FC2ブログ

『サイゾー』2012年09月号「タブーな本」

サイゾー 2012年 09月号 [雑誌]サイゾー 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/18)
不明

商品詳細を見る


『サイゾー』2012年09月号 「タブーな本」。先月号(→リンク)が面白かったので、今月も買ってしまいました。
今月は

【第1特集】焚書も覚悟!? なタブー破りの本

「第一章」一番キケンなあの人の素顔に書籍が迫る
• 浅田真央ちゃんの"怒り"の真相と「お蔵入り」列伝
• 書物から完全読解する、石原慎太郎と宗教のキケンな関係
• キャンドル・ジュンが選ぶヤバいスピ本と広末涼子のアノ話
ワタシ的に興味深かったのは「実例をもとにパターンを徹底分析! やがて悲しきお蔵入り本列伝」。どういう理由で発禁本が生まれるのかについて解説されている。
もう1つは「訴訟や公安警察のマークに中傷・・・首相告発本が持つリスクと社会的意義」。小泉純一郎、麻生太郎、菅直人、バラク・オバマに関する告発本を紹介。

「第二章」エンタメのウラにひそむ数々の禁忌
• 金と暴力団が絡む!? 芸能人暴露本の知られざる顛末
• 宮崎哲弥×川端幹人「コンビニタブー本は情動を突き動かす!」
• 元巨人軍球団代表・清武英利が語る出版差し止めとナベツネ本の嘘
ワタシが面白いと思ったのが「危ないコンビニ・タブー本が「タブー」に阻まれ、存続の危機!?」。コンビニ・タブー本があること自体知らなかったけれど、コンビニ本部への圧力により、内容がマイルドになってしまっているとのこと。出版社は発売の2ヶ月前に企画書をコンビニ各チェーンに企画書を提案して事前検閲を受けなければならず、NGを言い渡されると本にすることができないからだそーで。

「第三章」インナーサークルの中の危険情報
• 奇形写真集から性科学まで「ヤバい医学書」の世界
• どん底の文壇がすがるのは? 文芸編集者座談会
面白かったのは「直木賞作家でも初版5000部!? 有名でも売れない大御所作家」。有名作家でも現実はキビシイようデス。

【第2特集】醜聞に揺れる巨人軍の内実
"球界の紳士""球界の盟主"と呼ばれてきた読売巨人軍が、相次ぐスキャンダルに揺れている。かねてより毀誉褒貶相半ばしてきた同球団を、球界関係者、長年のファン、あるいは取材を重ねてきた人物たちは、今どうとらえているのか?
ワタシ的に一番興味を持って読んだのがこの特集。原監督の不倫、さらに1億円での口止めをはかった件が明るみになったにもかかわらず、さらなるマスコミの追求がない不思議。
本特集では、この件について色んな立場の人たちがコメントしていて、立場が違うとこんなにも評価が違うものかという点が面白い。


『サイゾー』9月号はこんなところで。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

tag : サイゾー


「パナソニック、EVF内蔵ミラーレスカメラ「LUMIX DMC-G5」を国内発表」について



パナソニックがミラーレス一眼カメラ LUMIX DMC-G5を国内発表。ワタシ自身、このカメラを買うつもりはないけれど、パナソニックユーザーなのでコメントを。

パナソニックはミラーレス一眼を4つの製品で構成している。
1つは男性向けコンパクトのGX1、2つ目は男性向けスペック満載のGH2、3つ目は女性向けコンパクトのGF5、そして4つ目が女性向けスペック満載のG5、ということになる。

GF、Gシリーズが毎年のように新製品を出してGF1、GF2、GF3、(GF4は飛ばして)GF5、G1、G2、G3、(G4を飛ばして)G5まで来てしまった。GH2はこの秋GH3が発表されるという噂ではあるが、現状はまだ第2世代。このため、GH2とG5でスペックがほとんど似通ってしまっている。そして、発売から時間が経過しているGH2は市場価格がこなれてきており、8月25日現在のマップカメラ価格が61,500円(カメラのみ)。一方、G5の価格は71,800円となっていて、GH2を購入した方が1万円ほどオトクな状況だ。
もっとも、9月に GH3 が本当に発表されると、GH2 の価格はさらに下がるだろうから、そこで購入するというのも手ではないだろうか。ワタシはすでに GH2 を持っているので、GH3 に興味津々だが。

ところで、先日のキヤノンの EOS-M の発表で、国内主要カメラメーカー5社のミラーレス一眼が揃ったことになる。

各社の製品を見てみると、まずペンタックスはオモチャのようなQとフランジバックが従来一眼レフと変わらないK-01なので、ミラーレス一眼に対する本気度がわからない。
ニコンは小サイズセンサーでコンパクトカメラの延長線的なニコン 1 シリーズを展開。一眼レフとは別路線。
ソニーはハーフミラーを位相差AFに使用するというアイデアで高速連写を実現した一眼レフシリーズと、ミラーレスEマウントの2本立て。2本立てだが、Eマウントのレンズは着実に増えてきている。
キヤノンはEOS-MをコンパクトデジカメからEOS一眼レフへの一時的な橋渡しのつもりでいるようで、EF-Mマウントレンズが今後開発されるのかどうか疑問。
オリンパスはフォーサーズのEシリーズに投資したもののシェアが取れず、マイクロフォーサーズの PEN でようやく大ヒット。経営上の不正が発覚したことで、今後 Eシリーズは切り捨てられることになるのだろう。OM-Dも評価は良いようなので、今後の投資対象が1つに絞れて結果オーライか。
そしてパナソニック。フォーサーズに手を出したけれど芽が出ないところでさっさと見切りをつけ、マイクロフォーサーズで大躍進。今後もこのシリーズに注力するのだろう。

マイクロフォーサーズ規格は面積比で35mm判の1/4の撮像素子で、ミラーボックスも不要だから、カメラが大幅にコンパクトになる。また、レンズに入った光は加工されて液晶から撮影者の目に届くので、多少の収差はカメラ内の演算処理で補正が可能。このため、レンズも大幅にコンパクトだ。
コンパクトデジカメではできない本格的な撮影ができながら、従来の一眼レフに比べてシステムとして大幅に軽量コンパクトという意味ではマイクロフォーサーズが一番適切な規格ではないかとワタシは思う。
もちろん、スポーツ系の撮影は一眼レフの方が現状では優れているけれど、スナップとか一般的な記録写真では一眼レフに取って代わるに十分なものである。

そんなワケで、マイクロフォーサーズ陣営には、今後の更なる性能アップとシステムの充実を期待する次第である。



Panasonic ルミックス デジタル一眼カメラ/ボディ フルハイビジョンムービー一眼 シェルホワイト DMC-G5-WPanasonic ルミックス デジタル一眼カメラ/ボディ フルハイビジョンムービー一眼 シェルホワイト DMC-G5-W
(2012/09/13)
パナソニック

商品詳細を見る



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX G5


『【完全保存版】2012ロンドン五輪 総決算号』(ベースボールマガジン社)



『【完全保存版】2012ロンドン五輪 総決算号』(ベースボールマガジン社)

すでに同様のムック本『ロンドンオリンピック総集編』2012年 8/30号(週刊朝日増刊)を購入したのは以前のエントリーで述べた通り。

それでもこちらを購入したのは、本書の後半部分で、7月27日の開会式(および25日、26日のサッカー)から8月12日の閉会式まで時系列(1日あたり見開き2ページ)でレポートしており、過去を振り返るのに分かりやすいところが大ポイント。
その日のメジャートピックのほか、その日に取った各国選手のメダル一覧も掲載。



前半部分は大きな写真と記事中心の構成。卓球、柔道、サッカーなど、注目種目を一通りカバー。ワタシ的に注目は・・・。

水泳の鈴木聡美選手がカメラ目線でメダルを見せている写真が見開き2ページでどーんと掲載。少し後のページでも2ページで「まっさらなヒロイン」というタイトルの記事と写真を掲載。編集部的には鈴木聡美押しのようで(笑)。

一躍メジャーになったフジカキペアも2ページ。だいたい2人のメダルの写真や勝ってガッツポーズをしている写真が多い中、本書では決勝で負けが決まり、手前の中国ペアが抱き合っているときに笑顔でハイタッチした瞬間の写真。記事タイトルが「藤井瑞希&垣岩令佳 爽やかに散って「銀」」。ナルホド、タイトルと合ってマス。


「LONDON NEWS SCRAMBLE」では、小ネタをいくつか。
・開会式に謎の女現る!
・落として破損のメダル、取り換えOK?
・越えられない・・・4年前の悲劇ふたたび
・柔道で前代未聞の自体! 判定が覆る
・フェンシングで女子選手が座り込み抗議!
・無気力試合でバドミントンペア4組が失格に
などなど。フェンシングの件は日本のテレビでは報道されなかったのでは?


「忘れられない名言・珍言集 in ロンドン」
名言集
・「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかないぞ」(水泳/松田丈志)
・「この一瞬で報われた気がする」(卓球/福原愛)
・「自分の年齢に勝てたことを誇りに思う」(ハンマー投げ/室伏広治)
珍言集
・「大きなパフェを食べたい」(柔道/松本薫)
・「アゴを削りたい。ずっと夢だった」(アーチェリー/早川漣)
などなど。


「【ロンドン取材紀行】2012年夏 ロンドン五輪を行く」
オリンピックムードに沸くロンドンの町並みや会場などを紹介。案内ブース、フィッシュ&チップス、五輪関係車両用専用レーンなど。



こんな感じで、ロンドンオリンピックを振り返るには最適の一冊デス。

テーマ : ロンドンオリンピック
ジャンル : スポーツ

tag : ロンドンオリンピック 五輪


『Badminton MAGAZINE』2012年09月号

Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 09月号 [雑誌]Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/22)
不明

商品詳細を見る


『Badminton MAGAZINE』2012年09月号

表紙はワタシが予想した通り、フジカキペアが銀メダルを首から下げた表彰台写真。まぁ、だれでも予想できるけど(笑)。ちなみに、銀メダルを裏向きに下げてるんですよねぇ。これはメダルを2人に掛けた人が悪いんだけど。


当然巻頭カラーでロンドンオリンピック特集
前半7ページは日本勢の活躍でトップはもちろんフジカキペアが勝って両手を上げているところ。見開き2ページでドーンと。たぶん準決勝の写真かと思うけど、イイ写真。
林丹と熱戦を繰り広げた佐々木翔、試合中に大けがを負いながらゲームを続けようと頑張った佐藤冴香も1ページで大きく写真を載せている。佐藤冴香の写真はごく普通にスマッシュを打っているところだけれど、負傷後に頑張っている姿とか、棄権を決めた後、相手選手が佐藤を気遣うシーンとかも盛り込んで欲しかったところ。
後半9ページはバドミントン5種目を制覇した中国特集。日本ではほとんどニュースにならなかったけれど、きっちり押さえているところがバドマガらしいところ。

モノクロページでは全試合終了後の各選手のコメント。全員集合の写真では、佐藤冴香のみ車椅子姿なのが痛々しい。が、コメントでは次のリオを目指すとのこと。頑張って欲しい。

特別寄稿「佐藤冴香のロンドン五輪日記。」では7月22日から7月31日までの日記を1ページで掲載。選手らがロンドンでどのような行動をしていたのかが垣間見れて楽しい。さすがに試合後の日記はなかったけれど。

「トピックス」では
・チャールズ皇太子が観戦!
・朝もはよから・・・
・幻に消えた五輪連覇、選手の心情は・・・
・ピンク、ピンク、ピンク!
・李玲蔚がIOC理事に!
という小ネタを紹介。「ピンク、ピンク、ピンク!」では、コート周りの床やついたてがピンクになっていることを取り上げていたが、この色は日本チームの赤いユニフォームとは合わなかったように思う。もう一つの紺色のほうがマッチしており、フジカキペアは準決勝、決勝とも紺色のユニフォームで戦っていたが、そのあたりを考えていたのかな?

「五輪を騒がせた「無気力試合」現場の証言」では、中国ペア対韓国ペアの主審を務めた遠井努氏、日本代表コーチの舛田圭太氏、中国代表総監督の李永波氏からコメントを取っており、テレビ報道とは違った視点で面白い。


「リレーコラム チェンジ・エンズ」。こちらもオリンピック関連で「感動と落胆のロンドン五輪。夢与えたフジカキの活躍と「無気力試合」」
「無気力試合」については、バドミントンがアジアや欧州の一部に偏っているため、悪いイメージが広まれば五輪競技を外れる恐れもあることから、BWF(世界バドミントン連盟)が4組を失格という厳しい処分にすることで幕引きを図ったとしている。
一方で、予選リーグ、決勝トーナメントの方法についても不備があったとし、改善提案をしている。


ロンドン五輪のバドミントンレポート、TV各局の金太郎アメ的な報道とはひと味違う内容だった。バドミントン専門誌としての面目躍如といったところか。グッジョブ!



オリンピックの時期、日本で行なわれていたのが「北信越インターハイ」
こちらもカラー12ページ、モノクロ4ページで特集。
高校生のことは詳しくないけれど、桃田賢斗、奥原希望がそれぞれシングルスの頂点。



「展望 YOJを観に行こう!」
ロンドン五輪での日本の好成績を受けての国際大会(9月18日〜23日)。モノクロ3ページで紹介しているけど、できれば目を引くようにカラーで紹介して欲しかったところ。銀メダルを取ったフジカキペア、YOJを最後に引退する潮田玲子、同じく日本でのビッグゲームは最後となるピーター・ゲードを始め、世界の強豪のプレーが東京で見られるのだから、バドミントンをしない人も、ぜひこの機会に。

公式サイト:YONEX OPEN JAPAN 2012

公式サイトには掲載されていないけれど、決勝戦の9月23日には潮田玲子選手の引退セレモニーが催されるようだ。

さらに、潮田玲子、ピーター・ハーグ・ゲードともにYOJ決勝戦翌日にもプレーするようだ。
「ヨネックスバドミントン・ドリ-ムマッチ・福岡」(福岡市民体育館)
2012年9月24日(月)18:00~20:30 (開場 17時)
①田児賢一(JPN)②池田信太郎(JPN)潮田玲子(JPN)④末綱聡子(JPN)⑤前田美順(JPN)
⑥ピーター・ハーグ・ゲード(DEN) ⑦ペトヤ・ネデルチェワ(BUL)⑧アナスタシア・ラッスキー(RUS)
公式ゲームではないけれど、これがホントの最終戦になるのかな?

詳細はコチラ→ SMASH and NET.TVの記事:福岡からバドミントンを! スター選手が福岡市に集結



『Badminton MAGAZINE』9月号はこんなところで。



テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : Badminton バドミントン


EOS-1Ds Mark III & TS-E 90mm F2.8 で家ネコを撮影(駄作94)



『ちょっと酔っぱらっちゃったぁ〜。』

一升瓶の前に寝ているケイちゃん(♀)。
猪口を手前において撮影し、ほっぺを
ピンクに塗ってみました(笑)。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EOS-1D TS-E90mmF2.8 ネコ


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2012/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ