FC2ブログ

『カメラマン』2011年07月号

カメラマン 2011年 07月号 [雑誌]カメラマン 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/20)
不明

商品詳細を見る


『カメラマン』2011年07月号

表紙&「魚住誠一のHOT GRAPH!!」剛力彩芽サン。
特に良くも悪くもなくフツーに綺麗な写真。


「アラフィフ世代が選出 心に残る『フィルム名機』34選!」
企画の唐突感が否めない。よほどネタがなかったのか・・・(笑)。もちろん、ワタシにも懐かしいカメラはたくさん紹介されているので、それなりに楽しく読ませてもらったが。
ちなみに紹介されているカメラは、ニコンF3P、キヤノンNewF-1、ペンタックスLX、コンタックスRTS III、ミノルタα-9、ニコンF4S、キヤノンEOS-1HS などのハイエンドモデルはもちろん、エポックメーキングだったキヤノンAE-1、ミノルタXD、キヤノンA-1、オリンパスOM-2N、ニコンFA、ミノルタα-7000、さらには宮崎美子の水着CMを起用したミノルタX-7、早見優のペンタックスMGなども紹介。当時の広告やカタログなども紹介されていて懐かしい。


「なぜなら美構図」
基礎編・実践編・応用編で構成されている。
基礎編では前後・左右・上下にアングルを変えて撮ろうとしていて良いのだが、レンズの焦点距離による遠近感の違いも紹介すべきではなかったかなと。
実践編では三分割構図・S字型構図・対角線構図などを紹介。タブーとされる日の丸構図や二分割構図もあえて活用してみようと紹介しているのは面白い。
応用編ではポートレート・花・風景の現場でいろいろな構図のバリエーション展開方法について紹介。


「PL・NDフィルター 夏の活用術!」
『フォトテクニックデジタル』でも同様の企画があったけれど、こちらのほうが細かく色々紹介している。ま、ワタシはスルーだけれど(笑)。


「東日本大震災 月カメ誌上チャリティーオークション」
月カメで活躍するカメラマンたちや編集部が使わなくなったカメラやアクセサリーなどを提供。合計56アイテム。


「ウオズミのポートレート撮影セミナーレポート」
今回はシチュエーションによってライティングを変えて参加者に撮影させているところがポイントか。
さすがに魚住センセの作品は安定しているが、参加者の作品は中途半端にまとまっているのであまり面白くない(失礼!)。参加者のオリジナリティのある作品が見たかった。まぁ、自分が参加していたら、似たような写真を撮っていただろうけれど(爆)。


「どっちのレンズショー」。今回は「ニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G ED VR vsライバル」とあるが、ED VRじゃないよなぁ(笑)。
比較レンズはニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDシグマ 50mm F1.4 EX DG HSM
評価では新50/1.8はなかなか素晴らしい製品のようで。ご興味のある方はドーゾ。


「ジャンル別フォト講座 スポーツ #07」。今回は低速シャッター重用術。
スローシャッターというのはスポーツ撮影での一つの表現方法だとは言えるのだが、失敗カットも大量発生するだけにリスキーな表現方法。モータースポーツでは流し撮りが常識ではあるけれど。
作例では、飛び込み競技で観客を背景に流し撮りを行なっているが、いかんせんメインの選手がやや不鮮明で暗く写っている。作品としてはどうなのかという感じ。新体操(リボン)の写真は背景が暗く、選手の身体が浮き出して見えなかなかヨイ。
サッカーの写真も、ありがちだが平凡。
マラソンの露光間ズーミングの写真は、この作例では表現として成功しているとは思えない。もう少し長焦点でズーミングしていれば選手の顔がある程度わかってよかったのではないかと思うが。ワタシ的には露光間ズーミングは撮影時ではなくパソコン操作ですべき技法だと思っている。撮った後で加工してできるのであれば、撮影時はリスクをなるべく減らしたい。
水泳での作例写真は、斜め構図がポイントであって、スローシャッターが活かされていないように思う。


「写真を救う!!」
東日本大震災関連ニュースで泥まみれで見つかった写真が平凡であっても重要な意味を持つことを知らされた。
この記事では次のような内容を紹介。
・宮城県山元町での写真洗浄・複写プログラム「思い出サルベージ」
・水や泥をかぶったプリントの対処法
・アルバムをまるごとデータに変換するカメラのキタムラのサービス
・フォトショップでの写真修復
・記録メディアのサルベージに強い修復ソフト
・データ保存方法
・鉄道カメラマン広田泉氏の被災地でのボランティア活動レポート
データ保存に関しては、自分ちでDVDとHDDにバックアップしていても、自分ちが被災してしまったらそれまでなので、クラウドでの保存を考えたいとは思うのだが、テラバイト級データを保存するにはまだまだか。そのあたりを解決する方法があったら紹介して欲しいところだ。
とはいえ、時期的になかなかいい企画。


「キミオの開発者、出てこいっ!」。今回は “同梱されない外部充電器” について。
最近のデジカメの中には、外部充電器でなく安いUSB-ACアダプターを同梱するケースがあり、新たに外部充電器を購入させられるハメになるというのが主旨。お怒りごもっとも。USB-ACアダプターで充電している間はカメラが使えない。予備バッテリーも用意するなどとなったら、2個の電池のためにデジカメを充電に使わなければならないわけで、さらに不便になる。
そんなわけで、キミオ氏の意見に大賛成。


「Digital LEGEND ~デジタル名機ストーリー~」。第2回目の今回はカシオ QV-10
キャッチに “背面液晶モニターがもたらしたカメラ革命” とあるが、まさにそのとおり。むしろ第1回目に取り上げても良かったぐらいのものだ(6月号の第1回目はニコンD1)。
画質がQVGAしかないという決定的な問題はあるものの、当時としてはメモリも高価だし、データ転送スピードの問題のあり、価格を考えれば妥当なスペックだったと思う。
ちなみにワタシもこのカメラを購入したが、ずいぶん楽しく遊ばせてもらった。写真をプリントして楽しむには厳しかったが、仕事のレポート作成時に、画像を取り込んで貼付けるぶんには何とか見られたので、プリントを書類に貼付するという従来の手法から開放され、スマートな書類作成ができたのは嬉しかった。

ご参考(過去のエントリー):これ無くしてデジカメの歴史は語れない カシオQV-10



『カメラマン』7月号はこんなところで。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : カメラマン


「ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」」について



昨日、首題の発表があったようで。標準レンズとのセットで7万円前後。発売日が「近日」というのはちょっと大雑把だけれど(笑)。
本製品の噂はかなり前からあったので、特に驚きはないけれど、カメラ市場の活性化に繋がれば何より。

PENTAX のニュースリリース:「PENTAX Q」新発売

デジカメWatchの記事:
ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」
ペンタックス、Qマウント用の交換レンズ5本
ペンタックス、「PENTAX Q」の発表会を実施
ペンタックス、「PENTAX Q」の体験会を7月9日・10日に実施
「PENTAX Q」発表会フォトレポート~外観写真40点を掲載

ペンタックスは中判、APS-Cのデジタルフォーマットをすでに発売しているので、今回の1/2.3サイズセンサーというのは合理的なシリーズ展開だろう。もちろん、APS-Cでのミラーレスという考え方もあるのだろうけれど。

他社のミラーレス機と大きく違うのがセンサーサイズ。フランジバックが短いので、マウントアダプターさえ発売されればあらゆるレンズが装着可能になるのだろう。ただ、センサーサイズが小さすぎて、望遠系は有利だが、広角はキビシイ感じ。
一方で、問題となるのがボケの小ささ。そのあたりは「BC(ボケコントロール)」という機能を搭載し、ソフト的にボケを大きくできるようだ。
また、本体はレトロなスタイルながら、機能的にはアートフィルターや高感度ノイズの低減、連続撮影枚数などで(記事を見る限り)他社に見劣りのないスペックを備えており、満足できそうだ。

面白いのがレンズ展開。発表された5本のうち、真面目なレンズは標準レンズと標準ズームのみで、あとは魚眼、広角、望遠のトイレンズ。真面目なレンズはボディとのセットのみ、魚眼は1万円、広角、望遠のトイレンズは6,000円とリーズナブル。

ワタシ的にはコンパクトユーザーからの移行というよりは、マニアユーザーが3台目、4台目(あるいはそれ以上)として購入するだろうなと推測。
もしこれで大いに売れることになると、一般コンパクトユーザーからの移行にもなるかと思うけれど。


ワタシ的には多少興味があるものの、すでにGH2 & レンズ等を所有しているので、新たにこのシステムを買おうとは思わないけれど(笑)、ヒトによっては魅力的かも。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : PENTAX


『CAPA』2011年07月号

CAPA (キャパ) 2011年 07月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/20)
不明

商品詳細を見る




『CAPA』2011年07月号

表紙&裏表紙宇井愛美(うい まなみ)サン。
ちょっと存じ上げませんデシタ。


今月号はほとんどのページを使っての「[総特集] Q&Aでわかる カメラ・用品 買い方ガイド」

「2011年秋~冬の一眼レフニューモデル 大予想+α」
伊達淳一北村智史馬場信幸加賀和哉の4氏がコメント。予想機種は・・・
● キヤノン EOS 5D Mark IV(Mark III だろ!、笑)
● ニコン D900
● ニコン D4
● ソニー α707
リアルな製品を予想しているというよりは、希望的観測が多々含まれているように思う。なので真剣に読むような内容ではないけれど、暇つぶしに妄想するにはいいかも。
続いてデジタル一眼レフとミラーレスの将来について4氏が予想しているが、北村氏は動体撮影に有利な一眼レフは今後も残るとし、馬場氏は光学ファインダーを搭載した一眼レフは将来的に少なくなるとしている。伊達氏はミラーレス機の機能向上次第という曖昧な表現(笑)。加賀氏はニコンのミラーレス機参入を希望しているが、MF時に光学式距離計が連動するなどという、超希望的観測をのたまっておられる。

「デジタル一眼レフ&ミラーレス カメラの魅力・特長をチェック。次なる「本名機」を探し出そう」
(「本命機」ではないかと思うけれど・・・、笑)。
一眼レフではキヤノンとニコンについてはそれぞれ1ページでラインナップの紹介をコンパクトに紹介しており、わかりやすい。
ペンタックス、ソニー、シグマは3社まとめて1ページ(笑)。
ミラーレスではソニー、パナソニック、オリンパスをまとめて1ページで、さらにレンズ一体型高級デジカメという括りでフジフイルムX100、リコー GR DIGITAL III、オリンパス XZ-1、シグマDP2も紹介。

「レンズ編 買う前に知れば得するQ&A」
MTF曲線やレンズの諸収差などについて解説。知らないヒトにとっては大いに参考になるだろう。
その後は望遠ズーム、超広角ズーム、単焦点、マクロ、個性派レンズという括りで紹介。

後半のページでは記録メディア、バックアップツール、三脚、撮影小物、ストロボ、液晶モニター、プリンター、カメラバッグについても紹介。
記録メディアではUHS-I カードを推しているのは毎月裏表紙に東芝のメモリーカードの広告をもらってるから?(笑)。


「夏こそ出会える “さわやか” 風景を撮る」
ワタシ的にはスルー(笑)。作例はどれもそこそこ綺麗。


馬場信幸の「シンク・アウト」。今回はシグマ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
シャープネス、ボケ描写、使用感など、ベタ褒め。ご本人は初代キヤノン 70-200mm F2.8 を下取りに出してこのレンズを購入したとのことで、「とてもいい買い物をした」とのご感想でゴザイマス。


「西平英生の交換レンズ完全ガイド 第209回 70-300mmズーム」
評価されているのは
キヤノン EF70-300mm F4-5.6L IS USM
シグマ 70-300mm F4-5.6 DG OS
タムロン SP 70-300mm Di VC USD も引き合いに出されている)
総合評価は両者とも★4つだが、キヤノンは画質に文句はないものの大きく重く、高価なところで★1つ落としている。シグマは実写性能や使い勝手などの個別評価も★4つだが、コストパフォーマンスは★5つ。



『CAPA』7月号はこんなところで。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : CAPA


『Adobe デジタルフォト&デザインセミナー2011』レポート

首題のセミナーに行ってきた。

アドビのサイト:デジタルフォト & デザインセミナー 2011~トップクリエイターのテクニックとアイデア

会場は名古屋駅からすぐのミッドランドスクエア5Fのミッドランドホール。12:30開場、講演は13:30からだったが、協賛ブースの展示があるため、開場時間に現地到着。入り口では協賛メーカーのカタログ一式のほか、500mlの水を1本もらった。受講料0円の上、なかなかの振る舞い。




 

なんといっても興味があったのはライカブースで、S2、M9、X1とそれぞれのレンズやアクセサリーなどを展示。
X1を手に取るのは初めて。バルナックライカを彷彿させるデザインはなかなかヨイ。とはいえ、20万円ほどもするカメラはなかなか買えませぬ(笑)。M9となると、本体を購入するのも大変だが、レンズを揃えるのはもっと大変(笑)。S2に至っては、本体200万円、標準レンズ50万円と係員にさらりと言われては逃げ出したくなってしまう(笑)。
ちなみに左写真のX1の化粧箱は昔の花見弁当のようで、なかなか洒落ている。
右写真はS2用マウントアダプターで、ハッセルVレンズ用、マミヤ645レンズ用のほか、ペンタックス67レンズ用アダプターが近日発売されるとのこと。

さて、メインの講演内容は次の4つ。

13:40-14:30 【Photo Session】ライカデイズ2011
14:45-15:35 【Retouch Session】HP Workstation と Adobe CS5.5 による写真と動画の最先端レタッチテクニック
15:55-16:45 【3DCG Session】テクスチャーイリュージョン、Photoshop + Autodesk 3ds Max で創りあげる圧倒的なイメージ世界
17:00-18:10 【Adobe Session】Photoshop Tips & Techniques



【Photo Session】ライカデイズ2011
『フォトテクニックデジタル』でも毎月連載している「トーキョースクールガールズ」のカメラマンと玄光社のなんとかさんとの対談形式での進行。
ライカの良さを語ったり、過去の作品をスライドショーで紹介したりなのだが、進行内容があまり詰められていなかったようで、ちょっと散漫な感じ。
最後に岡めぐみさんをモデルにその場で撮影、テンポがイマイチな感じで、できた映像もこれまたイマイチ(失礼!)。ライカの良さがあまり伝わらなかったセッションだった(笑)。


【Retouch Session】HP Workstation と Adobe CS5.5 による写真と動画の最先端レタッチテクニック
フォートン(株)プロデューサーの兼子研人氏・レタッチャーtoppy氏によるデモ。
このセッションはかなりデモ内容が練られていたとみられ、前半をフォトレタッチ、後半をモーションレタッチ、さらに前半では3つのテクニックをデモ、という風に最初に宣言していたので、全体像がイメージできてよかった。
女性レタッチャーtoppy氏のデモは現場仕事に慣れている感じ。デモ内容は、パペットワープを使っての人物の顔の変形、イラストレーターに画像を読み込んでのエンベロープでの変形、「選択範囲」の「境界線を調整」を使っての切り抜き処理。それぞれ実用的な内容で参考になった。
後半は4Kビデオを After Effects でのレタッチ。首から上を写したモデルの肌荒れを取ったり目の隈を薄くするようなレタッチながら、動画でのレタッチはなかなか新鮮。基本フレームを修正すると全体が修正されるのはスゴイ。


【3DCG Session】テクスチャーイリュージョン、Photoshop + Autodesk 3ds Max で創りあげる圧倒的なイメージ世界
(株)画龍 早野海兵士氏によるデモ。
タツノオトシゴ、ヘビ、アリ、月などのCG作成のデモは正直なところ退屈。自分がCG作成をやっていれば興味もあったのだろうが。
最後に紹介した恒吉梨絵さんを起用した セントラル短資FXのCMのメイキングは面白かった。
下は完成CM。





【Adobe Session】Photoshop Tips & Techniques
最後はPhotoshop 伝道師のラッセル・ブラウン氏と通訳の遠藤悦郎氏によるデモというよりショー(笑)。
名古屋でラッセル・ブラウン氏に会えるとは!
今回のコスプレは『アリス・イン・ワンダーランド』のマッドハッター。
デモもこのマッドハッターの写真を使っていろいろなTipsを紹介。なかなかためになった。
具体的には「コンテンツに応じた塗り」で合成時に足りない背景を補完するTips、コピーした画像レイヤーに白黒の調整レイヤーをつくり、描画モードを「オーバーレイ」に。すると、白黒調整レイヤー内の各色の割合を変えると、下の画像の特定カラーのみ変化するというTips。
博物館に展示されている飛行機の周りには人が常にいるが、少し時間を空けながら三脚でカメラを固定して何枚も写真を撮り、それらをすべてBridge上で選択してPhotoshopのレイヤーとして読み込む。すべてのレイヤーを選択し、スマートオブジェクトにしたあと、「レイヤー」→「スマートオブジェクト」→「画像のスタック」→「中央値」を選ぶと、人物がすべて消えるというTips。
また、最初は iPadアプリ(『ADOBE EAZEL』『ADOBE COLOR LAVA』『ADOBE NAV』)の紹介をしたのだが、今回のデモでは以前のアドビセミナーとは違って、実用的に思えた(笑)。

ラッセル・ブラウン氏のデモはジョークを交えながらでとにかく楽しい。そして、目立った拍手をしたり、「すばらしい!」と叫んだりすると、直接お土産をくれたりする。今回はデジタル一眼レフをかたどったUSBメモリーがお土産。
「Photoshop CS5 Extended を持っている人?」という問いにいち早く手を挙げたら、ワタシにもそのお土産を直接手渡してくれた!

 

このお土産の本体部分はゴム製。よく見ると、ソニーα900をかたどっているが、ペンタ部にはアドビのマーク。レンズは70-300mm F4.5-5.6 SSM。距離目盛りやズーム目盛りまであり、なかなか凝っている。ただし、ズーム目盛りは70、100、135、200までで、300の目盛りはない(笑)。PCに差してみると2GBの容量だった。

話が少しずれたが、ショーの最後はラッセル・ブラウン氏とフォトセッションというか、記念撮影大会!(笑)。すごい勢いだった。

アンケートと引き換えにもらえたのはLEDライト。ノベルティグッズとしてブームですな。ただ、使用する電池は含まれておらず、ちょっと残念。


こんな感じの半日でゴザイマシタ。

tag : Photoshop ライカ


『フォトテクニック デジタル』2011年07月号

フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/20)
不明

商品詳細を見る


『フォトテクニック デジタル』2011年07月号

巻頭グラビア「瀧本美織」by 西條彰仁
特別すばらしくもそうでなくもないけれど、最後のページは水平線が斜めに傾いた写真に合わせてテキストも傾けてあるのがちょっと面白かった。


グラビア写真はほかに
「小林優美」by 長野博文
「入矢麻衣」by 萩原和幸


さて、特集「ワタシのポートレート “鉄板” レンズ」

PART 1 プロが選ぶ鉄板レンズGALLERY
熊谷貫氏がカールツァイス Planar T* 1.4/50 ZF、
舞山秀一氏がニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED、
橋本雅司氏がキヤノン EF50mm F1.2L USM
をそれぞれ作例とともにレンズの良さを紹介。ワタシ的には橋本雅司氏の撮影したヌードが好み。モデルの顔を微妙にボカし、乳首にピントを合わせているところがヨイ(笑)。

PART 2 [対談] 写真家を魅了するレンズたち
ここでは魚住誠一氏と小林幹幸氏がレンズのこだわりを語り合っている。

PART 3 ポートレート部門作品応募者46名の 私の “鉄板レンズ” 大公開!!
タイトル通りの内容で、誰でも納得のレンズから、ちょっとマニアックなレンズを上げているヒトなどイロイロ。まぁ、ご参考に。

PART 4 レンズのポテンシャルを活かした撮り方
萩原和幸氏が5本のレンズを使い、モデルの橘ゆりかサンを撮影。レンズは次の5本。
キヤノン EF35mm F1.4L USM
シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM
ソニー Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM
タムロン SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
作例写真はボチボチだけれど、広角から中望遠域での写真はモデルさんと作者の距離感が感じられてヨイ。


「すごいスナップ写真を撮ろう! 巨匠の作品を拝んで、脱・マンネリ!!」
川島小鳥藤代冥砂佐藤信太郎坂下康裕刑部信人清水哲朗大西みつぐ伊勢谷浩一中野智文の各氏がスナップ写真を語っている。
坂下氏は犬のスナップを撮るのに EF200mmF1.8Lを使っていたり、佐藤氏はパノラマ用機材を使っていたりと、人によっては大掛かりな機材を使っているが、一番気に入ったのは藤代氏の撮った妻と子どもが一緒の向きに寝ているところ。奥さんはモデルの田辺あゆみサンだけれど、スッピンの寝顔が美しい。


「PLフィルター&NDフィルターの基本・疑問・使いこなし」
11ページの特集ながら、ワタシ的にはスルー(笑)。


『フォトテクニック デジタル』7月号はこんなところで。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : フォトテクニックデジタル


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ