『MacPeople』2013年03月号 おかげさまで通巻300号!!

前のエントリーではキヤノンの一眼レフの新製品を予想したのだが、残念ながら空振りに終わりマシタ(笑)。キヤノン、目立った新製品ないじゃないか!(プンプン)。



Mac People (マックピープル) 2013年 03月号 [雑誌]Mac People (マックピープル) 2013年 03月号 [雑誌]
(2013/01/29)
不明

商品詳細を見る



それはさておき、『MacPeople』2013年03月号
ワタシは『Mac Fan』を定期購読しているので『MacPeople』は本屋で立ち読みする程度なのだが、本号は通巻300号記念号ということで、過去300号を振り返る特別企画になっていたので購入。


「読者モニター大募集&3号連続特大プレゼント」
読者モニターでは、デジカメ、モニター、ソフトのほか、iMac 21.5インチ 2.9GHzとか MacBook Pro 13インチ 128GB、Mac mini 2.5GHz 500GB といった大物も用意されている。アップル製品に関しては、アップルからの提供ではなくマックピープル編集部によるものだ。太っ腹!!!

3号連続特大プレゼントでは、iPad mini や iPod touch(こちらもアップル製品はマックピープル編集部提供)を始め、ソフト、アクセサリーなどが60アイテム! 本誌に印刷されている応募券を1枚〜3枚ハガキに貼って応募。すでに3号連続の3号目なので、ワタシは1枚の賞品にしか応募できないが(笑)。


「表紙&基調講演アーカイブ」
『MacPeople』創刊号は1995年10月号。以後300号まで見開き2ページで10号分(1〜10号、11〜20号、・・・)をダイジェスト紹介。それぞれの時期の Mac やアクセサリーなども紹介している。Pippin atmark とかクラリスワークス、ボンダイブルーの初代 iMac、ポリタンクと言われた Power Macintosh G3 など、懐かしい。Power Mac G4 と同時に発表された Apple Cinema Display(22インチ)も紹介されているが、発売当初78万円ぐらいしたと記憶している。それがだんだん値下げして、最後は25万円ぐらいになっていたような・・・。
ページの下の方に表紙がサムネイルで並べられているのだが、小さすぎて残念。もう少し大きければここも価値があったと思うけど。


「People Watching Archive」
アップル製品を使用する有名人の紹介ページのアーカイブ。いかにもMacを使っていそうなヒトからこんな人が?というヒトまで、バラエティに富んでいる。もっとも、サッカーの澤穂希選手は iPod nano だったけれど(笑)。


「我が妻との闘争 傑作選」
5人家族で月の小遣いは2万円の呉エイジ氏がマック禁止、節約などを理由に10年以上にわたって嫁にいびられ続ける男の記録。このアーカイブでは文章が省略されているが、蛭子能収氏のイラストが強烈かつ面白い。
「女は負けるケンカはふっかけない」とか「自分の家で「便所」が一番居心地のいい場所になってしまったら、それは危険信号」など、笑える格言が並ぶ。

ちなみに今月号は父(呉エイジ氏)から500円の小遣いをもらえなかった子供たちが母に父の素行を密告され、1つのネタごとに500円をもらうエピソード。ワロタ。


「Macのある暮らし Art Museum」
イラストレーター佐藤尚氏によるイラスト連載。すべて手書きでほっこりした作風。


ところで、今月号の表紙インタビュー倉科カナさんなのだけれど、明らかにピンボケだし、画質も悪いし。どーしてこの写真を選んだのか???


第1特集「マックが動くしくみ 壊れるしくみ」
CPUとかメモリーとかパソコンの各システムを紹介、またトラブルの解消法法について紹介する企画。1アイテムにつき見開き2ページで解説しているのだが、1/2ページはマンガで各アイテムを比喩的表現。このマンガ、面白いけれど、初心者にはわからんだろうなぁ(笑)。


第2特集「iPadだけでビジネスフローを完遂せよ!」
iPad を使って情報収集、議事録作成、写真の色補正・整理などを行なう方法について解説。iPad でもここまでできるということを紹介しているが、マックを使った方が早いとは思うけれど(笑)。

とはいえ、今月の「知的生産のMac術」(塩澤一洋)では、本人の写真付きブログはMacからiPad miniに移行したと紹介しているから、そういう使い方はアリかも。


第3特集「予算2万円! 編集部イチのショッピング上手は誰だ!? お買い物グランプリ」
編集部員8名が予算2万円でマック関連アクセサリーを購入し、互いにその良さをプレゼンし、順位を決めるという企画。ワタシ的には物欲をそそられないセレクションでいまいち(失礼!)。



『MacPeople』3月号はこんなところで。



スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : MacPeople


キヤノンがCP+2013でコンパクト以外の新製品発表?(ワタシの勝手な推理)

GANREFのサイトでCP+2013の注目メーカーブースの紹介をしている。

GANREFのページ:GANREF特選 CP+2013必見ブースはココだ!

GANREFのページ:GANREF特選!必見ブース キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社


注目したいのが、キヤノンのプレゼンテーションスケジュール。

1月31日(木)
12:45-13:15 写真家×開発者「EOS 6D 写真家×開発者トークショー」
??:??-??:?? ??
14:25-14:55 プレゼンステージ「EOS×PIXUS PRO-10 写真家トークショー」
??:??-??:?? ??
15:50-16:20 写真家×開発者「EOS-1DX 写真家×開発者トークショー」


2月1日(金)
11:25-11:55 写真家×開発者「EOS-1DX 写真家×開発者トークショー」
12:45-13:15 プレゼンステージ「EOS×PIXUS PRO-100 写真家トークショー」
??:??-??:?? ??
14:25-14:55 写真家×開発者「EOS 6D 写真家×開発者トークショー」
15:50-16:20 プレゼンステージ「CINEMA EOS SYSTEM ステージ」


2月2日(土)
11:25-11:55 プレゼンステージ「EOS×PIXUS PRO-100 写真家トークショー」
12:45-13:15 写真家×開発者「EOS 6D 写真家×開発者トークショー」
??:??-??:?? ??
14:20-15:05 プレゼンステージ「Hello! フォト☆ラバーズ」EOS M スペシャルトークショー
??:??-??:?? ??
15:55-16:25 写真家×開発者「EOS 5D MarkⅢ 写真家×開発者トークショー」


2月3日(日)
11:10-11:40 写真家×開発者「EOS 5D MarkⅢ 写真家×開発者トークショー」
??:??-??:?? ??
12:30-13:00 写真家×開発者「EOS 6D 写真家×開発者トークショー」
??:??-??:?? ??
13:35-14:05 プレゼンステージ「PowerShot G1 写真家トークショー 」
14:20-14:50 プレゼンステージ「EOS×PIXUS PRO-10 写真家トークショー」
??:??-??:?? ??
??:??-??:?? ??


各プレゼン時間が20分、プレゼン間の時間が15〜20分程度とすると、??:??-??:?? ??部分が空白になっている。キヤノンが短期集中のイベントで空きを作るはずがない。とすれば、やはり新製品のプレゼンを予定していると推測するのが妥当ではないか?

その他のステージ内容を見ると、紹介されているアイテムは、 EOS-1D X、EOS 5D Mark III、EOS 6D、EOS M、PIXUS PRO-10、PIXUS PRO-100 となっている。ここで抜けているのがエントリーから中級向けのAPS-C一眼レフ。現行機種で言えば、EOS 7D、EOS 60D、EOS Kiss X6i。
ネットではいろいろそれぞれの機種のウワサが出ているが、3機種ともリニューアルされるかどうかは別にして、最低1機種の後継機が発表されると予想するのが妥当ではないか?

まぁ、今日、明日中にはプレゼンスケジュールも更新され、もちろん、キヤノンから正式なアナウンスがあるものと期待したい。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : CP+2013 キヤノン


「ニコン、「AF-S NIKKOR 800mm F5.6 E FL ED VR」を正式発表」について




CP+2013まであと2日となり、各社新製品の発表が相次いでいる。記事にしたいアイテムがあるのだが、まずは「ニコン、「AF-S NIKKOR 800mm F5.6 E FL ED VR」を正式発表」について。
以前、フォトキナで同レンズの開発発表があったが、今回、正式発表となった。

デジカメWatchの記事:ニコン、「AF-S NIKKOR 800mm F5.6 E FL ED VR」を正式発表

過去のエントリー:「ニコン、800mm F5.6の超望遠レンズを開発発表」について


ワタシ自身、ニコンユーザーではないので本来はスルーなのだけれど、希望小売価格が200万円越え(税込み212万1,000円)であること、驚異的なMTF値を誇ること、オマケにテレコンがついていること、さらにそのテレコンが1.25倍(+2/3絞り)で、同梱のマスターレンズに最適化されるよう調整していることに興味を持った。


希望小売価格が200万円越え(税込み212万1,000円)というのは、特殊用途を除く現行の35mm判用交換レンズとしては最も高価ではないか。同じ焦点距離のキヤノン EF 800mm F5.6L IS USM は税込み1,837,500円。ニコンユーザーの方は大いに自慢してクダサイ!(爆)。


 
(左)ニコン800/5.6、(右)キヤノン800/5.6

MTF値は開放で周辺部まで「天井に貼り付く」グラフ。キヤノン EF 800mm F5.6L IS USM に比べても周辺部で差が出ている(キヤノンのMTF値も決して悪くはないが)。


オマケのテレコン「AF-S TELECONVERTER TC800-1.25 E ED」(1.25倍)。AF-S NIKKOR 800mm F5.6 E FL ED VR 専用で、同レンズとの組み合わせで、1,000mm F7.1相当として利用できる。
また、倍率が1.25倍で焦点距離が1000mmとキリが良くなるものの、開放F値は7.1と中途半端。安定したAFを行なうために1/3段でも明るくしたかったのかな?
このテレコンはニコンの製品紹介ページで「その他のレンズには装着できません。別売は行っておりません」とあった。


同梱のマスターレンズに最適化されるよう調整している、ということは、個別調整しないと微妙にピントが合わないということか。ニコンでは「主レンズの性能を損なわない鮮鋭感ある描写を実現」としていることから、専用の組み合わせに最適化し、描写性能がほとんど劣化しないのだろう。
MTFを見ると、キヤノンの800/5.6よりも優れていることがわかる。恐ろしく高い値だ。



ほとんどのニコンユーザーにとっては高嶺の花なのだろうけれど、フラッグシップレンズが出るというのはユーザー全体として嬉しいものではないか。まぁ、ワタシはキヤノンユーザーだし、800mmというのは対象外だからどうでもいいのだけれど。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ニコン 800mmF5.6


「DNPフォトルシオとケンコー・トキナー、スマホアクセサリー市場に参入」について

 



DNPフォトルシオケンコー・トキナーがスマホアクセサリー市場に参入するとのこと。

デジカメWatchの記事:DNPフォトルシオとケンコー・トキナー、スマホアクセサリー市場に参入

DNPフォトルシオのリリース:スマートフォンによる写真をより快適に楽しく撮影するためのアクセサリー 「アゴールコレクション」発表。

ケンコートキナーのリリース:株式会社DNPフォトルシオと株式会社ケンコー・トキナーとの両社は、共同で新ブランド「アゴールコレクション」を発表

「スマートフォンにより撮影した写真の質を向上し、カメラ店でのプリントやフォトブックの拡販へつながることを期待したものです。」とのこと。確かに最近はスマホの画質も向上しているし、実際にスマホで撮影した写真のプリント比率は増えているようだ。


今回発表されたのは、スマホ用コンバージョンレンズや三脚代わりのアクセサリー、液晶保護ガラス/フィルムなどだが、以前からあるような製品ばかり。そもそもケンコートキナーは以前からスマホ用アクセサリーを販売している。
ただ、スマホアクセサリーブランドを立ち上げてシリーズとして展開することで注目されることを期待するとか、DNPフォトルシオの流通ルートで製品を売るといった意図だろうか? DNPフォトルシオにしても、新たな商材で売上を上げたいといったところか(違ってたらゴメンナサイ)。


デジカメWatchの記事の写真(記者会見プレゼン画面):「スマートフォンからのプリントについて」

ところで、このプレゼン資料の「スマートフォンプリント受注件数比率」のグラフでは、デジカメと携帯からのプリント比率が減り、その分スマホからの比率が増えていることがわかる。ただ、「写真プリント総需」のグラフは2010年までのものであり、2011年/2012年の写真プリント総需の推移はわからない。つまり、プリントそのものは増えているのか減っているのかがわからない。そのあたりも知りたいところだ。

ワタシ自身、外出時にはコンパクトデジカメをとりあえず持っていくようにしていたが、最近ではスマホの携帯で間に合うかと思い、持ち出さないケースが増えてきた。写真好きなワタシですらこうなのだから、一般の人ならなおさらだ。今後は普通のコンパクトデジカメは使われる比率がどんどん減っていくのだろう。そもそも、デジカメは買えなかったけれど必需品のケータイにはカメラがついているわけだし。
さらに、デジタル化によって、フィルム代がかからないため、どんどん写真は撮られて、どーでもいい写真がSNSなどにどんどんアップされる。ただ、プリントするケースは増えているのか減っているのか?

ワタシの場合は年間膨大な数の写真を撮っているが、プリントするのは作品用のものだけ(それでも数百枚にはなるが)。あとは年賀状用のプリント。いずれも自宅のパソコンプリンターで出力しているので、写真店のプリントを利用することはない(というか、これまで1度も利用したことがない!)。


撮影機材の変化、楽しみ方の変化があるなかで、写真プリント需要を増やしていくのはなかなか厳しいとは思うが、まぁ、頑張ってほしいものデス。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : DNPフォトルシオ ケンコートキナー


EOS-1D X + TS-E 90mm F2.8 で家ネコを撮影(駄作102)

ネタ不足によりまたまたネコ写真でお茶を濁しマス(笑)。







撮影データ:(上)ISOオート(4000)、1/1000秒、f2.8、モデル/セイ(♂)
      (下)ISOオート(5000)、1/1000秒、f2.8、モデル/マル(♀)


今回は 1DX に TS-E 90mm F2.8 を使用。そしていわゆる “逆アオリ” で撮ってみた。
目にピントを合わせている。垂直方向を軸にアオっているので、普通とは違うボケかた。
ネコが正面を向いたカットもあるのだけれど、
片目しかピントが合わず、違和感があったので採用せず(笑)。

普通のレンズで普通に撮って、レタッチソフトでいくらでも似たような処理は
できるのだけれど、まぁ、ひまつぶし写真ということで(笑)。







テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS-1D TS-E90mmF2.8 ネコ


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
12 ≪│2013/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ