『Mac Fan』2015年03月号

Mac Fan 2015年3月号 [雑誌]Mac Fan 2015年3月号 [雑誌]
(2015/01/29)
Mac Fan編集部

商品詳細を見る



『Mac Fan』2015年03月号


表紙&インタビュー榮倉奈々さん。
現在は MacBook Pro と iPhone 6 をご使用とのこと。インタビュー後半は榮倉奈々さん出演の映画『娚(おとこ)の一生』について。


まずは「OVERTURE」
今回は共通のお題で「新編集長に期待すること」。
林信行氏は「このような内輪受けなネタは編集後記レベルだけに留めることだろう(笑)。」と批判。また、既存読者だけでなく新規読者を取り込むための努力をすべきだとしている。
また、菱川勢一氏は「ないない、特にない」。



第1特集「Macの高速化テク その手があったか!」
「OS X Yosemiteにしたら「重い、遅い、おかしい」の “困った” を解消」の副題があるが、やっぱりYosemiteは重いんだろうなぁ。
記事では Macの初期化、余計なエフェクトの解除、外付けストレージの更新、Wi-Fiの見直しなどを指南。
Macの初期化については、「慢性トラブルには最適解」としており、特に最近のフラッシュストレージのMacなら1時間程度でリフレッシュできるのでオススメとしている。
ただ、ワタシは現在のMacBook Proでディスクを完全に消してしまい、復旧できずに名古屋のアップルストアに駆け込んだ経験があるので、あんまりリスクは取りたくないのデス(笑)。



第2特集「家族みんなのアップルライフ」
主に「ファミリー共有」について解説。家族でアップル製品をいくつも使用しているケースには参考になると思うが、独り身のワタシにはスルーな内容(笑)。



第3特集「MacとiPhoneの「見られちゃイヤ!」」
他人には見せられないアダルトなものや現カノには見せられない元カノの写真など、男性には隠したいファイルはいろいろとあるだろう(笑)。そんなアナタにファイルを隠蔽する4つのテクニックを紹介!(爆)。
この記事を彼女も読んでいたらイミないけど(爆x2)。
ほかにも仕事で重要なプレゼン中に奥さんから「帰りにトイレットペーパー買ってきて」という通知メッセージがスクリーンに映し出される失敗を回避するには、とか共有設定の見直し、トラッキングの防止などの事例も解説。
また、iPhone でのプライバシーの漏洩防止策もたくさん解説されている。



「ビジネスとApple」
今回はワタシんちの近所(クルマで5分程度)にもある「ファニチャードーム」を展開する安井家具の事例紹介。
販売員全員が自社開発したアプリの入った iPod touchを持ち、展示場所ですぐに在庫状況や配送車手配などがすぐできるようになったという。これにより顧客満足度と業務効率を同時に上げることに成功したとのこと。



「日々是検証」
Deeper ワイヤレススマート魚群探知機
iPhoneなどをモニター画面として利用するボール状の魚群探知機(35,000円前後)。
ワタシ自身は釣りをしなくなって30年近くなるが、こーゆーガジェットには興味を惹かれる。



「ものづくりシテンの。」。今回はiPhoneと樹脂、製造業の発想の話。
ユーザーにとって製品の素材やデザイン、仕上げについてアレコレ文句を言うことはあるだろうが、作る側からすれば、いろいろな苦労があるようだ。
今回は iPhone を取り上げ、デザイナー視点での分析を解説している。iPhone 5c の外装は樹脂が使用されているが、樹脂は収縮率が高く、ボタン穴を型で作ると1点1点の穴の大きさにばらつきができてしまうだろうとのこと。アップルはこの問題を解決するため、型でボタン穴を作らず、穴のない状態で成型したあと、ボタン穴を切削しているとのこと。さらに、樹脂成型でできるパーテーションライン(継ぎ目)をバフがけで消しているという。
アップルの製品ディテールへのこだわりが感じられる記事だ。



『Mac Fan』3月号はこんなところで。





スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『COURRiER JAPON』2015年03月号「こうすれば世界の人と上手につきあえる。」

COURRiERJapon 2015年 03 月号 [雑誌]COURRiERJapon 2015年 03 月号 [雑誌]
(2015/01/24)
不明

商品詳細を見る



『COURRiER JAPON』2015年03月号



総力特集「こうすれば世界の人と上手につきあえる。」
国によって違う「コミュニケーション作法」を知るための企画。

PART 1 実践編  これだけは身に付けたい「テクニック」
●「共感する力」があれば、外国人なんて怖くない! シチュエーション別 世界各国「マナー」と「タブー」
● みんなが悩む「英語の雑談」、このフレーズで乗り切ろう!
● 無意識にやっていませんか? こんな「ジェスチャー」は危険です
● 駐在経験者だから知っている現地の人の「心を摑むネタ」
● 10ヵ国の「思考パターン」を図解! 会議も交渉もこう話せばうまくいく
● グーグルも国連も学んでいる「ウォートン流」交渉術とは?
「ジェスチャー」が国によって違う意味を持つのは知っているが、その国に行かないのであればあまり関係なさそう。必要性に迫られた時に覚えればいいような気がする。
「英語の雑談」はフレーズと注意事項の解説があり、参考になると思う。

PART 2 実例編  国によって「人の心」はこんなに違う!
● 同じ「英語の国」でも大違い! 英米カルチャーショック体験記
● ユニクロの「企業文化」をフランス人はどう見ているのか
● 日本人ビジネスマンが体で学んだ「ロシアで生き抜くための掟」
● 自信がある人ほど危ない? 中国人と仕事するための「作法」
● ニューヨークのバリキャリ女がイタリアの伊達男に恋をしたら
● 地球の裏側にあるブラジルで「アミーゴ」を作る秘訣は?
中国人と仕事するための「作法」を読むと、中国人がみんな狡猾に見えてくる。中国では仕事したくないと思いますなぁ。その予定はないけれど(笑)。



「スタンフォードの「自分の会社」をつくる教室」
Step 1 「安易に起業」して失敗しないために
Step 2 起業したら、こんな生活が待っている
Step 3 どうすれば「お金」を集められるのか
Step 4 「長く続く会社」はこうして作れ
Step 5 私たちはこうして会社を立ち上げた
起業家、起業家養成所の代表、投資家が多面的に起業について語っていて興味深い。



「世界が見たNIPPON」
● 私たちは〝彼ら〞と共生できるのか? 知られざる日本の「イスラム社会」
● USAガダルカナル島に眠る遺骨を探して・・・ 〝過去〞を掘り起こす日本の若者たち
● USAヤンキースの地元紙が嘆く〝大きな穴〞 「クロダ」はなぜ広島に帰ってしまうのか
● フランス会社にも実家にも理解されず・・・ あまりに孤独な日本の「イクメン」事情



「WORLD NEWS HEADLINE」。面白かったのは・・・
● スペインで大成功! 〝笑ってはいけない〞劇場
● アフリカ人を宇宙へ! 大陸初「月探査計画」(南アフリカ)
● 情事もバカンスの予定もダダ漏れに・・・ 仏大統領を人間不信にさせたエリゼ宮に巣食う〝スパイ〞たち(フランス)
● 地球の裏側にある4000m超の山奥に「精力増強」を求めて中国人がやってきた!(ペルー)
● これも時代の流れ!? ビジネススクールに理系の学生が急増中(アメリカ)
● 公共の場でパーカーを着ると逮捕される!?(アメリカ)
● 安住の地を求めて・・・ シリア難民を救う大国(ブラジル)
● 「白人至上主義者」たちが暮らす全米で最も差別的な町を訪ねて(アメリカ)
● 上陸したら殺される? 完全孤立を貫いた島に意外な危機が迫る(インド)
● 実は人体に有害? 中国産電子タバコに気をつけろ!
● 軍事大国イスラエルのドローンがすごい!
シリア難民をほぼ100%受け入れるブラジルは、過去の軍事政権下でブラジルから逃れた難民を世界各国が受け入れてくれたことに対する恩返しだという内容で、小さい記事ながら胸を打たれる。


「いま、旬なひと ジェシカ・アルバ」
アメリカのテレビドラマ『ダーク・エンジェル』でブレイクし、映画『ファンタスティック・フォー』で女優としての地位を確立した彼女。最近だと『シン・シティ』。2児の母でもある彼女はエコなベビー用品を販売する会社も立ち上げていたそーで。

過去のエントリー:DVD BOX『ダークエンジェル』『ダークエンジェル2』



『COURRiER JAPON』3月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


2015.01.29 キヤノン デジタルハウス 名古屋でコンパクトデジカメの高感度比較

名古屋で美術館巡りをしたあと、せっかくなので帰り道にあるキヤノン デジタルハウス 名古屋に寄ってみた。

特に見たい一眼レフや交換レンズはなかったのだけれど、そーいえば高感度に強いコンパクトカメラが欲しかったなぁと思い、いじってみることに。

スタッフの男性の方に「高感度に強いのはどれですか?」と訪ねたところ、「撮像素子のサイズに比例するので、この辺のカメラですね」と紹介されたのが、プレミアムコンパクトのPowerShot G1 X Mark II(1.5型センサー)、同 G7 X(1.0型センサー)。ワタシ的にはコンパクトなS120(1/1.7型センサー)ぐらいのものがよかったので、EOS M2 と変わらない大きさのG1X2はパス。

撮影データを持ち帰らせてくれるとのことだったが、SDカードを持ってきていなかったのでどうしようかと思ったが、データはCDに焼いてくれるというので、甘えることにした。
で、さらに比較のため自分も持っている EOS 7D Mark II(レンズは18-135mm)も使用させてもらい、S120、G7 X の3機種で施設内のミニチュアジオラマを撮影。画角はいずれも広角端。


以下、上からS120、G7 X、7D2 の画像。S120を0.33倍、G7 X、7D2を025倍でPCに表示したものと、同じくピクセル等倍と0.67倍でPCに表示したもののスクリーンショット。S120は約1,210万画素で、ほかは約2,000万画素あるので、拡大率を調整した。


ISO3200

S120:0.33倍、G7 X:0.25倍、7D2:0.25倍


S120:1.0倍、G7 X:0.67倍、7D2:0.67倍



ISO6400

S120:0.33倍、G7 X:0.25倍、7D2:0.25倍


S120:1.0倍、G7 X:0.67倍、7D2:0.67倍



ISO12800

S120:0.33倍、G7 X:0.25倍、7D2:0.25倍


S120:1.0倍、G7 X:0.67倍、7D2:0.67倍



予想通り、拡大してみるとどの感度でも7D2が一番綺麗でディテールを細部まで再現しており、ほかとは一線を画している。そして、以下G7 X、S120ということになる。問題はどの程度の画質が必要か(どの程度の画質なら許せるか)ということだ。
G7 XとS120を比較すると、S120はセンサーサイズが小さい分、画素数が控えめなため、結構G7 Xに迫る画質のように見える。拡大率が低ければそれなりに満足できる画質が得られそうだ。



ところで、S120は35mm判換算で24-100mmのズームレンズで、広角端ではF1.8の明るさを誇っている(ただし望遠端はF5.7)。一方のG7 X も24-100mm相当のズームレンズだが、広角端でF1.8と同じながら、望遠端でもF2.8と明るい。従って、広角端では差が少なくても望遠端では差が出てしまいそうだ。



そんなワケでなかなか悩ましいところではあるが、CP+2015で新製品が発表されるかも?という情報も出ており、しばらくは様子見したほうがよさそうだ。

デジカメinfoの記事:キヤノンが近日中に大型センサーの新型PowerShotを発表?



それにしても、キヤノンのスタッフの方の親切さに感激した1日であった。



 


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


Mac OS X Yosemite 10.10.1 をインストールしたものの・・・



Mac OS X Yosemite 10.10.1 を遅ればせながらインストールした。
OSのアップグレードは最新機能を利用できるものの、動作が遅くなったり、これまで利用してきたソフトが使えなくなるケースがあるなど、リスクもある。

最近、ハードやソフトを最新版にしようなんて気持ちはなくなり、必要に迫られてアップデートしているに過ぎない。

で、Mac OS X Yosemite だが、正直なところ、あえてアップグレードしたいとは思っていなかったのだが、唯一『iCloud disk』 だけは利用できればいいなぁと。特にiPhoneやiPadとデータをクラウド上で共有するには便利そうだ。

繁忙期の12月にOSのアップグレードなんてことは自殺行為なので、ヒマになった1月後半、ようやくインストール。
といっても、MacBook Pro のメインディスクのOS X 10.9.5にYosemiteを上書きするのは危険きわまりないので、とりあえず外付けHDDにインストール。1〜2時間ほどかかって(時間がかかったので、途中で寝てしまって、正確な時間はわからない。笑)無事インストール完了。

再起動して、とりあえず普段使用するソフトを起動・・・したのだが、異常に起動が遅い。もっとも、OS X 10.9.5 はSSDにインストールしてあるので、それと外付けHDDの起動を比較するのはちょっと酷なハナシではある。ただ、それを割り引いても遅いのでは???

それはともかく、Photoshop CC 2014、Bridge CC、evernote、宛名職人Ver.16 は無事起動。Excel 2011は最初にプロダクトキーの入力をしなければならなかったが、正常に起動。PowerPoint、Wordも起動。
ただ、Illustrator CS5 は 「Java SE 6 ランタイム のインストールが必要」と表示され、Oracleのサイトからダウンロードしたものの起動せず。
さらに、Excel の文書をキヤノンの複合プリンター MP960 にプリントしようとしてもできなかった。もっともこのプリンターはOS X 10.7 までしかドライバが対応しておらず、10.9.5でプリントできるほうが奇跡なのかもしれないが(笑)。
MP960 は一度修理に出したことがあるけれど、現在は問題なく働いてくれているし、画質に不満もない。今後も使用し続けるつもりなので、これにプリントできないのは致命的。

そんなワケで、Mac OS X Yosemite 10.10.1 は1日も持たず、10.9.5 に戻すことに(笑)。
とりあえずプリンターを買い替えるまでは現状のOSを使い続けようと思いマス。



テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ


『500円でお昼ごはん。三重・北勢版 Vol.3』



『500円でお昼ごはん。三重・北勢版 Vol.3』(オフィッスドットコム/920円+税)。
全国各地で「ランチパスポート」という名称で利用されている、本を見せると通常価格700〜1,112円のものが税別500円に割引される食堂ガイド本の一種。本書は三重県の北部エリア(桑名市・四日市市・鈴鹿市)のガイド。
1冊1名限り、各店3回まで、3カ月間有効というシステムで、利用ごとにお店でスタンプを押してもらう。

すでに『Vol.2』を購入していて、利用したのは6回。トータル5,170円のところ、3,200円で済んだので、1,970円の割引となり、本代994円を差し引いてもお釣りがきた。いずれもワタシが行ったことのない店だったので、いいガイドになった。
そんなワケで『Vol.3』を購入した次第。

『Vol.2』での収録軒数は全70軒だったが、『Vol.3』では81軒にボリュームアップ。打ち分けは次のようになっている。
桑名市 :14軒(内3軒が新規紹介店)
四日市市:49軒(内6軒が新規紹介店)
鈴鹿市 :18軒(内6軒が新規紹介店)

自分が利用するならまず地元の鈴鹿市。こちらはクルマ利用が前提。隣の四日市市なら近鉄四日市駅から歩いて行けるところで9軒ほどあるようだ。

有効期間が3ヶ月あるのでボチボチ利用したいと思うが、スタンプを押してもらうのはオリエンテーリング気分で、スタンプが増えるとちょっと楽しい。


テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ