FC2ブログ

2本目の自撮り棒はミニ三脚付き あるいは 自撮り棒付きミニ三脚


2本目の自撮り棒を購入した。今回のはミニ三脚付き。というか、ミニ三脚メインで自撮り棒付きのものを買ったというのが正しいかも。

『YUNTENG』というブランドのようだが、製造国名がどこにも見当たらない。型番もなし。まぁ、1,529円の品だから、ワタシとしてはその辺りにこだわることはないのだが、メーカー側は自社製品の区別に必要ではないのかなぁ?

ちなみに、1本目の自撮り棒は・・・
過去のエントリー:今さらながら購入しました(笑)。自撮り棒(2015-08-03)




さて、この自撮り棒 兼 ミニ三脚。中身は・・・
・本体
・Bluetooth リモコン
・リモコン充電用USBケーブル
・取扱説明書
・ソフトケース(たぶんナイロン製)

取扱説明書はBluetooth リモコンをスマホに接続する方法のみを説明。それ以外は触ってみりゃわかるだろう、ということだろう(笑)。




本体部分はスマホホルダーを自由雲台で接続している仕様。なので、スマホホルダーを取り外せば、コンパクトデジカメなどを載せる(接続する)ことが可能。
ただし、自由雲台を自撮り棒部分から取り外すことはできないようだ。

スマホホルダーはネジで調節するタイプで、実際の取り付け作業はちょっとめんどっちい。1本目の自撮り棒はスマホをロックする爪がバネで伸びるタイプだったので簡単だったので、ちょっと残念。




折りたたむとこんな感じ。約20cm。重量は230g。

アマゾンのサイトでも特に記載はないが、本体と自由雲台の材質はABS樹脂のようだ。なので、冬場に素手で握っても冷たさはあまり感じないだろう。自撮り棒部分は金属製のよう。
あと、三脚の接地面とスマホホルダーのスマホを固定する部分にはラバー系素材が取り付けられていて、滑り止めになっている。




Bluetooth リモコン。一番大きなボタンがシャッターボタンで、上の小さな2つのボタンは画面のズームをするためのもの。ただし、iPhoneでは使えず、一部のアンドロイドスマホ専用とのこと。

USBケーブルで充電する仕様で、連続動作:20時間、連続待機時間:150日とのこと。
通信可能距離は約10m。




自撮り棒部分は最大1mまで伸びる仕様。
最大限伸ばして三脚として使えなくはないけれど、強風ですぐに倒れそう。自己責任で。



ざっとこんな感じデス。それにしても、これが1,529円というのはビックリ。日本の用品メーカーなら3,000円〜5,000円ぐらいしそうな感じ。




スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ