「ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」」について



昨日、首題の発表があったようで。標準レンズとのセットで7万円前後。発売日が「近日」というのはちょっと大雑把だけれど(笑)。
本製品の噂はかなり前からあったので、特に驚きはないけれど、カメラ市場の活性化に繋がれば何より。

PENTAX のニュースリリース:「PENTAX Q」新発売

デジカメWatchの記事:
ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」
ペンタックス、Qマウント用の交換レンズ5本
ペンタックス、「PENTAX Q」の発表会を実施
ペンタックス、「PENTAX Q」の体験会を7月9日・10日に実施
「PENTAX Q」発表会フォトレポート~外観写真40点を掲載

ペンタックスは中判、APS-Cのデジタルフォーマットをすでに発売しているので、今回の1/2.3サイズセンサーというのは合理的なシリーズ展開だろう。もちろん、APS-Cでのミラーレスという考え方もあるのだろうけれど。

他社のミラーレス機と大きく違うのがセンサーサイズ。フランジバックが短いので、マウントアダプターさえ発売されればあらゆるレンズが装着可能になるのだろう。ただ、センサーサイズが小さすぎて、望遠系は有利だが、広角はキビシイ感じ。
一方で、問題となるのがボケの小ささ。そのあたりは「BC(ボケコントロール)」という機能を搭載し、ソフト的にボケを大きくできるようだ。
また、本体はレトロなスタイルながら、機能的にはアートフィルターや高感度ノイズの低減、連続撮影枚数などで(記事を見る限り)他社に見劣りのないスペックを備えており、満足できそうだ。

面白いのがレンズ展開。発表された5本のうち、真面目なレンズは標準レンズと標準ズームのみで、あとは魚眼、広角、望遠のトイレンズ。真面目なレンズはボディとのセットのみ、魚眼は1万円、広角、望遠のトイレンズは6,000円とリーズナブル。

ワタシ的にはコンパクトユーザーからの移行というよりは、マニアユーザーが3台目、4台目(あるいはそれ以上)として購入するだろうなと推測。
もしこれで大いに売れることになると、一般コンパクトユーザーからの移行にもなるかと思うけれど。


ワタシ的には多少興味があるものの、すでにGH2 & レンズ等を所有しているので、新たにこのシステムを買おうとは思わないけれど(笑)、ヒトによっては魅力的かも。
スポンサーサイト

tag : PENTAX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ