FC2ブログ

ソニー貧乏、進行中!(爆) FE 70-200mm F2.8 GM OSS と 1.4xテレコンも購入



またまた、ソニーα7R III 用レンズを購入。FE 70-200mm F2.8 GM OSS1.4x テレコンバーター

キヤノン用レンズが揃っているのに、同じスペックのレンズを購入しなければならないのは腹立たしいが、購入したマウントアダプターではAFがアテにできないので仕方ない。むしろMFにしてフォーカスピーキング表示をすると結構ガチピンで撮影できるのだが、スポーツの現場でMFがどの程度対応できるかアテにならないので、純正レンズを購入することにした。

ホンネを言えば、FE 70-200mm F2.8 GM OSS でなくても、シグマやタムロンが安いレンズを発売していてくれたらそちらを買っていただろうし、ソニーのAマウントレンズ、70-200mm F2.8 G SSM II も中古なら20万円以下で購入できる。ただ、マウントアダプター LA-EA3 経由でα7R III に装着しても、AFはドライブモードによって一部制限されてしまう。
それなら最新のFEマウント専用をということで、マップカメラの中古・並品をポチリ(258,000円)。ついでに1.4xテレコンバーターも購入。こちらは新品で55,530円。2つ併せて30万円超!・・・泣ける。

α7R III はAPS-Cモードでも1800万画素で撮影できる。このとき105-300mm F2.8(テレコン付きなら147-420mm F4) 相当で撮影できるので、シグマ120-300mm(テレコン付きで168-420mm F4)の代用もできるというもくろみ。




さて、早速届いた品を開けてみる。驚いたのは 70-200mm が並品の割に非常に綺麗だったこと! 元箱やケースは付属していなかったものの、レンズ本体は新品かと思うほど。よく見ると三脚座をはずすツマミ部分の塗装が少し剥がれていたが、撮影には全く問題ない。








まず、他社より一番カネがかかっていそうなところが三脚座。超望遠レンズによくあるレボルビング機構になっていて、三脚座が不要な場合はその部分だけを外す仕組み。かなりしっかり作ってあり、ガタツキはない。




もう一つがフード。フードをつけたままPLフィルターを回転できるように窓が開くようになっている。ワタシにとっては全く不要な作り込みではあるが、人によっては有り難いギミック。
また、ロックボタンがあるので、不用意にフードが回ったり外れたりすることがない。




フォーカスホールドボタンは鏡筒の3か所に配置。縦位置でも横位置でも違和感なく使用できる。




スイッチ類はキヤノンと同じく4つ。「AF/MF」「FULL/∞-3m(フォーカスリミッター)」「(手ブレ補正機構の)ON/OFF」「(手ブレ補正機構のモード)1/2」。




一応、キヤノン EF 70-200mm F2.8L IS II USM と比べてみると、サイズにほとんど違いはない。三脚座だけ大きめ。
キヤノンは最短撮影距離1.2m、最大撮影倍率0.21倍なのに対し、ソニーは0.96m、0.25倍。倍率の高さよりも、ギリギリの近距離でピントが合うというのは有り難いケースもあるだろう。

また、購入するまで全く気にしなかったが(笑)、ソニーのほうはスーパーEDレンズ2枚、EDレンズ4枚のほかに超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズ1枚、非球面レンズ2枚を使った贅沢構成。高価なはずでゴザイマス(笑)。






もう一つの1.4x テレコンバーター
新品なので、元箱、ケース、保証書、取説類が付属。




ビックリしたのは思ったよりコンパクトなこと。キヤノン エクステンダー EF 1.4x III と比較するとこんな感じ。




実際に70-200mmとカメラの間に装着しても、1.5cmほど伸びるだけで装着しているんだかしていないんだか分からない(笑)。これで5万円超なのだから、体積あたりの価格はかなりのもの(爆)。



こんなところが今回のお買い物。
本格的にソニーに足を突っ込むなら、超広角ズームも一応必要だろうし、ストロボも必要。まだまだ出費は続きそう。投資に見合った稼ぎがないのが問題だ(爆)。



  




スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


2018.03.24-25 TOP 4 TOURNAMENT 2018 撮影後記




『TOP 4 TOURNAMENT 2018』はバドミントン S/Jリーグ2017 男女上位各4チームによるトーナメント戦。単に試合をするだけでなく、演出照明をし、コートサイドにはロイヤルボックスを設置して食事をしながら試合観戦できる、新しい試みの大会。

今回、どういうわけか(というか理由ははっきりしているのだが)オフィシャルカメラマンのお鉢が回ってきたので、有り難くお引き受けした次第。正直なところ、責任重大で引き受けるのに気が引けたのだが、こういう機会も滅多にないので。まぁ、失敗しても死ぬわけでもないし(笑)。失敗したりトラブルを起こしたりすると今後、干されるかもしれないが(爆)。



以下、前半は活動記録、後半は撮影所感。



3月23日

仙台には中部国際空港から午後イチ到着。東京在住時には新幹線で何度も訪れたが、飛行機での仙台入りは初めて。
恒例のプロペラ機。なので、大半の機材は事前に宅配便で送っておき、最低限の機材だけ手荷物としてハンドキャリー。宅配便はペリカントランク。手荷物はアンダーアーマーのデイパック。預け入れはエツミのトゥルーリースポーツカーゴ。
アンダーアーマーのデイパックは荷物の入れ方が悪く、分厚くなって機内座席上の棚の荷物入れに入らず、もたもたしていたら、CAさんが空いている席に移動し席下に荷物を入れるよう促してくれた。おかげで隣が空席でリラックスできた(笑)。

さて、試合会場は空港アクセス線・長町駅から徒歩数分のゼビオアリーナ仙台。駅を出ると建物が見えるので、道に迷うことなく到着。

会場ではまず全体を把握。アリーナ、2階席、3階席。その後、18:30からのリハーサルまで休憩。今回は単に試合の写真を撮るだけではなく、要所要所を失敗なく撮影する必要があるので、進行の段取りを把握することも重要。
リハーサル後に進行の流れを確認して自分の仕事は終了(19:45頃)。
長町から仙台に移動し、ホテルにチェックイン。



3月24日

大会1日目。男女準決勝が第1部11:00〜(女子:日本ユニシス vs ヨネックス、男子:日本ユニシス vs NTT東日本)、第2部17:00〜(男子:トナミ運輸 vs 日立情報通信エンジニアリング、女子:北都銀行 vs 再春館製薬所)と、それぞれチーム戦2試合。

会場入りは7:30。開場は9:00。

第1部の試合は男女とも日本ユニシスが勝利。それぞれ2対1。
客席を全席入れ替えた第2部では男子:トナミ運輸、女子:再春館製薬所が勝利。それぞれ2対0。通常のリーグ戦では3試合あるが、今回はトーナメントなので2勝した時点で終了。第2部で2対0だったのでラッキー(笑)。早く帰れる。と言っても会場を出たのは21:30頃。



3月25日

会場入りは7:30、開場は9:00。
ただし、8:00〜8:50まで東北ユースオーケストラのリハーサル。
9:00〜9:45は子供たち相手のバドミントンクリニック。
10:25から東北ユースオーケストラの演奏本番。
11:00から女子決勝(2対0で再春館製薬所の勝利)。
14:00から男子決勝(2対1でトナミ運輸の勝利)。
その後、表彰式。

全日程終了後は至急必要な画像のセレクト。
依頼主からは何も言われなかったが、とりあえず表彰式の写真や記念撮影のものを先にセレクト。
セレクト中に依頼主からそれらを先に欲しいと言われ、自分の判断が正しかったと思った。最初から順番にセレクトしていたら、もっと時間がかかっただろう。
その後至急必要な画像のセレクトが終わったのが21:00前。
絶対そのまま三重の自宅には帰れないので、この日も仙台のホテル泊。



とりあえず、大きなミスもなく、無事に至急の仕事を終わらせてホッとした次第。



以下、撮影所感



まずはソニーα7R III+24-105mmの初登用。
キヤノン5D4メインでソニーは故障時の保険にするという考えもなくはなかったが、レンズ交換の時間がもったいないケースもあるので、キヤノンは望遠用(120-300mm+1.4倍テレコン)として2台使いしてみた。
今回、会場内の演出照明でも ISO6400で1/1000秒、f4で撮影することができたのでよかった。もう1段暗ければ、24-70mm F2.8 レンズ(キヤノン)を使用していたかも。

ゼビオアリーナ仙台は新しい建物なのでフリッカーは出ないかと思っていたら、カメラのファインダーには「Fricker!」の表示が出ていた。もちろん「フリッカーレス撮影」を「ON」にしていたのだが、画像を見るとフリッカーの影響はなかった。

連写に関しては「Hi」(最大秒8コマ)に設定。選手の動きはパラパラ漫画のように表示されるので違和感はぬぐえないが、撮った画像を見るとかなりの確率でピントが合っており、キヤノンよりも良いように感じた。

ちなみにAFは「ロックオンAF」。ターゲットポイントを主要被写体に合わせてAF 測距。緑の枠が表示されたら被写体が画面の端に移動してもAFは捕捉し続けてくれる。
なお、顔認識AFはOFFに。主要被写体が顔を横向けたときに奥の人の顔にピントが合ったりすることを防ぐため。
もちろん、ソニーのAFも万能ではなく、被写体が比較的近距離で急に近づいてきたりするとAFは対応できずにピンボケになる。また、AFの挙動も時々変なところにAFポイントを移したりするので、そのあたりのクセを知る必要がある。
ところで、24-105mmレンズだけかどうかわからないが、ズーミングしながら撮影すると、ほぼピンボケになるようだ。ズームし終わってからAFすれば問題はないが。

ミラーレス一眼ということでもう一つ危惧していたのがバッテリーの持ち具合。バッテリーグリップに電池2個を装填し、さらに予備電池2個も用意したが、2,000枚ほど撮影してバッテリー1個の容量が30%程度になっただけ。モニターの表示を省エネモードにしたり、まめにスイッチを切ったりした効果もあるだろうが、予想以上に撮影できて安心した。

撮影モードの切り替えは予めカスタム登録。選手のプレー撮影、一般スナップ、観客席とそれぞれ登録。
C1、C2、C3とダイヤルを替えるたびに画面に設定内容が表示されてしまい、撮影タイミングがワンテンポ遅れてしまうのが玉にキズだが、細かい設定をいちいちメニューから変更しないで済むのはヨイ。
また、露出設定の変更して撮影し、また元に戻すのを忘れて撮影しようとすると、EVFで露出がオーバーになったりアンダーになったりして分かるのは便利。一眼レフの場合はうっかり撮影し続けることがしばしばあるからだ。

今回、特に有り難かったのは「サイレント撮影」モード。2日目の試合前にはオーケストラ演奏があったのだが、一眼レフの無粋な連写音を響かせずに済んだ。

このような感じで、α7R IIIはかなり好印象なデビュー戦を終えた。メニュー内容をもっと把握すればさらに撮影は快適になりそうだ。
また、いいマウントアダプターが出なければ、ソニーレンズも増やしたいと感じた次第。

一方の5D4。使い慣れているので操作上の問題はほぼないものの、120-300mm+1.4倍テレコンでの2階席からの撮影結果は歩留まりが悪くて難儀した。ソニーマウントの120-300mmが発売されたら即購入するかも(笑)。

とはいえ、オーケストラ演奏のあとでは急遽、記念撮影の指示。16-35mmを用意していたおかげで5D4で大勢の演奏者を撮影することができた(仕上がりはイマイチだったけれど)。



こんなところが今回の撮影後記でゴザイマス。



『カメラマン』2018年04月号





『カメラマン』2018年04月号


表紙&「藤里一郎 The Portrait」のモデルは橋本マナミさん。


カメラ雑誌の4月号と言えば、CP+レポートとか、新製品レポート、あるいは季節的に桜撮影関連記事が主なところだろうが、『カメラマン』誌は創刊40周年ということで、前月号に引き続き創刊40周年記念記事が大特集。

まずは2001年1月号から2018年3月号までの全表紙を当時発売されたカメラとともに紹介。
2000年代前半の表紙はモデルさんの顔(というかメイク?)が今と違う(笑)。今の容貌とあまり変わらない人もいれば、ずいぶん変わったなぁと感じる人も。沢尻エリカ(2002年10月号)、南明奈(2006年7月号)などはあどけない顔をしている。
ワタシ自身は2001年以降、フィルムカメラを使うことはなくなったが、富士フイルムは2010年までフィルムやフィルムカメラの広告を本誌に出稿していたようで、このあたりまではフィルムに一定の需要があったのだろう。

次いで、本誌関連カメラマンやカメラ/レンズメーカーの担当者が40年前の写真と共に祝辞。
魚住誠一氏(当時大学3年)、今と全然違う写真!(笑)。テレビでもご活躍の安田菜津紀サンはまだ3歳(カワユイ)、米美知子サンもまだ幼稚園(これまたカワユイ)。ニコンの後藤哲朗氏の若いときの写真と祝辞もアリ。
祝辞にはそれぞれと本誌編集部との関わり(思い出)が記されており、いかにいい加減に誌面が作られていたかが伺われる(笑)。
とはいえ、同誌をきっかけにカメラマンとして名を挙げた人も多く、同誌の役割は低いものではない。
ちなみにワタシも19歳(一浪時の東京の大学受験後)のときに編集部を訪れたことがある。当時編集長の湯川氏、ほかに三留氏、日比野氏がデスクにいて、突然の読者の訪問に日比野氏が応対してくれたことを記憶している。



「New Product Review」
新製品のソニーα7 III をα7 II、α7R III、α9 とで解像感、肌色再現、高感度比較、AF-C比較の実写比較。
最新のα7 III が解像感や高感度比較で僅差ながらトップの結果となっており、特別高解像や動体撮影にこだわらないならリーズナブルな選択のようだ。ワタシ的には動体撮影時の評価がα9がダントツでα7R III との差が大きいという評価にガックリ。

その他の新製品レビューは・・・
・ペンタックス K-1 Mark II
・キヤノン EOS Kiss M
・キヤノン EOS Kiss X90
・富士フイルム X-A5
・ニコン AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC 1.4 FL ED VR
・シグマ 14-28mm F2.8 DG HSM Art
・パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.



『カメラマン』4月号はこんなところで。





テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


ソニー α7R III 使用感 フリッカー低減できない? その他


ソニー α7R III を購入してバドミントンの実写テストを2回ほど。
キヤノンユーザーからの乗り替え(浮気)ということで、色々な感想を。
ちなみにα7R IIIに純正24-105mmを装着、縦位置グリップも不使用/使用で撮影。

まず、AF。「AF-C」、「ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット」に設定。
さらに「シャッター半押しAF」は「切」にして、「AF-ON」ボタンでAF。

「ドライブモード」は「HI」(最速秒8コマ)に設定。「HI+」という最速秒10コマ
というモードもあるが、こちらは「連続撮影中はモニター、ファインダーに映る被写体はリアルタ イムのものではありません。」ということで。

もちろん、「フリッカーレス」は「入」に。

体育館での撮影なので、ISO12800、1/1000秒、f4という設定に。

撮影した印象は・・・

● AFのピント表示が独特で自分以上に合わせてくれることもあれば、期待はずれのときも。
ピントが合っている部分を緑色のワクではっきり表示してくれるのはいい。
そのワクが小さくなったり大きくなったり、細長くなったりするのにはちょっとビックリ。

なお、ダブルスで2人のうち手前の人にピントを合わせたいとき、手前の人の顔が横を向いていて
奥の人の顔がはっきりしていると奥の人にピントが合ってしまうことがあった。
キヤノンの場合だと、ピンボケはだいたい自分のミスと認識できるが、ソニーの「ロックオンAF」の場合はカメラ任せなので、まさかのところでピンボケになるとストレスが溜まる。

● 連写表示がカクカクして気持ち悪い。
リアルタイムのEVF表示のために「HI」を選択したが、動体撮影ではやはりEVF独特のカクカク感がでてしまう。それがシャッターのタイミングにも影響してしまって、慣れが必要に感じた。
あるいは「HI+」にするほうが良いのか?
秒8コマ出ているとは思えないけれど、実際のところは分からない。
連写表示がカクカクしているからそう感じるのかも。

● フリッカーが全然低減されていない。


正直なところ、一番ガッカリだったのが「フリッカーレス」機能。
他メーカーよりも後発なので、キヤノン並の出来上がりを期待していたが、画像を見て愕然。
低減しているのかどうか分からないような結果だった。
慌てて取説をチェックしたところ・・・

••レリーズタイムラグがわずかに長くなることがあります。また、連続撮影速度が遅 くなったり、連続撮影間隔にばらつきが生じたりすることがあります。
••光源の点滅周期が100Hzか120Hzの場合のみフリッカーを検知できます。
••背景が暗いときなど、光源や被写体によってはフリッカーを検知できないことがあ ります。
••フリッカーを検知しても、光源や撮影条件によってはフリッカーの影響を低減でき ないことがあります。事前に試し撮りすることをおすすめします。••以下の場合[、 フリッカーレス撮影]は使えません。
  ‒‒バルブ撮影中 ‒[‒ サイレント撮影]
 ‒‒動画撮影時 ‒‒マニュアルフォーカス時に、シャッターボタンを半押しせずに撮影したとき
•[• フリッカーレス撮影]を[入]にした場合と[切]にした場合で、撮影画像の色合 いが異なることがあります。


いろいろとエクスキューズはあるが、光源以外はエクスキューズに当たらないと思うものの、結果は惨敗。
こうなると、撮影できる試合会場が限定されてしまう。キヤノンを使っていればどの会場でも問題なく撮影できるが、ソニーの場合は会場に合わせて使うか使わないか判断を迫られる。これはキツイ。ソニーを選んで失敗したか・・・。現状、このカメラをメインに使う勇気はない。

● 細かい設定についてはキヤノンと遜色ないものの、事前にマイメニューやカスタム設定をしっかりしないと慌てることに。
一番困ったのが画像の「レーティング」。キヤノンのカメラは専用ボタンがあるので問題ないが、ソニーの場合はカスタムキーで設定しないといちいちメニュー画面の中を探しまくって押すことになり、全く実用性がなくなる。
で、カスタムキーの設定方法が全く分からない。マニュアルを読んでも希望のメニューが出てこず、あちこち探しまわったところ、「撮影2」の8ページ目に希望のメニューがあってほっとした。
「(再生)カスタムキー」は(再生)メニュー内に入れるべきだろう。
ソニーのメニューアレンジはまだまだ練られていないように思う。

「マイメニュー」はキヤノンのカメラでも設定できる機能だが、膨大な設定項目があるデジタルカメラでは、自分のよく使う設定項目は「マイメニュー」に登録しておくべき。
α7R III の場合は30個の登録ができるが、何でもかんでも登録するとすぐに一杯になってしまうので、別のキーで操作できる項目はそちらに振り分けるべき。

厳しいコメントが続いたが、優れた点も・・・。

● USBケーブルでの充電が可能。
USB3.1ケーブルが同梱されており、カメラとコンセントを直結すれば、電池を充電できるのがまず便利。また、市販のモバイルバッテリーをUSBケーブル経由で電池替わりに使用できるというのは結構便利かも。デジタルカメラは電池がなければただのガラクタとなってしまうが、緊急時にもいろいろ対応できそうだ。

● チルトモニター。
横位置限定ではあるけれど、アングルの自由度は高まる。もともとEVF・液晶モニターで撮影するカメラなので、一眼レフのように切り替えなくスムーズに撮影できる。

● 「APS-C/Super 35mm」。
α7R III はフルサイズセンサーのカメラだけれどAPS-C用レンズを装着した場合は自動的にAPS-Cにクロップしてくれる。記録が素数は約1,800万画素になるけれど、APS-C用レンズを活用できるのはヨイ。いいマウントアダプターが発売されれば、タムロン16-300mm(キヤノン用)を活用したいと思っている。

● マルチセレクターの操作感がいい。
キヤノンのマルチコントローラーは便利だと思ったが、AFポイントの移動は1つのAFポイントの移動につき1回押さなければならない。一方、ソニーの場合はセレクターを押している間、どんどんAFポイントが移動するので結構素早くAFポイントを移動させることができて便利。



ま、こんなところが現在の印象。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


キヤノン 7D2用 バッテリーグリップ BG-E16 も売却




ソニーα7R III 購入によりキヤノン EOS 7D Mark II を下取りに。
また、ソニー 縦位置グリップ VG-C3EM を購入したおりに、7D2用 バッテリーグリップ BG-E16 を下取りに。
正確にはマップカメラの先取り交換。なので新しい製品が到着してから後日、下取り品を発送するという手順。
先取り交換というシステムは、とりあえず欲しい商品をポチっておいて、商品到着後数日のうちに下取り品を梱包すればいいから便利。カメラの場合なら2製品を比較テストしたあとで発送ということもできる。

BG-E16 は 7D2 購入者の先着2万名にプレゼントするキャンペーンでもらったもので、応募後、3週間余りかかった。正直なところ、最初の2万台はカメラと BG-E16のキットで売ってくれれば購入後、即、使用できたうえ、応募手続きをしなければならないなど面倒だった。とはいえ、当時実売価格2万7,000円弱のアイテムが無料で手に入るのだから、大きな文句は言えなかった(笑)。

ところで、BG-E16は本体、バッテリーマガジン BGM-E16L(リチウム電池用)の他にバッテリーマガジン BGM-E16A(単三乾電池用)、ソフトケースが同梱されていたが、BGM-E16A とソフトケースは1度も使ったことがなかった(笑)。というか、下取りに出すため元箱を引っ張り出して初めて思い出したぐらいだ。
キヤノンとしては緊急時対応のための単三乾電池ということでBGM-E16A を用意したのだろうが、これを用意するよりリチウム電池の予備を用意するほうが普通だろう。単三乾電池ではリチウム電池に比べて性能が劣るのだから。これを省いて価格を安くするほうが賢明だったと思う。

BG-E16 本体は、ボタン類が横位置とほぼ同じように配置されていて、縦位置でも横位置と同じような感覚でボタン操作できたのが良かった。特にマルチコントローラーは、もしなければ相当不便な操作を強いられていただろう。
そんなワケで、BG-E16 は7D2 本体に常時接続。売りに出すまで本体から外すことはなかった。

過去のエントリー:ようやく到着! 7D2用バッテリーグリップ BG-E16(2014.11.30)


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
02 ≪│2018/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ