『サライ』2011年07月号 「これから美術の話をしよう」

サライ 2011年 07月号 [雑誌]サライ 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/10)
不明

商品詳細を見る


『サライ』2011年07月号。今回は特集の内容に惹かれて購入。

その大特集が「これから美術の話をしよう」

第一講 辻惟雄さん(美術史家)が説く「12作でわかる日本美術の歴史」
仏画、やまと絵、水墨画、金碧障壁画、琳派、江戸絵画、浮世絵など12作品で日本美術の歴史を要約して解説。
結構バラエティに富んでいて、改めて面白い。

紹介されていた中でワタシが好きなのは尾形光琳『燕子花図屏風』と伊藤若冲『動植綵絵 群鶏図』。


第二講 中野京子さん(西洋文化史家)が案内「日本の美術館で怖い絵を観る」
なぜ怖い絵か?と思わなくもないけれど、ユニークなくくり方ですな。
紹介されているのは次の4作品。
エドヴァルト・ムンク『嫉妬』
ヨハン・ハインリヒ・フュースリ『グイド・カヴァルカンティの亡霊に出会うテオドーレ』
ポール・デルボー『こだま』
岸田劉生『麗子像』

好きなのはポール・デルボー『こだま』。


第三講 この夏の展覧会で知る「謎解き 西洋美術」
ここで紹介されているのは、
『フェルメールからのラブレター展』京都市美術館(2011年6月25日~10月16日)
『光を描く印象派展 ー美術館が解いた謎ー』青森県立美術館(2011年7月9日~10月10日)
『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』東京・国立新美術館(2011年6月8日~9月5日)/京都・京都市美術館(2011年9月13日~11月27日)
『パウル・クレー ーおわらないアトリエ』東京国立近代美術館(2011年5月31日~7月31日)
Q:ゴッホは「感性の人」だった?
A:実は非常に緻密な計算のもとに描いていた。
など、それぞれ1問ずつQ&Aで解説しているところが面白い。


課外活動 安藤忠雄さん(建築家)が案内「頭と体に効く緑溢れる美術館」
紹介されているのは、
清春芸術村(山梨県北杜市)
ベネッセアートサイト直島(香川県直島町)
イサム・ノグチ庭園美術館(香川県高松市)
クレマチスの丘(静岡県長泉町)
札幌芸術の森美術館(北海道札幌市)
霧島アートの森(鹿児島県湧水町)

いずれも天気のいい日に訪れたいところだが、夏場は熱中症にご注意デス(笑)。



第2特集「美味は「裏旬」にあり」も面白いけれど、省略。



『サライ』7月号はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

tag : サライ


キヤノン EOS-1Ds Mark III・1D Mark IV をAF調整依頼

シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM を購入し、テスト撮影するうちに、カメラのAF精度に疑問を持っていた。
1週間前に名古屋に行く用事があったので、ついでにカメラのAF精度のチェック・調整を依頼した。
本当はレンズの方の精度も疑ってかかる必要はあるのだが、テスト撮影した EF70-200mm F2.8L IS USM もピンぼけ傾向があったので、問題はカメラの方だろうと・・・。

修理に出したのは EOS-1Ds Mark III EOS-1D Mark IV の2台。1Ds Mark III については、2009年3月にアナウンスされた無償修理をしていなかったので、今回、無償修理ということに。

キヤノンのサイト:重要なお知らせ デジタル一眼レフカメラ 「EOS-1D Mark III」、「EOS-1Ds Mark III」 をご使用のお客さまへ

1D Mark IV は実費修理。規定通りの12,600円(税込)。修理に出す前にあらかじめ金額を提示してもらっていたので、納得してお支払い。AF精度のチェックのためにこの金額を高いと思うか安いと思うか、いろいろだろうけれど、AFの性能に不安を持ちながら撮影を続けることを考えると、納得の金額だとワタシは思う。もちろんカメラが EOS Kiss Digital を型落ちで買ったものだったら、悩むところだろうけれど(笑)。

そういえば、過去にも同様の経験をしている。
過去のエントリー:EOS-1Ds MarkII 修理

さて、修理票を見てみると、 EOS-1Ds Mark III のほうは「AF精度を点検の上、調整しました。ミラー機構部を点検の上、調整いたしました。ミラーボックス内の余分な潤滑油の拭き取り、及びセンサー清掃致しました。その他、清掃・各部点検をいたしました。最新のカメラファームへ変更いたしました。」
EOS-1D Mark IV のほうは「基準レンズにて企画の中心値に調整致しました。最新のカメラファームへ変更いたしました。」とのこと。

ちなみに、現在の EOS-1Ds Mark III のファームウエアは Version 1.2.0、EOS-1D Mark IV のファームウエアは Version 1.1.0 。以前はキヤノン・イメージゲートウェイのメールマガジンでファームウエアのアップデートも知らせてくれていたのだが・・・。

ところで、EOS 2台を一度に修理に出すのは初めて。修理から戻ってくるまでの1週間はパナソニック GH2 が代役をこなした。
実は、6月30日から金沢入りし、第61回全日本実業団バドミントン選手権大会を観戦・撮影する予定なのだが、カメラ修理には7~10日かかると言われていて、本当に10日かかっていたら、間に合わなかった(笑)。

日本実業団バドミントン連盟のサイト:第61回全日本実業団バドミントン選手権大会(金沢大会)の開催

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EOS-1D 120-300mm バドミントン


『モーサテ』で「ピント位置を自由に変えられるカメラ&ソフト」のニュース

 

 

 



6月23日のテレビ東京系『ニュース モーニングサテライト』で首題のニュースが。
LYTROという会社が開発したもので、同社が開発したカメラと専用ソフトを使うと、撮った写真のピントを後から変更することができるというもの。
LYTRO社のサイトを見ると、その効果を体験することができる。

Lytroの公式サイト:Light Field camera | Lytro

サイトにはその原理のようなものを紹介しているが、英語だしちょっと意味不明。英語が得意な方はどうぞご確認を(笑)。
従来のセンサーでは光の方向性が記録できなかったが、それができるようになった旨が書いてあったようだけれど。

カメラについては全く紹介されていないが、今年中には発売する予定だという。

この技術は以前、PIEだかCP+だかの会場でアドビの偉いさんが近い将来の技術ということでプレゼンしていたのを記憶しているが、それがいよいよ実用化するというところなのだろう。

ワタシ的には自分としての使い道は今のところあまりないような気がする。かなり画期的な技術だとは思うので、その後の展開を見守りたい。


【追記】

cnet Japan でも6月29日に取り上げられていた。

cnet Japan の記事:撮影後にピントを合わせるカメラ--Lytroの技術と成功への課題

この記事の筆者はこの写真システムが Flash Player を使用しているとしているが、それはWEB上でこのシステムをわからせるために Flash Player を使用しているのであって、実際は独自の閲覧・編集ソフトを使ってピント位置を調整するものとワタシは勝手に考えている。

また、この記事の筆者はこのシステムが既存の写真システムに大打撃を与えるとは思えない旨の発言をしているが、それには同感。ほとんどの一般ユーザーは現在の写真システムで満足していると思う。ただ、そのメリットがうまく当てはまる分野(ユーザー)はあるだろうから、そこをうまく見つけることができれば一応の成功を勝ち取ることができるのではないかと思う。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


『Badminton MAGAZINE』2011年07月号

Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2011年 07月号 [雑誌]Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/22)
不明

商品詳細を見る


『Badminton MAGAZINE』2011年07月号

今月号は「ダブルス大特集」

PART 1「日本代表監督朴柱奉のダブルス論」
インタビュー形式で読みやすかったが、基礎練習の重要性、細かなグリップチェンジの必要性、ネットプレーでの読み、コミュニケーションの重要性などについて語っていて、それぞれ納得。
朴柱奉氏は現役時代は前衛で活躍していたらしいが、「フルスマッシュは疲れるから好きではありません(笑)」と語っているのが面白い。男子ダブルスでは力強いスマッシュが見どころだとは思うが、それとは違うところにプレーの面白さを見いだしているところがユニーク。
なかなかいいインタビュー記事。

PART 2「日本代表ペアに学ぶレベルアップポイント」
ここでは日本代表の平田典靖&橋本博且佐藤翔治&川前直樹早川賢一&遠藤大由廣部好輝&数野健太の各ペアのプレイスタイルの分析。

PART 3「すぐに使える! ダブルスのお悩み解決Q&A」
モノクロページに飛んで、ここは参考書によく出てくる内容ながら、読み直すとなかなかタメになる内容。


特報「第12回 スディルマンカップ」
2年に一度行なわれる男女混合国別対抗戦だそうで。日本は決勝トーナメント準々決勝でインドネシアに惜敗し、8強どまり。
廣瀬栄理子選手が半ページの大写真で掲載されております。また、応援風景の写真ではスエマエが同じポーズで写っているのが面白い(笑)。


「技術スペシャル」。今回は「スマッシュ強化レッスン」。
スマッシュ、ジャンプスマッシュ、クロススマッシュ、ラウンドからのクロススマッシュと連続写真で解説。


連載「胡山喬式 3時間必勝マニュアル」。今回は「ショットに合わせてグリップを持ち替えよう」
ここでもまたグリップに関する練習でございます。


田児賢一のエッセイ「羽根に賭けて」。今回は「グリップの握り方に決まりはない!?」
とこれまたグリップのオハナシ。ただ、田児選手のグリップに関する考え方は、一般的な “とにかくイースタン” というものではなく、“好きなように持て”。ただし、“好きな持ち方をしていてうまく打てないときはそのままにしておくな”。


「バドミントン選手のための この夏を乗り切る! 熱中症予防」
ワタシも昨年、バドミントンをやっていて熱中症になりかけたことがあるので、しっかり読んだ。
PART 1 では水分補給を中心に基礎的なポイントを紹介。練習前と後で体重を測り、水分補給するというのは面白いですなぁ。
PART 2 では、トップ選手が伝授する夏の乗り切り方を紹介。紹介している選手は、数野健太今別府靖代銭谷翔の3選手。


連載「恩師の記憶」。vol.4 は佐藤翔治佐々木翔選手を育てた渋谷実氏。
佐藤・佐々木両選手が同じ高校だったことは全然知らなかったが、それぞれの個性を渋谷氏が語っているのが面白い。また、佐々木選手のイガグリ頭でない髪の写真も掲載されていて、これまた興味深い(笑)。


「グッズ勝負! SHOWS CATALOGUE 2011」
7社7製品を紹介。なんといってもアディダスのアディゼロ BD Feather が注目ですかね。潮田玲子選手がアディダスと契約していなければ実現しなかったのではないかと想像。昨年の日本リーグで潮田選手が履いていたシューズとかなり近い感じだけれど、ソールのカラーパターンが微妙に違うけれど。


震災関連記事としては・・・。

特別企画「コート外練習でライバルに差をつけろ!」
東日本大震災がもたらした練習場所不足で、困っている人が多いことは本誌のレポートでも紹介されているが、そういった人たちへの企画。

「富岡「新たな挑戦」」
富岡高校は福島県猪苗代町の学校。震災後、4カ所に別れて授業を受けているとのこと。猪苗代町総合体育館が使えるということで、東北の被災地の中ではまだ恵まれている方かもしれないが、震災以前とは全然環境が変わってしまっている。

「東日本大震災 復興に向けてー」
ここではNTT東日本が仙台で被災地支援したことや、東北マークス&七十七銀行が福島県で講習会を開催したことなどがレポートされている。

「小椋久美子が行った! 見た! 一緒にプレーした! “スポーツで笑顔プロジェクト” 始動しました」
いつものQ&Aの代わりにこの企画に。5月に陣内貴美子さんと大船渡市、釜石市と講習会&サイン会を行なったときのレポート。



『Badminton MAGAZINE』7月号はこんなところで。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : Badminton


パナソニック GH2 & ホルガレンズ(60mm)で家ネコを撮影(駄作55)





パナソニック GH2 & ホルガレンズ(60mm)
ISO AUTO(200)絞り優先AE 1/125秒



ホルガレンズでの初作例はネコ写真ということで(笑)。

ブラックコーナー・エフェクターの描写にムラが出るというハナシも聞くけれど、なかなかイイ感じに周辺光量落ちになってくれマシタ。
絞りはF8だが、ブラックコーナー・エフェクターが張り付いているため、さらに小絞りになっており、中間距離にピントを合わせたものの、写っている範囲ですべて被写界深度内に入っているようだ。もっとも、どの位置もアマい描写だけれど(笑)。

これら写真は晴天・順光だったのでISO200ですんだが、レンズが暗いので、別の日陰のカットではシャッタースピードを1/60秒から1/125秒をキープするためにISO1000とか3200などにアップしてしまった。

ホルガレンズは35mm判換算120mm相当になるが、ネコを撮るにはイイ感じの焦点距離。
高性能レンズの描写を追求するのもいいが、アマいレンズでネコと戯れるのもまた一興。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX GH2 ホルガレンズ Holga


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ