FC2ブログ

就活学生から新人ビジネスマンに最適の1冊『男の服装戦略』(石津謙介/チクマ文庫/昭和60年)



『男の服装戦略』(石津謙介/チクマ文庫/昭和60年/当時480円)

本書は昭和60年に出版されたものだが、ワタシ的には就活学生から新人ビジネスマンが必読すべき内容の本であると思う一冊。現在は絶版だが(笑)。

石津謙介氏はVANの創業者にして日本にアイビー、トラッドを紹介した服飾評論家の第一人者。「スウィングトップ」や「トレーナー」などの和製英語や「TPO(タイム・プレース・オケージョン)」など、数々の新語を世に広めている。



本書では経済的に豊かではない就活学生から新人ビジネスマンがどのようにワードローブを揃えるかについて適切な指南をしている。

たとえば、スーツを買うなら1つの色に揃えること。つまり紺系かグレー系か。普通は紺を買ったら次はグレーとなりがちだが、それに合わせる小物も揃えなければならないため、出費がかさんでしまう。なので紺系かグレー系かで統一してしまえば、無駄な出費が抑えられるという提案。
また、上着に対してパンツ(ズボン)は傷みが激しいので、2パンツスーツの購入も提案している。

靴・靴下は黒。デザインはオーソドックスなプレーントゥやウィングティップ、ストレートティップなど。デザインや色に保守的である一方、革底にかぎらず、雨に強い合成底を薦めていて、面白い。

シャツを選ぶ基準も、
1.自分の持っている全てのスーツにフィットする。
2.自分の持っている全てのネクタイがフィットする。
3.冠婚葬祭、全ての場合に着ることができる。
4.手入れが簡単である。
と合理的。綿100%にこだわることなく、綿ポリ混紡を推奨している。

なお、本書のプロローグで石津氏は「おしゃれと身だしなみは違う」と断じており、本書の構成を次のようにしている。
PART 1 ビジネスのための服装術
PART 2 結婚式とパーティの服装
PART 3 お通夜と葬儀の服装
PART 4 プライヴェート・タイムの着こなし

「TPO」という言葉を世に広めた石津氏だが、本書では「FOP(フォーマル・オフィシャル・プライヴェート)」という用語を使っている。
残念ながらこの用語は広まらなかったけれど、よい切り口だと思う。
「ビジネススーツは無地が最高」「ビジネススーツに個性は不要」さらに「ヒラ社員はドブネズミルックでよい」としているのが面白い。



現在はどの業種もややカジュアル化している傾向。ネクタイ必須がノーネクタイになったり、ワイシャツ着用がポロシャツなどに変わったり。とはいえ、今だにスーツ&ネクタイ着用が必要な業種もあるし、改まった席ではそのような着こなしも必要だろうから、本書の内容は今もって色褪せていないように思う。




スポンサーサイト




大学時代のまさにバイブル『THE WEARING BIBLE』『THE WEARING BIBLE 2』(出石尚三/講談社)


 



またまた回顧録的な投稿デス。 

ワタシが東京の大学生になって急に目覚めたのがファッション。
小学生の頃は服装自由ながらトレパン・トレシャツを通年通していた。
中学生の頃は学生服を何の加工もせず(笑)、詰襟をキッチリ締めていた優等生。
高校時代はウチの高校は制服なしだったのだけれど、中学時代に釣りにハマっていたことでアシックスのアウトドアブランド『タラスブルバ』のシャツやらズボンならを釣具店で購入して毎日着ていた。
なお、釣具店にはフィッティングルームなんぞないので、売り場でズボンを下ろして試着させられ、ちょっと恥ずかしかった(笑)。
あと、中3あたりから本格的に興味を持ち出した写真撮影に関連して、キヤノンの雑貨『C.P.E.』のTシャツやらトレーナーなどもよく着ていた。

大学生になって、しばらくはやみくもに服を買っていたように記憶するが、だんだん男子向けファッション雑誌も読むようになった。『Hot Dog PRESS』『POPEYE』『MEN’S CLUB』あたりが当時のメジャーだと思うが、ワタシは『CHECKMATE』を購入・愛読するようになった。この雑誌はトラッドをベースにしながら最新のファッションを取り入れた誌面だったように思う。



さて、そんな折に購入したのが『THE WEARING BIBLE』(出石尚三/講談社/昭和59年/当時 850円)
トラッドファッションの基本・小ネタが満載の一冊。
カラー写真の6ページがあるものの、それ以外はモノクロ1色。イラストはアメリカンなタッチの綿谷寛氏。

当時の服飾評論家を3人挙げるとすれば、まずはVAN創業者の石津謙介氏。
アイビーファッションを日本に紹介し、「TPO(タイム・プレース・オケージョン)」を始め、ファッション和製英語「トレーナー」「スウィングトップ」などを生み出している。
ただ、考え方は結構実用主義なところもあり、『男の服装戦略』(チクマ文庫)は就職したてのサラリーマンがどのようにワードローブを揃えていくべきかを指南した名著。

2人目はくろすとしゆき氏。
トラッドファッションの伝統を全面に押し出した記事をよく目にした。

そして3人目が出石尚三氏。
軽妙洒脱な文章はトラッドファッションの伝統をベースにして、映画の俳優のファッションねたなど雑学的な内容も紹介しており、博識が感じられる内容。

個人的には出石氏の文章が一番好きだった。
なので、『THE WEARING BIBLE』はまさに当時のワタシのバイブルだった。本書ではトラッドファッションの基本・小ネタが満載なのだが、そこから男の生活・生き方が指南されていた。

『THE WEARING BIBLE 2』(昭和60年/当時850円)はファッションの応用編。
小物づかいの新しいノウハウが満載ながら、半分以上は本当に実践するヤツいるのか?的な内容も(笑)。
また、当時はバブル絶頂期に登りつめる時期だったので、タキシードをはじめとするパーティーファッションに関する記事が多くて時代性を感じる。いまのファッション誌でタキシードなんてほとんど紹介されてないもんね(笑)。
ちなみに当時、ワタシはタキシードは買わなかったものの、ボウタイ(蝶ネクタイ)とカマーバンドは購入シマシタ(笑)。

これら2冊の影響でブリティッシュトラッドのファッションに凝り、大学2年生からはスリーピーススーツで大学に通うようになった(笑)。
その後就職した会社でもスリーピーススーツ。夏の暑い盛りでもスリーピーススーツ。ジャケットを脱ぐことはあったが、ヴェストは絶対脱がなかった。なぜなら、ヴェストはサスペンダーを隠すものだから。
そのようなこだわりも『THE WEARING BIBLE』の影響なのだろう。

これら2冊は東京から三重に引っ越した時に紛失してしまったので、あえてネットで探して購入した次第。

三重に戻ってきて、サラリーマン時代のスリーピーススーツなどは全部とってあるが、体型(特にウエストまわり)が当時と変わってしまったため、全て切ることができなくなった(笑)。
今はスーツを着る必要がほぼなくなったので、現在の体型に合わせて購入した紺の2ピーススーツと喪服が着られるのみ。 



 


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ