『サイゾー』2014年03月号 「タブーなき「映画」のミカタ」

サイゾー 2014年 03月号 [雑誌]サイゾー 2014年 03月号 [雑誌]
(2014/02/18)
不明

商品詳細を見る



『サイゾー』2014年03月号


表紙はまたまた斜めにズレてます。さすがに2回目だと驚かない(笑)。今後も続けるのかなぁ〜〜〜。


カバーガールは松岡茉優さん。NHK『あまちゃん』や映画『桐島、部活やめるってよ』に出演しているそうで。ワタシはいずれも見ていないけど(笑)。
巻頭グラビアは完全に以前のような第1特集にからめた企画ものではなくなったようで、ちょっとサミシイ。


第1特集「タブーなき「映画」のミカタ」
映画はワタシもそれなりに好きだけれど、かなりマニアックというか、ワタシの興味とは違う分野の内容の記事が多かった。そんななか、興味深かった記事は・・・

●「戦争映画が描く天皇の姿ーーー邦画最大タブーの “検証と最前線”」
   日中、日韓関係があまり良くない現在、それでも戦争がらみの映画は上映されている。本記事では12本ほど戦争映画を取り上げているが、『永遠の0』『風立ちぬ』はワタシも見ているのでそれらに対する評価が面白かった。

「麻薬のようなアニメ&マンガ実写化を乱発 不振映画業界の2014年ダメ映画予報」
   「魔女の宅急便」…予告編で見る限り、なんでわざわざ実写化したのか。
   「テルマエ・ロマエ II」…1作目はワタシも見たけれど、評論家の評価は高いようで。
   「るろうに剣心」…これも1作目をTVで見たけれど、なかなか良かった。2作目も期待できそうなようで。
   「ルパン三世」…アニメは好きだったけれど、ルパンが小栗旬で峰不二子が黒木メイサでは・・・。



第2特集「ソチ五輪開幕記念! 氷上の “金” と残酷物語 (貧)フィギュアスケート」
すでにソチオリンピックは終わり、フィギュアスケートの結果は出てしまったけれど、本特集はフィギュアをするにはカネがかかるというのが全体的なメッセージ。それは日本だけでなく、韓国も同じようで。
スケートリンク自体が少なく、占有使用するにはそれなりに費用がかかるわけで、ほかのスポーツに比べるとその差は大きいようだ。
キム・ヨナ選手にも浅田真央選手同様、国や企業を挙げてのサポート(というか、プレッシャーも)があったわけで、残念ながら浅田真央はプレッシャーに負け、キム・ヨナは勝ったというところか。とはいえ、ショートプログラムで大失敗した浅田はフリーで8トリプルをパーフェクトに演技をし、感動の中心となったわけだ。
ただ、浅田にしてみれば、本大会を「集大成」として引退を匂わせていたのだが、結局のところ、それは体力的な問題ではなく、周りからの期待というプレッシャーだったのではないか。大会での成績はもちろんのこと、練習での出来/不出来、さらにはプライベートまでいろいろと取り上げられてはたまったものではないだろう。
カネのかかるフィギュアスケートをサポートしているのは日本国民だと言えるかもしれないが、選手をつぶそうとしているのもまた日本国民であるように感じる。



ほかにもいろいろな記事はあったが、『サイゾー』3月号はこんなところで。





スポンサーサイト

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : サイゾー


『VOLT』2014年04月号 1日5分 すぐヤセ体操

VOLT (ヴォルト) 2014年 04月号 [雑誌]VOLT (ヴォルト) 2014年 04月号 [雑誌]
(2014/02/22)
不明

商品詳細を見る


健康生活実践マガジン『VOLT』2014年04月号。初めて購入。
「1日5分 すぐヤセ体操」というのに惹かれマシタ(笑)。

「運動なし、努力なし、好きなものを食べる それでもヤセる!」という、これまたキャッチーな文言。
「すぐヤセ体操」はたった5分の運動ながら、固まっているカラダをほぐして深層筋を使うのがポイントのようで、細かい解説が本誌で紹介されているほか、特別付録 DVDでも解説されている。本誌を読むよりもDVDを見たほうが動画なので分かりやすい。また、約5分のエクササイズ動画も収録されているので、それを見ながらエクササイズをすれば、より簡単。
エクササイズはステップ1・2が「カラダほぐし運動」、ステップ3〜5が「体幹強化」となっている。「カラダほぐし運動」のパートはラジオ体操レベルの内容なのでカンタン。「体幹強化」のパートはラジオ体操よりは強度が高いものの、それほどキツくはない。

「1日5分 すぐヤセ体操」以外にも、
● 有名人のダイエット成功体験を学べ
● リバウンド知らずのメンタルダイエット
● 運動効果を高めるアミノ酸
が紹介されている。特に「運動効果を高めるアミノ酸」ではアミノ酸でヤセる3つの理由として、
・脂肪を分解する酵素を作るから
・運動時のエネルギー源になるから
・全身疲労を回復してくれるから
と解説しており、興味を持った。



「記憶力・思考力が大幅アップ「脳フィットネス」を始めよう!」
● 「脳フィットネス」5つの KEYWORD
● 「脳フィットネス」、最初は脳年齢の判定からスタート!
● 即効! 脳力がアップする「シナプソロジー」のススメ
● “第2の脳” に刺激を入れる「指ヨガ」で脳の血流量をアップ
● 「脳を鍛える趣味」がアナタの人生を変える
● 「ブレインフード」を食べて “美味しく” 脳力を向上させる
● 世界の最新脳トレ事情


ほかにもいろいろ記事はあるが、ワタシが興味を持ったのは上記2つの特集デシタ。

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : VOLT すぐヤセ体操


ウォーカームック『津ぅWalker』



ウォーカームック『津ぅWalker』
(株)KADOKAWAのムック。週刊雑誌ではないようで。まぁ、三重県の県庁所在地とは言え、津エリアだけで毎週新しいネタを探すのは難しいだろうから(爆)。とはいえ、平成の大合併で極端に陣地を広げた津市は、見どころも広がっているようで。
なお、『津 Walker』でなく『津ぅWalker』としたところに編集者のセンスを感じますなぁ(笑)。地元民としてはやはり、「津」ではなく「津ぅ」。このタイトルだけで買わざるを得ません(爆)。



まずは「津ぅゆかりの有名人」
表紙のレスリング/吉田沙保里さんをはじめ、タレント・ファッションデザイナー/ドン小西氏、ミュージシャン/PANTHERAZUうたまろ、中日ドラゴンズ/川崎貴弘投手、トヨタ自動車相談役/奥田碩氏、女子プロボクサー/山口直子さん、レーシングドライバー/伊藤大輔氏、Jフロントリテイリング/奥田務相談役、写真家/浅田政志氏を紹介している。
ドン小西氏以外は津ぅ出身とは知らなかった。



「津ぅゆかりの有名人」を含めて、「Best of 津ぅ50連発」
気になったものをピックアップすると・・・

1.うなぎ激戦区!
津エリアに鰻屋が多いのはもれ聞いていたが、市内だけで20店舗以上あるとのこと。
ワタシはむかし江戸橋にあった鰻センターぐらいしか知らず、掲載店にはどれにも行ったことがない。ぜひどれかに行ってみたいところだが、鰻原価高騰のおり、ほとんどのお店が2,000円超! おいそれとは行けません(悲)。

5.意外な世界一&日本一!
地名の「津」は日本一短い発音の地名であることはもちろん知っていたが、ギネスには「TSU」ではなく「Z」で登録しているとか。これは知らなかった。ローマ字表記だと日本でも「AO」という地名(粟生/兵庫県)があるそうだが。

12.津ぎょうざ
1985年頃から津市の学校給食で提供され始めたのが発祥とのことで、ちょうどその頃から東京に移住したワタシとしては全く知らないソウルフード(笑)。皮の直径約15cmのジャンボ餃子でゴザイマス。

24.津ぅの未来図はコレだ!!
ここでは今後開設される施設の紹介。
直近では「三重県総合博物館」の4月19日オープン。津駅からほど近い旧博物館は薄暗いイメージで2回ほどしか入ったことはなかったけれど、場所も移転した新博物館にはとりあえず行ってみないと。ミエゾウの骨格標本とオオサンショウウオが目玉のようで。

38.元祖天むすの本店
ワタシは「天むす 千寿」に行ったことがないけれど、ここが「名古屋名物 天むす」(笑)の元祖だそーで。
ちなみにワタシの小学校の運動会のお弁当はいつも母特製の「天むす」デシタ。



「絶品スイー津コレクション」
ワタシは甘いものが余り得意ではないのでスルーなのだが、津市ゆるキャラの「シロモチくん」をモチーフにしたものがたくさん紹介されており、見るだけでも楽しい。



「本当にうまい 津ぅグルメ 最強の57軒」
大学時代から20年あまり三重県を離れていたワタシにとって、紹介されているお店は知らないところばかり。
洋食/フレンチ/イタリアン/うどん・そば/ラーメン/和食/焼き肉/居酒屋・バー/中華/カフェ/パンという区切りで紹介されている。



「大人の社会科見学」
津市の有名企業として、あずきバーの「井村屋」、ベビースターラーメンの「おやつカンパニー」などが紹介されている。「三重テレビ放送」も紹介されているが、三重ローカルなニュースは他の放送局とは一線を画す独自路線で、ワタシ的には最近、要注目。



「親子でおでかけ便利帳」
ワタシには全く関係ない記事なのでスルー。公園、プール、図書館、キャンプ場などを紹介。



こんな内容で、津市在住の方、津市在勤の方、あるいは三重県民はとりあえず買ってみてもいいのではという内容の一冊デス。

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : 津ぅWalker


EF70-200mm F2.8L IS USM が売れました!


(某グラビアアイドルにいただいたフードのサインはシンナーで綺麗に消しました)




昨年末に EF70-200mm F2.8L IS II USM を購入したので、EF70-200mm F2.8L IS USM を売ることにした(というか、それを前提に II 型を購入したのだが)。

マップカメラでワンプライス買い取り価格 95,000円だったので嬉々として発送したのだが、「中玉周辺部にクモリがある」ということで、査定価格はマイナス5万円の45,000円に!(悲)。
いくらなんでもそれはないだろうと売ることを止め、手元に戻した。クモリ取りなら1〜2万円程度でできるものと思ってすぐにキヤノンへ修理に出したところ、修理費用は47,000円! 手ブレ補正ユニットのレンズが曇っていたようで、ユニット丸ごと取っ替える必要があるとのことだった。結局、修理依頼をしたが、これならそのまま売っても良かった(笑)。

で、修理されたレンズを改めてマップカメラに買い取ってもらった。今回は減額なしの 95,000円。修理費用がかかったのはイタかったけれど、このレンズはワタシの購入した3本目の EFレンズで、2002年購入。東京・中野のフジヤカメラで174,000円で購入した中古レンズだが、10年以上よく働いてくれた。十分モトは取ったと思う。

過去のエントリー:Canon EF70-200mm F2.8L IS USM

当時 1,470g の重量を重いと感じていたが、EF 400mm F2.8L IS USM(5,370g)を購入してからは、全然大したことないと思うようになった(笑)。

過去のエントリー:ウン十万円の筋トレツール? Canon EF400mm F2.8L IS USM

話を EF70-200mm F2.8L IS USM に戻すと、10年以上、安心して使用してきた。画質も良いし、開放F値も2.8と単焦点並で手ブレ補正機構付き。EFレンズの中では最も信頼できるレンズだった。
シグマ APO 120-300mm F2.8 EX HSM を購入してからはバレーボール撮影に関してはこちらに重点が移ったけれど、バドミントンのアリーナ撮影では同レンズよりも EF70-200mm F2.8L IS USM のほうが焦点距離としては使いやすく愛用。クモリさえ出なければもっと使っていたかもしれない。

EF70-200mm F2.8L IS II USM を購入したのでバトンタッチすることになったが、後年、思い出がたくさん残っているのは EF70-200mm F2.8L IS USM のほうだろうと思う。







テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン 70-200mm


『Badminton MAGAZINE』2014年3月号




『Badminton MAGAZINE』2014年3月号、発売中です!


別冊付録『勝利に近づく バドミントン ウォームアップ&クールダウン ハンドブック』
以前同誌で連載されていたものを36ページの小冊子にまとめ直したもの。
ウォームアップで3ステップ、クールダウンで2ステップに分けてその方法を紹介。それぞれ、なぜ必要か、どのように意識して行なうべきかが解説されているので、しっかり理解して、習慣化するとよいのだろう。




「Hopeful Players 2014 輝ける未来に向かって」
1・2月号では山口茜選手が特集されていましたが、今月は下農走・常山幹太選手(東大阪大柏原高)と大堀彩選手(富岡高)をピックアップ。それぞれインタビューとテクニック紹介という構成。

下農選手は「褒められて伸びるタイプ」、常山選手は「負けて悔しくて伸びるタイプ」と自己分析。また、常山選手はトップ選手の映像はあまり見ず、休日はとりあえず寝るタイプなのに対して、下農選手はトップ選手の映像を見てから練習や試合に入るタイプ。さらに学校の休み時間に『バドマガ』を読んだり、通学の電車の中でも試合映像を見ているというバドバカ(笑)。

大堀選手は、まず制服姿の写真が萌えwww(笑)。ブレザーにチェック柄スカート、紺のハイソックス。
インタビューはバドミントンを始めたきっかけから全小・全中時代の思い出などを語っている。
24歳で迎える東京五輪については、「絶対に(出場を)逃がしたくない」と意気込みを語る一方、リオ五輪については、「いまの技術やメンタルでは、五輪に出たいと口にするのも恥ずかしいぐらい」と謙虚。
特技は「47都道府県を15秒くらいで全部いえること」だそーで。



惜別企画「2013年度 日本リーガー引退選手クローズアップ それぞれの熱い想い」
後藤愛(NTT東日本)、脇田侑(岐阜トリッキーパンダース)、今別府靖代(ヨネックス)、銭谷翔(トナミ運輸)をピックアップ。
後藤愛、脇田侑はいずれも岐阜県出身であり、2012年の岐阜国体の思い出が大きいようだ。ワタシも現地で撮影していたが、優勝が決まった時はみんなで肩を組んで涙しておりマシタ。
今別府靖代は全日本社会人が思い出深いよう。今後は自社製品の販促に専念する予定とのこと。銭谷翔は2012年のケガ以降、結果を残せず、今年4月からは和歌山県職員として有田市役所に勤めながらプレーを続けるとのこと。来年の和歌山国体での活躍が期待される。



特集「王者に学ぶ! 密着!! 日本ユニシスの練習メニューを徹底紹介」
男女監督インタビュー、男子単メニュー、男子複メニュー、女子単メニュー、女子複メニューという構成。
それぞれのメニューではコーチと選手のアドバイスもあり。



技術面でほかに・・・
「選抜カウントダウン企画 富岡高の大会1カ月前の練習メニュー」
「小椋久美子の基本レッスン スマッシュ」
「片山卓哉のパフォーマンスアップ講座 足関節ネンザのリハビリ」
「審判員コラム Umpire's Eyes 判定でもめた際の対処法(2)」
「新連載 舛田圭太のパーフェクト・レッスン スマッシュ」



特別レポート「バドミントン界にも『ビデオ判定』が導入! 〜ルールと課題を徹底検証〜」
昨年12月のスーパーシリーズファイナルから導入されたビデオ判定についての解説。世界大会に出場する予定の方はしっかり理解してクダサイ(笑)。ワタシのような一般人には縁のないところだが、ヨネックスオープンジャパンではビデオ判定による判定が実際に行なわれる可能性もあるので、観戦予定者も理解しておくといいのでは?
カメラ位置や映像などにまだまだ課題があることを指摘しつつ、舛田圭太ナショナルチームコーチのコメントや実際に「チャレンジ」(ビデオ判定申請)を行なった髙橋礼華選手、松友美佐紀選手のコメントもあり。導入には好意的のようだ。



「第42回 全国高校選抜大会 団体戦出場全67校 選手データ」
3月20日から長野県松本市で行なわれる同大会の展望と出場校紹介。
各校のアンケートで「(7)注目選手」というのがあり、大抵の学校が「全員が注目選手」と無難な回答をしているが、学校によっては選手一人一人にキャッチフレーズをつけて紹介していたりして、細かく読むと意外にオモシロイ。「美ボディー中山」「恐怖の不発弾岩永」「10連敗しても絶好調関根」「美脚No.1岩谷」「オーラないエース上田」などなど。本人を見てみたい(笑)。



特別企画「ストリング選びでライバルに差をつけよう!」
選手のレベルやタイプに応じてストリング選びをしようという企画。YES・NOチャートで自分のプレースタイルと選ぶストリングのタイプもわかる。正直なところ、ワタシの実力ではストリングを変えて変わるレベルには到達していないのだが(爆)。
カラーページでは「ストリング カタログ」もあり。9社がそれぞれ2種類(合計18種類)のストリングを紹介。ヨネックスは別格として、知らないメーカーも多い。



「フジ・カキCUP スエ・マエCUP争奪 小学生交流大会」
2回目となる熊本でのイベントレポート。ルネサス選手総動員でイベントを盛り上げたようだ。
記念撮影やエキシビションマッチは鉄板のプログラムですが、各試合後にサイン入りアドバイスメモカードを1人1人に書き渡したとのこと。これはスゴイ! 参加者の宝物となったことだろう。



『Badminton MAGAZINE』3月号はこんなところで。









テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : バドミントン


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
カテゴリ