FC2ブログ

キヤノンが新製品を発表! とりわけ EF 85mm F1.4L IS USM について






8月29日、ウワササイトの予想通り、キヤノンがいくつもの新製品を発表した。新製品は・・・
・EOS M100(オープン価格、直販価格:税別5万3,500円)
・EF 85mm F1.4L IS USM(税別希望小売価格:20万円)
・TS-E 50mm F2.8L Macro(税別希望小売価格:31万5,000円)
・TS-E 90mm F2.8L Macro(税別希望小売価格:31万5,000円)
・TS-E 135mm F4L Macro(税別希望小売価格:31万5,000円)
・マクロツインライトMT-26EX-RT(税別希望小売価格:12万9,800円)
・コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300(オープン価格、直販価格:税別1万3,800円)

ワタシ的には EOS M100 もマクロツインライトもコンパクトフォトプリンターも興味ナシ。

TS-Eレンズについては、TS-E17mm F4L、TS-E24mm F3.5L II(ともに2009年発売)に続いてラインナップが刷新されたというところだが、アオリレンズはアマチュアが使うレンズではないので、0.5倍マクロにして高級Lレンズ化したのは妥当なところだろう。それにしても、30万円超の価格設定でアマチュアには手を出せないレンズになってしまいましたなぁ(笑)。
それと、フジGFX50Sユーザーにとってもマウントアダプターで対応できるだろうから、朗報だろう。フジとしても、販売量の見込めないアオリレンズを開発することなくラインナップを広げられるのだから、グーなハナシ。





今回、一番注目したいのが、EF 85mm F1.4L IS USM

キヤノンのサイト:85mm F1.4L IS USM 特長紹介


同クラスの大口径レンズで初の手ブレ補正機構内蔵というのがポイント。価格も20万円と、純正Lレンズとしてはリーズナブルに思える。ちなみに EF 85mm F1.2L II USM は希望小売価格 23万5,000円、シグマ 85mm F1.4 DG HSM は同 16万円、タムロン 85mm F1.8 VCは 11万円。
85/1.4L IS はフィルター径77mm、質量950gと、スペックの割にはコンパクトに収まっている。

画質的にはMTF特性図から想像するに、シグマ85/1.4とキヤノン85/1.2Lとの中間ぐらいだと思われるが、実用上は全く問題なく、しかも手ブレ補正が効くので低照度下でも安心して使えるだろう。

あと、レンズ先端にダンパー構造が採用されているとのこと。要するにレンズが何かにぶつかったときにショックを吸収する構造なのだが、この構造を採用しているのは、今のところほかに EF24-70mm F4L IS USM、EF11-24mm F4L USM、EF35mm F1.4L II USM、EF24-105mm F4L IS II USM の4本のみだそーで。

キヤノンユーザーの中でも85mmフリークにとっては、買うべき1本かとは思うが、純正至上主義者ではないユーザーにとってはサードパーティレンズも含めて悩みどころ(笑)。85/1.2Lに比べて圧倒的に使いやすいのは間違いないだろうが、価格的には85/1.8だろうし、手ブレ補正内蔵ならタムロンもある。
とはいえ、資金力があって総合力を求めるなら本製品ということになるかも。

ちなみに、ワタシ的には現状、本製品を購入するつもりは全くない。シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM を所有しているし、過去 EF 85mm F1.2L USM を所有していたが、これまでのところ、正直なところあまり出番がないからだ。


スポンサーサイト




2017.08.20『Aqua Fitness Expo Japan 2017』撮影後記















8月20日は東京・渋谷のティップ.クロス TOKYO 渋谷のプールでアクアエクササイズ・イベント『Aqua Fitness Expo Japan 2017』(主催:Team Agua)の撮影のオシゴト。
主催者が私の以前の仕事のときの知り合いで、今回のイベントを初開催するにあたり、わざわざ三重のワタシに連絡をしてくださったので、仕事を受けた次第。
現在、撮影の仕事はバドミントンがほぼ100%になっていて、アクアエクササイズの撮影は10年ぶりぐらい。



日程

8月19日
・東京入り。渋谷泊。
・22時より22時半までイベント機材等の搬入。その時間に合わせて会場下見。
8月20日
・7時半よりスタッフ入館。準備後、撮影開始。
・8時半より開場。
・9時半より18時45分まで12プログラムのアクアエクササイズを撮影。
・会場撤収後、近くの店でプレゼンター、スタッフ、協賛企業の打ち上げ。

ちなみに、予定では3名の海外プレゼンターを招聘することになっていたが、スペインのプレゼンター2人の飛行機が4時間の遅延となり、イスタンブールでの乗り替えに間に合わなくなり、イベントに間に合わないことに(結局イスタンブールからスペインに戻ったとのこと)。主催者は大慌てとなり、急遽代役を立てることに。こうなるとチケット返金とかの問題が起きそうだが、トラブルにはならなかったようだ。実際はたまたま残りの1人のプレゼンターの奥さんもプレゼンターで日本に来ていたので代役を依頼。なかなかの美人でエキサイティングなプログラムで会場を沸かせていた。

もう一つトラブルが。最後のプログラムで使う音楽をプレゼンターは iPhone 7 に入れていて、それをデッキに繋げる予定だったが、iPhone 7 はイヤホン端子がないため、専用アダプターが必要。なのにプレゼンターはそれを忘れて大慌て。周りのスタッフにそんなアダプターを持っているものはおらず、結局近くのアップルストアにスタッフが走って購入し、無事スタートできた。



撮影機材

久しぶりのアクアエクササイズの撮影で、どのような機材を使用するか悩んだので、とりあえず魚眼レンズ、16mmから300mmをカバーするレンズとカメラ2台、ストロボ1台を用意。
実際は16-35mm F4L IS USM をEOS 5D Mark IV に装着、70-200mm F2.8L IS II USM をEOS 7D Mark II に装着し、この2台のみで撮影。
16-35mmは撮影ポジションによってはプール全体を撮影することができるのでいい選択だった。
一方、70-200mmと7D2との組み合わせでは広角端が足りず(望遠過ぎて)ストレスが溜まった。カメラがAPS-Cでなくフルサイズだったらちょうど良い焦点距離だったように思う。



撮影内容

イベント会場風景を撮影した後は、アクアエクササイズ・プログラムの撮影。
プールは蒸し暑いので汗ダラダラ状態で撮影。

面倒なのがレンズの曇り。プールに入れると湿度ですぐに曇ってしまう。15分ほどでクリアーになるが。ただ、プール外に持ち出してまたプールに戻ると同じことの繰り返しになるので、撮影機材はプールの脇の水のかからないところに置いて、メモリーカードだけ抜いてプール外でPC作業。

ほとんどのプログラムが30分で休憩時間が15分。休憩時間に終わったプログラムの写真を数点セレクトして主催者にメールで送信。実際は15分の休憩時間ではセレクトが間に合わず、次のプログラムの最中にセレクトしなければならないことが多く、プログラムが進むとだんだん遅れてしまうことに。
最後のプログラムが終わった時点で2プログラム分の遅延だったが、なんとか撤去時間前には送信できて一段落。
プールのすぐ隣にPC作業スペースを用意してもらったものの、正直なところこの作業はしんどかった。
プログラムの盛り上がりのピークは大体後半になるのは過去の経験で分かっているが、プログラムによっては中盤がピークで後半はクールダウンというケースもあるので、あまり撮影を外したくなかった。なのでPC作業時間があまり取れず、ピリピリした。

また、プールには自然光が入るので、これも撮影を面倒にした。順光状態で撮影することもあれば逆光状態で撮影することもあり、時刻によって自然光の状態も変わるのでイライラした。特に逆光の画像はPCで補正しないと使えないものばかり。ストロボを使うという手もあるが、撮影枚数が多いので参加者の迷惑にもなるので使用は控えた。

面白かったのは、最初よそよそしかった外国人プレゼンター2人がFacebookにアップロードした写真を見て気に入ってくれたようで、親しく話しかけてくれるようになったこと。だいたいこのテのイベントではスタッフが片手間に撮ることが多いので、いたく感激されて嬉しかった。

ちなみに撮影枚数は、5D4が3,199枚、7D2が4,206枚、G7X2が83枚で合計7,488枚。



機材トラブル

1つ目は70-200mmのピント不良。マイクロアジャストメントをしていたのだが、撮った画像は微妙にピンボケ。とりあえず慌ててマイクロアジャストメントを解除して撮影したらそれなりに良くなったので、最後までそのまま撮影。なんとかしのいだ。
2つ目はストロボの故障。アクアエクササイズの撮影では使用しなかったが、打ち上げで使用するつもりだったが、いざスイッチを押してみても何の反応もない。いろいろ試しても作動しないので、打ち上げは PowerShot G7X Mark II で撮影せざるを得なくなった。まぁ、場の雰囲気を壊さないのでそんなに悪くはなかったのだが、暗い店だったのでAFが曖昧になるときが多かった。また、ストロボでの連写ができないので、変ちくりんなタイミングでシャッターが落ちることが多かった。



打ち上げ

打ち上げは40人弱が参加。多くは日本人だが、プレゼンター2人がポルトガル人で、他に韓国人グループ、台湾人ペアもいた。ワタシ自身はほとんど誰とも面識がなかったので、台湾人ペアと日本人2人のテーブルに混ぜてもらった。台湾人2人は英語が話せるのだが、日本人2人は英語が堪能ではなく、LINEで翻訳結果をやり取りしながら話しているのが面白かった。
ワタシはほかの日本人2人より少し英語ができるので、直接英語でやり取りしたが、お互い発音がクリアでないので聞き取れないことが多かった。
ぎこちないやり取りで当たり触りのない話をしていたが、ふと3人の腕を見ると、みんなアップルウォッチをしていてビックリ! 特に男性の方はワタシと全く同じモデルだったので笑ってしまった。「いくらで買った?」と訊ねられたので「4万円ぐらいだよ」と答えたら、「台湾なら16,000円ぐらいで買えるよ!」と言われ、ビックリした。本当にそうなら、差額で商売できそうだが(笑)。
そんなこんなで、久しぶりに英語で長時間話す機会を得た。また勉強するかな?



何だかんだあったものの、とりあえず当日の仕事は乗り切った。あとは1週間以内に改めて画像をセレクトし直して、高解像度画像を納品して終了。
今日は東京の美術展巡りをしたあと、ゆっくり帰る予定。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ