FC2ブログ

HOLGA レンズ【パワフルセットC(BC)】を購入!


先日、HOLGA のマイクロフォーサーズなどのマウントに対応する新レンズを紹介したが、今回ついフラフラと購入(笑)。ただし、購入したのはキヤノン EOSマウント用 HOLGA レンズ【パワフルセットC(BC)】

過去のエントリー:「エー・パワー、ホルガレンズにミラーレスカメラ用など追加」について



【パワフルセットC(BC)】(10,710円)の内容は・・・

HL-C(BC) 単品価格:3,150円  
 BCはブラックコーナーエフェクターの略。
FEL-135(フィッシュアイコンバーター)
 単品価格:3,990円
HW-05(0.5倍ワイドコンバーター)
 単品価格:2,940円
HT-25(2.5倍テレコンバーター)
 単品価格:2,940円

いずれもレンズはビニール袋に入れられていて、ペラの取説(英語)つき。

コンバーター3種には『Holga』ロゴ入りタイベック製巾着付き。

さて、ベースとなるレンズは60mm F8。総プラスチック製でメチャ軽い! 
距離目盛りの代わりにバストアップの人間、3人、7人、山のアイコン。AFが開発される前のコンパクトカメラではよくこのような指標があったので懐かしい(笑)。なお取説によれば、それぞれ、0.7m、2m、6m、10mとなっている。

裏面はこんな感じ。
わざわざ「ブラックコーナーエフェクター」を貼り付けてある。ユーザーはホルガレンズに周辺光量低下などの低画質を求めているのに、もともとブローニー判用レンズを35mm判に装着すると周辺光量が低下しないというワケで、わざわざ画質を低下させているというワケ(笑)。

ワタシは周辺光量低下を期待しているわけではないので、「ブラックコーナーエフェクター」のないタイプを購入してもよかったのだけれど、マイナスドライバーで簡単に取り外せるとのことだったので、こちらを購入。
「ブラックコーナーエフェクター」装着のままだとシャッタースピードが遅くなるので、いずれはずすつもり。

左がフロントキャップで右がリアキャップ。

キヤノン EOS-1D Mark IV に装着するとこんな感じ。ちょっとバランス悪いですな(笑)。

ところで、ホルガレンズのプラスチックマウントは、EOS に装着するとガタがある。本体から外れることはないけれど、これはちょっと気になる。
ついでに、装着の目安になる白い指標は少しズレていて、指標を正確に合わせると装着できない(笑)。

さらにフィッシュアイコンバーターを装着するとこんな感じ。まだまだバランスが悪いけど、すこしマシになったかな。

マウントアダプターを介してホルガレンズをパナソニック GH2 に装着。この場合120mm相当の画角になる。マウントアダプターの分だけ長くなるので、今度は期待していたよりも大きく感じた。
やはり7月に発売されるマイクロフォーサーズ用レンズ(25mm F8)を買うべきか(笑)。というか、買うつもりだけれど(爆)。


これでしばらくは、またネタに困りませんなぁ(笑)。



周辺光量が落ちる!キヤノン一眼レフカメラ用HOLGAレンズ【HL-C(BC)】周辺光量が落ちる!キヤノン一眼レフカメラ用HOLGAレンズ【HL-C(BC)】
()
エーパワー

商品詳細を見る

周辺光量が落ちる!ニコン一眼レフカメラ用HOLGAレンズ【HL-N(BC)】周辺光量が落ちる!ニコン一眼レフカメラ用HOLGAレンズ【HL-N(BC)】
()
エーパワー

商品詳細を見る

HOLGA120用フィッシュアイレンズ FEL120HOLGA120用フィッシュアイレンズ FEL120
(2008/04/10)
ホルガ?

商品詳細を見る

HOLGA120/135用ワイド・レンズHOLGA120/135用ワイド・レンズ
()
エー・パワー

商品詳細を見る

HOLGA120/135用テレ・レンズHOLGA120/135用テレ・レンズ
()
エー・パワー

商品詳細を見る

キヤノン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットC】:周辺光量落ちないタイプキヤノン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットC】:周辺光量落ちないタイプ
()
エーパワー

商品詳細を見る

周辺光量が落ちる!キヤノン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットC(BC)】周辺光量が落ちる!キヤノン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットC(BC)】
()
エーパワー

商品詳細を見る

ニコン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットN】:周辺光量落ちないタイプニコン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットN】:周辺光量落ちないタイプ
()
エーパワー

商品詳細を見る

周辺光量が落ちる!ニコン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットN(BC)】周辺光量が落ちる!ニコン一眼用HOLGAレンズ【パワフルセットN(BC)】
()
エーパワー

商品詳細を見る

スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ホルガ マイクロフォーサーズ


「シグマ、「APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM」を正式発表」について



シグマが APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM のキヤノン用、シグマ用を6月24日より発売するとのこと。

シグマのリリース:SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM 発表

デジカメWatchの記事:シグマ、「APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM」を正式発表

このレンズもワタシ的にはやや注目だったのだけれど・・・。現行手ぶれ補正機構なしの製品に対し、

希望小売価格:99,000円→130,000円(税別)
重量:895g→1,150g
全長:137mm→150mm
レンズ構成:12群16枚→13群19枚

となっていて、手ぶれ補正機構が内蔵されたものの255gアップし、何よりも希望小売価格の31,000円アップは大きいですなぁ。
APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM が手ぶれ補正機構を追加しながら旧機種よりも安い価格で発表されたときはビックリしたが、今回はそのようなサプライズはなく、やや期待はずれの価格設定。戦略的な価格設定は取らなかったということになる。

このレンズのライバルとしては、キヤノンなら EF100mm F2.8L IS マクロ USM EF180mm F3.5L マクロ USM あたりになるのだろうけれど、シグマ的には180mmに替わるレンズという位置づけなのかな。シグマも APO MACRO 180mm F3.5 EX DG HSM(税別希望小売価格14万円)を出していたが、公式サイトからこのレンズが消えている。開放F値の2.8と3.5は微妙な違いだけれど、カメラのAF性能に差が出るところ。

なによりも、三脚必須のマクロ撮影において、三脚ナシの自由な撮影を楽しめるという意味では、31,000円アップもヘビーユーザーにとっては納得できるのかな。

また、公式サイトでは「さらなる高画質化を実現した」とあるので、従来機種よりも光学性能は優れているのだろう。

とはいえ、マクロユーザーにとっては食指が動くのだろうけれど、残念ながらワタシ的にはさほど・・・(笑)。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : シグマ


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ