『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』



またまたスティーブ・ジョブズ本。『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』(ソフトバンク クリエイティブ)。
原題は『THE STEVE JOBS WAY iLEADERSHIP FOR A NEW GENERATION』。リーダーシップにまで「i」をつけてしまうのはどうかと思うけど(笑)。

それはともかく、著者の一人、ジェイ・エリオットは初期アップル時代のスティーブ・ジョブズの側近であり、当時のリアルなエピソードを紹介しており、アップルファン、ジョブズファンにはオススメの1冊。

エピソードはジョブズの少年時代から始まり、最近の iPad 発売にまで及ぶが、必ずしも年代順に著述しているわけではない。
ワタシ的に興味深かったエピソードとしては、まずレーザーライター(レーザープリンター)を開発するにあたってのキヤノンとのやりとり。製品外装に自社のロゴを入れたいキヤノンに対し、ジョブズはそれを認めず、製品内部には表示してよい、内部にキヤノン製品を使用していることをアナウンスしてもよいという譲歩案でまとめたくだり。
もうひとつはジョン・スカリーがジョブズを “追い出した” という世間の認識について、誤解だとし、そのあたりのエピソードも興味深い。
さらに、アップルを去ったジョブズがマックの新しいOS採用のコンペでBeOSのジャン・ルイ・ガセーとプレゼンを行なったくだりも非常に面白かった。

細かいエピソードは他にもたくさんあるのだが、本書を通じて語られているのは、ジョブズは自分の信念を曲げず、細部にまで妥協をしないこと。スタッフにも最高のはたらきを要求するが、一方で労をねぎらうことを忘れない。また、ジョブズはそういった優れたスタッフたちが情報を交換しながら優れた仕事をすることによって革新的な製品を創り出せるとしている、と本書では語っている。
そもそもスティーブ・ジョブズは製品を売っても受けようという発想はなく、世界を変える革新的な製品を世に送り出すことで結果的に金持ちになっただけというところがスゴイ。ジョブズは億万長者になったあとも悠々自適の道を選ばず、ひたすら革新的な製品を世に出すことに腐心してきた。さらにはハードとソフトの一体的な開発のみならず、流通面でも自分の理想とする販売形態を追求し続けアップルストアの展開という方法で実現している。


・・・ビール飲みながら書いていてまとまりがなくなってきたけれど、ワタシ的には★5つをつけたいヨイ本でゴザイマス。



ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ
(2011/08/03)
ジェイ・エリオット、ウィリアム・L・サイモン 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : アップル スティーブ・ジョブズ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ