ヨネックスオープンジャパン2016 撮影後記






ヨネックスオープンジャパン(YOJ)2016を今年も撮影。

今年は台風16号の影響を受けて6日のうち晴れの日が1日、曇りの日が2日、残り3日は雨。どういう意図か、昨年まで東京体育館内に設置された販売ブースが屋外に設置され、購買客は傘を差しながら待つハメに。また、豪雨になって一時販売中止にもなったようだ。けっこうYOJは雨にたたられる(笑)。

さて、ワタシのオシゴトは、昨年同様 Facebookの写真付き速報記事がメイン。
日本人選手の試合を中心に1日6〜7件ぐらいの記事でいいということだったが、試合数の少ない予選のときは少なめながら、なるべくたくさんの記事を書こうと1回戦では17件も書いてしまった。
正直なところ、記事文についてはあまり深いことを書けるレベルにはないので、スコアと世界ランクなどの情報を書くレベル。
ただ、写真をセレクトして記事を書いている間は撮影をすることができないのがツライ。日本人選手はなるべく撮影するよう努力したが、何組かはとりこぼしがあった。

また、記事文面に問題がある旨の指摘があり、少し凹むこともあった。
大会後半は選手の世界ランクやプロフィール、YOJでの優勝経験などの情報は前日のうちに調べて記事の下書きにしておき、試合終了後に多少修正して書き上げるという手法にした。それなりに時間はかかるが、事前にできることは何でもしたい貧乏性のワタシとしては、いい方法だと思った。

貧乏性ということでは、とにかく会場に入れるようになる時間には会場入りするようにした。場所取りもできるし、精神的に余裕もできる。試合開始が12時だとしても8時45分には会場到着していた。

今回、注目を浴びた試合はリオ五輪で金メダルを取ったタカマツペア、銅メダルの奥原希望選手、そのライバル山口茜選手。これら選手の試合はスチルカメラマンはもちろん、TVカメラも目一杯コートサイドに並ぶので、場所取りが大変。コートサイドで場所取りをすることはできるけれど、移動が難しいので1回戦・2回戦は3階席から望遠レンズで撮影することに。3階席は空いているので快適に撮影できた。ただ、撮影倍率が低くなってしまうので、用途が限られてしまうし、ピンボケや手ブレのリスクも高い。

場所取りに関しては、基本、コートサイドのネットに一番近い場所がベストポジション。メインの第1コートではTVカメラが場所を取っているが、その次が日本バドミントン協会のスペース。で、その横は早いもの順。ネットから離れるに従って選手の顔が横顔になっていく。優勝が決まる瞬間に選手が観客席を向くときなど、ネットから離れた位置のほうがいい場合もあるが、やはり基本はネットに一番近い場所。
ワタシ自身はあちこち動き回って撮影しなければならないので、一応場所取りはするものの、使用しない時間多し。ただ、準々決勝ではタカマツペアの撮影をしようと試合途中で戻ってきたら、両横のカメラマンがしっかり座り込んでいて自分が入るスペースがない! 「入れてください」と言える雰囲気でもなく、少し後ろから撮影するハメに。

準決勝・決勝では知り合いのカメラマンと並んで撮影するかたちとなり、ワタシがいないときは知り合いに席を譲る取り決めに。ワタシが戻ったらタイミングを見計らって席を空けてくれた。やはりカメラマン同士のコミュニケーションは大切ですな。

試合時間に関しては、今回は1回戦が終電にまでもつれ込むこともなく、また、宿泊先が新宿だったこともあり、割り合い疲れが少ない大会だった。また今回は準決勝・決勝の前のイベントの写真はワタシが記事を書かなくてもいいことになったので、作業量が減ったのも有り難かった。おかげで早くホテルに帰ることができた(笑)。

あと、すごく恥ずかしい体験ながら優越感に浸れる体験もしたのだが、それは諸般の事情で記述は控えておく。


ちなみに撮影に用意した機材は次の通り。

・キヤノン EOS 5Ds
・キヤノン EOS 7D Mark II
・シグマ フィッシュアイ 15mm EX(不使用)
・キヤノン EF 16-35mm F4L IS USM(不使用)
・キヤノン EF 24-70mm F2.8L II USM
・キヤノン EF 70-200mm F2.8L IS II USM
・キヤノン エクステンダー1.4X III(不使用)
・シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
・シグマ APO テレコンバーター 1.4X EX DG
・シグマ APO テレコンバーター 2X EX DG(不使用)
・ニッシンデジタル Di700 ストロボ
・キヤノン コンパクトバッテリーパック

結局、アリーナでは5Ds+24-70mm もしくは 70-200mm、3階席では7D2+120-300mm+1.4Xテレコンという組み合わせがほとんどだった。
5DsはAFや連写性能に多いに不満があるものの、超高画質なところは魅力的で外せない。
7D2オンリーで撮影するなら、シグマ18-35mm F1.8 や同 50-100mm F1.8 という選択もあるが、運搬という点で撮影機材が制限されるとき、これらレンズをアイテムに加えるのは厳しい。また、いずれもキヤノンとズーム方向が逆なのもマイナスポイント。そんなワケで、今回APS-C用レンズの使用は控えた。


こんなところがYOJ2016の撮影後記。決勝翌日の26日も午前中はホテルの部屋で後作業。26日の午後と27日は美術館・ギャラリー巡りをして三重に帰った次第。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


『カメラマン』2016年10月号





『カメラマン』2016年10月号



表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは永野芽郁さん。
見覚えはあるものの、印象が薄い女優さん(失礼!)。カルピスウォーターのCMが有名なようデス。



「New Product Review キヤノン EOS 5D Mark IV」
豊田慶之氏がレポート。
各種性能のアップには評価しているものの、シャッター15万回は旧モデルと変わらず、また価格が7万円以上アップしていることに疑問を呈している。
5D発売当初は手の届くフルサイズデジタル一眼というイメージだったが、そのポジションは6Dに譲り、現在は1D系のサブカメラ的な位置づけになっていますからなぁ。



「最新APS-C機 ネチッと多方面対決!」
実写比較されているカメラは・・・
・キヤノン EOS 80D
・ニコン D500
・ソニーα6300
・リコー PENTAX K-70
・富士フイルム X-T2
・シグマ sd Quattro

14項目で実写比較がされているが、結論としては1位がキヤノン EOS 80D、2位はソニーα6300、3位はリコー PENTAX K-70という順位。
本誌の読者はすでに1台や2台(あるいはそれ以上)カメラを所有しているだろうから、このテスト結果で左右されることは少ないと思うが、一応、ご参考に。
それにしても、絶対解像感テストでNo.1だったシグマ sd Quattro が、AF・ISO12800テストでは1機だけISO6400でしかもほぼモノクロ画像だったのにはビックリ! やはりシグマは高感度に弱いのですなぁ。
ま、シグマユーザーはそれを理解して購入しているのだからいいのだろう。


「写真撮影 二択道場」
写真撮影の色々なシーンでどのような方法を選択するか、という企画。ワタシ的にはスルー。



「どっちのレンズショー」。今回はニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED とライバルレンズ。
ライバルレンズは・・・
・ニコン AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
・ニコン Ai AF DC-Nikkor 105mm f/2D
・シグマ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM

結論はトップがニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED。価格も立派だが性能も立派。
他レンズが10万円超ぐらいの価格とのところ、その2倍以上の価格ながら、開放F値が1.4というスペックは一部のユーザーにとっては魅力的だろう。
ま、ワタシはニコンユーザーではないので、財布が傷まずほっとしている(爆)。



『カメラマン』10月号はこんなところで。





テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


『フォトテクニック デジタル』2016年10月号






『フォトテクニック デジタル』2016年10月号


表紙&巻頭グラビアは9頭身でおなじみ(?)の朝比奈彩サン(by 吉田裕之 + ソニーα7R II)。
P12の水着全身写真で9頭身にナットク。
ワタシ的にはP8のローアングル写真も好き。
インタビューでは小3から高3まで陸上部だったとのこと。注目浴びてたんでしょうなぁ。
ちょっと外れるけど、暗い緑色のビキニのキャプションが「カーキ(色)」となっていて、最近ファッション誌等でも同様の表現があるけれど、本来「カーキ」は「土埃」であり、ベージュのような薄い茶色。本誌で紹介されているビキニのカラーは「オリーブグリーン(またはオリーブドラブ)」が正解ではないだろうか?

P65ではツァイス Bateis & Loxia レンズ6本で撮影した作例も紹介。実勢10万円以下のレンズはLoxia 1/50(9万円超)のみで残り5本は全部10〜20万円。お金のある方はどうぞご購入クダサイ(笑)。

公式ブログ:朝比奈彩オフィシャルブログ



巻頭グラビアは他に 金城茉奈(by 関純一 + キヤノン EOS 5D Mark III)。



「2016年秋 注目の新製品を徹底実写レビュー」
・キヤノン EOS 5D Mark IV
・キヤノン EOS M5
・ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4 E ED
・実写が叶わなかった注目の4製品を一挙に紹介!

キヤノン EOS 5D Mark IVはポートレートで根本好伸氏が、夜間撮影で川北茂貴氏が作例&コメント。
ISO102400の作例はさすがに雑誌誌面ではキツイと思うが、新聞紙面やWEB程度ならOKかも。
新機能のデュアルピクセルRAWの作例もあるが、イマイチその差が分からない。キヤノンのサイトでもあまり詳しく紹介されていないので、その良さが分からない。
Mk3からの正常進化を遂げているMk4だが、実勢46万円超の価格は・・・。

キヤノン EOS M5。デザインはワタシ好みではあるものの、EF-Mレンズの直線的なデザインとはちょっと合わない気もする。EVFを搭載し、AFや高感度での性能がアップしたようだけれど、サイズが大きくなった感じで、誌上の評価はどうなのか?

ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4 E ED は58mm f/1.4Gに続く「三次元的ハイファイ」思想で設計されたレンズ。
ワタシはキヤノンユーザーなのでこのレンズを購入することはないけれど、注目のスペックを持つレンズ。
本誌では105mm f/2.8 マクロとの比較写真も掲載。
実勢価格は23万円超なだけに、105mmマクロでも十分な気がするが、ま、お金のある方はどうぞご購入クダサイ(笑)。

実写が叶わなかった注目の4製品とは・・・
富士フイルム X-A3
富士フイルム XF23mm F2R WR
タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 (Model A022)
コシナ フォクトレンダー NOKTON 58mm F1.4 SL II S
買わないけど注目なのがタムロン 150-600mm G2。光学系も変わったようなので、現行品およびライバルレンズとの比較記事が待たれる。



「六畳一間で撮るコスプレ・ポートレート」
六畳一間の狭小スペースでもポートレートが撮れるという白鳥学氏の企画。
蛍光灯ライトやバックの布/シートなどを使用して面白い作例を紹介している。ブラックライトと蛍光色の毛糸を使用した作例もなかなか面白い。



「常磐響 x 小島藤子 with オリンパス PEN-F」
前月にどこかの雑誌で小島藤子さんをオリンパス PEN-Fで撮影した似たような雰囲気の作例を観ており、二番煎じな印象を受けた。
また、「女優・小島藤子が女優・石橋杏奈を撮る。」では仲良しの2人で撮影。写真はそんなに面白くないけれど(失礼!)、石橋杏奈さんも美人ですねぇ。



『フォトテクニック デジタル』10月号はこんなところで。






テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


キヤノン EOS 5Ds + シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM で家ネコを撮影(駄作133)

キヤノン EOS 5Ds + シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM で家ネコを撮影。
いずれもあえてノートリミング(露出はソフトで調整)。




ISO3200、f1.8、絞り優先AE(1/200秒)(35mm)

レンズがAPS-C用なので、周辺が見事に落ちてマス。




ISO3200、f1.8、絞り優先AE(1/400秒)(35mm)

こちらは同じ焦点距離なのに周辺部まで明るい。ナゼ?




ISO3200、f1.8、絞り優先AE(1/1000秒)(35mm)

こちらも同様。




ISO3200、f1.8、絞り優先AE(1/500秒)(35mm)

これまた同様。撮影距離で周辺のケラレ具合が変わるのかな?




ISO3200、f1.8、絞り優先AE(1/500秒)(35mm)

これまた同様。



ISO3200、f1.8、絞り優先AE(1/200秒)(18mm)

18mmで撮影。こちらは見事にケラレてマス。



キヤノン EOS 5Ds + シグマ 50-100mm F1.8 DC HSM で家ネコを撮影(駄作132)

キヤノン EOS 5Ds + シグマ 50-100mm F1.8 DC HSM で家ネコを撮影。
いずれもノートリミング(露出はソフトで調整)。



ISO3200、f1.8、AE(1/250秒)(59mm)


ISO3200、f1.8、AE(1/400秒)(52mm)


ISO3200、f1.8、AE(1/1000秒)(100mm)


ISO3200、f1.8、AE(1/200秒)(100mm)

広角側で撮影している1枚目と2枚目は周辺が完全にケラレている。
3枚目は自然な描写ながら、4枚目は糸巻き型歪曲収差が目立つ。どちらも100mmで撮影しているけれど。






プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ