『COURRiER JAPON』2015年12月号 「天才の「法則」」





『COURRiER JAPON』2015年12月号



巻頭特集「天才の「法則」」

「常識を超えた独創的なアイディアで頂点を極め、イノベーションを起こし、世界を変えていく「天才」たち。彼らの発想と行動のパターンを読み解き、圧倒的なクリエイティビティを発揮するための「ルール」を学んでみよう。」という特集。

・ノーベル賞を受賞する天才たちはどんな「環境」で育つのか?
・あなたも世界を変えられる! 天才の思考法「10のパターン」
・MENSAのメンバーが語る「天才」と「頭がいい人」の違い
・「世界で2番目に頭がいい男」の不器用な人生から学べること
・史上最年少のグランドマスターはこんな日常を送っている
・これからの世界を動かす「U-22」の天才たち
・アルキメデスからダーウィンまで・・・ 非凡な業績の鍵は「マルチタスク」だ
・ウーバーの破壊的ビジネスは「非情な天才」の思想から生まれた
・失業中の若者を天才起業家に変えたメンターを探す「謙虚な姿勢」
・大学をドロップアウトした神童が〝仮想現実〞で世界を変えるまで

本特集で取り上げられている人のなかには「天才」というより「成功者」といった感じの人も含まれているが、「天才」の定義がIQの高さというより「イノベーションを起こし、世界を変えていく人」とすれば、それぞれの記事のピックアップに納得がいく。いま世界を変えつつある『ウーバー』や『Airbnb』の創設者の話はなかなか興味深い。



第2特集「インテリジェンス3.0」

・諜報の新時代を生きるスパイたち
・ネットで世界中が結ばれ、ビッグデータが膨らみ続ける現代。
・情報の渦のなかで、各国諜報機関の「戦術」も変わりつつある。
・複雑化するインテリジェンスの現場で、何が起こっているのか。
・諜報研究の第一人者に聞く インテリジェンスの「第三の波」
・原発の設計図までもが盗まれた・・・ 北朝鮮「サイバー戦士」の恐るべき実力
・イスラエル最強のスパイ養成機関「8200部隊」の知られざる内情
・世界最高レベルの暗号解読者たちは「一般人とは異なる脳」を持つ
・CIA勤務40年の元スパイが明かす 諜報機関で必要とされる「能力」
・諜報活動と家庭の両立は可能なのか? 女性スパイが語る「二重生活」の実態
・テクノロジーとスパイのちょっと危険な関係

一番興味を持ったのが北朝鮮の韓国サイバー攻撃の記事。韓国の国家機密情報から韓国民の個人情報まで抜き取った具体的な方法が書かれている。それにしても、なんでもかんでもネットで繋がっているのもリスキーと思わざるを得ないなぁと思った次第。



「世界が見た NIPPON」

・自衛隊が極東のパワーバランスを変える!? ロシアが恐れる「安保法制後」の日本
・日本のプリンセスがやって来た! 地元紙が報じた眞子さまの留学生活
・人間とロボットの関係が変わっていく・・・ ペッパーとの「性的行為」は禁止です!
・エスカレーターの「新ルール」は定着するか? 日本人が「片側あけ」をやめる日
・「薄さ世界一」が爆買いの対象に 訪日中国人に大人気の「あの逸品」



「WORLD NEWS HEADLINE」。今月興味深かった記事は・・・

・米国平均の17倍の量が散布されて・・・ ハワイが農薬まみれの楽園と化していく(アメリカ)
・大学で「第三の性」を認める動きが活発に(アメリカ)
・原油価格大暴落でエネルギー各社が次々撤退 北極圏「資源争奪戦」の夢の跡(ロシア)
・2500年の伝統儀式 宗教的な「断食死」に人権上のストップが!(インド)
・主婦を釘付けにする「軍事番組」とは?(中国)

・豊かな国に暮らす人々は「難民」を受け入れるべきなのか?(アメリカ)
反対、中立、賛成それぞれの立場の識者の意見があって興味深い。感情論的には「賛成」を表明したいところだが、現実問題として無制限に難民を受け入れしていれば受け入れ国も疲弊してしまう。反対の立場の識者は「国家は「救命ボート」のようなもの。難民を救う人道的な義務はない」とずいぶん自分勝手なコメントだなぁと思いつつ、じゃあ、日本に難民がなだれ込んできた場合、彼らの生活費用などは日本国民の税金によってまかなわれることは認識しておかなければならないだろう。
ちなみに2014年の難民受け入れはドイツが約3万3,000人に対して日本はたったの11人。

難民関連では「佐藤優の新・教養講座 「知」へのショートカット」「日本はなぜシリア難民を受け入れるべきなのか」
現在の大量難民の原因は『アラブの春』の失敗だとしているが、米国とEUには政治力がなく、ロシアの目論見が成功する可能性もないので、シリアからの難民流出は続くでしょう」としている。
で、「日本はなぜシリア難民を受け入れるべきなのか」だが、いずれは難民を受け入れざるを得ない事態に直面してから受け入れるよりも、そうなる以前に受け入れを表明する方が国際的な信用を失わなくて済む、というのがその理由のようだ。うーん。



『COURRiER JAPON』12月号はこんなところで。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『カメラマン』2015年11月号





『カメラマン』2015年11月号



表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは松岡茉優さん。
10月スタートのテレビドラマ『コウノドリ』でも準主役級の研修医役として出演してますな。まだ1回目しか放送してないけれど、うまく役にハマっている気がする。



特集1「一眼レフは死なず!? 時代はミラーレス?」

一眼レフとミラーレスのそれぞれの長所と短所を紹介しつつ、いろんなケースで実写レポート。興味深かったのは高ISO感度での比較でソニーα7R II の画質。ISO3200とISO25600でテストされているが、誌面の拡大画像では差が分からない。コメントではD4Sや1DXとは比べられないとしているが、1600〜1800万画素級と4200万画素級で同じサイズに調整してもそうなのだろうか?

いろんな実写レポートの結論としては「一眼レフ≧ミラーレス ただし、今後はミラーレスの方が伸びしろあり!」。まぁ、そんなところだろう。




特集2「プロカメラマン丸裸!」

プロがどのように実際の撮影をしているか、どのような機材を使っているかをカメラマンのジャンル別に紹介。
ポートレート:魚住誠一
ペット:小沼諭
鉄道:広田泉
野生動物:野口純一

魚住誠一氏と言えばマシンガントークが売りだと思っていたが、今回の撮影ではそれほどモデルと喋っているようではないようで、意外な感じがした。

野生動物を撮影する野口氏が魚眼、超広角ズームから超望遠レンズまで用意して撮影に臨むのに対し、ペットを撮影する小沼氏はカメラ1台レンズ1本で勝負しているところが面白い。

鉄道の広田氏は車中泊できるトヨタハイエースに撮影機材や自転車、休息用コーヒー道具、ボランティアの災害救助用資材を積み込んでいるとのことだったが、ここをもう少し詳細に解説してほしかった。
鉄道カメラマンは1日に1本の列車を狙うために何百キロもの移動をするようだが、ワタシにはデキマセン。尊敬します。



特集3「紅葉撮影 プロの設定教えます!!」

風景を撮らないワタシ的にはスルー。興味のある方はご参考に。



特集4「メーカー乗り替え野郎(プロ)の赤裸々激白!!」

スポーツ系カメラマン3名、ポートレート系2名、それ以外で2名のメーカー乗り替え遍歴とその理由が紹介されている。

スポーツ系では基本、キヤノンかニコンということになるが、キヤノンからニコンに乗り換えたのが1人、その逆が1人、両社を何度も乗り換えているのが1人。ハイエンドマシンは性能的に拮抗している時期と明らかに差がある時期があり、ワタシの感覚では2004年発売の EOS-1D Mark II と2008年発売のニコン D3 だろう。それぞれアテネオリンピック、北京オリンピックで大活躍しているが、当時のライバル機に大きな差をつけていたと記憶する。当然、買い替えが起こったことだろう。現在のキヤノン EOS-1D X とニコン D4S ではそれほど大きな差はないと考えているが、リオオリンピックの開催される2016年の夏までには両社新フラッグシップ機を投入することは想像に難くない。両社どのような機種を出してくるか楽しみだ。

ポートレート系ではキヤノンからニコンに乗り換えたのが1人、ニコンからソニーに乗り換えたのが1人。

その他では、乗り替えではなく各社それぞれ買い増しという2人(本誌でおなじみの山田久美夫氏と落合憲弘氏)。



『カメラマン』11月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『CAPA』2015年11月号





『CAPA』2015年11月号



表紙&裏表紙森カンナさん。

写真を見て「誰?」という感じで、本誌目次ページに記載されているプロフィールを見ても??? ウィキペディアで調べてみて、『ショムニ2013』に出てた方と判明。あ〜、あの人ね。『ショムニ2013』ではロングヘアだったので分からなかった。『仮面ライダーディケイド』出演の方が有名かも。
ちなみに本誌プロフィールには日本テレビのドラマ『いつかティファニーで朝食を』(10月スタート)、映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』(公開中)、映画『びったれ!!!』(11月28日公開)に出演とのこと。



特集1「写真を変える24本!! 高画質を極めるレンズ選び」

広角・標準ズーム、超望遠ズーム、大口径単焦点レンズの3カテゴリーで紹介。
ま、概ね高画質と言われる最新レンズがたくさん掲載されているが、キヤノン EF 50mm F1.8 STM も。これも高画質レンズか?
一方で超望遠ズームではキヤノンやニコンの200-400mmは掲載されておらず、ちょっと残念。読者が頑張って買おうにもちょっとハードルが高いし。

ワタシ的に興味を持っているのがタムロン SP 45mm F1.8 Di VC USD。最短撮影距離0.29m、最大撮影倍率0.29倍とセミマクロ的に撮影できてそこそこ明るく、手ぶれ補正付きというスペック。F1.2とかF1.4とかにこだわらず実用性重視なら、最有力の1本ではないかと思う(触ったことないけど。笑)。
とはいえ、ワタシはキヤノン EF 50mm F1.0L USMシグマ 50mm F1.4 DG HSM Art を持っていて、これらすら使用頻度が少ないので、タムロン45mm を購入することはないだろう。



特集2「目指せ「流し撮り」一発必中!」

ワタシは流し撮りをすることがほとんどないけれど、これからやってみたい人には参考になるだろう。
ただ、後半の作例は納得できるが、前半(76-77ページ)の作例は、本特集の作例としてどうなの?という感じ。



「LUMIX G レンズ 開発者スペシャルインタビュー」

単独記事ではなく、今月スタートの連載のようで。今回は「ライカのDNAを受け継いだ高性能ルミックスレンズの魅力」。

パナソニックは ルミックス G レンズ、同 G X レンズ、そしてライカ DG レンズを製造しており、ライカ DG レンズに関しては設計・製造ともにパナソニックが行なうものの、設計案の時点からライカの厳しいチェックを受けるとのこと。

個人的にはライカ設計のものをパナソニックが作ってライカブランドで売るなら気にならないが、パナソニックが設計・製造するならパナソニック(ルミックス)ブランドで売ればいいのにと思ってしまうが、ライカブランドの方が売れるんだろうなぁ(笑)。
ちなみにワタシは交換レンズとしてライカレンズは1本も持っていないが、歴代使ってきたパナソニックのコンパクトデジカメは全部ライカブランド(爆)。ホンマにライカ基準のレンズなのかな〜(笑)。



「スポーツ撮影 ガチピン必勝のAFセッティング術」

タイトル通りスポーツ撮影でAFに悩んでいる人には参考になる記事かも。アフロスポーツの中西祐介氏(キヤノン EOS-1D X 使用)と松尾憲二郎氏(ニコン D4S 使用)が編集部のインタビューに答える形式で解説。
動体AFの特性、測距点モード、測距点使いこなし、親指AFという内容で具体的に解説。

バドミントンの写真も作例として掲載されているのだが、ダブルスの選手を1人だけ撮影しており、撮影意図がちょっと分からない(1人だけ撮っちゃダメなんてことはもちろんないけれど)。作例のために撮ったとしか思えない。その写真は「3D-トラッキングAF」で撮影されており、「ダントツに難しいのがバドミントン。動きが読み切れず追うことも困難なので、「3D-トラッキングAF」を活用。狙った被写体の動きに対応しながら測距点が変化する賢いAFだ。」と解説している。
ちなみにワタシはバドミントン撮影のときは「領域拡大上下左右」で右寄りの測距点で撮影することが多く、「自動選択」を使うことはない。シングルスをコートサイドで撮影するときは「自動選択」で上手くいくときも多いが、肝心なときに期待はずれの測距点でピントを合わされてしまったことが何度もあり、止めてしまった。

最後にAPS-Cミドルクラス一眼レフでスポーツ向け3モデルを紹介しているが、それはキヤノン EOS 7D Mark II、ニコン D7200、ペンタックス K-II。



「山岸伸 世界の光の中で 第66回」

今回のゲストの1人は自らの畑で野菜と写真を生み出す農業女子フォトグラファー/中島沙織さん。トウモロコシのヒゲや蜘蛛の巣を綺麗に表現していて面白い。

公式サイト:山岸伸 世界の光の中で Supported by JVC



中島さんのFacebookページ:中島沙織



「晩秋&初冬の「PL」「露出」「WB」テクニック」

ワタシ的にはスルー。



『CAPA』11月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


2台目7D2を買い取ってもらいました。





8月末のイベント撮影で故障したキヤノン EOS 7D Mark II。修理完了前にヨネックスオープンジャパン(YOJ)2015の撮影があったため、仕方なく購入した中古の2台目7D2。

修理品が戻ったあとは 5Ds もあることだし、7D2 は2台も不要。そもそも、購入時の目論見はマップカメラでの中古購入価格が149,800円。これを同店でのワンプライス買取り(113,300円)で売れば差額は36,500円、YOJでの撮影後は売るつもりだった。

YOJ終了後、売りに出すか別の機種に下取り交換するか悩みつつ、ほったらかしにしていたら、ワンプライス買取り価格が98,000円に!(悲)。1カ月あまりで15,300円も値段が下がるのにビックリしたのだけれど、これ以上長く持っていても値上がりすることはないだろうから、慌てて買い取ってもらうことに。

特に欠損品もないので、ワンプライス買取り価格どおりの98,000円。これに3%の買い取り優待券をつけたので+2,940円で合計100,940円ということになった。

今回、売るなら決断は早くすべきと勉強になった。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン EOS 5Ds + 24-70mm で庭ネコを撮影(駄作128)

またまた庭ネコ写真でゴザイマス。今回はカメラを キヤノン EOS 5Ds に変えてみた。






ISO100、f2.8、AE(1/800秒)

一番ワタシになついている白黒ブチ(♂)は身体を伸ばしてゴロゴロ。





ISO100、f2.8、AE(1/640秒)

キジトラ(♀)もずいぶんなついてくれるようになった。




クリックするとオリジナルサイズ画像を表示(8,688x5,792=50.3M px)

持ち上げても逃げ出そうとしなくなった(イヤそうな感じだけど。笑)。






オリジナルサイズの切り出しがコチラ。ちょっと鼻汁がでておりマス(笑)。







クリックするとオリジナルサイズ画像を表示(8,688x5,792=50.3M px)

白とサバトラのブチ(♂)はまだ少し警戒心があるけれど、ワタシの近くでくつろいでおりマス。






オリジナルサイズの切り出しがコチラ。舌のザラザラもしっかり描写。虫歯もありません(笑)。



ふだんバドミントンの撮影では ISO6400 のザラザラ画像で撮影しているので、ISO100 のシャープで滑らかな画像は目が洗われるようデス(笑)。





テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2015/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ