『Mac Fan』2013年01月号

Mac Fan (マックファン) 2013年 01月号 [雑誌]Mac Fan (マックファン) 2013年 01月号 [雑誌]
(2012/11/29)
不明

商品詳細を見る



『Mac Fan』2013年01月号


特別付録『iPad mini and iPad GENIUS GUIDE』。A5サイズで192ページのボリューム。コンテンツは・・・
Chapter 1_iPad Family iPad のラインナップ
Chapter 2_Start Guide iPad mini & iPad はじめの一歩
Chapter 3_Application 標準アプリを楽しもう
Chapter 4_Digital Books 電子書籍を楽しむ
Chapter 5_TV & Movie 地デジ&動画を楽しむ
Chapter 6_iTunes Mac と同期しよう
Chapter 7_iWork & iLife 純正アプリを楽しもう
iPad mini あるいは iPad を購入する/したユーザーのためのスタートアップガイド。これがあれば、とりあえず他の入門書は要らないのでは?


表紙&インタビュー三吉彩花(みよし あやか)サン。
サントリー『なっちゃん』7代目イメージッキャラクターだそうで。2011年のTVドラマ『高校生レストラン』にも出演していたそうだけれど、いましたっけ? 見てたんだけど。
インタビューでは映画『グッモーエビアン!』のことを話している。


第1特集「暮らしを変える iPad mini のすべて」。24ページの大特集。
特別付録では iPad mini の使い方を解説しているが、本特集ではいかに iPad mini が魅力的かを林信行氏が解説している。
iPad や Kindle Fire HD、Nexus 7 との比較などもあるが、使い勝手は iPad mini が一番という内容。まぁ、Mac の雑誌としては当然の結論だが(笑)。



第2特集「新生 Mac 購入ガイド」。21ページ。
10月の発表で主力ラインナップが一新した Mac 本体。ボーナスシーズン突入ということもあり、MacBook Air 11" から MacPro まで、どれを選ぶべきかを事細かに紹介している企画。
価格別マッピングでは、「低価格志向型」「コストパフォーマンス重視型」「ハイエンド志向型」「業務(プロ)志向型」にカテゴライズできるが、それぞれ境界線が緩やかに混ざり合いながらもユーザーニーズがマッチするような価格設定になっていると分析。
一方で、128,000円という価格で iMac 21.5" もMacBook Pro 13" も、MacBook Air 13" も選ぶことができるなど、10〜20万円台の価格帯では5種類の価格帯に集約されている。このため、価格ではなくユーザーニーズで機種を決めることができるようにラインナップされていると分析。
もっとも、この分析は追加オプションなしでの話であり、メモリやドライブをアップグレードするととんでもない金額になったりするので要注意(笑)。
その後は個別機種の解説と続き、それぞれの特徴や、別カテゴリーの機種との比較でどちらが良いかをユーザーニーズによってオススメしてくれたりと参考になる。


第3特集「アップルさん そりゃないでしょ?」
「革新」の影に潜む「バッドニュース」に斬り込む というキャッチ。
・SNSと連絡先の統合機能で思わぬ個人情報が降ってくる
・iOS 6 のマップが実用レベルになる日は来るか?
・傷つきやすい iPhone 5 加工と管理、2つの問題
・MacBook Pro の Retina ディスプレイに残像発生?
・バッテリが膨れ上がっても、無償交換はできなくなった?
・もしや買い替え狙い? Mac の修理費用が高すぎる
・放置されたWindows版のSafariに脆弱性が発覚
・純正ケーブル、コネクタはなぜこんなに高いのか?
・Mac、ウィンドウズ両対応を謳う機器の付属ソフト格差
「SNSと連絡先の統合機能で思わぬ個人情報が降ってくる」ーーーこれは普段あまり気にかけないけれど、知っておくべき内容。FacebookやTwitterに登録した個人情報がメールアドレスを手がかりに iOSやOS X が探してくるというもの。もともとはFacebookやTwitterに備わった機能だそうで、それを iOSやOS X が利用しているだけらしいのだが。問題は自分が他人の情報を知ることができるだけでなく、他人も自分の情報を知ることができるということだ。悪用される可能性もないとは言えず、本記事ではFacebookやTwitterの個人情報の設定をし直すことを薦めている。
「iOS 6 のマップが実用レベルになる日は来るか?」ーーー11月に撮影のため高岡に出張したときはマップが地図として機能しなくてガックリ。何しろ、あるはずの鉄道路線が見当たらないのだから!


「林檎職人 徳間貴志」
徳間氏は “インフォグラフィックス” の第一線で活躍しているグラフィックデザイナー。“インフォグラフィックス” とは、複雑な情報を単なる表やグラフ、文章だけで説明するのではなく、伝えるべきものを整理し、見る人にとって直感的で分かりやすく視覚化したデザインのこと。テレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』でも紹介されてましたなぁ。

テレビ東京のサイト:一目で“伝わる”インフォグラフィック

本記事では、徳間氏とMacとのかかわり、仕事/マシン環境、作品紹介など。ちなみに氏が主に使用しているのは MacProにイラストレーターCS4だそーで。



『Mac Fan』2013年01月号はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : MacFan


バブリーな時代のサラリーマン必携アイテム システム手帳

某友人がシステム手帳のことをブログに書いていたのでワタシも記事に。

ワタシが大学生2年生の頃だと思うが、山根一眞著『スーパー手帳の仕事術』で紹介され、雑誌『DIME』でも特集が組まれたと記憶するシステム手帳。

元祖はファイロファックスで、バイブルサイズという細長い特殊なサイズのリフィル。バインダーサイズは約 19 x 12.5 x 3 cm で、厚みを別にすれば iPad mini に近いサイズ。
背広の内ポケットにはとても入らないけれど、自分の好みのリフィルを入れたり、カードサイズアクセサリーを収納することでセカンドバッグ的な役割を担わせることも可能。
新しモノ好きなワタシとしては、すぐに飛びつきたいところだったけれど、ファイロファックスの価格は当時36,000円。とても当時のワタシにとって買うにはかなり勇気のいる価格であったし、実物を見て、これで36,000円か?という感じ。
バインダーのフチが裁ち落としになっていて個人的に高級感を感じなかった。


そんななか、(たしか)新宿丸井で見つけた『ギーヴス&ホークス』のシステム手帳。『ギーヴス&ホークス』はイギリスの服飾ブランドで、システム手帳はOEM製品だと思うけれど、価格が1万円でバインダーのフチもヘリ返しで丁寧な造り。後に購入した銀座タニザワのバッグ類と革の表面処理のテイストが揃っていて、なかなか気に入っていた。これを購入して大学時代はもちろん、就職してもずっと使い、10年以上活用した。

過去のエントリー:
銀座タニザワのビジネスバッグ
銀座タニザワのダレスバッグ


 
10年以上も使用しているとあちこち傷んでくるのは当たり前。背表紙部分はひび割れてくるし、ヘリ返しのフチはほぼ全部擦り切れ、表面の光沢もなくなってしまっている。ホックもちぎれてなくなってしまった。バインダーの金具は何度も床に落としたのですこし曲がってしまい、金具の一部は外れてなくなってしまっている。



 

そんなわけで、2代目として購入したのがファイロファックス『ダンディー』というモデルで30,000円。東京・新宿の紀伊国屋アドホック店で購入。黒い本革製でヘリ返しの処理が施されているところが購入のポイント。ワニ皮風型押しを施したカーフレザー製で、購入当時はかなり光沢感のある質感だった。

手帳の入っていた箱を改めて確認すると、5年間保証のカードが入っていた。「通常使用において万一支障が生じた場合は修理をする」というものだが、だれかこのカードを提示して修理したヒト、いるんですかね? ワタシの場合は5年以上使ったけれど、何の問題もなかった。

ちなみに2代目のファイロファックスについていたリフィルはほぼ丸ごと新品のまま使わずじまい。過去に使い続けていた好みのリフィルを丸ごと移して使用した。

リフィルが差し替え式だということは、自分の好みで差し替えられるということで、特にダイアリー部分は見開き2週間から見開き1週間、さらにメモスペースが欲しいとなると、見開き1週間の間にメモリフィルを入れるなど、その時々の用途に合わせて中身を変更。

カードホルダーにはクレジットカードを収納したほか、電車の定期券、カード電卓、裁縫道具、カード印鑑など、カードサイズのものは何でも収納していた(笑)。


ただ、電子手帳と違って、ダイアリーに書いた予定は月間カレンダーには転記しなくてはならず、ましてTo Do リストは終了しないとどんどん繰り越していくことになり、そのあたりの処理がなかなか面倒。とはいえ、当時の電子手帳は入力作業も面倒だし、時間もかかり、咄嗟にメモすることもできず、当時としては手書きに軍配が上がっていたように思う。


テーマ : その他
ジャンル : その他

tag : ファイロファックス システム手帳


BUFFALO MiniStation HD-PCT1TU3-B/N を2台追加



BUFFALO MiniStation HD-PCT1TU3-B/N をアマゾンで2台追加購入。これで合計6台目。1台はデータ保存用、もう1台はそのバックアップ用。

本当はホワイトモデルを購入したかったのだが、価格の安いフラストレーションフリーパッケージ のタイプはブラックのみで、1,000円ほどの価格差をケチってブラックモデルを購入(笑)。ちなみに1台7,919円。最初に買ったとき(2011年9月)は1台15,000円近くしていたと記憶しているので、1年余りでほぼ半額。
パッケージは段ボールのむき出し。箱は中身を取り出したら使うことがないので、これで十分。


サンダーボルト対応のポータブルHDDは1台25,000円近くするし、高速なSSDはトランセンドの256GBで23,800円。コストパフォーマンスを考慮して BUFFALO MiniStation HD-PCT1TU3-B/N を購入した次第。
現在の使用状況だと、バックアップを別にして 1TBでは2台必要といったところ。
本当は年別にHDDを区分けしたいところだけれど、1年単位だと微妙に容量が不足してしまい、月単位で区切って切り替えている状況。


過去のエントリー:
BUFFALO “つやスリム POCKET” ポータブルHDD(1TB)を2台購入(2011/09/14)
またまたハードディスクを追加! アイオーデータ HDPV-UT1.0(2011/12/18)
だんだん増えてきました。USB3.0対応ポータブルHDD バッファロー『つやスリム POCKET』HD-PCTU3-BWJ(2012/08/27)
高速ポータブルHDD/SDDも安くなってきましたが・・・(2012/11/25)
http://hiroyaikeda.blog10.fc2.com/blog-entry-1535.html




テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : バッファロー


マクドナルド『フードマグネット チキンマックナゲット』

ネタがないので、これでお茶を濁しておきマス(笑)。マクドナルド『フードマグネット チキンマックナゲット』




11月23日からスタートしたキャンペーンで、バーガー類+ポテトL+ドリンクLの「Lセット」の注文で6種類のうち1個がもらえるというもの。

マクドナルドのサイト:フード マグネット Lセットでもらえる(全部で6種類)| キャンペーン

前回のキャンペーンでは、中身が何かわからない小袋に入って提供されたので、全種類をコンプリートすることはできなかったけれど、今回は透明の小袋に入っている。「フード マグネットの種類は選べません。」とはあるけれど、少々は融通を利かせてくれるのではないかと期待。



絶対全部集めたいというご仁には、1,500円でコンプリートキットが買えるようだが、ワタシ的にはそれを買いたいとは思わない。最低6回Lセットを注文することを考えると安く済むのだろうけれど(笑)。
ただ、ポテトLにドリンクLはちょっとヘビー。ビンボー人のワタシとしては、出されたものは残さずいただくのがポリシーなので、このキャンペーンでまた太るのではないかと心配(笑)。



過去のエントリー:マクドナルド「フードストラップ」コンプリートならず!




テーマ : その他
ジャンル : その他

tag : マクドナルド


iPhone 4S でイオン栗山千明の巨大垂れ幕を縦パノラマ撮影



イオン店内に栗山千明の巨大な垂れ幕を見て、思わず iPhone 4S で縦パノラマ撮影。
たぶん、膝下だけで人間の身長以上の大きさはあるでしょうなぁ。

何箇所か横縞ができてしまったが、建物の2階から撮影したのでさほど苦もなく。

ちなみに栗山千明はJA三重のイメージキャラクターにも
なっているので、こちらのTVCMではよく目にする。
めちゃめちゃファンというワケではないけれど、親しみはありマス。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : 栗山千明


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2012/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ