『100円のコーラを1000円で売る方法』3巻(永井孝尚/中経出版)



『100円のコーラを1000円で売る方法』3巻(永井孝尚/中経出版/1,400円+税)

『100円のコーラを1000円で売る方法』シリーズの完結編となる。

関連エントリー:『100円のコーラを1000円で売る方法』1・2巻(永井孝尚/中経出版)

ストーリーは会計ソフト会社/駒沢商会で活躍する宮前久美の前に元上司の与田誠が外資系会計ソフト会社/ガンジーネットの社長となって新規参入してくる。ガンジーネットはクラウド型会計サービスを無料で提供するという全く新しいシステムで会計ソフト業界にイノベーションを起こしてしまう。シェアをどんどん奪われる業界大手の会計ソフト会社/バリューマックス社は駒沢商会を買収して対抗しようとする・・・というもの。

ストーリーはフィクションで、無料のクラウド型会計サービスというのも現実には存在しない。だが、あたかも実在するかの内容で興味深く一気に読んでしまった。

ただ、本書に盛り込まれているビジネス理論はかなりシビアなものも多く、従来のビジネスのやり方を自ら改めていかないと将来はないかもしれないと警鐘を鳴らしている。


目次は次の通り。

Prologue ガンジーネット・ジャパン社長・与田誠

Target 1 破壊的なライバルは外からやって来る
       グローバル市場の怖さ

Target 2 iPhoneやKindleはなぜ正解中で使えるのか?
       個別カスタマイズから標準品へ

Target 3 企業メッセージの99.996%はスルーされる
       共感の時代のマーケティング戦略

Target 4 無料でも儲かる仕組みとは?
       フリーミアムのビジネスモデル

Target 5 トランジスタラジオが真空管ラジオを駆逐した理由
       イノベーションのジレンマ

Target 6 買収するほうが立場が強いとはかぎらない?
       交渉の正否を握るBATNA

Target 7 なぜグーグルはYouTubeを買収したのか?
       M&Aを成功させる方法

Target 8 アップルが iPadでパソコンを否定した理由
       イノベーションの作法

Target 9 有料で1万人に売るか、無料で100万人に使ってもらうか?
       数が生み出す新たな価値

Target 10 動きながら考える
       イノベーターの素養

Epilogue それぞれの新天地へ


目次に出ていない事例として、熊本県のゆるキャラ/くまモンや、米クライスラー社と独ダイムラーベンツ社の合併、上海リニアモーターカーなどを取り上げている。


このような内容で、1・2巻と併せてビジネスマン(というか仕事をしている方すべて)に超オススメ致しマス。



100円のコーラを1000円で売る方法 3100円のコーラを1000円で売る方法 3
(2013/06/08)
永井 孝尚

商品詳細を見る

100円のコーラを1000円で売る方法100円のコーラを1000円で売る方法
(2011/11/29)
永井 孝尚

商品詳細を見る

100円のコーラを1000円で売る方法2100円のコーラを1000円で売る方法2
(2012/09/06)
永井 孝尚

商品詳細を見る





スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『Mac Fan』2013年09月号

Mac Fan (マックファン) 2013年 09月号 [雑誌]Mac Fan (マックファン) 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/07/29)
不明

商品詳細を見る



『Mac Fan』2013年09月号


表紙&インタビュー忽那汐里さん。
2年前(2011年7月号)に初めてインタビューを受けた直後に Mac を購入したそーで。
後半は出演映画『許されざる者』での経験を語っている。
忽那汐里さんは以前から知っているが、ちょっと顔の印象が変わりましたなぁ。


第1特集「MacBook Air が世界一売れている本当の理由」
6月に新発売となった5代目 MacBook Air。初代 MacBook Air が発売された2008年からの簡単なヒストリーを紹介があり、初代発売当時は22万9,800円以上するプレミアムモデルという位置づけ。
本企画では最新 MacBook Air のスペックや内部構造、ベンチマークテストなどを詳しく紹介するほか、持ちが良くなったバッテリーのおかげでどんなメリットがあるのかについても紹介。具体的には、MacBook Air 13" なら東京から大阪への日帰り出張で、行き帰りの新幹線車内で乗車中ずっと使い続けた上で、出張先でのプレゼンでも使用するのに外部電源やACアダプターを持たずに済むとしている。本体1つだけ持っていればいいというのは確かに便利。ただし、「最大12時間」というのはアップル発表の数字であり、使用内容によって異なることは当然。あくまで自己責任でドーゾ。
また、11インチモデルは1.08kgと最も軽いが、バッテリー容量が少ないため、ACアダプターや外部電源が必要となるケースもあり、結果としてACアダプターや外部電源が不要となる13インチモデルのほうがトータルで軽くなるとのこと。



第2特集「生活習慣改善への近道、ここにあり カラダに効くガジェット&アプリ」
iPhone で生活習慣を把握し、ライフスタイルを改善しましょうという実用的提案企画。
まずは Yoga Studio Tokyo の高木教子さんをモデルに起用し、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の解説とセルフチェック。
続いてデジタル活動量計の機能と製品紹介。最近は iPhone と連携する心拍計もいくつか出ている模様。
その他、カロリー計算アプリや睡眠アプリ、バーチャルトレーナーが筋トレやストレッチを指導するアプリなど、健康管理/フィットネスに関する色んな情報が詰まっているので、フィットネスフリークは要チェック!



第3特集「旅行・出張に役立つ必携ガイド」
● 鉄道・空港の Wi-Fi で旅をもっと楽しく!
● iOS デバイスでレンタカーをエンタメ空間に
● ホテルをオフィス&映画館に変身
● 紛失・盗難に備えるための転ばぬ先の杖
● 達人に聞く 旅行・出張に役立つ! 必携グッズ
という内容。
ホテルのテレビをMacの外部ディスプレイとして使うという発想はワタシにはなかった。いつもテレビを見ながらパソコン作業しているので(笑)。
それはともかく、コチラも参考になる企画。


「Mac の知恵の実」。今回は「アップルTVは誰がどこで使っているのか?」
記事を書いている牧野武文氏によれば、アップルTVは量販店では iPad 10〜20台につき1台程度の割合で売れているとのこと。地味な存在ながら、かなり売れているということだ。
で、どこで売れているかと言えば、ここ半年の間に IT企業の会議室で見かけることが多くなったとのこと。
これがあれば、複数の Mac/ iOSデバイスと「エアプレイ」で繋がってテレビにデバイスの画面を映し出すことができ、以前に比べてはるかに便利に会議が進められるとのこと。ナルホド。



『Mac Fan』9月号はこんなところで。


テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

tag : MacFan


今さらながら、アップルWWDC2013ビデオを見ました。ーーー数字のマジックにご注意!

今さらながら、6月10日に行なわれたアップルWWDC(World Wide Developers Conference)2013のビデオを見ました(笑)。

アップルのサイト:アップル - イベント - WWDC 2013 Keynote(英語/2時間弱)

開発者向けのプレゼンではあるけれど、新製品が紹介されたりして、一般ユーザーも注目のイベント。最近はアップルの人気が高くなってきたのでテレビ局各局も翌日には速報を流すのが恒例となっている。

今回紹介された新製品・新機能は・・・
● OS X Mavericks
● MacBook Air
● Mac Pro
● iOS7
● iWork for iCloud
● iTunes Radio

すべて英語なので、ワタシの語学レベルではプレゼンターが言っていることが半分わかって半分わからないのだが(爆)、スクリーンに映された文字付きの写真や図を見ると何となくは言っていることが理解できるので、7割程度はわかったつもり。
ただ、聴衆がところどころ大ウケしているのが理解できないことが何度もあり、これはクヤシイ(笑)。
また、毎度のことだが、聴衆がすべてアップルファンばかりで、何でもかんでも拍手するあたりはちょっと宗教がかっているようで気味が悪い(もし自分が聴衆の一人だったら同じように拍手してるんだろうけど。爆)。



新製品のデモはいつもの通りなのでさほど驚くこともないのだが、気になったのは冒頭での Mac の売り上げに関する表現。





PC に比べて Mac は売り上げが伸びているという表現で、5年間の年平均成長率/Mac : 15%、PC : 3%、5年間の成長率/Mac : 100%、PC : 18% としている。過去5年間のそれぞれの「売上台数」でなく、5年前のそれぞれの売上台数をベースにした「成長率」であるところがミソ。
このプレゼンの数字が正しいとして、実際の数字を見てみたい。2012年通年のMacの売上は1,690万台(アップルの四半期ごとのプレスリリースより計算)。2012年通年の世界PC出荷台数は3億5,270万台!(デスクトップPC、ノートPC、ウルトラブックを含むがタブレットは除く/Gartner)。

ITmedia ニュース:世界PC出荷台数、タブレットの影響で4.9%減の9030万台に──Gartner調べ

Mac 以外の PC は差し引き 3億3,580万台。
2012年の Mac のシェアは5%弱となる。
また、5年前の出荷台数は Mac:845万台、PC:2億8,458万台となる計算。つまり、年率たった3%しか増えていないPCは、実は毎年2億8,000万台以上を売り上げているわけだ。しかも増えた3%分だけで Mac の売上に匹敵している。
1企業が5年間で売上を2倍にすることは大変立派だが、数字のマジックを使ってあたかもPCよりも売れていると錯覚させるような表現はやめてほしいものだ。

また、購入者の満足度調査の結果も発表していたが、誰がどういう手法で何人に対して行なったかを明示しておらず、どの程度信頼できるのか疑問が残る(プレゼン画面/内容をシンプルにするためにあえて明示しなかったという捉え方もできなくはないが)。


みなさんも、プレゼンを見る時はご注意を!

テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

tag : Apple WWDC2013


『サイゾー』2013年08月号「絶体絶命!? 音楽業界」

サイゾー 2013年 08月号 [雑誌]サイゾー 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/18)
不明

商品詳細を見る



『サイゾー』2013年08月号


表紙&巻頭グラビアのモデルは岸明日香さん。グリコ乳業のドロリッチガールズの1人。パンク系アクセサリーを身につけてエアギターをしているポーズ。 



第1特集「絶体絶命!? 音楽業界」
第1章 レコード会社の勝敗を分けた豪腕とその欺瞞
第2章 ビジネス〜多額のカネを生み出す “副業” のマル秘錬金術
第3章 カルチャー〜知ってるつもり(?)の “トンデモ曲”
面白かった記事は
● 宣伝マンも青息吐息、“正直しんどい” メジャーレーベル座談会
● ベストアルバムで「笑うレーベル」「泣くミュージシャン」
● ダンススクールから見る “エイベックス帝国” の野望
● SMAPやGLAYも! アニソンとタイアップの蜜月関係


第2特集「なんでもありなごった煮国家の行方は? ブラジルの「光と陰」」
● 魅惑の国・ブラジルは「21世紀の主役」になれるか?
● 頻発するデモ! 激変する政治経済の課題
● 呂比須ワグナーがサッカー日本代表に喝!
● 知られざるブラジル “土着ミュージック” 最前線
● 貧民街で荒れ狂うギャングたちの凶状


「宇野常寛の批評のブルーオーシャン」。今月のテーマは「ネット選挙解禁」をめぐる議論の争点
某新聞社からの取材を受けた宇野氏。「インターネット選挙運動の解禁で政治はどうかわるのか」というテーマ。宇野氏は夏の参議院選挙では議席に直結するような効果はまだ期待できないという考えだったのだが、記者は「期待できる」という言葉を宇野氏から引き出したかったらしく、その言葉を引き出すために延々と同じような質問を繰り返したそうで。さらに、インタビュー記事を宇野氏がチェックしたところ、某紙が宇野氏に言わせたかった内容を宇野氏の言葉をつぎはぎして再現した内容。宇野氏が大幅に手直ししたところ、今度は新聞社のほうから大幅な修正要求が来たそうで、結局原稿を取り下げることにしたとのこと。
なんか、結論ありきのインタビューという感じで、実際によくありそう。このやり取りが面白い記事だった。



『サイゾー』8月号はこんなところで。


テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : サイゾー


カメラ雑誌ほかをブックオフに買い取ってもらいました(2013.07月)。



昨年に続き、今年もカメラ雑誌ほか雑誌をブックオフに買い取ってもらった。
カメラ雑誌は毎月3〜4冊購入しているほか、『Mac Fan』『サイゾー』『COURRiER JAPON』は定期購読をはじめたので、雑誌はどんどん増えるばかり。そんなワケで1年貯めた雑誌類を一気に処分。本当は半年ぐらいで処分したかったのだけれど。

今回処分したのは99冊。昨年は83冊で1,350円だったのだけれど・・・
今回は3,830円! 昨年の約3倍で引き取ってもらえた。
昨年は1冊50円か10円かだけだったけれど、今回は100円、50円、10円の3種類の金額で査定されていた。
100円が16冊、50円が35冊、10円が48冊、という内訳。
100円の値がつくのはもともとの販売価格が1,000円以上の雑誌(『デジタルカメラマガジン』とか『フォトテクニック デジタル』など)。50円か10円かは本の状態と発行時期が新しいか古いかで選別されていたようだ。


まぁ、そんなワケで、小銭が入って部屋も片付いた1日デシタ。


関連エントリー:カメラ雑誌ほかをブックオフに買い取ってもらいました。

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : ブックオフ


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2013/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ