さらに、富士フイルム「X-T2 新製品体験イベント」にも行ってきました!




今日はキヤノン「FiveGraphy セミナー」で5D4に触るのが目的で名古屋に赴いたのだが、同時に富士フイルムが「X-T2 新製品体験イベント」を開催していたので、こちらにも行ってみた。
このカメラを買うつもりはないけれど、可動式液晶モニターが世界初のスタイルなので見てみたいのと、イベント自体がどんなものかに興味があったから。

富士フイルムのサイト:「X-T2」新製品体験イベント開催



会場はTKP名古屋栄カンファレンスセンターというところで、キヤノンの会場から歩いて10分弱のところ。
会場はセミナースペースとディスプレイエリアが分かれているけれど壁などの仕切りがないため、セミナー開催中のハンズオンはできず、完全に区分しているのが運営方法として興味深かった。講師が喋っている同じフロアでガヤガヤとハンズオンをされても迷惑だし、来場者にセミナーを聴講させるためにもいい方法だと思う。









ディスプレイとしては、X-T2で撮影された大伸ばし写真やカメラの分解パーツ、4K動画のセットなど。什器など、それなりにカネをかけている(笑)。とはいえ、モデルさんはいないけど(爆)。





ディスプレイの1つにはファインダー部分のパーツの巨大化したモデルがありちょっとビックリ。わざわざ大きなモデルを作る意味があるのか? マグロかダイオウイカぐらいの目でないとサイズが合わないかな?





会場中心にはトミカのプラレールのジオラマ。プラレールの動く新幹線を撮影させ、動体撮影も得意というX-T2の良さをアピールするのが狙いと見られる。



 

ところで、ハンズオンコーナーではX-T2カメラ10台弱のほか、一通りのレンズが揃っているようだったが、カメラはすべて貸し出され、みんなプラレールを撮影していた。そのため、なかなかカメラに触れることができず、イライラした。ただ、自分がカメラを手にしたときはスタッフの方がずっとつきっきりで操作方法などを教えてくれてありがたかった。

そんなワケで、ようやくX-T2のインプレ。
まず、3方向チルトモニターについて。これはなかなかイイ。上下方向のチルトは液晶モニターをそのまま引っ張れば動くが、横方向へ動かす場合はロックボタンを上にスライドさせてから動かすシステム。スタッフの人は「慣れないうちは使いづらい」と言っていたけれど、ワタシ的にはそんなふうには感じず、むしろ剛性もしっかりしていて好ましい感じ。X-T2の3方向チルトモニターは縦位置でも横位置でもレンズ光軸上で動かすことができるので、現状、ベストな方式のように感じられた。X-T2の方式では自撮りには対応しないが、このカメラでそういうことはしないよなぁ(笑)。似たようなものでペンタックスK-1の液晶モニターがあるが、こちらは構造が複雑すぎる。

シャッタースピード、ISO感度、露出補正はすべて軍艦部のダイヤルで。電源OFFでもカメラの設定が分かるし、フィルムカメラから使っているユーザーにとっては馴染みやすい操作方法だろう。またシャッタースピードダイヤルとISO感度ダイヤルはロックボタンがついているのもイイ。パーツの作りも良く、しっかりした作り込みがなされている。

有機EL電子ビューファインダーは表示タイムラグが0.005秒、通常60フレーム/秒、BOOSTモード時で約100フレーム/秒などと、ブラックアウトやカクカク表示などはかなり改善された感じ(とはいえ、光学ファインダーのほうがまだまだ上のような感じだが)。

あと、4K動画撮影時、アスペクト比で上下がトリミングされるのは仕方ないが、他社のカメラが全体に画面周辺部をトリミングしてしまうのに対し、X-T2はそれがない。つまり、レンズ本来の画角に近い状態で撮影できるというのはいいことだと思う。

縦位置パワーブースターグリップを使用すると「BOOST」モードで連写速度やAF速度、EVFフレームレート、ブラックアウト時間などが向上するというギミックも面白い(がスペックを確認するのがややこしい)。
動きモノを撮らない場合は本体のみで軽量に、本格的に動きモノを撮る場合はグリップ付きで使用するという使い分けはアリだろう。







一通りいじった後、野呂希一氏によるセミナー。
野呂氏は北海道在住の風景カメラマンで、北海道で撮影したものを中心に120点余りをスライドショー。
正直なところ、風景写真はあまり好きではないので、1時間見続けるというのは苦痛(笑)。30分ぐらいのところで席を立とうかと思ったけれど、我慢した。途中、ちょびちょび寝てしまったけれど。
氏の話で興味深かったのは、雑誌見開きの写真を撮影しに行くとき、ペンタックス645Dとフジ X-PRO2(だかなにか)で撮影したところ、雑誌編集者はフジで撮影した写真を採用、それ以来、重い645Dよりも軽いフジのカメラを愛用しているとのこと。風景カメラマンにとって機材の重量は重要な要素で、機材が軽ければ行動範囲が広がるのでフジのシステムは有り難いとのこと。
X-T2はチルトモニターなので腹這いにならなければならないローアングルも簡単に撮れていいと言う。

本当は別の時間に富士フイルム デジタルカメラ開発担当によるセミナーがあり、それを聴講するつもりだったのだけれど、スケジュールを日曜日のものと混同してしまい、ワタシが会場に到着したときには終了、聴講することができなかった(悲)。



と、こんな感じのイベントだった。
なお、イベント来場者にはX-T2を購入した場合、500円のオリジナルQUOカードがもらえるハガキが渡された。

ちなみにキヤノンのイベント会場では5D4をオンラインショップで購入した場合、ミニチュアカメラUSBメモリー付きセットが用意されていたり、3万円の割り引きが受けられるクーポン(のチラシ)が配られていた。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン「FiveGraphy セミナー」で5D4に触ってきました!



キヤノンの新製品 EOS 5D Mark IV のお披露目会「FiveGraphy セミナー」(名古屋)に行ってきた。
場所はキヤノンデジタルハウス名古屋のある名古屋インターシティビルの16階。2部屋に分かれていて、1つはセミナー会場、隣の部屋はハンズオンコーナーや大伸ばしされた作例パネル展示など。

キヤノンのサイト:FIVEGRAPHY [ファイブグラフィー] EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー



まずは12:10〜12:50の福田健太郎氏によるセミナー聴講。ほかに石橋睦美氏、田中達也氏のセミナーもあったが、いずれも風景写真家なのであまりキョーミなし。ちなみにセミナー会場は撮影禁止のため、写真はナシ。
福田健太郎氏のプレゼンはひたすら作例を見せて、ところどころで5D4の良さをコメントするというスタイル。5D4の機能・性能をまんべんなく紹介するようなものではなくて、ちょっと不満。写真はそれなりに綺麗だったけれど。とはいえ、最後に3つのポイントを紹介してまとめた。それは「高画質」「高感度画質」「使いやすさ」(だったかな? 違っていたらゴメンナサイ)。
なお、プレゼンテーションはパワーポイントで作られていると思うが、たぶん4:5の比率で作られているのが疑問。5D4の画質の良さを示すならやはり2:3の比率で作成すべきだろう。
あと、氏はプロジェクターに投影された画像にポインターを指して「このあたりの描写が細かいでしょう」なんて語っていたが、プロジェクターに3,000万画素の解像度はないから、3,000万画素でも1,000万画素でも差は出ないだろう(笑)。









セミナーが終わったところで隣の部屋へ。中はこんな感じ。
期待したよりショボかった。以前の発表会ではモデルを用意して撮影させてくれたり、撮影用の小物なども用意されていたりしたけれど、そんなのはナシ。



 

ハンズオンコーナーでは5D4が5台か6台。レンズも新製品の EF 16-35mm F2.8L III USM EF 24-105mm F4L IS II USM が用意されていた。

新レンズのことを先に言えば、どちらも作りはしっかりしていてイイ感じ。特に24-105のほうは高級感が増した感じ。フードはロック解除ボタン付き。16-35のほうはロック解除ボタン付きのコンパクトなフードに変更。I 型、II 型は馬鹿デカいくせに逆置きできないフードだったので、一番進化したのはフードかも(爆)。

メインの5D4について言えば、液晶モニターがタッチパネルになったところが目新しいけれど、それ以外はあまり代わり映えなし(笑)。まぁ、そこがイイところでもあるのだけれど。
(本当は4K動画に対応したり、カメラ内部でDLO処理できたり、DPRAWという新ファイル形式でイロイロできたりするのだけれど、ワタシの琴線にはかすらなかった。)
ワタシが所有する5Dsは連写が秒5コマなのでスポーツ撮影にはしんどいのだけれど、5D4の秒7コマはどうか?と試してみたが、似たり寄ったりの感じ。7D2の秒10コマとは大きな開きを感じてしまう。
そんなワケで、買わない理由が見つかってヨカッタ、ヨカッタ(爆)。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノンが EOS 5D Mark IV など新製品を一挙発表!




ネットでの噂通り、今日(8月25日)、キヤノンが新製品を一挙に発表した。





EOS 5D Mark IV(9月8日発売、税別直販価格:432,500円)
デジカメWatchの記事:
キヤノン、約3,040万画素になった定番フルサイズ機「EOS 5D Mark IV」

キヤノンのサイト:EOS 5D Mark IV概要





EF 16-35mm F2.8L III USM(10月下旬発売、税別直販価格:299,000円)
デジカメWatchの記事:キヤノン、超広角ズームレンズ「EF16-35mm F2.8 L III USM」
キヤノンのサイト:EF16-35mm F2.8L III USM概要





EF 24-105mm F4L IS II USM(10月下旬発売、税別直販価格:155,000円)
デジカメWatchの記事:キヤノン、フルサイズ対応標準ズーム「EF24-105mm F4 L IS II USM」
キヤノンのサイト:EF24-105mm F4L IS II USM概要





Wi-Fiアダプター W-E1(9月下旬発売、税別希望小売価格:5,000円)
デジカメWatchの記事:キヤノン、SDカード型のWi-Fiアダプター
キヤノンのサイト:Wi-Fiアダプター W-E1概要



さらにファームウェアアップデート情報も。
デジカメWatchの記事:キヤノン、「EOS-1D X Mark II」「EOS 5Ds/5Ds R」「EOS 7D Mark II」ファームウェア公開を予告



なお、8月27日から9月11日にかけて全国主要都市で開催される「FIVEGRAPHYスペシャルセミナー」で上記製品も展示される(今日になってサイト名が「EOS 5D Mark IV スペシャルサイト」に変更された)。
キヤノンのサイト:FIVEGRAPHY [ファイブグラフィー] EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー



また、5D4発売記念キャンペーンも開催。



キヤノンのサイト:POWER OF FIVEキャンペーン

※ 5D4 ボディに加え24-105/4L IS II を購入した人には3万円のキャッシュバックという特典を設けているが、これは同カメラと同レンズをキットで購入したいのに、5D4発売日に同レンズはまだ発売されていないことに対する処置だろう。



それぞれの新製品について見てみる。

EOS 5D Mark IV について。
全体的には5D4からの正常進化。3,000万画素で秒7コマ連写というのは1DX2と5Dsとの中間であり、棲み分けができている。動きモノでなければ十分満足できるカメラだろう。4K動画やWi-Fi標準対応というのも特長だ。
ただ、細かいところでは不満点もある。AFは1DX2と同じ61点高密度レクティルAF IIを採用しているにもかかわらず、測距点表示は1DX2のような赤色表示ではなく、従来どおりのAIサーボAF照明。見やすさは比べ物にならない。
EOS iTR AF での顔認識AF(「顔優先」)が1DX2に続いて可能になったことは朗報だが、それを可能とする15万画素RGB+IR測光センサーは7D2や5Dsにも搭載されているので、これらカメラにも顔認識AFをファームアップで搭載してほしい(5D4への不満ではアリマセン。笑)。
詳細なところまではチェックしていないが、とりあえず実機を触ってみたい。とはいえ、買わない(買えない)と思うが(笑)。

EF 16-35mm F2.8L III USMEF 24-105mm F4L IS II USM について。
どちらもリニューアルを望まれていたLレンズ。MTF特性図を見る限りでも、画質の向上は期待できそうだ。特に16-35mmでの広角端。24-105mmのほうは手ぶれ補正が約3段から約4段に向上している。

EF 16-35mm F2.8L II USM


EF 16-35mm F2.8L III USM


EF 24-105mm F4L IS USM


EF 24-105mm F4L IS II USM



とはいえ、ワタシは両方とも買わないだろう。
24-105mmはとりあえずこれ一本というスペックで、多くのユーザーに受け容れられるとは思うが、ワタシは明るい開放F値優先なので、F4レンズは選ばない。
16-35mmは画質はいいだろうが価格もご立派なので、ちょっと手が出ない。似たようなスペックではタムロンから SP 15-30mm f/2.8 Di VC USD が発売されており、画質の評判も上々。手ぶれ補正機構も内蔵しており、実売価格も税込105,440円(マップカメラ、8月25日)。こちらのレンズは出目金なのでフィルター不可、質量も1kg超えと大柄なので一長一短ではあるが、自分が選ぶならタムロンか。でも、どちらも選べないだろう(笑)。

Wi-Fiアダプター W-E1 について。
対応機種は EOS 7D Mark II、EOS 5Ds、EOS 5Ds R の3機種のみ。このアダプター自体にデータ記録機能がないので、メモリーカードスロットが1つしかない多くのアマチュアカメラに使用できないのは当然。ただ、現状 廃盤となっていない 5D3 にも対応するぐらいの度量はないものか?
また、このアダプターの発売日が9月下旬であるにも関わらず、5Ds/5DsR の対応ファームウェアアップデートは11月なのは冗談か?(7D2は9月上旬)。
それはともかく、これら3機種のいずれかを使用していてWi-Fiを使用したいという向きには便利なアクセサリーだろう。ワタシも撮影現場で一部の画像をピックアップする用途があるので使ってみたい。

そんなワケでリアルに購入意欲があるのは5,000円のWi-Fiアダプターだけ(笑)。

ま、とりあえず FIVEGRAPHYスペシャルセミナーには行ってみるつもり。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


『CAPA』2016年09月号




『CAPA』2016年09月号
今月号から『CAPA』はdマガジンで読むことに。なんと『D500スーパーブック』のオマケつき! トータル260ページ。


表紙&裏表紙のモデルは岡田結実さん。
父はお笑いタレントの岡田圭右(ますだおかだ)だそうで。
ワタシ的には特にキョーミなし(失礼!)。


巻頭特集「「仕上がりモード」フル攻略!」
32ページの大特集。デジタルカメラの色・トーンなどを調整するテクニックを紹介。メーカーごとにノウハウを紹介しているので、厳密にコントロールしたい向きはご参考に。
ワタシはほぼ Adobe Camera Raw で補正するので、トーン調整をいじることは滅多にない。ただ、色温度とホワイトバランスはそれなりに撮影現場で微調整するが。


特集2「ドラマチック「ヒコーキ写真」撮影術」
ワタシ的にはスルーな被写体ながら、作例はなかなかの作品揃い。


特集3「プリントスキルアップQ&A」
作品プリントを作るためのノウハウをQ&A方式で解説。プリンター編、用紙編、プリント実践編、プリントしてから編に分かれている。


特別企画「この秋以降登場!? 新型カメラはこうなる大予想」
月カメ同様の企画。担当は増田賢一と伊達淳一の2氏が各社の新型カメラを予想。突拍子もない予想がないのでツマラナイが(笑)、ネットでほとんど情報が流れているにもかかわらずあえてスペックを外して答えているフシが感じられる部分がある。


『CAPA』9月号はこんなところで。

今回、dマガジンで読んでのコメントだが、紙媒体向けのデータを iPad mini で読んでいるので、紙媒体で気軽にパラパラめくったり、じっくり読み込んだりという感覚とはかなり違和感がある。
ページサイズ自体は小さくなってちょっと見づらいものの、細かい文字で組まれた文章は逆にズームできて読みやすくなったりするので、一長一短の部分もある。





テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


サッポロプラス トクうまキャンペーンにまたまた当選しました! しかもダブルで!!



サッポロプラス「トクうま名物当たる!」キャンペーンにまたまた当選しました! しかもダブルで!!

サッポロビールのサイト:サッポロプラス「トクうま名物当たる!」キャンペーン





ひと月ほど前に当選した賞品が一昨日届いたばかりだが、ここのところ番号入力が面倒でシールをためっぱなしだったのだが、シールを片付けたくて久しぶりに入力、応募したら、いきなり当選!
当選したのは6ポイントコースの「松阪名物 松阪牛 カレー6種セット」





まだポイントが余っていたので、どんどん抽選を繰り返したところ、今度は1ポイントコースの「熊本名物 山水亭 とんこつラーメン4食入り」が当選! まさか1日に2回も当選するとは思いもよらなかった。





ちなみに登録完了時に賞品発送予定も示されていた。いずれも「9月下旬を予定」。1カ月余り、のんびり待つといたしましょう。



テーマ : その他
ジャンル : その他


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2016/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ