アディダスのバドミントンシューズ 『ADISTAR BADMINTON(G17186)』


イトコ家族と行楽をともにし、入った土岐プレミアムアウトレットのアディダスショップでたまたま見つけたバドミントンシューズ。箱やタグには『ADISTAR BADM』(G17186)とある(正式名称は『ADISTAR BADMINTON』?)。


今の時期、シューズ内の蒸れというか、足に熱を持つことが気になるが、このシューズは中足部に通気口が開けられており、熱対策が施されているところが実際にどんなものか試してみたく、購入。
希望小売価格 11,445円(税込)のところアウトレットでの価格は7,600円。さらにタイムセールス30%引きということで5,320円! こりゃトクしました。半額以下ですな。

ショップにはほかにホワイトベースで差し色にブルーをあしらった6,800円ぐらいのモデルもあったけれど、カラーリングがちょっとチープに見えたので、コチラのモデルを購入。

バドミントンシューズと言えば、競技をしている人のほとんどがヨネックスを使用、あるいはせいぜいミズノということで、アディダスなんてまるで見ないけれど、唯一見るのがアディダスと契約している潮田玲子選手のシューズ。
潮田選手もアディダスとの契約後、しばらくの間はシューズはミズノのものを履いていたように記憶しているが、昨年はアディダスの見慣れないシューズを履いていて、どんなものかと注目はしていたというところ。なお、ワタシが購入したものは潮田玲子選手モデルとは全く違いマス。



さて、本製品。

アッパーはメッシュの合成繊維をベースに合成皮革で補強。そこそこ通気性は良さそうに見える。スリーストライプはウレタンゴムのような素材で、お飾りではなく一応補強にはなっているように見える。

外足部には『3D Stabillizer』。TPU素材でしっかり足を包み込み、横ブレを押さえてくれそうだ。

続いてミッドソール『adiPRENE』と彫り込まれているが、特別目新しくもなく、普通のミッドソール素材のように見える。

アウトソール。なんといっても目立つのが中足部の通気口。TPU素材で作られていて、奥には網戸を細かくしたような素材が貼り付けてある。

アウトソール中足部分の白いところは縦にパターンが掘られており、横への動きをしっかりグリップするのだろう。

アウトソールのエッジは面取りがしてあり、またかかと部分は他メーカーのものよりもエッジが出っ張っているのが特徴。

オレンジ色部分のソールパターンは波形で、よくあるパターンだが、アウトソール外周に対して真ん中部分が少し凹んでいて、実際に履いたときには体重がかかってソール全体がコートに喰いつくのだろう。

あと、『non-marking』という文字が彫り込まれているほか、ドイツ語・フランス語・中国語でも同じ意味の文字が彫り込まれている(たぶん)。中国語が彫り込まれているシューズは初めて見た。

インソールを取り出したシューズ内部を見ると、中足部に穴があけられており、シューズ内部の熱や空気を外に出すと見られる。
アッパーとミッドソールは滑らかな曲線を持って縫われており、インソールを抜いて履いても足沿いは抜群に良い。

タン(ベロ)部はメッシュ素材で作られているが、中足部をぐるりと包むように縫い込まれており、左右にずれる心配はない。

 

インソール。かかと部分に『Badminton』という文字とシャトルをデザインしたイラストがプリントされており、このシューズが間違いなく(アディダスには珍しい)バドミントンシューズであることを物語っている(笑)。
裏替えすと中足部に42個の穴があいており、シューズ内の蒸れを外に出す効果が見込まれる。



こんなところが外観を見た印象。実際に履いてプレーしていないので評価はできないが、履いてみるのが楽しみだ。



スポンサーサイト

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : バドミントン アディダス


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ