FC2ブログ

ニコン、「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を正式発表 について



ニコンが120−300mm F2.8の望遠ズームレンズを正式発表した。2月発売で希望小売価格は税別126万7,000円(税込1,393,700円)。

120−300mm F2.8のレンズといえば、これまでシグマの独壇場。現在のモデルはすでに4代目となっているが、ようやくニコンも追従したというかたち。
ニコンもキヤノンも200−400mm(+テレコン)F4のズームは発売しているが、解放F2.8にこだわるユーザーも多いということだろう。
少なくともワタシはその一人。室内スポーツではなるべく明るいレンズが必要だし、より望遠が必要ならテレコンで対応することもできる。

さて、今回のAF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VRだが、正式発表となってまずびっくりしたのがその価格!
もちろんシグマと同じレベルの価格は予想していなかったが、シグマの現行モデルが税別390,000円(税込429,000円)だから3倍超のおネダン!
とはいえ、単焦点のAF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR IIの希望小売価格が税別750,000円、税込825,000円なので、ニコン価格としては妥当なのかな?

120-300mm f/2.8E FL ED SR VRは光学系にはEDレンズ1枚、蛍石レンズ2枚に加えて、新開発のSRレンズ1枚を採用しており、画質性能はシグマを上回るのだろう。MTF曲線のグラフAF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR - 主な仕様を見ても望遠端では空間周波数10本/mmのラインが天井に張り付いている。
ただ、シグマがそんなに悪いということもなく、MTFは天井に近いラインを描いており、不満の出る画質ではないと思う。

また、ニコンは全焦点域で最短撮影距離2mを実現しており、最大撮影倍率は0.16倍。一方のシグマは焦点距離により150cm - 250cmで、最大撮影倍率は0.12倍。


ところで、このレンズは売れるのか?
ワタシはニコンユーザーではないのでどうでもいいのだが(笑)、やはり価格が高すぎるのでは? シグマの3倍超ではなかなか手が伸びにくいのではないか? そもそも、これまでシグマの独壇場だったので、本当にこの焦点距離のレンズが必要と思うユーザーはすでにシグマを購入しているだろう。すでにシグマを所有しているなら、あえて3倍超の価格のレンズに買い換えるかな?というのがワタシの予測。でもニコン信者は買い換えるのかもね。


スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ