FC2ブログ

キヤノン EOS M6 Mark II の発表について



8月28日、キヤノンが一眼レフ、ミラーレス一眼、交換レンズなどの新製品を発表した。
私が一番注目しているのは EOS M6 Mark II。今まで EOS M 系には全く興味がなかったのだが・・・。

気に入ったポイントとしては・・・
・イメージセンサー約3,250万画素
・AF追従で連写最高約14コマ/秒(ブラックアウトフリー)。
・瞳AF
・フリッカーレス撮影
・電子シャッターでの無音撮影
・撮像エンジンはDIGIC8
・常用ISO感度100−25600
・質量約408g(バッテリー、メモリーカード含む)

EOS M システムはマウントアダプターを使用することによりEF/EF-Sレンズを使用することができるが、RFレンズを使用することはできない。EOS M システムのカメラとレンズでシステムを組んだのち、Rシステムへの移行はなかなか難しいだろう。
正直なところ、キヤノンはEF-Sマウント以降、マウント戦略を間違っていると思うがどうだろう?

それはさておき、私の場合、EOS M システムはマウントアダプターを使用することで所有している EF レンズ群を全て使用することができる。拡大率が1.6倍になるので、標準ズームや広角ズームはちょっと使いづらいが、画角を広げるレデューサーアダプターが発売されているので、対応可能かもしれない。
(EOS M システムはアマチュア向けコンパクトシステムという位置付けでプロユースとしては考えられていないだろうから、明るい標準ズームや広角ズームは期待できない。なのでサードパーティに期待。)

何と言っても有り難いのはEF望遠レンズが1.6倍で使用できること。今まで120−300mmを使用しなければならなかったシチュエーションで70−200mmが使用できたり、ヨンニッパを使用しなければならないところでも120−300mmでも対応ができるということだ(キヤノンのマウントアダプターがシグマ120−300mmに対応しているかどうかは不明)。

一方で、一番心配なのがバッテリーライフ。CIPA試験基準で305枚。自分の感覚および撮影状況ではもっと撮影できると思うが、実際に本格使用するとなれば、予備バッテリーはそれなりの数量を準備しておかないとマズいだろう。

また、縦位置グリップがないのも残念だし、EVFは(ワタシとしては)必須か。

とはいえ、一番気になるのがISO6400〜12800あたりでの高感度画質。このレンジでの画質がそこそこ良ければ食指が動くし、イマイチならスルー。



それにしても、EOS M6 Mark II の技術があるのであれば、EOS R シリーズでも相当な高画質モデルや高速モデルが開発できるはずだ(し、開発しているであろう)。

ただ、EOS R システムで高画質モデルや高速モデルが発売されてもご立派な金額になるだろうし、交換レンズもさらにご立派(笑)。
自分の立場で言えば、EFレンズは沢山揃えているのでマウントアダプターを利用すればなんとかできなくはないかも。



スポンサーサイト




2.5インチHDDも4TB時代! WD Elements 2台購入





ぼちぼち手持ちのHDDの容量が一杯になりつつあるのと、古いデータを保存している大型HDDを片付けたいという気持ちでアマゾンのサイトを眺めていたら、8TBの3.5インチHDDが2万2,000円〜2万5,000円あたりで売られていたものの、WD Elements 4TB モデルが 1万3,616円だったので、コチラを2台ポチリ。

朝6時にポチったら、午後2時半頃に到着した。便利な時代を実感する。
東京に住んでいれば、新宿や秋葉原で製品の実物を手にして購入の判断ができて便利だが、いちいち実物を手にしてチェックする必要がない商品は、地方在住でもネット注文で十分。
むしろ、地方の家電量販店では売れ筋商品しか店頭になかったりするので、ネット注文の方が手っ取り早い。

さて、WD Elements の4TB モデル。ワタシが最初に購入した2TBモデルは16,114円(2013年12月26日)だったので、6年弱で半額以下になった計算。

早速 WD My Passport Pro 4TB のほぼ一杯になりつつあるデータのうち1.76TBをコピー。USB3.0だが9時間ほどかかるようだ。



以下、現在のワタシのデータ管理方法。

現在使用している MacBook Pro はSSDを1TB仕様のモノを選んだのでかなり余裕があり、日々の雑多なスナップ写真から仕事で撮影した結構なボリュームの画像まで、まずは全部取り込んでいる。
もちろん、MacBook Pro 本体のデータは定期的に外付HDDのTime Machineにバックアップ。

それとは別に WD My Passport Pro 4TB にデータをバックアップ。WD My Passport Pro 4TB はHDDを2基組み込んだストライピング可能なThunderbolt対応モデルなので、SSD並みに読み書きが速い。容量も4TBと大きいので、ワタシのデータなら最大2年分ぐらいはキープでき、出張先でも過去の撮影データを参照できるので便利。

とはいえ、WD My Passport Pro 4TB でもいずれは容量一杯になってしまうので、バックアップするのが WD Elements。2.5インチでコンパクトだし、値段もリーズナブルなのがヨイ。
バスパワー(PCからの電気で作動)なので、ノートPCともども、急な停電にも対処できるのはリスク管理上ヨイと思っている。

というか、PC本体のSSDのデータは仮置場みたいなもので、メインのデータ置場が WD My Passport Pro 4TB。そしてそれのバックアップが WD Elements。そして WD My Passport Pro 4TB のデータが一杯になったら、さらに別の WD Elements にバックアップを取り、WD My Passport Pro 4TB のデータの半分ほどを消すという作業。

そんなワケで、ワタシが作成した画像その他のデータは最低2つ、最大3つのストレージに保管していることになる。

理想を言えば、自分の手元でデータを2つ以上持つよりも、1つはWEBで保管する方がより安全だと思うのだが、なかなか良いWEBストレージサービスがないのが現状。



過去のエントリー:
たぶん2.5インチHDDで最大容量! ウエスタンデジタル『My Passport for Mac 2TB』(2013-12-26)
ポータブルHDD を追加。WD My Passport Ultra 2TB(2015-09-04)
またまた2TB HDDを2個追加! WD『WD Elements』(2016-10-08)
WD Elements 2TB HDD を2台追加。同スペックながら薄型化(2018-09-29)





テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ


翻訳機(通訳機?)『POCKETALK』を購入したものの・・・



TVCMでもお馴染みの『POCKETALK』を7月30日に購入。

公式サイト:翻訳機を超えた、夢の「通訳機」|POCKETALK (ポケトーク)


ワタシの英会話力は中途半端。以前は外資系企業に勤めていたこともあり、当時は英会話の勉強も頑張っていたのだが、ピークはTOEIC 755点。
現在は外国人と接することはほとんどなく、せいぜい日本で開催されるバドミントンの国際大会で外国人カメラマン(あるいはたまにレフェリー)と簡単な会話をするぐらい。

で、先日行われたダイハツ・ヨネックス ジャパンオープンでは毎年この大会で顔を合わせる2人の外国人とは親しくなって、朝の挨拶や試合の合間の簡単な雑談をしているのだが、ワタシの英語力がプアなため、あまり突っ込んだ話ができない。

その後、AQUA FITNESS EXPO JAPAN 2019 というアクアエクササイズのイベントの撮影の仕事があり、そのイベントではポルトガル、スペイン、韓国からプレゼンターが来ることになっていた(もちろん全員英語は話せる)。

なので、新宿西口ヨドバシカメラで『POCKETALK』(POCKETALK[W]グローバル通信(2年)付き)を購入した次第。Wi-Fiモデルだと5,000円ほど安いのだが、Wi-Fiが繋がらないところでは使えないのでSIM付きにした。

『日経TRENDY』では翻訳機特集で何機種か紹介していたのを読んだが、どれを選んでいいかわからず、一番売れていて使いやすそうな『POCKETALK』に決めていた。





購入時は本体と画面保護シールのみを購入したのだが、やっぱりケース(本体カバー)とネックストラップも欲しくなり、7月31日に今度は新宿東口のヨドバシカメラへ。
すると、こちらの店ではSIMモデルを購入するとアクセサリー3点が付いてくるキャンペーン中!
内心、怒り心頭ながら平静を装い、なんで西口と東口でキャンペーンのあるなしがあるのかと思って東口の店員さんに聞いたところ「おかしいですねぇ。どこでも同じキャンペーンをやっているはずですが・・・。」と言われ、店員さんの許可をもらってキャンペーンPOPを撮影。





翌8月1日に再び新宿西口のヨドバシカメラに行き、前回とは違う店員さんに東口のPOPと購入した本体、領収書を見せたら、一旦購入のキャンセル処理をして改めて3点セット付きの購入処理をするということで解決した。アクセサリー3点で4,286円なので結構な金額。クレームつけてよかった。





さて、購入の経緯が長くなったが、商品内容について。

最初に起動すると、システム言語の設定、使用許諾の確認、データ通信の設定などをすることになる。やや時間がかかったものの、問題なく設定が終了。

翻訳できる言語は74言語に対応。なので英語はもちろん、ポルトガル語も韓国語ももちろんOK。なお、中国ではインターネットへの通信規制があるので、Wi-Fi経由で接続すると翻訳できない場合があり、その場合は「中国モード」に設定するよう取説に書かれている。

ボタンは起動ボタンと音声入力ボタン(自国語翻訳用と他国語翻訳用)の3つのみ。あとは充電用のUSB-Cジャックがあるだけ。



使い方は簡単で、自国語翻訳用の音声入力ボタンを押して「ピピッ」と鳴ったら翻訳したい文章をしゃべり、喋り終わったらボタンを離すだけ。すると、しゃべった内容がディスプレイに文字として表示され、その後、他国語の文章が文字として表示されるとともに音声としても流れる。
他国語の場合は押すボタンが違うだけでやることは同じ。

使ってみると、翻訳はすごく速く(3秒程度)、かなり正確。
といっても英語の場合は正確かどうかある程度わかるが、ポルトガル語や韓国語になると、なんと言っているか、なんと表示されているかがわからないのだから評価のしようがない(笑)。

翻訳する言語を最初に選択するときは、74もあるので探すのに苦労したが(一応カタカナ表示で五十音順に並んでいる)、最近使った言語を表示することもできるので、こちらで選ぶ方が便利。



ところが、結局アクアのイベントでは使わずじまい。とりあえずカタコトの英語でコミュニケートできたので。
そんなワケで『POCKETALK』のデビュー戦とはならなかった。次使うのはいつになることやら・・・。



プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ