『英国一家、日本を食べる』(マイケル・ブース/亜紀書房)

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
(2013/04/09)
マイケル・ブース

商品詳細を見る



『英国一家、日本を食べる』(マイケル・ブース/亜紀書房/1,900円+税)。


イギリスのトラベルジャーナリスト・フードジャーナリストが妻と子ども2人を連れて日本に3カ月滞在したときの食のレポート。東京、札幌、京都、大阪、福岡、沖縄と、日本の主要な地域を旅しながらレポートしている。
ブース氏はパリの有名料理学校『ル・コルドン・ブルー』で1年間修行しており、日本食に対する造詣も(ひょっとすると日本人よりも)深い。
ブース氏は『ル・コルドン・ブルー』で修業時代に知り合ったトシから辻静雄の『Japanese Cooking : A Simple Art』(講談社インターナショナル)を渡され、それをバイブルにしている。

いちフードライターの日本食レポートかと思いきや、フジテレビの『ビストロSMAP』の撮影現場を見たり、大相撲の尾上部屋のちゃんこを食べたり、服部栄養専門学校を訪問して服部幸應氏と会食したり、辻調理師専門学校を訪問して辻芳樹氏と会食するなど、普通の日本人では体験できないレポートもあり、興味深かった。
また、北海道では昆布の収穫を取材したり、京都で日本酒の酒蔵を訪れるなど、日本料理の根幹に迫るレポートもある(もちろん、ふらっと入ったお好み焼き屋のレポートや、事前調査して入ったクジラ料理の店のレポートなどもある)。

氏は日本料理が世界で認められ始めていることを認識する一方、日本国内では日本料理というか、日本人の食文化が衰退してきていることも認識しており、考えさせられる部分があった。そういう意味では、料理屋の料理レポートだけでなく、日本人の普段の食事のレポートも欲しかったところではある。

総合的には、外国人が見た/食べた日本食という視点でのレポートなので、ワタシたちが普段食べているものに対しても新たな見方を提示されていて、全編なかなか面白い。

ワタシ的には(こーゆーのが好きな方には)オススメの一冊デス。





スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『日経おとなのOFF』2014年10月号「ずらり国宝 絶対見逃せない BEST 25」

日経おとなのOFF 2014年10月号日経おとなのOFF 2014年10月号
(2014/09/05)
不明

商品詳細を見る




『日経おとなのOFF』2014年10月号


巻頭特集「ずらり国宝 絶対見逃せない BEST 25」
最初、本誌を手に取ったとき、『日経おとなのOFF』が選んだ国宝ベスト25かと思ったが、実際は秋の国宝展で見逃せない(出品されている)国宝のベスト25だった。なので、ワタシの好きな『風神雷神図屏風』(俵屋宗達)や『燕子花図屏風』(尾形光琳)は含まれていない。

で、ランキングの第1位は『鳥獣人物戯画』! 日本史の教科書でも出てきた有名な絵。猿や兎、蛙などが擬人化されて戯れているヤツ。京都国立博物館で10月7日から11月24日まで。京博は行ったことないけれど、コレ、見に行きたいなぁ。

ちなみに本号の付録は『国宝 鳥獣戯画 クリアファイル』(A5サイズ)。展覧会などへ行く時のチケットホルダーにオススメとのことだが、展覧会でもらう出品リストや他の展覧会の紹介パンフレットは大抵A4サイズなので、A5サイズはどうなのかなー(笑)。

さて、2位以下はワタシの知らないものが多く、知っているものは第3位で切手にもなった『秋冬山水図』(雪舟)と25位で志賀島で出土した『金印』ぐらい。その他の国宝は本誌をご覧クダサイ。

「国宝なんでもQ&A」では、「そもそも国宝って何?」とか「国宝は幾つある?」「国宝になると何がいいの?」など、素朴な疑問に回答しているページ。勉強になります。ちなみに国宝は1,090件あり、そのうち美術工芸品は872件だそーで。

「日本美術・キーワード」では、日本美術独特の表現技法を紹介。
「砂子(すなご)」「切箔(きりはく)」「截金(きりかね)」「たらしこみ」は知っていたけど、「洲浜(すはま)」「土坡(どは)」「すやり霞(かすみ)」「野毛(のげ)」は知らなかった。「金雲(きんうん)」は屏風絵でよく見かける技法だけれど、その意味は知らなかった。なかなか勉強になりマス。

「国宝仕事人」では、国宝を「見せる人(空間デザイナー)」「解体する人(文化財保存事務所 調整員)」「運ぶ人(ヤマトロジスティクス美術品輸送カンパニー スーパーバイザー)」「護る人(東京国立博物館 学芸研究部 保存修復課長)」を紹介している。国宝展示の舞台裏を知ることができて興味深い。


「国宝だけじゃもったいない! 一泊二日、京都の旅」
朝9時に京都駅について翌日19時に京都を出るという、多くの人が実現しやすいスケジュールのプランを提案。
といっても『日経おとなのOFF』なので、その内容はチープ旅行ではありません(笑)。

面白いのが、食事では意表を突いて中華料理店を紹介(割烹店の紹介もあるが)していること。

また、宿泊ではホテルではなく町家の一棟貸しを前面推し! 町家は外国人旅行者によく利用されているということだが、1泊1人あたり1万円ぐらいから利用できるようなので、京都の風情を感じるにはいいチョイスかも。

京都みやげ(といっても自分で使う生活雑貨)も紹介していて、目が飛び出るようなアイテムはないものの、それなりに値の張るもの多し。錫のゴブレット19,000円とか漆の飯椀7,200円とか。『ドンペリ』の公式クーラー88,000円なんてものも。安いところではぽち袋420円や楊枝つきの懐紙200円など。

観るところでは平等院鳳凰堂! 3年間の修復期間を経て、ピカピカによみがえったとのこと。小学校の修学旅行で行った記憶があるけれど、もう一度行ってみたいですなぁ。
ほかに国宝が観られるお寺6つも紹介している。



「今、一番旨い! 日本酒案内」
10月に飲みたい「ひやおろし」6本が紹介されているが、その中の1本が三重県・若戎酒造の『純米吟醸 義左衛門 ひやおろし』(1190円/720mℓ)が紹介されていて、ちょっとウレシイ。普通の『義左衛門』は県内の酒屋やスーパーで比較的普通に手に入るが、ワタシの父は『義左衛門』が三重県で一番いい酒だと思っている(笑)。まぁ、どれが一番かは別にして、ワタシも『義左衛門』は好きな日本酒だ。実際に蔵元を訪れたこともある。
なお、記事では「ひやおろし」についての解説もあり、勉強になった。



こんな感じで、久しぶりに購入した『日経おとなのOFF』はなかなかの充実ぶりデシタ。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


2014.09.26 キヤノン EOS-1D X 修理顛末

キヤノンがデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」およびデジタルシネマカメラ「EOS-1D C」の一部において、AFが合焦しないなどの現象が発生すると発表してから1年あまり、ワタシのカメラが該当しているにもかかわらず、うっかりそのまま使い続けてしまっていた(笑)。

過去のエントリー:「キヤノン、「EOS-1D X」と「EOS-1D C」でAFが合焦しない現象」について(2013.06.18)

たまたまキヤノンのサイトを眺めていて、この件を思い出して慌てて修理依頼。



9月20日 キヤノンのサイトから修理依頼

キヤノンのサイト:デジタル一眼レフカメラ 「EOS-1D X」をご使用のお客さまへ

上記サイトから住所/氏名/電話番号/引き取り希望日・時間帯を記入しただけ。



9月21日 9:30に宅配業者が引き取り

ヤマト運輸のスタッフが専用の梱包材を持ってきて、梱包指示書に従ってカメラを梱包。伝票には送り先やワタシの住所/氏名/電話番号がすでにプリントしたものが用意されており、ワタシはカメラを渡すだけ。なかなか便利。



9月26日 自宅に到着



宅配の箱は比較的大きかったものの、中身は簡素。ラップフィルムを貼って折り曲げた段ボールで上下からカメラを挟んでいるだけ! それでも、これでカメラなら全て、レンズも70-200mmあたりまでなら問題なく移送できそうだ。運送上、ややスペースを取るが、梱包材のストックにはスペースを取らないだろうし、梱包材の種類も減って管理もラクそうだ(こんなことをつい考えてしまう)。

サイトでは「お預かり期間:約一週間程度」とのことだったが、移送も含めて5日というのはなかなか早い。
ただ、以前パナソニックTZ7を修理したときは2日で戻ってきたし、そのときは先方へ到着したときと修理完了後発送する時の連絡がメールであり、この時の感動と比べると、今回はまだまだ(笑)。

過去のエントリー:『パナソニック LUMIX DMC-TZ7の修理顛末』(2010.05.12)


キヤノンでは1つ1つの修理品に対してWEBアンケートを行なっており、パナソニックの事例を記入しておいた(笑)。

修理票には「検査いたしましたところ、駆動機構部に異常はございませんでした。品質の信頼性を考慮し、同機構部にグリス塗布の上、各部点検いたしました。」とあった。

色々書いたが、昔はカメラ店経由で修理依頼し、1カ月ほど待たされていたことを考えると、ずいぶん便利になったものだと感じる。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


『COURRiER JAPON』2014年11月号 「僕たちはみな、自由になるために働いている。」

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 11月号COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 11月号
(2014/09/25)
不明

商品詳細を見る



『COURRiER JAPON』2014年11月号



巻頭特集「僕たちはみな、自由になるために働いている。」
Part 1 「1つの仕事」に縛られずに生きる
Part 2 「常識」に囚われずに仕事をする
Part 3 「国境」を越えて起業する人たち
Part 4 日本でもできる「新しい働きかた」

Part 1 では 「Airbnb」という短期の自宅賃貸を仲介する会社を活用しているニューヨークの夫婦を紹介しているが、年間1万8,000ドルほども稼いでいるとのこと。日本でも「Airbnb」が進出しているようだが、旅館業法に抵触する恐れがあるとのこと。ただし、2020年の東京五輪を控えて合法化される可能性が高いとのこと。

また、「タスクラビット」という依頼者と請負業者を仲介するウェブサイトを利用する請負業者の紹介もある。自分の生活スタイルに合わせて請け負う仕事を選べるというメリットがあるが、一方で「これには安定した職業に就けない人々が「臨時でもいいから働きたい」と追いつめられているからであり、・・・テクノロジーが斡旋する “奴隷制度” です」とコメントする人もいて、問題点もあるようだ。

ネットを介した新しい仕事以外にも、実際には本特集ではいわゆる従来の会社勤めとは違う生き方/働きかたを紹介している。



「世界の大富豪たちの “戦場”「クリスティーズ」へようこそ」
世界最大のオークションハウス/クリスティーズにスペインの記者が潜入レポート。
新興国の登場などによって、美術市場は「ニッチな商売」から「年間推定500億ドルを売り上げるグローバルビジネス」になったとのこと。
作品の多くは4つの「D」によって競売にかけられる。「Death(死)」「Divorce(離婚)」「Dept(借金)」「Discretion(自由裁量)」。
少し前までは印象派の作品がたくさん出ていたが、今は70年代、80年代の作品が出てきている時期。今を逃すと美術館に入ってしまって、将来なかなかマーケットに出てこないため、コレクターたちは高い金額を出してでも手に入れようとしているとのこと。



「世界が見たNIPPON」
・東芝の「野菜工場」は農業を変えるか
・東京の「ハイテク防災公園」がすごい!
・「甲州ワイン」が国際ブランドになる日
・「黒船」イオンモール、プノンペンに上陸
・落日の「パチンコ業界」は復活できるのか



「WORLD NEWS HEADLINE」。面白かった記事は・・・
・「何が何でも大企業に就職したい! 就活生、大金費やし「ウラ技」探しに奔走中」(韓国)
・避妊手術でもポイントアップ「憧れの上海戸籍」(中国)
・「保護」されたせいでラクダが絶滅の危機に(インド)
・実は不寛容だった!? 女性登用先進国の「不都合な真実」(ノルウェー)



「町山智浩のUSニュースの番犬」「佐藤優の新・教養講座 「知」へのショートカット」
いずれも今月は「イスラーム国」(ISIS)を取り上げている。
ウクライナ問題も解決していないのに、新たな国際紛争の勃発で、今後の世界情勢に大きな影響を与えそうだ。



「そのニュースが君の武器になる」
今回はアップルの「健康管理サービス」について取り上げている。「「健康管理サービス」は、最も効率よく、最も個人的な情報を集め、最も高くつくものを売ろうとしている。」としている。



『COURRiER JAPON』11月号はこんなところで。












テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


70D +シグマ50mm F1.4 DG HSM で家ネコ(といっても外ネコ)を撮影(駄作119)

久しぶりに家ネコ(駄作)シリーズ。
新しく手に入れたシグマ50mm F1.4 DG HSM で庭のネコをスナップ。





撮影データ:ISO500、1/8,000秒、f1.4

ちなみにチビネコと左のネコに血縁関係はないと思われる。





拡大した画像がコレ。
ピントが合っている部分はシャープで
ボケはなだらかでクセがない。
素晴らしいとしか言いようがない。





撮影データ:ISO100、1/60秒、f5.6

母ネコのお乳を飲むチビネコ。
母ネコをはっきり写すために f5.6に絞った。

ちなみにチビはほかに3匹いるようだ。
この母ネコはエサを与えると他のどのネコよりもがっつくが、
4匹のチビに母乳を与えるためにはがっつかざるを得ないのだろう。
母は強し。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : 50mmF1.4 ネコ


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ