『プロカメラマンの撮影機材』(モーターマガジンムック)


『プロカメラマンの撮影機材』(モーターマガジンムック)。2008年に発売されたムック。ブックオフで購入したので、希望小売価格は1,900円+税ながら購入価格は950円。

ジャンル別にプロカメラマンの作例・機材・撮影ノウハウなどを紹介。

ポートレート編:渡辺達生・ハナブサリュウ・山岸伸
国内風景編:水越武・新井幸人・中橋富士夫
海外風景編:田中達也・相原正明・吉村和敏
ネイチャー編:栗林慧・海野和男・江口愼一
動物編:宮崎学・新美敬子・福田幸広
乗りもの編:猪井貴志・櫻井寛・広田泉
スポーツ編:水谷たかひと・井上六郎・熱田護
水中・海編:高砂淳二・倉沢英一・尾崎たまき
国内スナップ編:芳賀日向・ハービー山口・大西みつぐ
海外スナップ編:横木安良夫・内田ユキオ・今岡昌子
プロの機材現場:渡辺達生・井上六郎・魚住誠一

また、巻末には特選カメラアクセサリーカタログのページ。
フィルムもメモリーカードも紹介されていて、ちょっと感慨深い(ワタシは2000年の夏以降、フィルムで写真を撮っていない)。

本書の発売が2008年10月ということで、デジタル一眼レフで撮影するプロがかなり増えているものの、フィルムカメラ(特に中判)も根強い時期。当時キヤノンは EOS-1Ds Mark II および EOS-1D Mark III を発売していたが、ニコンはようやく D3 を発売したばかりのため、それを使っているカメラマンは本書の中ではおらず、寂しい状況(笑)。北京オリンピックでは D3 が大活躍したんですけどねぇ。スポーツ編の井上六郎氏はニコンユーザーながら使用機材は D2xD200F6

その他、2011年の現在から見ると、カメラもレンズも一世代前のものが多かったりするが、撮影ノウハウはさほど変わらないので参考になるのでは?


プロカメラマンの撮影機材―トップ・プロ30人がこだわる機材はどうして選ばれ、どう使われているか 実践機材& (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)プロカメラマンの撮影機材―トップ・プロ30人がこだわる機材はどうして選ばれ、どう使われているか 実践機材& (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ