爆速ポータブルHDD ウェスタンデジタル『My Passport Pro 4TB』




外付けHDDの容量が少なくなってきたので新たに購入したのが・・・
ウェスタンデジタル『My Passport Pro 4TB』(50,677円)。アマゾンが7月15日にやっていた「プライムセール」のときに通常価格より3,000ほど安かったのでポチってしまった(笑)。・・・いま確認したら、いまでも同じ価格のまま(笑)。

ウェスタンデジタルのサイト:My Passport Pro


これまで使用してきた同社『My Passport for Mac 2TB』(USB3.0)が現在17,800円(中古)、似たようなスペックの『My Passport Ultra 2TB』が15,800円(新品)であり、容量を考えると『My Passport Pro 4TB』はかなり割高ではある。ちなみに『My Passport Pro 2TB』というのもあるのだが、こちらは47,304円とさらに割高である。

『My Passport Pro 4TB』の最大の特長はThunderbolt対応のポータブルHDDであり、それを活かすために2つのドライブをRAID 0 で高速に読み書きできる仕様になっていること(RAID 1の設定も可能)。

ハードディスクドライブ(HDD)は物理的にデータを書き込むため、そのスピードには限界がある。なので、単にThunderboltのインターフェイスを持っているだけでは書き込み速度の向上は期待できない。
本製品はドライブ2基を並行して読み書きさせる RAID 0 で動作させるため、高速化を実現している。

本製品パッケージのイラストでは、USB3.0のHDDでは115MB/秒、本製品では233MB/秒と2倍強のスピード。

実際はどうか? 簡易的に計測してみた。方法は約6.75GBの写真データの入ったフォルダをコピーするというもの。コピー元はMacBook Pro(Mid 2012)の内蔵SSD。コピー先は・・・
1.My Passport for Mac 2TB(今まで使ってきたコンパクトなポータブルHDDでUSB3.0)
2.MacBook Pro(Mid 2012)内蔵SSD
3.My Passport Pro 4TB

3回計測して平均を取った。結果は・・・
コピー先の機種1回目2回目3回目平 均
 My Passport for Mac 2TB(USB3.0)2分32秒29 2分34秒99 2分33秒55 2分33秒61 
 MacBook Pro(Mid 2012)内蔵SSD51秒56 51秒71 57秒18 53秒48 
 My Passport Pro 4TB(Thunderbolt)44秒78 44秒68 45秒98 45秒15 


なんと内蔵SSDよりも速かった!!! 内蔵SSDとHDD(USB3.0)の中間を予想しており、HDD(USB3.0)の2倍速あれば嬉しいなぁと思っていたら、HDD(USB3.0)よりも3.4倍速だったのはビックリで大満足。



順序が逆になるが、『My Passport Pro 4TB』のパッケージはこんな感じ。
外箱は高級感のあるマット調表面処理がなされており、しかも製品写真部分だけニス塗りというコダワリ。まさに『化粧箱』という表現がピッタリの箱だ。

内箱はさらに高級感があり、ベースの厚紙の上に薄い紙を張り、縁の部分を巻き込んでいて、高級時計でも入っていそうな仕様。しかも蓋には薄い磁石が組み込まれており、それで蓋を留めている。




 

中は柔らかいプラスチック素材が製品の形にぴったり合うように凸凹が作られており、製品がキッチリ固定される仕様。
素晴らしい仕様のパッケージだが、製品を取り出したらあとは使わないので、正直なところ、箱に金をかけるぶん値段を安くしてくれと言いたい(爆)。



『My Passport Pro 4TB』の外観は、コンパクトなポータブルタイプの中ではかなり大きく重い。
『My Passport for Mac 2TB』を乗せてみるとこんな感じ。まぁ、容量が2倍なので2TBを2台積んだと思えば納得できる厚みではあるが、ドライブ2基を組む基盤が入っているのか、全長は3cmほど長い。

正確なサイズは・・・
長さ: 143.4 mm、幅: 88.5 mm、高さ: 44.2 mm、重量:0.72 kg

筐体はアルマイト仕上げのアルミニウム製で高級感がある。



インターフェイスケーブルは本体に直付けされており、取り外しはできない代わり、なくすことはない。ただし、ケーブル部分に不具合があった場合はディスク丸ごと修理に出さなければならないだろう。そういうケースはあまりないかもしれないが。

Thunderbolt 規格は本来6台までのデイジーチェーン(数珠つなぎ)が可能なのだが、本機にはポートが1つしか用意されていないので、デイジーチェーンの終端で使用することになる。が、Thunderbolt 製品はこれ1つしか持たないワタシとしては悩む必要がない(爆)。

なお、本機ケーブル固定部分の横に通気孔があり、そのためか作動音はややうるさい。耳障りと言うほどではないけれど。

余談だが、デイジーチェーンといえば、古い古い OS7時代のMacではSCSIというデイジーチェーンで機器を接続できる規格があった。Mac本体を除いて6台の周辺機器を接続することができたが、当時ワタシはほぼ全てを使い切っていた。接続していたのはHDDやCDドライブ、フラットベッドスキャナーなど。手作業でID(0から7番まで/通常 Mac本体が0番)を設定しなければならず、面倒だったが、一度設定してしまえばあとは気にしなくてよかった。なお、起動時にはSCSI機器をMacよりも先に立ち上げて、終了時にはMacを落としたあとに周辺機器の電源を切るのがお作法だった。



こんなところが本機の第一印象。大容量にして爆速なので、大活躍してくれるだろうと期待している。



 



スポンサーサイト

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ


mont・bell ストレッチカーゴパンツを2本購入




mont・bell のストレッチカーゴパンツ(#1105371)を色違い(ライトタンとダークネイビー)で2本購入。
ファッションというわけではなく、仕事用として薄手のカーゴパンツが必要だったから。

モンベルのサイト:ストレッチカーゴパンツ Men's



バドミントンの撮影では、単なるプレスとして入る場合はあまり服装に気にすることはなく、強いて言えばあまり派手でない動きやすい服装ということになる(ただし、アリーナでの撮影では上履き靴での撮影が必要となる場合が多い)。
なので、夏場は膝上丈のカーゴパンツが涼しくて快適なのだけれど、膝上丈ではマズいケースもある。それは、あるイベントの進行記録の撮影なのだが、一応ワタシが公式カメラマンという役割をいただく場合。
イベント自体は1週間にわたるもので、全くカジュアルでも問題なさそうなシーンもあるのだけれど、それなりにお偉い方々が集まるところでの撮影もあり、そのような場で膝上丈ではちとマズい。
イベントスタッフTシャツを着るのであまり堅苦しいものを着る必要はないのだけれど、そのあたりのバランスを取ると、地味で目障りにならないズボンというところで、カーゴパンツがぎりぎりセーフかなと。

ところが、ショッピングモールで片っ端から見て回ったのだけれど、自分の期待通りのモノがない。カーゴパンツは膝上のものか、厚手のものばかり。10軒ぐらい回って最後に入ったのが mont・bell。ここでようやくワタシの期待以上のものを見つけることができた。

薄手の生地はナイロン95%・ポリウレタン5%のストレッチ素材。撮影では座ったりしゃがんだりすることが多いのでこれはなかなかグー。肌にまとわりつかないサラッとした触感の生地なのが、夏場の着用にグー!

ウェストはフォーマルスーツのようにアジャスタブル(笑)。体型が変わっても対応可能(爆)。モンベルでは「スマートフィットシステム」と呼んでいるようだ。

ポケットの内側部分はメッシュ仕様。

ポケットのフラップは全て金属ホックが表に出ない比翼仕立て。かなり手間がかかっていると思うが、このような仕様にするのはなぜだろう?



さらに、太もも側面のポケットはポケットの口部分が折り曲がる仕様になっていて、入れたものが落ちない工夫がなされている。このような仕様は初めて見た。
また、ループがついていているので、これに引っ掛けておけば、小物類が落ちないで済む。



このようになかなか細かいところで凝った仕様のパンツとなっていて、価格は1本7,429円(税別)。もともとユニクロで調達しようとしていた身としては予算の2倍ほどになってしまったのだけれど、その価値はあると判断、購入に至った次第。


テーマ : その他
ジャンル : その他


EOS-1D X、EF16-35mm F2.8L USM を売却しました。

キヤノン EOS-1D X同 EF16-35mm F2.8L USM を売却した。

EOS 5Ds を購入し、その支払いのためではあるが(笑)、ワタシにとって一眼レフは最低でも2台必要だが、最高でも2台で十分だと思っている。
5Ds を購入して、バドミントンの試合とソフトボールの試合の撮影を行なったが、いずれも 5Ds と EOS 7D Mark II の組み合わせで撮影に臨んだ。ソフトボールの試合では 5Ds ではなく 1DX を使用したほうが良かったかなとも思ったけれど、5Ds と7D2 の2台体制で大体はカバーできると判断したのが 1DX を手放す決断となった。





EOS-1D X が他の2機種よりも優れている点としては、秒12コマの連写速度と高感度画質、耐久性が挙げられる。

連写速度秒12コマはアマチュア向けモデルとは全然違い(しかも 1DX はシャッター音がデカいので)、試合会場でカメラマンが本業ではない取材の人からは羨望の目で見られることがあり、少し優越感に浸れたりするのだが(笑)、7D2の秒10コマでも大差ない。

高感度画質については、バドミントン撮影においてはワタシの基準感度が ISO6400で、この感度であれば 5Ds や 7D2 でもさほど 1DX に劣るわけではないし、5Ds は画素数が圧倒的に多い分、むしろ解像感が上がる結果に。

耐久性に関しては、1DXはシャッター耐久40万回。残念ながらそこまでいかずに売却することになったが、あと数年使用していたら達成していただろう。ちなみにEOS-1D Mark IVは30万回。
ところで、7D2のシャッター耐久は20万回。1DXの約1/3の価格(7月26日のマップカメラ価格:181,500円)なので、極端に言えば壊れれば買い替えればいいとも言える(撮影現場で壊れたら、その場では怒りまくるだろうけれど。笑)。
一方の5Dsは15万回。1DXに比べると見劣りするが、風景撮影といったシャッターをあまり切らない用途では十分か。バドミントン撮影にこれを利用しようとするワタシとしては不安。こちらは壊れれば買い替えればいいという金額ではないため、なるべく必要以外はシャッターを切らないにようにしないと(笑)。

1DX が他の2機種に比べて明らかに劣っているのが「フリッカーレス撮影」ができないこと。
今までは「フリッカーレス撮影」ができないことを当たり前として撮影してきたわけだが、「フリッカーレス撮影」ができるようになれば、圧倒的に便利。これが使えない 1DX はバドミントン撮影で使いづらいということになる。
キヤノンは普及機の最新機種にもこの機能を搭載しているので、いずれ 1DX 後継機にも搭載されるのは間違いないだろうが、後継機が発表されたときにまた購入の判断をすればいい(カネがあればの話だが・・・。爆)。

1DX はまだ現行機種なので、新品のマップカメラ価格は7月27日時点で 535,000円(税込)だが、買取価格はワンプライスの35万円。過去いつも新製品購入後に売却してきたので買取価格は下落していたが、今回はまぁまぁイイお値段。さらにマップカメラ「買い取り優待券」添付:3%アップで+10,500円、合計360,500円


過去のエントリー:
大きな決断、EOS-1D X 購入!!!!!(2012-08-29)
2014.09.26 キヤノン EOS-1D X 修理顛末(2014-09-26)


1DXは2012年8月末に購入。当時は見栄のために随分無理をしたと自己嫌悪にも陥ったが(笑)、使ってみると、画質、連写速度、操作性などが向上しており、3年弱で価格分は十分モトは取ったかな、と。
コレを売却することで、1D系のプロ機は1台もなくなり、ちょっとサミシイ(笑)。予備のバッテリーパック2本と1D4以前の方眼マットスクリーン2枚が主(あるじ)不在で残るのみ。





一方の EF 16-35mm F2.8L USM は中古で購入したもので、購入価格は79,800円(税込)。
もともとフードがなかったのだが、このレンズのフードはデカくて取り回しが不便だったのでそのまま購入せず。とはいえ、フードなしは査定に影響なく、買取価格は30,000円。「並品・外観にスレ、テカリがあります」との査定だったが、もともと並品だったので、アタリマエ(笑)。さらに「買い取り優待券」添付:3%アップ+900円、合計30,900円

広角ズームはほかに EF 16-35mm F4L IS USM を持っている。明るさにやや不満はあるが、手ぶれ補正機構も内蔵されているので、当分これを使うつもり。タムロン 15-30mm F2.8 に食指が動かないわけではないが、大柄なのとズーム方向がキヤノンと逆なのが残念。


過去のエントリー:
EF 16-35mm F2.8L USM(2009-04-09/オリジナル記事:2005-06-02)
フィルター径は変わりました。EF16-35mmF2.8L II USM(2009-04-11/オリジナル記事:2008-04-09)
16-35mmと28-300mmを委託販売に(/オリジナル記事:2008-04-15)
EF16-35mmF2.8L USM(I型) が売れました。(2009-04-12/オリジナル記事:2008-10-16)
キヤノン EF16-35mm F2.8L USM 再び!(2011-03-23)


EF 16-35mm F2.8L USM I 型は2001年12月に発売されているが、かなり早い時期(2002年か2003年)に購入し、2008年に II 型に買い替え。II 型を紛失してしまい、2011年に再度 I 型を購入した経緯がある。
初代機を購入時はワイド感や画質に驚嘆した記憶があるが、カメラが新しくなるにつれ、だんだん見劣りするように。とはいえ、II 型の画質に比べてそれほど劣るわけでもなく(というか、II 型もイマイチな画質。笑)、II 型紛失時は I 型を購入した次第。
しかし、購入後それほど出番はなく、EF 16-35mm F4L IS USM を購入し、ほぼ使うことがなくなり、冬眠状態になっていた。誰かの手に渡って活躍してくれることを期待したい。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


『COURRiER JAPON』2015年09月号 「あなたの人生をシンプルに変える「50のヒント」」





『COURRiER JAPON』2015年09月号



特集「あなたの人生をシンプルに変える「50のヒント」」
タイトル通りの内容だが、日本でも話題の近藤真理恵氏の片づけ法についても取り上げられている。『人生がときめく片づけの魔法』は10カ国以上、300万部以上が売れていて「Kondo する」という動詞にもなっているとのこと。
ほかにタイニーハウスをトレーラーカーで引っ張って生活する人や、同じ服を大量に用意してスティーブ・ジョブズのように服を選ぶ時間も節約することも紹介している。



「ニャンともワンダフル! 世界の人が笑って、鳴いた動物たちの「感動秘話」」
犬ネタ2件、猫ネタ4件、ほかにチンパンジー、馬、熊、ゴリラネタが1つずつ。



「WORLD NEWS HEADLINE」。面白かった記事は・・・
● カンニングを成功させて米国に行こう! 留学をカネで請け負う業者が急成長中(中国)
● 勝ち目がないのに猛烈に抵抗…ギリシャ人はなぜ「NO」と言えるのか(ギリシャ)
● ヌーディスト天国の若者離れが止まらない(ドイツ)
● 被災地に建設した住宅はわずか6戸だけ 米国の赤十字社が集めた5億ドルはどこへ…
● “産地偽装” が疑われる輸入ビールに待った!



「世界が見たNIPPON」。今月は・・・
● 安倍政権を導く「日本会議」とは何か
● 私が “ラーメンの鬼” に教わったこと
● “日露戦争の遺跡” がゴルフ場になる日




「ここがおかしい「ニッポン神話」」。第14回は「競争より協調なのか」
日本がモデルにすべきであるという意見もある北欧(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン)に関するスティーブ・モリヤマ氏のアンチテーゼ。
日本以上に護送船団方式が徹底している北欧は、一方で意欲ある若者を国内にとどめておくことが容易でないと指摘。アメリカとは正反対の北欧の社会システムと国民性だが、日本は両者の中間。今後どこを目指していくのだろう。



「人間の「遺伝子組み換え」が始まる」
2012年に発見されたゲノム編集の新技術「クリスパー/キャス9」に関連する記事3つ。
「クリスパー/キャス9」の仕組みは図解されているものの、シロートには???(笑)。それはともかく、この分野は倫理とのからみでどこまで許されるかにまだ結論が出ていない。
この技術を人間に応用できるとすれば、遺伝性疾患を取り除いたり、感染症やアルツハイマー型認知症を予防することも可能になるかもしれない。一方で、知能指数が高く、ブロンドで青い目の子どもを意図的に作ることも可能になるかもしれない。
一方で、技術はSF映画のレベルにかなり近づいているようで、記事のうちの1つは中国の研究者が人間の杯を使った遺伝子編集を行なったことをレポートしている。




「クーリエ・ア・ラ・カルト」。今回は世界で売れているビールを紹介。
意外にもアメリカの『バドライト』は北米売上No.1にとどまり、世界一は中国の『雪花啤酒(SNOW)』。2013年に『青島ビール』を抜いて世界一になったとのこと。とはいえ、世界シェアは5.4%で、どこの国でも国産ビールのシェアが高いとのこと。



『COURRiER JAPON』9月号はこんなところで。



テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『500円でお昼ごはん。 三重・北勢版 第5弾』(オフィスドットコム)




『500円でお昼ごはん。 三重・北勢版 第5弾』(オフィスドットコム/994円)。



第2弾から購入している『500円でお昼ごはん。 三重・北勢版』も第5弾に。またまた購入。
いわゆる『ランチ・パスポート』方式で、本書を店で提示すれば、期間内3回まで特定メニューが500円(税別)で食べられるというもの。
ほかにイオンシネマで本書を提示すれば、高校生以上が300円引き、小人が200円引きで映画を観ることができる(1冊で4名までOK)。イオンシネマは月曜日が1,100円なので、ワタシはコチラをよく利用しているが、月曜日に観られない人にはオトク。値引き分でドリンク買えるし。

第5弾では
桑名・員弁エリア:11軒(うち、初掲載店舗:0軒、新掲載メニュー:3軒)
四日市エリア  :50軒(うち、初掲載店舗:5軒、新掲載メニュー:18軒)
鈴鹿エリア   :21軒(うち、初掲載店舗:7軒、新掲載メニュー:6軒)
合      計:82軒(うち、初掲載店舗:12軒、新掲載メニュー:27軒)
となっている。

正直なところ、第4弾ではあまり本書を利用していなくて、第5弾を購入しようかどうか、ちょっと迷ったのだが、3回ぐらい利用すればモトは取れるので、まぁいいかと。
ちなみにワタシの過去の利用回数は・・・
第2弾:6回
第3弾:9回
第4弾:3回

第5弾の目標は4回以上で・・・(笑)。


テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2015/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ