スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックLUMIX G「X シリーズ」のレンズ発表について

ソニーの大型新製品発表に続き、パナソニックもマイクロフォーサーズの「ハイグレードレンズ “X” シリーズ」の新製品発表会を行った。

デジカメWatchの記事:パナソニック、電動ズーム搭載の「Xシリーズ」レンズ2本
デジカメWatchの記事:パナソニック、「大口径ズームレンズ」2本の外観モックアップを公開

パナソニックのリリース:マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ“Xレンズ”を発売


まず、正式発売となる電動ズーム2本について。

1本はLUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.(H-PS14042)(税別希望小売価格は47,500円)。
パナソニックの製品紹介ページ:LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm

表面上のスペックはごく平凡ながら、パンケーキサイズのズームであることにビックリ。しかも画質を犠牲にしていないハイグレードレンズだという。レンズ構成は8群9枚(非球面レンズ4枚、EDレンズ2枚)と、半分以上に高級レンズを使用している。製品紹介ページのMTF曲線を見ると確かに素晴らしい。
電動ズームなので動画撮影向けのようだけれど、コンパクトに携帯できる標準ズームとして売れるかなぁ。似たような焦点距離の LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. が税別35,000円だし、標準ズームはそもそもキットとして買われるから、ほぼ同焦点距離の新レンズが一般に広く買われるとは思えない。動画好きが電動ズームに惹かれて買うのだろうか? 動画用途としてはズーム比が低いように思うが、ワタシは動画をほとんど録らないのであまりコメントできない。あるいはマニアが他人にそのコンパクトさを自慢するには良さそうだ(笑)。実際のところ、気軽にスナップするにはこのレンズはかさばらなくて良さそうだ。


2本目はLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F4-5.6 ASPH. POWER O.I.S.(H-PS45175)(税別希望小売価格は53,500円)。電動ズームの望遠タイプ。
パナソニックの製品紹介ページ:LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm

LUMIX G VARIO 45-200mmよりも焦点距離が少し短いが、重量は約半分。ワタシの食指からは外れるが。
動画用途なら、いっそ14-140mmのパワーズームバージョンのほうが売れそうな気がするけれど。値段は10万円を超えるだろうけれど(現行品も10万円超)、レンズ2本買うのと大差ない。



そして大口径ズーム2本(開発発表)。ワタシの興味はむしろコチラ(笑)。

1本は光学手ぶれ補正つき標準ズーム 12-35mm(35mm判換算で24-70mm相当)。
もう1本は同じく光学手ぶれ補正つき望遠ズーム 35-100mm(35mm判換算で70-200mm相当)。

開放F値は公表されていないが、望遠ズームの方は写真のマウントサイズと第1レンズのサイズから見ると、F2.8あたりではないかと予想する。第1レンズ直径が5cmを超えていたらF2という超大口径ズームの可能性も期待できるのだが、それほど大きくなさそうだ。
35mm判換算70-200mmといっても開放F値でのボケは35mm判の35-100mmF2.8のボケと変わらないので、ワタシの予想通りならちょっと残念。
サイズはG VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S.と同じかやや小さいぐらいの直径で長さは8割ぐらいのように見える。重量は500g弱~700gと予想。予想が正しければ、35mm判のレンズに比べると1/3~1/2の重量だから、持ち運びの負担は減りそうだ。

12-35mm のほうの開放F値は前玉のサイズからはわからないが、同じくF2.8か。サイズはG VARIO 100-300mm と同じかやや小さいぐらいの直径で長さは6~7割ぐらいの大きさに見える。重量は400~500g弱と予想。

いずれのレンズも開放がF2.0とかそれより明るいとかなり色めき立ってしまうが、F2.8ではちょっぴりトーンダウン。
コンパクトデジカメ以外にマイクロフォーサーズカメラしか持たないユーザーにとっては、大口径ズームとして購入リストに入るかもしれないが、ワタシのように一眼レフの大三元ズームを持っている人にとって、大口径ズームをマイクロフォーサーズに求めるだろうか? 求めるとしたら、劇的なコンパクトさか、F2.0といった35mm判を超えるスペックではないだろうか。仮に重量が35mm判の1/3~1/2になったとしても、大きさは(カメラ本体と比べて)そこそこゴツイ印象だ。また、F2.0であってもオリンパスのフォーサーズ用 ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2.0 SWD(税別希望小売価格 295,000円)や同 ED 35-100mm F2.0(同355,000円)のようにサイズも価格もビッグだとキビシイ(笑)。

価格も重要な要素だ。パナソニックはカメラとレンズのキットではバーゲンプライスをつけているが、レンズ単品の価格は結構強気。まして今回はハイグレードタイプの「Xシリーズ」なので、F2.8であっても安い価格設定は期待できない。
ワタシの予想はそれぞれ20万円を中心に15万円から25万円の間というところ。

Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S.(税別希望小売価格 14万8,000円)
Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S.(税別希望小売価格 19万8,000円)
・・・価格は自分の予想より少し下げてみたが(笑)、こんなの出たら、買いますか? 買いませんか? 「買えません」というのもあるだろうけれど(爆)。


とはいえ、一通りの焦点距離のレンズを揃えたら、次に大口径ズームを揃えるというのは、メーカーにとって必要なことだろう。いずれにしても、正式発表を待ちたい。意外と実物を見たら思いっきり物欲が沸いたりして(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。