能が面白い!



日本最大のカメラと写真の総合展示会 CP+2011 を目前にして、各社新製品の発表が相次いでいるが、ワタシが興味を持ったコンパクトデジカメがパナソニック LUMIX DMC-FX77

このカメラのイチオシ新機能がレタッチ機能。撮影後に画像を修正する機能だ。
大きく分けて「ビューティレタッチ」「アートレタッチ」の2つあり、「ビューティレタッチ」では「エステレタッチ」「メイクアップレタッチ」、「アートレタッチ」では「色のレタッチ」「光のレタッチ」の2つがある。



「エステレタッチ」では、「肌透明感」「テカリ除去」「(歯の)ホワイトニング」「シェイプアップ」「デカ目」の5種類のレタッチが可能。また、それぞれのレタッチで20%から100%まで5段階に調整が可能。



「メイクアップレタッチ」では、「肌色」「リップカラー」「チークカラー」「アイシャドー」の4種類のレタッチが可能。こちらもそれぞれのレタッチで20%から100%まで5段階に調整が可能。


パナソニックのサイトで「ビューティレタッチ」を疑似体験してみたが、タッチ操作により非常にカンタンでなかなか楽しい。修正量は期待していたよりもおとなしめだが、そのぶん自然に感じた。
このように簡単に画像をレタッチできるソフト(できれば Photoshop のプラグインとかで)があれば使いたいと思う。
なお、「ビューティレタッチは、iAモードの顔認識で撮影した画像のみ使用できます。」とのこと。
下記のサイトでどうぞお試しを。

パナソニックのサイト:Retouch 撮ったあとも楽しい|DMC-FX77|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic




「アートレタッチ」の「色のレタッチ」では彩度修正が、「光のレタッチ」では露出修正ができるようだ。
パソコンで処理する方がもっといろいろ修正できるだろうが、パソコンを使わずにそのまますぐにプリントしたいといった場合には便利かも。


これらの機能があるから新しく買い換えようとは思わないけれど、次に買い換えるときこの機能がついていたら試したいと思う機能だ。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX


『Badminton MAGAZINE』2011年02月号

Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2011年 02月号 [雑誌]Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2011年 02月号 [雑誌]
(2011/01/22)
不明

商品詳細を見る



『Badminton MAGAZINE』2011年02月号


表紙はやっぱり日本ユニシス 靍橋礼華・松友美佐紀ペア。ごっつぁんスマッシュ直前のシーン。日本リーグ最終戦での1ショットと思われる。松友選手本人が気に入るかどうかは別にして、イイ写真だと思う。


巻頭特集は「日本リーグ2010 日本ユニシスが史上初のアベックV!」
ワタシも東京まで最終戦を観に行ったので、この記事は興味深く読んだ。記事と自分の感想との違いを感じるのが楽しい。
ただ、記事の中にボブ・ディランの歌を引き合いに出すのは過剰演出(笑)。
掲載写真については、優勝を決めた日本ユニシスの写真は男女とも押さえるべきところを押さえているという感じでナカナカ。
2位以下のチームについては、“選手が写っています” 程度か。まぁ、プロのカメラマンは一通り全試合・全選手を撮らなければなりませんからなぁ。


ちなみにワタシの観戦レポートはコチラ(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
2010.12.25 バドミントン日本リーグ東京大会(第1日目)
2010.12.26 バドミントン日本リーグ東京大会(第2日目/前編)
2010.12.26 バドミントン日本リーグ東京大会(第2日目/後編)
かなり偏ってマス(笑)。


「技術スペシャル2011」
PART 1 は「オーバーヘッドからの配球術<後編>」。
廣瀬栄理子選手のコメントで「まるで歩くときのように、何も意識しなくても体が動くようになれば・・・」という件があり、やはり基礎練習は重要だと再認識。
PART 2 は「連続写真でトッププレーを学ぼう 後藤愛のレシーブ」。


「15歳、奥原希望の強さの秘密。」
扉ページを見て男子かと思ったら、奥原希望サンは女性だったのですネ。失礼!(笑)。髪の毛が短めだったので・・・。
さて、本人に対するQ&Aはさておき、続く練習内容を紹介するパートでは、手首の使い方の重要性を説いていて、ワタシ的には大いに参考になりそう。動画ではないので、読み解くのにちょっと時間がかかりそうだけれど。


「胡山喬式 3時間必勝マニュアル vol.22 ショットを通じてグリップの握り方を学ぼう」
こちらは手首ではなくグリップの握り方に関する解説と具体的な練習方法。勉強になりマス。まぁ、実践しないと意味ないのだけれど(笑)。


「バドミントン・ダイナミックストレッチ 第13回 お尻ともも裏を活性化する!」
このページはワタシのお気に入りで毎号コピーしていつでもここだけ見られるようにしている。移動を伴わないストレッチはテレビを見ながらでも実践できるので。実際は言うほどやってないけれど(爆)。


「日本代表通信 今別府香里」
この正月には実家で振り袖を着たり、4人姉妹でスリッパバドミントントーナメントをしたそーな。どんなプレーが展開されたのか、見てみたかった気がする(笑)。


「2011展望企画 日本代表が始動。 ~ロンドンまでの道のりをうらなう」
ナショナルチームのメンバーリストを見たら、混合ダブルスは「池田信太郎・潮田玲子(日本ユニシス)」となっていて、「ヒラマエじゃないのね・・・」と思った。ヒラマエはそれぞれ男子ダブルス・女子ダブルスで登録されているし、イケシオは全日本社会人で優勝という結果を出しているので、(全日本総合で優勝できていなくても)まぁこういう人選になるのだろう。
潮田玲子選手のブログ「2011 JOCシンボルアスリート」に選出された旨が書かれていたが、代表選手に選出されなかったらどうすんだろう???と思っていたところ。
なお、「2011 JOCシンボルアスリート」は潮田玲子選手を含めて13選手・チーム。

JOC NEWS:【おしらせ】2011JOCシンボルアスリートの決定について


「リレーコラム チェンジ・エンズ 113 視聴者にバドミントンの映像が届くまで」
今回は(株)ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 編成部 編成企画チームの高麗清氏がバドミントンゲームを放送する舞台裏を紹介。
昨年末行われた日本リーグ・墨田区大会ではテレビカメラ7台、中継車・機材車合計5台、番組制作に関わるスタッフは総勢30名にものぼるとのこと。なかなか大変ですな。


「ズバッと解決!? 小椋久美子のバドミントン なんでも教室」。今回は “パートナーとの実力差”
毎回、プレーヤーのメンタル面に関する回答が、小椋サン本人の人柄が感じられてなかなかイイ感じ。
今回の質問内容は、ワタシもよく感じることなのだが(笑)、小椋サンのポジティブな考え方がなかなかヨイ回答になっていると思った。



『Badminton MAGAZINE』2月号はこんなところで。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : バドミントンマガジン


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ