2015.11.30 ニコンミュージアムに行ってきました! ついでにキヤノンにも



今日(11月30日)から東京出張。東京駅で昼メシを食べた後、品川に戻って訪れたのが『ニコンミュージアム』。10月17日に開館したばかりで、訪れるのは今回が初めて。所在地は東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟。
開館時間は10時~18時(最終入館は17時30分まで)。休館日は日曜日および祝日、年末年始など。入場無料。
館内は撮影可能だが、一部撮影不可のところもある。

ニコンのサイト:Nikon | 企業情報 | ニコンミュージアム





入って正面に見えるのが巨大な合成石英ガラスインゴット。これは触ることができる。









入り口すぐ左にはお土産売り場。ニコンようかんトランプポストカード手ぬぐいなどが展示されていて、購入する場合は券売機で。SUICA決済も可能。何も買わなかったけれど。





ニコンと言えば、まずはカメラとレンズ。歴代のカメラが壁一面に展示されている。ほかに眼鏡用レンズや双眼鏡などの展示もあり。





ワタシ的に興味深かったのをいくつか。まずは Fisheye-Nikkor Auto 6mm f/2.8(1972年)。実物を見たのは初めてかも。正面から見るとカメラがすっぽり隠れる(笑)。全周220°を写し取ることができるレンズだが、足下や三脚も写るだろうし、撮影は難しかったのでは? でも空を撮る分には大丈夫か。





“リトルニコン” ニコンEM(1980年)。絞り優先AE専用機。別に珍しくも何ともないけれど、ワタシが中学生の頃、“スーパーニコン” ニコンF3と共に発表されたカメラで印象に残っている。これもジウジアーロデザインだったかな?
カメラ、ワインダー、交換レンズともにコンパクトでカワイイ。




ニコンFA ゴールド(1984年)。日本カメラグランプリ受賞記念モデル。ニコンFAはワタシが高校生のころの発売だが、世界初のマルチパターン測光がウリ。







Ai Zoom-Nikkor 1200-1700mm f/5.6-8P IF-ED(1990年)キヤノン New FD1200mm F5.6Lに対抗して作られたレンズ。解説文にはキヤノンへの対抗心がアリアリ(笑)。





ニコンF3 ウエムラスペシャル。1982年の南極探検のために作られたモデル。





ニコンF3 NASA Big/Small(1980年)。革シボなしのつるつるの表面がNASA仕様というカンジでカッチョイイ。





AF-Nikkor 80mm f/4.5(試作機/1971年)。1971年にすでにオートフォーカスの開発をしていたところがすごいが、このサイズで80mmというのもスゴイですなぁ(笑)。現在のAF一眼レフ用レンズとはずいぶん違いマス。





ニコノスRS(1992年)。世界初の水中AF一眼レフ。当時としては最強の水中カメラですな。





Ai Nikkor 400mm f/3.5 ED(1977年)。当時のニコンのフラッグシップ的超望遠レンズ。ヨンニッパよりも半絞り暗いことを差し引いても、今のAF超望遠に比べるとずいぶんスリムでコンパクト。





Reflex-Nikkor 1000mm f/6.3(1964年)。東京オリンピックで使用された超望遠レンズ。取っ手や鏡筒のデザインがクラシックですな。





ジウジアーロによる一眼レフのデザイン画





ステッパー。ニコンと言えばステッパー業界でも大手。実物を見るのは初めて。ボタンを押すと作動する。

他にも一般向けではない細胞観察装置とかの産業向け機械が展示されていた。

また、レンズの収差補正が体験できるコーナーや、ビデオ上映コーナーなどもあり、ニコンファンならずとも楽しめるミュージアムとなっている。
強いて言えば、現行商品を手に取るコーナーがないので、みすみす見込み客を逃しているのがもったいない。






せっかく品川に来たので、キヤノンプラザSにも行ってきました。ニコンミュージアムの入っているビルの対面(笑)。
目的は新製品の EF 35mm F1.4L II USM

キヤノンのサイト:EF35mm F1.4L II USM

シグマが35mm F1.4 DG Art という高性能レンズを発売して、各社厳しくなったと思ったけれど、キヤノンが満を持して発表したのがこのレンズ。目玉はBR(Blue Spectrum Refractiv Optics)レンズ。軸上色収差を高度に補正しているとのこと。
フィルター径72mmと最近のキヤノンのLレンズとしては小さめだが(笑)、そのためスリムな印象(φ80.4mm×105.5mm)。重量は約760gで特別重いというほどのものでもない。

触ってみると、ピントリングは重め。気持ち軽い方がいいように思ったが、幻滅するほどでもない。鏡筒の表面処理は梨地塗装になっていて、それなりに高級感はある。285,000円(税別)と言われなければ(笑)。
AFは爆速とは思えないが、遅いというほどでもない。
画質はカメラの液晶モニターで見るぶんには素晴らしい描写だが、あまり参考にはならない。でも、相当いい画質なのだろう。カタログをもらったが、周辺部画質やフレア・ゴーストのなさにも自信があるようだ。

とはいえ、価格を考えるととても買いたいとは思えず、画質優先(でコストパフォーマンスも考慮する)ならシグマ 35mm F1.4 DG Art、便利さ優先ならタムロンSP 35mm F/1.8 Di VC USD(Model F012)がある。
3本全部揃えるご仁もいらっしゃるだろうが、ワタシは3本とも買わないだろうなぁ(爆)。


スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他


KFC『ムーミン スープマグ』をゲット!





「にわとりの日(毎月28日)」の今日、KFC(ケンタッキーフライドチキン)でドライブスルー。
狙いは28日限定の「とりの日」パック(1,000円)と『ムーミン スープマグ』


『ムーミン スープマグ』は商品とのセットなので、4種類の中から『ムーミンスープマグつきサンドセット』(1,090円)をチョイス。さらにコールスローS(200円)を2個追加で2,490円。結構なお値段に。




スープマグは3種類+レアデザイン1種類の4種類があり、マグ4種類セット+オリジナルチキン4個+ポテトS2個の『コンプリートパック』が4,490円で、手っ取り早くマグを全品集めたい方にはうってつけ。ただし、ワタシがいつも行くお店では、すでにこのセットは売り切れ。





ちなみにワタシが手に入れたのは青と緑のストライプのタイプだが、まぁ、どれでもよかった。ムーミンがスキーを履いているのがポイントで、元スキー好きのワタシとしては購入せざるを得なかった(笑)。
もしスキーと関係なかったらこのセットは買わなかっただろうなぁ。
内側のニョロニョロがアクセント。

スープマグとして使えるのはもちろん、コーヒーカップとしてもいいし、お茶づけをスプーンで食べても楽しいかも。

なお、箱には注意書きがずらずらっと10項目ほど書かれていて、重要なポイントとしては、温める程度なら電子レンジで使用可能だが、オーブンの容器としては使用不可とのこと。


テーマ : その他
ジャンル : その他


『COURRiER JAPON』2016年01月号 「9割の日本人が知らない いまそこにある「危機」」





『COURRiER JAPON』2016年01月号
今月は本誌にとって創刊10周年という重要な号。ところが例のパリのテロで急遽特集を差し替えたとのこと(「編集長より」より)。特に同誌はフランス『クーリエ・アンテルナショナル』誌と提携関係にあることから他人事ではなかったとのこと。そのような思いで編集された本号を読んでみた。



緊急総力特集「9割の日本人が知らない いまそこにある「危機」」
「日本人の犠牲者はありませんでした」という言葉で終わるニュースでは、背景に秘められた「思惑」も、巻き込まれた人間の「思い」も見えてこない。いま私たちが知っておくべき、世界情勢に潜む7つの「危機」の本質。
とある。

1.テロの恐怖
   ・世界に渦巻く疑問「なぜパリが狙われたのか?」
   ・「国家建設」から「テロの輸出」へ ISの戦略の新しいステージ
   ・クーリエ・アンテルナショナルが見た世界8カ国「メディアの本音」
2.中国の脅威
   ・日本のメディアに流れる「中国崩壊」をめぐる7つの誤解
3.人工知能と人類
   ・名門大の研究者40人が引き抜かれる “強奪劇” はなぜ起きたか
4.宇宙戦争の時代
   ・ついに衛生破壊兵器も手中に…宇宙空間の覇者は中国になるのか
5.民主主義の危機
   ・たとえ政府が暴走したとしてもSNSやデモでは社会は変わらない
6.倫理観なき医学
   ・人類初の「頭部移植手術」を見届ける勇気はあるか
7.「人材」の変化
   ・ライバルが正解中にいる時代に生き残る日本人の条件とは

いちばん気になったのが「1.テロの恐怖」で「世界の枠組みが変わったいま、ISを滅ぼすことは不可能です」という政治学者/三浦瑠麗氏の記事。なんとなくそうなのかなぁと感じていたけれど、断言されてしまうと気分が沈んでしまう。
ここのところ、テロに関連して国際情勢がキナ臭くなるような報道がなされているけれど、今後、世界や日本はどうなっていくのだろう?



「世界が見たNIPPON」
・フランス人はなぜ「日本びいき」なのか
・香港人を魅了する “ハイブリッド和食”
・今年も「ノーベル賞」は日本人ばかり…
・子どもが「一人で通学」する日本の謎



「 “セレンディピティ” を科学する なぜあの人は「運がいい」のか?」
“セレンディピティ” とは「偶然に幸運をつかんだり、価値あるものを発見したりすること」とあるが、「「幸運な偶然」は誰にでも平等に訪れるとは限らない」かどうかについての「運」「確率」「法則」の真実について。
特に確率に関することに多くが割かれている。
面白いところでは、街で次々に現れる10人の女性の中から1人にだけ声をかけることができるとして、どうしたら効率よく自分のタイプの女性を見つけられるか? という問題も紹介。平均で2番目から3番目を選ぶことが出来る確率の高いメソッド(?)が紹介されている。20年ほど前に同じ問題を呼んだ記憶があるが(笑)。でも実戦したことはない(爆)。
ほかにも勘違いしやすい確率の例題がいくつか紹介されている。



「WORLD NEWS HEADLINE」。今月面白かった記事は・・・
・化石燃料と決別して・・・CO2排出ゼロ国家(コスタリカ)
・高級レストランがドタキャン対策を開始(アメリカ)
・エコライフがあだに? 「ゴミ不足」に悩む環境先進国の打開策(ドイツ)



最後に「編集部からのお知らせ」
なんと「2016年3月、同誌は紙の定期刊行物からデジタルを主軸とした新しいメディアに生まれ変わります。」とのこと。
速報性という意味ではネット配信のほうにメリットがあるのはよくわかる。紙に印刷して書店に配送するコストも要らないから、経営上のメリットも大きいだろう。ただ、いったいどういったサービス内容で料金がいくらになるかは今のところ明らかにされていない。サービス内容にもよるが、現状の1冊800円と同じ料金だとしたら、それはちょっと・・・。
ワタシ的には本誌にそれほど速報性を求めていないし、今まで通りじっくりと紙媒体で読みたいというのが本音だ。だが、この方針は確定事項のようなので、良心的な料金設定でよいサービスが提供されることを望みたい。



『COURRiER JAPON』2016年01月号はこんなところで。それにしても本誌は今後どうなるのかなー。





テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『フォトテクニック デジタル』2015年12月号




『フォトテクニック デジタル』2015年12月号



表紙&巻頭グラビア滝口ひかりサン(by野澤亘伸)。
全てライカM(Type 240)+ SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPH. で撮影されている。


「イルミな彼女」(by清水貴志)。
白いスタジオでクリスマスツリーに巻く電飾のようなものをいっぱい光らせたポートレート。女子ウケしそうですな。


「ヌード写真2015」
色々なカメラマンが色々なモデルを色々な撮り方で。
photo+text : 根本好伸/田口まき/小林修士/HASEO/高田一樹/塩原 洋/伊藤 彰 sharaku project (上野勇・野澤亘伸・吉田裕之・三輪憲亮・門嶋淳矢・小池伸一郎・松田忠雄)
model : 天使もえ/なぐる(ひらく)/吉岡愛花/鹿目しずか/YUE/立花はるみ/湊 莉/久/桂木ゆに/七菜乃/hana eri
フォギーなもの、1960〜70年テイストなもの、カラー/モノクロ、スタジオ/ロケなどいろいろなバリエーションのヌードが示されている。
ワタシ的には吉田裕之氏による立花はるみサンを撮影した写真が好み。「歌麿の浮世絵」がテーマだそうだが、着物に日本髪ながら現代テイストな仕上がり。
また、野澤亘伸氏が天使もえサンを撮影した写真群もさわやか系で好み。女性ウケもよさそうなテイスト。



「6人のアリス 最終回」
6カ月連載の最終回。タレントの広瀬アリスさんを毎回違うカメラマンが撮影するというもの。
今回は青山裕企氏がオリンパス OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 を使用して撮影。
過去の連載を知らないのでワタシなんぞはまとめて一度に見せて欲しいと思うのだが、同誌愛読者は毎月楽しみにしているのかな?
どうせなら12カ月連続企画にして季節ごとにいろいろなシチュエーションで1人のモデルを撮影し、12月号で各月の1枚を選んでカレンダーにすると面白いのではと思ったりもする。が、モデルが読者1人1人の好みに合わないと評価がばらつきそう。



「タムロン最新単焦点レンズに松田忠雄が挑む!① 45mmの威力 ~ SP 45mm F/1.8 Di VC USD ~」
P111のモデルをかなりアップ目に撮影した1枚は、目にがっちりピントが合っていながら、髪、唇がそこそこボケ、胸の膨らみは大きくボケている。が、そのボケ描写がワタシにはなかなか素晴らしく見える。松田氏自身は「ボケはやや硬めだが、素直。」と評している。
写真データには撮影距離も加えられており、約55cmとか約30cmのショットも。ポートレートでアップを撮りたいときはこれまでマクロレンズに交換せざるを得なかったが、本レンズではレンズ交換なしに0.29mまで寄れることも魅力。テーブルフォトでも活躍しそう。
手ブレ補正機構も内蔵されているので、ちょっと物欲がそそられてしまった。



「NEW PRODUCT REVIEW ソニーα7S II」
画素数を抑えて超高感度に強いカメラでISO409600まで撮影が可能(ISO128000以上が拡張感度)。
作例ではISO102400で撮影された夜景ポートレートが掲載されている。それなりにノイズが見られるが、この感度でと思うとちょっとビックリ。たぶん ISO6400とか12800ぐらいだとへでもないんでしょうなぁ。



『フォトテクニック デジタル』12月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『日本カメラ』2015年12月号





『日本カメラ』2015年12月号



特別付録『カメラ年鑑【ポケット版】2016』

B6版、48ページ。2015年発売のカメラ94台、レンズ94本、現行カメラを網羅している。
ほとんどがデジタルカメラだが、フィルムカメラやドローン、中判デジタルバックなども収録。段ボール製一眼レフ/MonoGo DANCAM(実売5,300円〜)とか、6x6、6x9、6x12のマルチフォーマット対応ブローニーフィルムカメラ/ロモグラフィー BELAIR X6-12 Trailblazer(35,794円)など、初めて目にするカメラもあって、意外に興味深い内容。
また、「2015年 カメラ業界10大トピックス」というページも今年のトピックを振り返れて、いい記事。



「ベストカメラ2015」

同誌でおなじみの写真家・ライター15名が選者となり、満足度の高いカメラを1位から5位まで選出、それぞれ5点から1点まで配点し、集計してランキング。レンズの場合は1位から3位までを選出、3点から1点まで配点。

で、結果は1位:ソニーα7 R IIオリンパス OM-D E-M1、3位:オリンパス OM-D E-M5 Mark II、4位:キヤノン EOS 5Dsシグマ dp0 Quattro
1位のソニーα7 R II 42メガの超高画素にもかかわらず高感度にも強く、バランスのいいカメラ。値段(実売42万円前後)を除けば(爆)。
一方のオリンパス OM-D E-M1 は2013年10月発売の製品。それが1位というのは大健闘だろう。実売12万円というのもそこそこ手軽で良い。
これらカメラが選ばれた理由は誌面をドーゾ。

レンズでは、1位:タムロン SP 45mm F1.8 Di VC USD(Model F013)、2位:オリンパス M.ズイコーデジタル ED 7-14mm F2.8 PRO、3位:キヤノン EF 11-24mm F4L USMオリンパス M.ズイコーデジタル ED 12-40mm F2.8 PROキヤノン EF 35mm F1.4L II USM
1位はタムロンの最新レンズ。明るさを抑えて手ぶれ補正、近接機能をつけたスペックがウケたか。画質もよさそうだし。2位と3位のキヤノンレンズはどちらもお高くて(税別45万円と同285,000円)一般庶民には手が届きづらいレンズ。2位のレンズもちょっと高い(同17万円)けど。

記事後半は赤城耕一、鹿野貴司、伊藤亮介、ミゾタユキ、落合憲弘、前田利昭の6名による座談会。
内容はカメラの重さに始まり、高画素化、交換レンズ、4Kフォト、ファインダー(OVF or EVF)、カメラデザイン、今後のカメラに期待すること、などなど。



「キヤノン EOS 5D 10周年 特別インタビュー EOS 5D シリーズがもたらした新たな世界」

そーいえばEOS 5D が発売されてから10年経つんですなぁ。ワタシは当時1Dsを使っていたのでアウトオブガンチューだったけれど(笑)。
5D2では、アメリカ オバマ大統領を撮影したカメラが1D系でなく5D2だったのが報道されて、ちょっと悔しかった記憶がある。
5D3はほとんどの機能が1DXと同じだったので、どちらを買おうかちょっと迷ったが、室内スポーツばかり撮るワタシとしては連写性能と高感度性能で1DXを取った。金額的にだいぶ差があったが、この選択は正解だったと思っている。その1DXもフリッカーレス機能付きの5Dsの購入で売却してしまったが。
記事では5D開発当時の話がおよそ半分、5D2の話が1/4、あとはその他という配分。
5Dの話では、フィルムカメラ「EOS 5」のデジタル版という位置づけで開発されたが、より高級感のある5Dには当時「5とは違う数字でもよいのでは」という意見もあったそうで。



一方で「銀塩Today 「ベッサよ さようなら」その16年の軌跡を惜しみつつ振り返る」

比較的低価格な距離計連動フィルムカメラという位置づけのベッサだが、とうとう生産終了だそうで。というか、まだ売ってたのね、という感じもあるのだけれど(失礼)。もうすでに完売状態のようだが、コシナも発表してからちょこっと増産すれば上手くハケたのではないのかな?(笑)。



『日本カメラ』12月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2015/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ