キヤノン EOS-1Ds Mark III・1D Mark IV をAF調整依頼

シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM を購入し、テスト撮影するうちに、カメラのAF精度に疑問を持っていた。
1週間前に名古屋に行く用事があったので、ついでにカメラのAF精度のチェック・調整を依頼した。
本当はレンズの方の精度も疑ってかかる必要はあるのだが、テスト撮影した EF70-200mm F2.8L IS USM もピンぼけ傾向があったので、問題はカメラの方だろうと・・・。

修理に出したのは EOS-1Ds Mark III EOS-1D Mark IV の2台。1Ds Mark III については、2009年3月にアナウンスされた無償修理をしていなかったので、今回、無償修理ということに。

キヤノンのサイト:重要なお知らせ デジタル一眼レフカメラ 「EOS-1D Mark III」、「EOS-1Ds Mark III」 をご使用のお客さまへ

1D Mark IV は実費修理。規定通りの12,600円(税込)。修理に出す前にあらかじめ金額を提示してもらっていたので、納得してお支払い。AF精度のチェックのためにこの金額を高いと思うか安いと思うか、いろいろだろうけれど、AFの性能に不安を持ちながら撮影を続けることを考えると、納得の金額だとワタシは思う。もちろんカメラが EOS Kiss Digital を型落ちで買ったものだったら、悩むところだろうけれど(笑)。

そういえば、過去にも同様の経験をしている。
過去のエントリー:EOS-1Ds MarkII 修理

さて、修理票を見てみると、 EOS-1Ds Mark III のほうは「AF精度を点検の上、調整しました。ミラー機構部を点検の上、調整いたしました。ミラーボックス内の余分な潤滑油の拭き取り、及びセンサー清掃致しました。その他、清掃・各部点検をいたしました。最新のカメラファームへ変更いたしました。」
EOS-1D Mark IV のほうは「基準レンズにて企画の中心値に調整致しました。最新のカメラファームへ変更いたしました。」とのこと。

ちなみに、現在の EOS-1Ds Mark III のファームウエアは Version 1.2.0、EOS-1D Mark IV のファームウエアは Version 1.1.0 。以前はキヤノン・イメージゲートウェイのメールマガジンでファームウエアのアップデートも知らせてくれていたのだが・・・。

ところで、EOS 2台を一度に修理に出すのは初めて。修理から戻ってくるまでの1週間はパナソニック GH2 が代役をこなした。
実は、6月30日から金沢入りし、第61回全日本実業団バドミントン選手権大会を観戦・撮影する予定なのだが、カメラ修理には7~10日かかると言われていて、本当に10日かかっていたら、間に合わなかった(笑)。

日本実業団バドミントン連盟のサイト:第61回全日本実業団バドミントン選手権大会(金沢大会)の開催

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EOS-1D 120-300mm バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ