『ツァイス&フォクトレンダーの作り方』(ガンダーラ井上/玄光社)

ツァイス&フォクトレンダーの作り方 (玄光社MOOK)ツァイス&フォクトレンダーの作り方 (玄光社MOOK)
(2015/02/13)
ガンダーラ井上

商品詳細を見る



『ツァイス&フォクトレンダーの作り方』(ガンダーラ井上/玄光社/1,800円+税)


カメラ・レンズ業界において独自のスタンスをとっているコシナの歴史やレンズに対するこだわり、そして製造過程を知ることができる一冊。
本屋で手に取って値段を確認したときには「ちょっと高いかな?」と思ったのだが、むしろ安いぐらいの内容。

まずは「コシナ・ヒストリカ」
最近ではツァイス オータス 1.4/55とか1.4/85といった、40万円を超える標準・中望遠レンズを発売したメーカー。
1959年に創業した同社はレンズ製造から始め、インスタマチックカメラ、一眼レフ、8ミリカメラとどんどん広げ、国内よりもむしろ海外で売れていたようだ。
ワタシ自身が高校生時代にカメラ雑誌で目にしたのは『COSINA CX-1、CX-2』。ロモの原型とされるかめらだが、コンパクトカメラのくせにオートワインダー付きというのが印象的だった。
また、各カメラ用レンズメーカーでもあり、当時のワタシは2流メーカーという印象だった(失礼)。
方針が変わったのは1999年に『フォクトレンダー ベッサ』を発売したあたりだろうか。その後、ツァイスとの提携により、ツァイス・イコンを2005年に発売、マニア向けのマニュアルフォーカス・レンジファインダーカメラ/レンズに注力するようになった。
一方でデジタルシネマ用3Dレンズなども現在では作っているようだ。
特に注目したいのが、1970〜1980年代のカタログや広告。懐かしいものもあれば、結構大胆な広告も。時代を感じる。
それがフォクトレンダーやツァイスの広告となると、じだいが新しいこともあるだろうが、シンプルにしてエレガント。

続いて色々なカメラマンによるギャラリー。クラシックなコシナのイメージに合った写真が並ぶ。

そして、「コシナ こだわりの理由」
もともと同社ウェブサイトに月2回ペースで公開していたものをベースに写真を加えたものだそうだが、全55話。本書の中では一番ページを割いている部分で、コシナのレンズ作りのコダワリが感じられるとともに、レンズの製造工程が(たぶん)すべて分かる、非常に細かな解説となっており、コシナユーザーでなくてもレンズマニアなら本書を購入すべき内容となっている。

これを読むと多くのカメラメーカー・レンズメーカーとは違うコシナのコダワリがよくわかる。金属ローレットや彫刻文字入れ。多くの工程が手作業というか、職人技で行なわれている。それは機械による自動化よりも職人技のほうが高精度に製品を作ることができるからというポリシーに基づいていて、ページをめくるごとにコシナの姿勢に感銘を受けた。



ワタシ自身、コシナのカメラもレンズも何も持っていないのだが、本書を読むと同社のカメラやレンズを手に入れたくなる。レンズ沼にハマりたくない方は読まないほうが無難な一冊(笑)。







スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『フォトテクニック デジタル』2015年05月号

フォトテクニックデジタル 2015年 05月号フォトテクニックデジタル 2015年 05月号
(2015/04/20)
不明

商品詳細を見る



『フォトテクニック デジタル』2015年05月号



特別付録折りたたみ小型レフ
直径40cmで白と薄いマゼンタのリバーシブルタイプ。マゼンタ側は芝生上などでの撮影のときに緑カブリを補正するためのものだが、薄過ぎて効果がないのでは? 解説のある32ページの作例では、補正不足にしか見えないが、解説では「物だけフラットな色合いだと合成写真に見えてしまう。あくまで自然な効果を狙うためのこのサイズ、この色みなのである。」とのこと。



表紙&巻頭グラビア新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))(by 長野博文)。
いろんなシチュエーションで撮影されているが、やはりプールでの写真が印象的。髪の毛が濡れているのがワタシの琴線に触れてます。

巻頭グラビアはほかに澤田汐音(by 関純一)も。



特集「春の屋外&半屋外ポートレート撮影 Q&A」
「春の」というよりも、一般的な屋外ポートレートのアドバイスといった感じだが、「春の」が感じられる内容がないわけでもない。まぁ、ご参考に。

後半には「初めての人のための撮影会潜入ルポ」が。
ワタシも東京在住時代には撮影会に何度か参加したことがあるが、ワタシが参加した撮影会とは随分違うシステムの撮影会の様子が紹介されていて、興味深く読んだ。



「魚住誠一のガーリッシュ・ポートレート撮影講座」
今回はハンドクリームやリップクリーム、ワセリンを保護フィルターに塗ってソフトフォーカス写真を撮るという古典的な手法を改めて紹介。
「Photoshopでは作り出せないアナログ・ソフトフォーカスに挑戦!」とあるが、古典的な手法を改めて実験というのはどうか。結果というか、ベストの手法だけ教えてくれればいいと思うのだが。
それに、このようなソフトフォーカス写真を「作品」と見ているのか、「作例」と見ているのか。ワタシには本気でソフトフォーカスに取り組んで、本気の「作品」を掲載しているようには思えない。ページを埋めるためにソフトフォーカスをしてみました。それを掲載してみました、という感じがプンプン臭ってくる。



『フォトテクニック デジタル』5月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『カメラマン』2015年05月号

カメラマン 2015年5月号カメラマン 2015年5月号
(2015/04/20)
不明

商品詳細を見る



『カメラマン』2015年05月号


表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは大島優子さん。
特にコメントはナシ。



「買い替えで幸せになる!」
従来機種のカメアを持つユーザーが最新機種に買い替えるかどうかを検証する企画。
比較作例や自由作例を示していて、当たり前のハナシだが、最新機種がイイという結論がほとんど。ちょっとウンザリ(笑)。
そんななか、山田久美夫氏はパナソニックGH4GH3の比較で、4Kが不要ならGH3の中古購入も選択肢の一つと解説しており、好ましかった。
シグマ dp3 クワトロdp3 メリルの比較は・・・もはやコンパクトカメラと呼ぶのも憚られるクワトロをメリルと比較するのはどうかと(笑)。メリルを持つようなマニアな方は、買い替えと言わず買い増しすればっ!(笑)。



「今年 絶対欲しい写真関連グッズ」
カメラバッグ、三脚、フィルター、ストロボ関連アクセサリー、デジタル関連アクセサリーを紹介。
プロフォト社 B2(1灯キット)は屋外用ストロボとして興味を持つが、29万8,000円という価格はちょっと・・・。
イメージビション社 ラウンドフラッシュリングはリングフラッシュタイプのソフトボックス。価格も1万2,800円と手頃ではあるが、コレをカメラに装着して撮影する姿はちとハズカシそう(笑)。



「人気のAPS-C機 最終決断」
メインはニコンD7200キヤノン EOS 7D Mark II の比較なのだけれど、ペンタックス K-S2、ソニー α77 II、富士フイルム X-T1 が加わってピンボケな内容に。まぁ、ニコンとキヤノンの2機種を引き立てるという目的なら納得だが(笑)。



「どっちのレンズショー」
今回はシグマ24mm F1.4 DG HSM Artキヤノン EF 24mm F1.4L II USM同 EF 24mm F2.8 IS USM の比較でなかなか興味アリ。
結論としてはシグマの勝利l。画質が良くて価格が半額なら、今後キヤノンの24/1.4L II は売れなくなるんでしょうな。強いて言えばキヤノンの1.4は防塵防滴なのが優位点か。2.8 IS はそこそこコンパクトだし手ブレ補正もあるのでこちらを選ぶというテもあるだろう。
なお、本記事における比較テストでは絞り開放で行なわれているのも多いが、キヤノンの1本はF2.8と2段分の差があり、この点を考慮した比較がなされるべきではないかと思う(つまりはf2.8に揃えての撮影)。実際には撮影されているのかもしれないが、掲載されていないのはテストしていないのと同じ。



「ジャンル別フォト講座 スポーツ」
岸本勉氏がフィギュアスケートの羽生弓弦選手を撮影。『CAPA』でも菅原正治氏による同選手の写真が掲載されていたが、本誌のほうは選手の表情に絞っている。正直、こちらのほうが面白い。特に記者会見で笑っている姿の写真は特に。



「アクセサリー・ラボ スペシャル」
ニッシンの新型ストロボ Di700A コマンダー A1 を用いたオフカメラストロボ撮影テク紹介となっている。
1灯では屋外とスタジオ、2灯ではスタジオでの作例が紹介されているが、いずれも綺麗な仕上がり。特にスタジオでの写真はクリップオンストロボで撮影されたとは思えない仕上がりで、使ってみたいと思わせる。
『CAPA』5月号では増田賢一氏がオフカメラストロボで撮影しているが、こちらはイマイチ。



『カメラマン』5月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『CAPA』2015年05月号

CAPA(キャパ) 2015年 05 月号 [雑誌]CAPA(キャパ) 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/04/20)
不明

商品詳細を見る



『CAPA』2015年05月号。


表紙&裏表紙橋本マナミさん。
最近、ご活躍のようで。ワタシ的にはそれほどキョーミないのだけれど(失礼!)。

なお、裏表紙は東芝の広告なのだけれど、今月は裏表紙の裏(「表3」と呼ばれるページ)も東芝の広告。広告キャラクターの有村華純を模した「かすみドール」がいろいろ東芝製品をレクチャーするという体だが、あまり本人に似ていない(笑)。ま、どーでもいいけど。



特集1「キヤノンxニコン 2大ブランドの魅力」
タイトルのわりに両社の新製品紹介に終わっている感じで面白みナシ。
自分が同タイトルでページを組むなら、両社のヒストリー、他ブランドとの比較、カメラ、レンズのバリエーション、両ブランドユーザーのプロのコメント、両社のオリンピックカメラあたりを掲載したいところ。
また、レンズメーカーも両社マウントのレンズをまず発売したあと、他メーカーマウントのレンズを出す傾向にあり、場合によってはマウントは両社のみというケースもある。このあたりは他メーカーからも広告を出稿してもらう『CAPA』としては書けないかもしれないが、事実は事実。



特集2「カメラを持って旅に出よう!」
PART 1 ギャラリー
PART 2 旅先の町を撮る
PART 3 旅写真がもっと楽しくなるカメラ&アクセサリー選び

そもそも本企画における「旅写真」の定義がよくわからないが。つまり、旅のついでに撮るのか、何かを撮ることを目的に旅しているのか。
前者であれば旅で大きな一眼レフが必要とは思えない。コンデジで十分だし、スマホカメラでも間に合うかも。せいぜいミラーレス一眼といったところだろう。
後者の何かを撮ることがその目的であれば、風景なら風景用、鉄道なら鉄道用の、その対象に合わせた機材が必要なわけで、旅写真ではくくれなくなりそうだ。



スペシャルグラビア「羽生弓弦 フィギュア世界選手権で見せた復活のジャンプ!」
菅原正治氏の作品3枚&コメント。
ジャンプの写真が1枚もなし。タイトルとの整合性に疑問を感じる。写真そのものをけなすつもりはまったくないが。



「米美知子特写 5060万画素パノラマグラビア 超高解像 EOS 5Ds R が描く 春爛漫、西吉野の「桃源郷」」
両観音開き(A4 4ページ分)で画面の上下をトリミングしたパノラマ画像を大きく掲載。高精細なのは想像できるが、印刷の荒さに埋もれている感じで残念。



「報道カメラマンの現場 10」
今回は高校野球を取材する日刊スポーツ新聞 大阪本社 報道局 報道部 写真チームの梅根麻紀さんと宮崎幸一さん。
複数体勢で取材する様子が分かる内容となっている。機材は1DXに大三元ズーム+400mm。さらに800mm。キヤノンおかかえの記事広告(たぶん)だけに、機材はすべてキヤノン純正。
ノートPCに反射防止のため黒いパーマセルテープで表面を黒くしているところが興味深い。



「ストロボ&LEDライト 即効テクニック」
オフカメラでのストロボライティング講座なのだけれど、作例がどれもツマラナイ。こーゆー作例でマネしたいと思うのかなー。もっとマネしたいと思わせる作例を掲載してホシイ。



『CAPA』5月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『日本カメラ』2015年05月号

日本カメラ 2015年 05 月号 [雑誌]日本カメラ 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/04/20)
不明

商品詳細を見る



『日本カメラ』2015年05月号


特集「ヌードのある風景」
表紙もヌードで、本誌は他の号より売れるんでしょうかなぁ?(笑)。

さて、本特集ではヌードが撮影される「場」にスポットを当てている。

冒頭のGallery_1では石黒健治氏が屋外で撮影した作例が掲載されている。
Gallery_2では、故 中村正也氏のモノクロヌードが。

作者の解説と作例があるページでは、野村恵子氏はラブホ、中島圭一郎氏は事務所で撮影。七菜乃氏(というより「さん」?)は実家、主代菜津美氏はスタジオ、阿部夏澄氏はバスルーム。なお、七菜乃さんと主代菜津美氏はセルフポートレート。野村恵子氏と阿部夏澄氏は他人を撮影。

「写真集で見る「ヌードのある風景」」では、飯沢耕太郎氏が岩瀬禎之、杵島隆、植田正治、タッド若松、藤原新也、荒木経惟、篠山紀信、クロダ・ミサトの8名の写真家の写真集を紹介。



「キヤノン EOS 5Ds/5Ds R 発売前徹底チェック」
「徹底チェック」の文字で期待したのだが、野町和嘉氏の作例4点とインプレ、5Ds購入に併せて用意すべきレンズや用品のアドバイス、5Dsを買うか5Ds Rを買うかプロカメラマン6人のコメントといった構成で、全然物足りない。カメラは6月発売なので、本格的な実写レポートは来月号かその次か。



「秘密のレシピを大公開! 俺のRAW現像」
RAWとは何か?から始まり、キヤノンDPP4.0使いの井藤亮介氏、ニコンCapture NX-D使いの河野英喜氏、オリンパス Viewer 3使いの曽根原昇氏がそれぞれの使い方を紹介。さらに中西祐介氏がスポーツ現場でのRAW撮影・現像実態を紹介、澤村徹氏は複数カメラでオールドレンズを使用しながらトーンを統一するRAW現像方法を紹介、宇佐見健氏はカメラ内RAW現像を紹介。
ワタシ的には中西氏と澤村氏の解説に興味を持った。
最後は汎用RAW現像ソフトの紹介。市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro 6Adobe Photoshop Lightroom 5Phase One Capture One Pro 8 の3つを紹介しているが、誌面の都合か製品の特徴紹介までには至っておらず残念。



「大人気の “エアリーフォト” に挑戦」
露出オーバー目で独特の色調の写真は女性ウケしますな。作者も山本まりこさんという女性。
本記事ではエアリーフォトを撮る7つの基本操作と、さらに4つの作例&アドバイス。ご参考に。



『日本カメラ』5月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2015/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ