EF400mm F2.8L IS で撮影した第61回全日本実業団バドミントン選手権大会 作例(2)

予告から1回飛ばしたけれど、今回はキヤノン EF400mm F2.8L IS USM で撮影したルネサスSKY・前田美順選手特集!。




EOS-1D Mark IV、EF400mm f/2.8L IS USM +1.4x。
ISO3200、1/800秒、f4(ノートリミング)


まずは末綱聡子選手のロングサービス。画面内に4人が写り込むようフレーミング。




EOS-1D Mark IV、EF400mm f/2.8L IS USM +2.0x 。
ISO6400、1/800秒、f5.6(ノートリミング)


前田選手のスマッシュ。腕の筋肉がすごいデス(笑)。Exifデータによると、撮影距離は49.7m。800mmで撮影しているが、写りは小さめ。




EOS-1D Mark IV、EF400mm f/2.8L IS USM +2.0x 。
ISO6400、1/800秒、f5.6(ノートリミング)


こちらも前田選手のスマッシュ。こちらも800mmながら、撮影距離は28.7mのため、かなりアップ。ただし、被写体を捉えるのは難しくなる。




EOS-1D Mark IV、EF400mm f/2.8L IS USM 。
ISO1600、1/800秒、f2.8(一部トリミング)


前田選手のプッシュ。スマッシュよりもシャッターチャンスが少なく、ピントも合わせづらくなる。モノにできるとウレシイ(笑)。この写真では末綱選手とカブッてちょっとうるさい感じなのが残念だけれど。




EOS-1D Mark IV、EF400mm f/2.8L IS USM +2.0x 。
ISO6400、1/800秒、f5.6(一部トリミング)


前田選手のガッツポーズ。とりあえず押さえておきたい瞬間ですな。背景も少しボケて前田選手が浮き上がって見えるのがヨイ。



以上、第61回全日本実業団バドミントン選手権大会での作例の最後は前田選手で締めさせていただきマシタ。


ご参考(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
2011.07.01 第61回全日本実業団バドミントン選手権大会(3日目)
2011.07.02 第61回全日本実業団バドミントン選手権大会(4日目)
2011.07.03 第61回全日本実業団バドミントン選手権大会(5日目・前編)
2011.07.03 第61回全日本実業団バドミントン選手権大会(5日目・後編)


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン 400mmF2.8 EOS-1D


コメントの投稿

非公開コメント

No title

竹千代55さん、こんにちは。

それにしても前田選手のスマッシュの時の腕がスゴイですね。
腕だけ劇画マンガのようです(笑)。

とりあえずもろもろお疲れ様でした。

Re: No title

fomaさん、まいどです。

今回、スエマエのプレーの写真は準々決勝の1回だけで、あっさり勝利を決めたため、ごく平凡な写真しか撮れませんでした。
むしろ廣瀬選手の決勝戦のほうが、いいシーンがザクザクという感じでした(笑)。

前田選手の「腕だけ劇画マンガ」、笑えました。でも、前田選手、結構体脂肪率低いんでしょうね。あと、どのスポーツ選手も瞬間瞬間であまりヒトに見せられない顔になってたりします(笑)。本人にかわいそうなので、そのような写真はなるべく載せないようにしてますが。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ